遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

飛び出せ!! 宙マン

残寒(ふゆ)を蹴散らせの巻

一夜が明けて今日もまた、地球の上に朝が来た―― この星の誕生以来、何十億回となく繰り返され続けてきたそんな光景。 「新しい朝が来た、希望の朝だ」なんて、なじみの深いラジオ体操の歌さえも 聞こえてくるのにはちょっとまだ早い時間帯。 昇り始めた朝日…

炸裂! ミラクル反転キックの巻

渦巻く暗黒星雲の奥深く、怪獣軍団の本拠地では…… 今日も今日とて、地球征服のための悪企みが進行中。 イフ「うぐぐぐっ、それにつけても憎むべきは宙マンよ。 ……奴さえおらなんだら、ワシらはとっくに地球など征服して 美しく、青いあの惑星の支配者となり…

天国と地獄! 北海の果てにの巻

「空の玄関口」である新千歳空港に対しての「海の玄関口」、 北海道を代表する、港湾・工業都市のひとつ。 それが、『宙マン』シリーズの舞台・千歳市の“おとなりさん”にあたる 胆振総合振興局でも最大の都市規模を誇る苫小牧市である。 今、その苫小牧市の近…

その名は「特空機」の巻

遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから…… 虎視眈々と、地球を狙い続けている恐怖の怪獣軍団。 今日もまた、新たなる悪の使者が地球を目指して飛び立った。 赤い光球と化して地上に激突し、濛々たる煙の中から姿を現したのは!? 「ギシャウゥゥ~ッ!!…

張り合え! 怪獣負けじ魂の巻

山を砕き、大地を裂いて、次々に現れる大怪獣。 その猛威に立ち向かい、平和を守り抜くことが出来るのは…… プラネット星からやって来た、彼をおいて他にはいない! 宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上! 怪獣軍団の手先め、もうお前の好きにはさせんぞ!」 …

暴れなイカ? の巻

吹き渡る風は冷たく、まだまだ雪溶けには至らないものの…… それでも一日、また一日と、確実に春への足音が近づきつつある北海道。 そんな北の三月、千歳市の「お隣さん」にあたる苫小牧市を行くのは お馴染み、みくるん&ながもんのコロポックル姉妹であった…

ボーンブレスターは死に神の武器の巻

北海道千歳市・ほんわか町5丁目…… 毎度おなじみ「宙マンハウス」から、今日も物語は始まる。 「お~い、落合さん、落合さ~ん!」 やって来たのはお馴染みの顔、電波怪獣ビーコン。 さぁて、今回は……どんな話になるのかな?

深く、静かに侵略せよの巻

遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから…… 美しい緑の星・地球を我が物にせんと狙い続けている、恐怖の怪獣軍団。 今日も配下の怪獣たちに向かって、怪獣魔王・イフの檄が飛ぶ。 またまた恐るべき侵略の魔の手が、緑の地球に迫るのだ! イフ「わははは………

鉄血まだら作戦の巻

怪獣軍団の辞書に「懲りる」と言う文字は無い。 はたしてそれが単なる落丁版か、故意に消したものかは定かではないが…… そんなわけで今日もまた、暗黒星雲から恐怖の魔手が地球に迫るのだ。 イフ「さぁ、いよいよお前の出番だ、我が怪獣軍団の誇る精鋭よ! …

なんともギューな気分ですの巻

季節は2月、日本全国において続く連日の厳しい冷えこみ…… こと、列島の最北端にあたる当地・北海道ともなれば尚のこと。 そんな冬の寒さとともに、否応なしのお付き合いを強いられるのがこの、白くて美しくも厄介な「雪」というやつである。 そんな、寒い寒…

かれらが憤りの冬の巻

真冬の寒さ厳しい北海道千歳市を、突如襲った恐怖と戦慄…… 異次元人ヤプールの科学力と、恐るべき「ベリアル因子」によって 恐るべき悪魔の生を受けたベリアル融合獣・スカルゴモラ。 そのスカルゴモラを辛くも打ち倒した千歳のヒーロー・宙マンであったが、…

極悪! スカルゴモラ大暴れの巻

伝説的な宇宙の巨悪・ウルトラマンベリアルの置き土産とも言うべき 恐怖の「ベリアル因子」を悪用し、異次元の悪魔・ヤプールの怨念が 新たに生み出した驚異の生体兵器……そう、それは! 「多々良島の暴れ者、どくろ怪獣レッドキングと…… ジョンスン島の顔役…

皆はこう呼んだ、「ベリアル融合獣」の巻

宙マン「行くぞ、“魔導の”スライ!」 スライ「んふふふ、さぁ――ゲームの始まりですっ!」 怪獣軍団の幹部候補生たる五人衆、「ダークネスファイブ」のリーダー格である メフィラス星人“魔導の”スライと、我らがヒーロー・宙マンとの息詰まる激闘が スライの…

最も危険なメフィラスの遊戯の巻

怪獣軍団のエリート集団として、将来を嘱望される「ダークネスファイブ」。 その最後のひとりであり、実質的な五人衆のリーダー格でもあるメフィラス星人 “魔導の”スライが今、宙マンめがけて挑戦状を叩きつけてきた。 自らの超能力で創り出した魔導ゾーンに…

メフィラスの殺人処刑遊戯の巻

遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから…… 美しい緑の星・地球を我が物にせんと狙い続けている、恐怖の怪獣軍団。 その秘蔵っ子たる邪悪の五人衆、人呼んで“ダークネスファイブ”。 バルタン星人Jrと同様、怪獣軍団の若きエリートとして将来を嘱望されて…

