遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

来るなら来てみろ上等だ! の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220127j:plain

爽やかな陽気に包まれている北海道。

ここ・千歳市もまた、清々しい青空の下で平和の時を満喫中である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220241j:plain

などと思って、安心していると……

おやおや、今日もまた、にわかに不穏な気配が漂ってきた様子だぞ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220302j:plain

「ふぇぇん……宙マンさん、宙マンさ~んっ!」

 

 

ピグモン「あ、みくるんちゃんとながもんちゃんなの!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220646j:plain

宙マン「やぁやぁ、お二人さん、いらっしゃい!」

落合さん「ちょうど今、シナモンロールが焼けたところですのよ。
  よろしかったら、召し上がっていかれません?」

みくるん「あ、ハイ、それは有難いんですけどぉ……」

ながもん「まず、その前に……伝えたい、ことが」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220913j:plain

宙マン「もしかして、また何か事件かい?」

ながもん「……(こくこくっと頷き)」

みくるん「ええっと、話せば長いんですけどぉ……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428083947j:plain

宙マン「構わないよ、聞かせてくれたまえ」

ビーコン「深呼吸して……落ち着いて、ゆっくりっスよ?」

みくるん「って言うか……前に、熊澤さんが言ってたでしょ?
  山菜採りの最中に、怪獣に出くわしたって」」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701221245j:plain

ビーコン「あー、そう言えば、そんな話もあったっスねぇ」

落合さん「ってことは、もしかして……お二人も?」

みくるん「(頷き)私たちも……見たんですぅ、おっきな影を!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701221436j:plain

みくるん「森の中へ、山菜を探しに出かけたら……」

ながもん「木々の、あいだから……」

宙マン「大きな目玉がぎょろり、影がのっそり……かね?」

ながもん「……(こくこくっと頷き)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701221623j:plain

落合さん「……どう思われます? お殿様」

宙マン「もしかしたら、また怪獣軍団か……」

ビーコン「事実だとしたら、そうなんスけどね。

 ……でもまだ、見間違いの可能性も捨てきれないっしょ?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701221754j:plain

落合さん「見間違え?」

みくるん「そんなっ、私たち、確かにこの目で――」

ビーコン「いやいや、みくるんちゃんたちを疑ってるわけじゃなくて

 オイラのマジな願望、ってやつっスかねぇ。

 そう毎度毎度、悪い怪獣に出てこられちゃかなわねーっスよ!」

落合さん「えぇ……それはまぁ、確かに……」

 

……だが、次の瞬間!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701222015j:plain

ズゴゴゴグワーンっ!

 

落合さん「あっ、あらあらまぁまぁ!?(汗)」

ビーコン「どひ~っ、何スか、なんなんスか、いきなり!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426131117j:plain

爆発! 炎上!

そして、事態はただそれだけにとどまらず――

 

ゴゴゴゴ……グラグラグラグラっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210524004119j:plain

ビーコン「(慌て)お、おろろろっ!?」

ピグモン「きゃああんっ、揺れてるの、おっきいの~!」

落合さん「こっ、これはもしかしますと……」

宙マン「……もしかするのかなぁ、また今回も!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426124850j:plain

そう、残念ながら今回もやっぱり「もしかする」のである。

激しく大地を揺さぶる局地地震とともに……

天高く土砂を吹き上げながら、地上に姿を現した者とは!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701222727j:plain

「グワゴォォ~ンっ!!!」

 

みくるん「(涙目)ああんっ、やっぱり怪獣はいたんですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427233353j:plain

ながもん「私たちの、言ったこと……真実だった、と。

 証明、出来たのは……よしとして」

ピグモン「はわわ、でもちっとも嬉しくないの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701223036j:plain

「グワゴゴォ~ンっ、復活怪獣タブラ、只今参上!

 千歳の山ン中で、たっぷり鋭気も養ったことだし……」

ビーコン「養ったことだし、あとはもう……」

落合さん「(愛想笑い)気持ちよ~く、お帰り頂くってことで。ねっねっ?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701223347j:plain

タブラ「グワゴゴ~、とんでもねぇ!

 ここからが俺様の見せ場、一世一代の晴れ舞台よ――

 千歳の街を、派手にブッ壊させてもらうぜィ!」

ビーコン「どひ~っ、やっぱ今回もこれっスかぁ~!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701223428j:plain

落合さん「穏便な解決に、一縷の望みを賭けてはみましたものの……」

ビーコン「う~ん、やっぱ平和への道は遠いっスねぇ!(汗)」

宙マン「……うぬッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508133333j:plain

ゾネンゲ博士「ぬふふふ……ご覧下さい、魔王様。

 この私が自信を持って選んだ怪獣タブラの、あの頼もしい面構えを!」

イフ「うむっ、あとはそれに相応しい働きを……だな。

 さぁ行けタブラよ、期待しておるぞ~!」

タブラ「グワゴゴォ~ンっ、任しといて下さいや、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701223835j:plain

怪獣魔王らの命を受け、進撃開始するタブラ!

