遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

追いかけて、追いかけての巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611224804j:plain
遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから……

緑の地球を我が物にせんと狙い続けている、恐怖の怪獣軍団。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115252j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115259j:plain

今日も配下の怪獣たちへ向け、怪獣魔王・イフの檄が飛ぶ。

またしても恐るべき侵略の魔手が、我らの地球に迫るのだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115412j:plain

イフ「わははは……もう間もなく、地球はワシら怪獣軍団の物となるのだ!

 破壊と混乱を好む我が配下の前に、地球人どもは決して勝てはしない――

 ゾネンゲ博士よ、そのための行動は既に進んでおろうな……!?」

 

 「ハハァッ、勿論ですとも、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508133333j:plain

ゾネンゲ博士「魔王様のご命令を待つまでもなく、既に地球の海におきましては……

 日本海溝の悪魔、蛸怪獣ガイロスが行動を開始しております」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611225401j:plain

ゾネンゲ博士「そしてスパイ情報によれば、現在、宙マンは苫小牧にいるとの由……

 行楽気分の奴めに奇襲をかけ、一気に叩き潰してご覧に入れましょう!」

イフ「おおっ、それは頼もしい!

 今度と言う今度こそ、必ずや地球征服の悲願を達成してみせるのだぞ!」

ゾネンゲ博士「(平伏し)ははァーッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426121441j:plain

おお、またしても地球に迫る危機!

 

そして、ゾネンゲ博士の言葉通り……

新たなる悪の使者は、苫小牧市の近海からその巨大な姿を現した!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210707005340j:plain
「ガヴォボボボ~っ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611225902j:plain

熊澤さん「で、出たぁっ! あ、あ、あれは……」

熊澤夫人「か、怪獣……!?」

 

たまたま苫小牧に来ていた熊澤さんご夫妻も、これにはびっくり仰天。

……そう、まさしくその通り!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611231145j:plain
波しぶきとともに姿を見せ、苫小牧市への上陸を果たしたのは……

怪獣軍団の一員、異形の蛸怪獣・ガイロスである。

 

ガイロス「カヴォボボボ……イカにもタコにも、ガイロス様だぁ!

 俺様は七つの海を股にかける覇者、蛸怪獣ガイロス様でいっ!

 さぁ宙マン、出て来い! 出て来て俺様と勝負しやがれっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210506234537j:plain

ガイロス「ガヴォボボボ、あ~、え~っと、そのぉ……

 おーい、もしもし、宙マンや~い……宙マン、宙マぁン~っ?

 ……呼べど叫べど返事はなし、ということは……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611231641j:plain

ガイロス「も、もしかして、行き違い~っ!?

 あー、もう、どうしましょう博士ぇ……

 勢いこんで出た手前、すっごく恥ずかしいんですけど~っ!(涙目)」

ゾネンゲ博士「えぇいっ! うろたえるんじゃない、落ち着かんかガイロスっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427202852j:plain

ゾネンゲ博士「道楽好きの宙マンのことだ……

 苫小牧まで来た以上、すぐには千歳に帰りなどすまい。

 まだ遠くへは行っていないはずだ、探せ! 探すんだ!」

ガイロス「ははぁーッ、直ちにそうしますぜィ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611232141j:plain

せっかく上陸した以上、このままではどうにも引っ込みがつかない。

と言うわけで、ガイロス君……

宙マンの姿を探し求めて、苫小牧の市街地へ突き進んでいくことに。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210707005401j:plain

ガイロス「ガヴォボボボ……おーい宙マン、宙マンちゃんや~いっ!

 どこよ、どこだよ、一体どこにいるんだよぉ~っ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611232434j:plain

あてどなく歩き回るガイロスも大変だが、そのおかげで苫小牧市も大パニック。

だが、こんな緊急事態を、航空防衛隊は黙って座して見ているだけではない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611232617j:plain

「ようし――全機、一斉攻撃開始だッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611232704j:plain

大空の戦闘機編隊から叩きこまれる、ロケット弾の一斉砲火!