五人衆最強! 魔導のスライが来るの巻

遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから…… 美しい緑の星・地球を我が物にせんと狙い続けている、恐怖の怪獣軍団。 その秘蔵っ子たる邪悪の五人衆、人呼んで“ダークネスファイブ”。 バルタン星人Jrと同様、怪獣軍団の若きエリートとして将来を嘱望されて…

地獄の掟に明日はないの巻

遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから…… 美しい緑の星・地球を我が物にせんと狙い続けている怪獣軍団。 今日も配下の怪獣たちへと向けて、怪獣魔王・イフの檄が飛ぶ。 またしても恐るべき侵略の魔手が、我らの青い地球へ向けて伸びるのだ! イフ「うぅ…

銀嶺のデスマッチの巻

遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから…… 美しい緑の星・地球を我が物にせんと狙い続けている、恐怖の怪獣軍団。 その秘蔵っ子たる邪悪の五人衆、人呼んで“ダークネスファイブ”。 バルタン星人Jrと同様、怪獣軍団の若きエリートとして将来を嘱望されて…

爆発! 無言の怒りの巻

遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから…… 美しい緑の星・地球を我が物にせんと狙い続けている、恐怖の怪獣軍団。 その秘蔵っ子たる邪悪の五人衆、人呼んで“ダークネスファイブ”。 バルタン星人Jrと同様、怪獣軍団の若きエリートとして将来を嘱望されて…

夕餉前の決斗の巻

遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから…… 美しい緑の星・地球を我が物にせんと狙い続けている、恐怖の怪獣軍団。 その秘蔵っ子たる邪悪の五人衆、人呼んで“ダークネスファイブ”。 バルタン星人Jrと同様、怪獣軍団の若きエリートとして将来を嘱望されて…

彫像都市の巻

遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから…… 美しい緑の星・地球を我が物にせんと狙い続けている、恐怖の怪獣軍団。 彼らの秘蔵っ子たる邪悪の五人衆、人呼んで“ダークネスファイブ”。 バルタン星人Jrと同様、怪獣軍団の若きエリートとして将来を嘱望され…

冷血星人の呼び声の巻

「お前に傷つけられた僕の面子とプライド…… その命で贖わせてやる、思い知れ宙マン!!」 怪獣軍団の幹部候補生として、将来を嘱望されるバルタン星人Jr。 自信を持って臨んだ作戦と数々の侵略メカを宙マンに粉砕されて 著しくプライドを傷つけられた彼は、…

バルタン星人Jrの限りなきチャレンジ魂の巻

悲喜こもごも、様々な出来事のあった2021年が終わり…… どうにかめでたく、新たな年である2022年を迎えるに至った日本列島。 そして、1月の北海道千歳市は、例年がそうであるように深い雪に覆われて 外はもう一面の銀世界。 そんな寒い千歳市の一角…

寒い海から来たこいつらの巻

「空の玄関口」である新千歳空港に対しての「海の玄関口」、 北海道を代表する、港湾・工業都市のひとつ。 それが、『宙マン』シリーズの舞台・千歳市の“おとなりさん”にあたる 胆振総合振興局でも最大の都市規模を誇る苫小牧市である。 こんち、お馴染み宙マ…

怪獣軍団の大なだれ作戦の巻

遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから…… 美しい緑の星・地球を我が物にせんと狙い続けている、恐怖の怪獣軍団。 今日も配下の怪獣たちに向かって、怪獣魔王・イフの檄が飛ぶ。 またまた恐るべき侵略の魔の手が、緑の地球に迫るのだ! イフ「わははは………

寒風(かぜ)のうなりか雄叫びかの巻

地球から遥か彼方の暗黒星雲…… そこは、凶悪無比な怪獣たちの集う、全宇宙の悪の総本山である。 絶対の支配者として君臨する怪獣魔王・イフのもと、怪獣軍団は 飽くことなく、地球征服の野望に燃え…… 恐るべき配下の怪獣を、次々に送りこみ続けているのだ………

それさえもおそらくは平穏な正月の巻

日本全国津々浦々、のんびりまったりのお正月…… だが、そんな中であっても、よせばいいのにワルはやって来る。 宇宙を走り、次元を裂いて、次々に現れる怪獣・怪人・宇宙人。 その猛威に立ち向かい、平和を守り抜くことが出来るのは…… プラネット星からやっ…

迎春2022 炎のアバレ初めの巻

地球から遥か彼方の暗黒星雲…… そこは、凶悪無比な怪獣たちの集う、全宇宙の悪の総本山である。 絶対の支配者として君臨する怪獣魔王・イフのもと、怪獣軍団は 飽くことなく、地球征服の野望に燃え…… 恐るべき配下の怪獣を、次々に送りこみ続けているのだ。 …

年の終わりに殺陣をどうぞの巻

月日が過ぎ、季節が流れ行くのは本当に早いもので…… 今年・2021年も、残すところあとわずか。 今年最後のエピソードとなる、今回の『飛び出せ!! 宙マン』。 年末だからと言って、特に何も変わることはなく…… 師走ならではの慌ただしい空気の中にある、…

聖夜に捧ぐ大決戦の巻

自信をもって臨んだ自らの戦略を、ことごとく宙マンに叩き潰され…… 恨み骨髄、怒り心頭に発した怪獣軍団の幹部候補生、バルタン星人Jr。 その最大の戦力は、恐るべき「爆撃獣」グロイザーEXE(エグゼ)。 容赦ない空爆に晒され、クリスマスに浮かれる千…