遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

地底からの挑戦の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718193045j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718193125j:plain

地球から遠く離れた大宇宙、遥かなる暗黒星雲

その奥深くで、地球征服を企む巨大な悪の一味が蠢いている。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115252j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115259j:plain

彼ら怪獣軍団の辞書に「懲りる」と言う文字は無い。

はたしてそれが単なる落丁版か、故意に消したものかは定かではないが……

そんなわけで今日もまた、暗黒星雲から恐怖の魔手が地球に迫るのだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426122119j:plain

イフ「さぁ、いよいよお前の出番だ、我が怪獣軍団の誇る精鋭よ!

 持てる力を存分に奮い、今度こそ地球をワシら怪獣軍団の物とするのだ。

 行け! 行け! 行けーぃっ!!」

 

そう、このとき既に……

怪獣軍団からの新たな使者は、北海道千歳市への潜入を果たしていたのだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428212400j:plain

そうとは知らず、平和のひとときを享受する千歳市民。

だが、そんな人々の穏やかな日常を嘲笑うかのように、突如として!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718193640j:plain

ゴゴゴゴ……ズゴゴゴゴゴッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426124850j:plain

バキバキバキッ! ガラガラガラッ!

 

おお! 見よ! 驚愕せよ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210719144928j:plain

突如、何の前触れもなく、不気味な震動とともに舗装道路へ荒々しい亀裂が走り

高層ビルが次から次へと、まるで蟻地獄に呑まれていくかのように轟音を立てて

地中へと沈み、崩壊していく、この恐るべき光景!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426131117j:plain

連鎖的に爆発までもが巻き起こり、人々が悲鳴をあげて逃げ惑う。

この悪夢のごとき光景を、白昼の千歳市内に現出せしめた恐怖の使者……

それは、地殻変動を自在に操る原始地底人キングボックルをおいて他にはない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718194013j:plain

キングボックル「ぬははは……沈め! 人間どもの作った脆弱な寄木細工よ!

 貴様ら人間の文明とやらは、この俺の力で跡形もなく消し去ってやろう。

 まずはこの千歳市を皮切りに、日本全土、やがては全世界を――」

 

「――待ていッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718194144j:plain

高らかな声を響き渡らせて、その場に颯爽と姿を現したその人は……

もはや説明不要の主人公、宙マンファミリーとコロポックル姉妹。

 

キング・ボックル「うげげっ、宙マン……どうして貴様がここに!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718194229j:plain

宙マン「どうもこうもないよ、せっかくみんなで街まで遊びに来てたのに……」

みくるん「いきなりグラッときて、本当にびっくりしたんですからぁ~(涙目)」

ビーコン「せっかくの醤油ラーメン、おかげで食べ損なったっスよ!」

ながもん「食べ物の、恨み……許すまじ……ギルティ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718194428j:plain

宙マン「とにかく、もうバカな真似はやめて、さっさと暗黒星雲に帰りたまえ!」

キングボックル「えぇいっ、ほざくな宙マン、俺は自分の仕事をしているだけだ!

 一日中ブラブラしてるお前に“バカな真似”呼ばわりされる謂れはねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718194524j:plain

宙マン「……う、そ、それでもやっぱりお前は間違ってる……はず、なんだ!」

ビーコン「ってアニキ、そこで詰まってどうすんスかぁ!?(汗)」

宙マン「(照れて)いやぁ申し訳ない、つい何となくはずみで……」

落合さん「うふふ、天然キャラなお殿様も素敵です……♪(うっとり)」

ビーコン「……でもって、コッチはコッチで平常運転っスし!(呆)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718194701j:plain

キング・ボックル「……えぇーい、もういい、茶番はそのくらいにしておけ!

 こうなったら、ここからは実力で目にもの見せてくれるッ。

 ボックル・ボックル、キ~ング・ボックル~!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718194728j:plain

気合一発!