人間相手の戦争ならば、絶大な威力を発揮するであろう通常兵器……

だが、深海の水圧にも耐えるほど頑健なガイロスには全く通用しない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611232838j:plain

ガイロス「あ゛~、もう、お前らなんかに構ってるヒマないんだよっ!

 ガヴォボボボ……宙マン、どこよ、マジでどこだよ~っ!?」

 

かくして今や、どったんばったん大騒ぎな苫小牧。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210507014247j:plain

そして、そんな混乱のさなか、我らが宙マンはどうしていたのかと言うと……

ただ一言、「例により例のごとく」としか言えないのもまた事実なわけで。

 

宙マン「さぁて、来た来た、来ましたよっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210506235839j:plain

落合さん「まぁ、きれい……

 これが、こちらのお店ご自慢の寿司ランチセットなんですのねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611233240j:plain

ビーコン「やっぱねぇ、アレっスよねぇ……

 漁港のお膝元だけあって、ネタの鮮度がダンチっスよね!」

ピグモン「はうはう~、とっても綺麗なの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611233352j:plain

宙マン「そして、その綺麗さこそが仕事の丁寧さの証明さ――

 ん、これは旨い、堪らないねぇ!」

落合さん「回転寿司店だからと言って、決して馬鹿にはできませんわ」

ビーコン「これが、今どき税込1000円ポッキリなのも嬉しいじゃないっスか。

 安くて旨い、まさしく庶民の味方っスよ!」

ピグモン「ピグちゃん、ここのお寿司だいすきなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611233659j:plain

と言うわけで、外での大騒ぎを全く知らず、意にも介さず……

心ゆくまで寿司ランチを堪能して、店から出て来た宙マンたちであったとさ。

 

宙マン「いやー、食べた食べた、お腹一杯だよ!

 それじゃこの後は、漁港の市場でも覗いて……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426230146j:plain

ピグモン「(一方を見て)……あっ!

宙マン「……えっ?」

 

と、宙マンたちがピグモンの視線の先を見やれば……

そこには宙マンを探し回り、あちこち闇雲に歩き回ったガイロスの姿が。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611234042j:plain

ガイロス「ハァ、ハァ、ゼェゼェッ……や~っと見つけたぞ、宙マン!

 コンニャロ~、俺様にさんざん手間かけさせやがって!」

ビーコン「えーっと、何つーか……」

落合さん「ものすご~く、お疲れで……いらっしゃいます?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611234257j:plain

ガイロス「カヴォボボ……うるへぇ、うるへぇっ!

 余計な前置きはもう抜きだ! 宙マン、俺と勝負しろ――

 さもないと、この苫小牧の街をブチ壊して全滅させちゃるっ!」

ピグモン「はわわわ……あの蛸ちゃん、あんなこと言ってるの~」

宙マン「(頷き)その挑戦、受けてやる! 宙マン・ファイト・ゴー!!」 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、猛り狂うガイロスの前へ舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上!

  怪獣軍団の使者よ、これ以上は好き勝手にさせないぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002015j:plain

落合さん「お殿様、お食事の直後で申し訳ありませんけれど……」

ビーコン「だけど今、頼りにできるのはアニキだけなんスよ!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、がんばってなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611234820j:plain

宙マン「黙って海に帰ると言うなら、それでよし……

 このまま強情を張り続ける気なら、私ももはや手加減しないぞ!」

ガイロス「ガヴォボボボ……そう言うのを“愚問”ってんだぜ、宙マン」

宙マン「聞く耳持たずか……ならば、やむを得ん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

今日もまたまた、世紀のスーパーバトル開幕だ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611235101j:plain

苫小牧市を舞台に、今、鳴り響く戦いのゴング!

宙マンとガイロス、ふたつの巨体が青空の下で激しくぶつかり合う。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611235328j:plain

八本の足を激しくうち振り、トリッキーな連続パンチで攻めるガイロス!