迫り来る巨体を前に、悲鳴をあげて右往左往、逃げ惑う人々。

 

みくるん「きゃあぁんっ、こっち見てます、こっち来てますぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701224013j:plain

ビーコン「え~らいこっちゃ、えらいこっちゃっス!」

落合さん「ああっ、もう、結局こうなっちゃうんですのねぇ!」

ピグモン「はわわ、おっかないの~!」

 

おお、早くも千歳は絶体絶命の大ピンチ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701224130j:plain

だが、怪獣タブラの暴虐を、防衛隊が見過ごすはずもなく……

危機的状況を前に、空の精鋭らが直ちにスクランブルをかけた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701224159j:plain

ピグモン「あっ、防衛隊のおじさんが来てくれたの!」

ビーコン「タイミング「は」絶妙なんスよねぇ、いつも!」

落合さん「あとは、もう少し成果が伴って下さいますと……ねぇ?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701224308j:plain

「う~ん、なんか今、凄く失礼なコトを言われたような……

えぇい、気にせず行くぞ。全機、攻撃開始だっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701224336j:plain

戦闘機隊のミサイル攻撃!

が、度重なる爆発にも、タブラの勢いは止まらない。

 

タブラ「グワゴゴォ~ンっ、そんなもん効くかぁ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701224421j:plain

「……ど、どわぁぁぁ~っ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701224449j:plain

タブラの両目から放たれる怪光線!

その直撃を受け、次から次に撃墜されていく戦闘機。

みくるん「ああっ、やられちゃったですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701224558j:plain

ピグモン「どうしよう、このままじゃ街がメチャクチャなの!」

ながもん「これは、色々……シャレに……ならない」

 

タブラ「オラオラ、もうガンガン行くぜぇ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701224718j:plain

勢いに乗り、ハチャメチャな大暴れを見せるタブラ。

目からの怪光線が、平和な街を破壊していく!

 

ビーコン「どひ~、もうダメっス、おしまいっス!(汗)」

落合さん「だーっ、取り乱すんじゃありません、ビーコンさん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701224806j:plain

みくるん「だけど、このままじゃ本当にぃ……」

ながもん「(ボソッと)……ジ・エンド?」

ピグモン「えう~、ピグちゃんそんなの嫌~んなの~(涙目)」

 

宙マン「いいや、まだだよ……千歳には、この私がいる!

 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、荒れ狂うタブラの前に舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上! 

 怪獣軍団の手先め、もうこれ以上はのさばらせないぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002015j:plain

ビーコン「おおっ、出た出た、アニキの十八番っス!」

落合さん「えぇ、この頼りがいのあるお姿……♪(うっとり)」

ピグモン「はうはう~、宙マン、がんばってなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701225433j:plain

タブラ「グワゴゴォ~ンっ、出やがったな、宙マン!」

宙マン「あぁ、ついつい出しゃばってしまったよ――

 この手のヤンチャには、見過ごせる限度ってものがあるんでね!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズを取り、敢然と身構える宙マンーー

バトルのテンションは、一気にヒートアップ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701225645j:plain

タブラ「グワゴゴォ~ンっ、行くぞぉぉっ!」

宙マン「どこからでもかかって来い!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701225717j:plain

激突、宙マン対タブラ!

落合さんたちの見守る中、巨大な両者が戦いの火花を散らす。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701225747j:plain

持ち前の野性を全開に、突進攻撃を仕掛けてくるタブラ。

千歳の山中で、充分にエネルギーを蓄えた直後ということもあり

その勢いは、宙マンと言えども決して油断がならない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701225819j:plain

だが、宙マンも冷静にその攻撃をかわし、受け流しながら……

相手の隙を的確に見極め、猛然と懐に飛びこんでいく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701225853j:plain

タブラ「グワゴゴォ~ンっ、なかなか味な真似しやがるな!?」

宙マン「おうさ、例えばこんな風にな――そォりゃッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701230012j:plain

おもむろに、タブラの足元で回転し……

逆立ちとともに、両足で敵の脳天に見舞うカンガルーキック!

 

タブラ「ぎゃ、ギャイぃぃんっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701230049j:plain

意表を突かれ、見事に直撃を受けてしまった復活怪獣。

眩暈とともに、その巨体がふらふらと後退した。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701230129j:plain

宙マン「どうだねタブラよ、正義の力に怖れをなしたか!?」

タブラ「グワゴゴォ~ンっ、なめるんじゃねぇぞ、コラ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701230220j:plain

タブラの両目から放たれる怪光線!