みるみるその全身を、天を衝くばかりの巨人へと変えるキングボックル。

 

ピグモン「(怯えて)はわわわ、おっきくなったの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427233353j:plain

みくるん「やだぁ、またこんな流れですかぁ~!?」

ながもん「定番とは言え……あまり、うれしく……ないかも」

みくるん「ふぇぇん、あまりどころか全然嬉しくないよぉ~!(泣)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718194953j:plain

キング・ボックル「ぬふふふ、ここからは腕づく・力づくだ!

 俺の力で直接、この千歳の街を破壊しつくしてやる――

 そして宙マン、ついでにお前も地獄へ叩きこんでやるからな!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718195043j:plain

落合さん「……はぁ、ついで?

 ウチのお殿様をつかまえて、よくも仰いましたわね!?」

ビーコン「ちょ、落合さんがアツくなってどうするんスか!?(汗)」

宙マン「そうだよ落合さん、少し落ち着こう!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210717113504j:plain

落合さん「……とにかく、です。

 それだけ大口を叩いたこと、すぐに後悔なさいますわよ――

 お殿様の手で、貴方はうんと痛い目を見ることになるんですから!」

宙マン「う~ん、私不在でどんどん話が進んじゃってないかな!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426121112j:plain

イフ「わははは、行けぃ! 行くのだ、キングボックル!

 地球征服の第一歩・千歳制圧、お前の手で見事、成し遂げてみせよ!」

キング・ボックル「ぬふふふ、お任せ下さいませ、魔王様~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718195714j:plain

巨大キングボックル、進撃開始!

ただでさえ混乱のさなかにあった人々を、更なる恐怖が襲う。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155243j:plain

みくるん「(オロオロと)どっ、どうしよう!?」 

ながもん「(無表情に)これは……よくない。……色々と」

ビーコン「……つーか、オイラたちも早く逃げるっスよー!!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718200415j:plain

キングボックル「奢れる人間ども、もはやお前たちの時代は終わりだ!

 この星は間もなく、我ら怪獣軍団のものとなる……

 その事を、この俺……キングボックルの大いなる力が示してやろう!」

 

おお……北海道千歳市、絶体絶命の大ピンチ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426130348j:plain

だが、そんな危機を、ただ黙って座して見ている人類ではない――

直ちに航空防衛隊の空の精鋭たちが、キングボックル迎撃のため

千歳基地から次々とスクランブル発進した。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429160220j:plain
落合さん「あらまぁ、今日も今日とていいタイミングですこと!」

ビーコン「あとはこれでねぇ、戦果の方が伴ってさえくれりゃあ……」

ピグモン「はうはう~、おじさんたち、しっかりなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718200716j:plain

「やったろうじゃないの……全機、一斉攻撃開始っ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718200751j:plain

戦闘機隊の一斉攻撃!

次々に巻き起こる爆発が、キングボックルを怯ませる……どころか、

全く足を止めずに傲然と進撃を続ける原始地底人!

 

キングボックル「ボックル、ボックル……どうれ、攻撃の手本を見せてやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718200923j:plain

……ど、どひゃぁぁぁ~っ!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426131022j:plain

キング・ボックルの額から連射される破壊スパーク!

その威力に次々と破壊されていくのは、戦闘機のみならず……


キングボックル「ボックル、ボックル、次はこっちもだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718201113j:plain

シュボッ! シュボボボっ!

 

げに恐るべきは、キングボックルの破壊スパーク!

堅牢な近代建築さえも、次々に粉砕、炎上させていく恐るべき威力だ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718201213j:plain

ビーコン「どひ~っ、ダメっス、もうおしまいっス~!(汗)」

落合さん「悲観するのが早すぎですわよ、ビーコンさん!?(汗)」

みくるん「……でっ、でも、このままじゃホントにそうなりかねないですぅ~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718201410j:plain

ながもん「ここは、一番……正義の味方の……出番」

ピグモン「はわわ、ねぇ宙マン、宙マン、なんとかしてなの~」

宙マン「ああ、やるさ、やってやるとも! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、暴れるキングボックルの前に舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上!