息をもつかせぬ連撃を、右に左にかいくぐりつつ……

宙マンもまた冷静に相手の隙を伺い、果敢に接近戦を挑んでいく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611235608j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611235652j:plain

宙マン「どうした……息巻いている割には、そんなものかね!?」

ガイロス「ガヴォボボ、だったらこれでもくらえ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611235800j:plain

「う、うわあぁぁぁ……っ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210611235832j:plain

ガイロスの胸の吸盤から、勢いよく吹き出される海水ジェット!

その圧力に吹っ飛ばされ、ドドーッと地面に倒れ伏してしまう宙マン。

 

ピグモン「ああっ、宙マンがあぶないの!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429162343j:plain

ビーコン「あの不意打ち……悔しいけど、いいタイミングだったっス!」

落合さん「お殿様……しっかり!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210612000156j:plain

ガイロス「ガヴォボボボ、もう一発食らわせちゃるぜィ!

 お前の体中の骨、海水ジェットで粉々に砕いてやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

宙マン「なんの、まだまだ……負けて、たまるかッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210612000456j:plain

宙マンの防御技、プロテクション発動!

二発めの海水ジェットを、見事に受け止めて無力化したぞ。

 

ガイロス「(狼狽)が、ガヴォボボボッ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210612000613j:plain

ガイロスが怯んだ隙を突いて、すかさず大空へジャンプする宙マン。

空中回転とともに繰り出す技の名は、もちろん――

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210612001037j:plain

 宙マン「エイヤァァーっ! 宙マン・ミラクル・キック!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210612001135j:plain

出た、電光石火の必殺キック!

燃える足先を食らって、ガイロスがたまらずブッ倒れたところへ――

 

 宙マン「とどめだ! 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426152748j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、蛸怪獣ガイロスを直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210612001307j:plain

ガイロス「ガヴォボボ……俺様、今日は踏んだり蹴ったり~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210612001448j:plain

ビーコン「いえっふ~、やっぱアニキはやってくれるっスねぇ!」

落合さん「お見事でしたわ、お殿様!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、ありがとうなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うぐぐぐっ……またしても、またしても宙マンめが!

 覚えておれよ、この次こそはさらに強力な怪獣と作戦によって

 お前をギャフンと言わせてやる! 絶対だ、絶対にだぞ!?」

 

……などと言う、いつもの負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210506234611j:plain

かくして、今回もまた宙マンの活躍により……

蛸怪獣ガイロスは倒され、苫小牧に再び平和が蘇ったのであった。

 

宙マン「やぁやぁ、みんな、どうもお待たせ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210612001951j:plain

落合さん「あぁ、お殿様、今日もお疲れ様でした!」

ビーコン「ヒヒヒ、どうにかこうにか一件落着したコトっスし……」

ピグモン「改めて、市場めざしてしゅっぱーつ! なの~」

 

宙マン「う~ん、それもいいんだけど……

 実はその、一戦交えたら、また小腹が減ってきてしまって……ねぇ。

 と言うわけで、どこかで「おやつ休憩」……いいかなぁ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210612002234j:plain

ビーコン「ありゃま、アニキってば……

 さっきあんだけ寿司ランチ食って、その上にまた食うんスか!?」

宙マン「ふふふ、デザートはべ・つ・ば・ら~♪♪

ビーコン「何をカワイコぶってるんスか、女子高生じゃあるまいし!(呆)」

宙マン「(頭かきかき)……たっはっはっはっ」

落合さん「(微笑)……ふふっ♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210612002519j:plain

とか何とか言いながらも、この後……

評判の喫茶店で注文したチーズ味のソフトクリームに舌鼓を打ち、

味覚もココロも大満足の宙マンファミリーであったとさ。

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210612002822j:plain

自然豊かな北海道の地に……

今日も輝く、正義の星ひとつ。

次回も頼むぞ、我らが宙マン!