周囲に巻き起こる爆発と衝撃に、大きくよろめく宙マン。

 

みくるん「ああっ、ちゅ、宙マンさんが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

ながもん「直撃じゃ、ないのに……あの……威力」

ビーコン「ガチで食らったら、どんなオットロシイことになるか……!」」

ピグモン「えう~、宙マンが負けるなんて嫌~んなの~」

落合さん「(祈るように戦いを見つめ)……お殿様っ!」

 

タブラ「グワゴゴォ~ンっ、オラオラ、どんどん行くぜぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701230535j:plain

ズ、ズーンっ!

 

ダメ押しとばかり、猛ダッシュのタブラが繰り出した頭突き!

連続攻撃の威力に、遂にドドーッと倒れてしまった宙マンである。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427203044j:plain

ゾネンゲ博士「ぬーっふははは、その調子だ、タブラよ!

 宙マンさえ始末してしまえば、あとはもう怪獣軍団の天下であるからして!」

イフ「今こそ好機。タブラよ、一気に勝負を決めろ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701230955j:plain

宙マン「(苦悶)うう……うっ……!」

タブラ「グワゴゴォ~ンっ、魔王様もああ言ってる事だし、なぁ。

 ここいらでそろそろマジに死んでもらうぜ、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701231054j:plain

「なんの、これしき……負けて、たまるかッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701231341j:plain

宙マン、パワー全開!

タブラの放った怪光線を、ひらりとジャンプでかわして大空へ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701231409j:plain

タブラ「(驚き)ぬ、ぬおおっ!?」

宙マン「行くぞ、タブラ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701231444j:plain

宙マン「エイヤァァーっ!

 宙マン・ミラクル・キック!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701231523j:plain

出た、電光石火の必殺技!

ラクル・キックの一撃に、たまらずブッ倒れるタブラ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701231548j:plain

ビーコン「っしゃ、これで完全にアニキのペースっス!」

落合さん「今がチャンスですわ、お殿様!」

 

タブラ「(呻き)ち、チキショウめぇぇっ……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701231654j:plain

宙マン「ようし、とどめだ!

 宙マン・スピンスライサー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701231827j:plain

手先に発生させたエネルギーを、巨大な光の手裏剣にして……

高速回転の加速度も加えて、敵に投げつける新必殺技。

スピンスライサーの鋭利さが、タブラのボディを切り裂いた!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701231904j:plain

タブラ「あぎぃぃっ、ちょっとコレ、強烈すぎなぁぁ~いっ!?」

やったぞ宙マン、大勝利!

 

落合さん「あぁんっ、やっぱり素敵です……流石はお殿様♪(うっとり)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701232037j:plain

ビーコン「っスよねぇ、やっぱそうこなくっちゃっス!」

ピグモン「はうはう~、宙マンが勝ってよかったの~」

ながもん「(ボソッと)……グッジョヴ」

みくるん「宙マンさん、どうもありがとうですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701232257j:plain

人々の笑顔と歓声が、宙マンの勝利を讃える――

千歳の街に立ちつくす巨体は、どこまでも雄々しく、逞しかった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「ぬううっ、うぐぐぐぐっ…… またしても、またしてもやってくれたな!

 だが宙マンよ、怪獣軍団はこれしきで地球を諦めはせんぞ――

 この次こそは、きっとお前をギャフンと言わせてやる!」

 

……などと言う、いつもの負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010428j:plain

我らが宙マンの活躍によって、千歳市を急襲した怪獣タブラは

見事に撃退され、街に再び平和が蘇ったのであった。

 

落合さん「どうもお疲れ様でした、お殿様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508161058j:plain

宙マン「いや、なんのなんの……

 これでどうやら、今度の事件も一件落着ってところかねぇ」

ながもん「ほっと、したら……おなか、すいた」

みくるん「(苦笑)もう、ながもんったらぁ……お行儀悪いよぉ?」

落合さん「いえいえ、そんな時にこそ、落合手製のシナモンロールですわ。

 時間も頃合いですし、午後のお茶会に致しましょう!」

ピグモン「はうはう~、シナモンロール、ピグちゃんもだいすきなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701232847j:plain

ビーコン「ヒヒヒ、そしてそして、シナモンロールより甘いのは

 オイラと落合さんとで過ごす、目くるめく白昼の肉悦……」

落合さん「(口許が引きつり)……はァ……!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「お調子ぶっこくんじゃありません、このエロ怪獣っ!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、やっぱ今回もこうなっちまうんスねぇぇ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701233058j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210603225548j:plain

今日もまた……

千歳市民の頭上に輝く、平和の太陽。

ありがとう宙マン、次回も頼んだぞ!