 原始地底人キングボックル、これ以上お前の好き勝手にはさせないぞ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701232037j:plain

みくるん「わぁっ、今日もかっこいいですぅ、宙マンさん!」

ながもん「頼りに、してる。……すごく、してる」

ビーコン「今日もお任せするっスよ~、アニキ!」

ピグモン「はうはう~、ピグちゃんたちがついてるの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718202033j:plain

宙マン「もはやお前に……宇宙の悪に、勝機などないと知れ!」

キングボックル「ボックル、ボックル……ほざくな、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

今日もまたまた、空前絶後のビッグファイトの幕開けだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718202231j:plain

キングボックル「ぬおおお~、腕づくで来い! ボックル~!」

宙マン「ああ、こちらも最初からそのつもりさ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718202316j:plain

激突、宙マン対キングボックル!

落合さんたちが見守る中、巨大サイズの攻防戦が展開される。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718202505j:plain

地底人が繰り出すパンチを、宙マンのクロスガードが受け止め……

バチッと飛び散る火花が、戦いの激化を何より雄弁に物語る。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718202600j:plain

キングボックル「ぬおおおっ、宙マン……このまま叩き潰してやる!」

宙マン「なんの、これでもくらえ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718202650j:plain

炸裂一発、宙マンの水平空手チョップ!

痛烈無比の一打を胸板へ食らって、キングボックルもたまらずよろめき

その巨体をズズッと大きく後退させる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718202745j:plain

ながもん「おお……上手いっ」

ビーコン「これはいい感じの有効打じゃないっスかね、落合さん!?」

落合さん「(頷きつつ)いけますわ、お殿様! このままフィニッシュと参りましょう!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718202905j:plain

宙マン「ああ、そうしよう――このまま終わりにさせてもらうっ!」

キングボックル「なめるな宙マン……ボックルぅぅ~っ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718202952j:plain

キュイィィィィンっ!

 

おお、何と言うことだろう!?

キングボックル頭部の触覚が、猛烈な勢いで回転・振動を開始し……

そこから放たれる怪音波が、宙マンの頭脳を容赦なく痛めつけるではないか!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426125721j:plain

みくるん「あっ、あれは!?」

ながもん「怪獣図鑑で……読んだ……ことが、ある。

 ……音波攻撃。…地底人の、奥の手……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718204200j:plain

ボックル怪音波のもたらす激しい頭痛に、頭を抱えて苦しみもがく宙マン。

その巨体がふらつき、足元もおぼつかなくなる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718204233j:plain

宙マン「(苦悶)ぐう……う、うっ……ぅああっ……!」

キングボックル「ぬふふふ、ボックルボックル……苦しいか、宙マン!?

 苦しみぬいたその果てに、うんと惨たらしい死を遂げるがいい」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718204654j:plain

キングボックル「それとも脳を完全に破壊して、お前を廃人にしてやろうか――

 一生、縁側で俳句でも詠みながら暮らすがいい!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508133333j:plain

ゾネンゲ博士「ば、馬鹿っ!……そりゃ“ハイジン”違いだ、キングボックル!」

イフ「わはは、よいではないか、宙マンを再起不能に出来るのならな――

 もっとやれ、キングボックル! ここで手を抜かず、一気に畳みかけろ!」

キングボックル「ぬふふふ、お任せを、魔王様~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718204906j:plain

キングボックルの額から発射される破壊スパーク!

怪音波を受け続け、足元もおぼつかない宙マンの周囲に次々と炸裂して

巻き起こる炎と爆風が、容赦なく宙マンの巨体を煽りたてる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718205058j:plain

「う、うわあぁぁぁ……っ!」
 

みくるん「ああっ、宙マンさんが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

落合さん「いけませんわ、このままでは一方的にやられるばかりです!」

ピグモン「はわわ、宙マンがやられちゃうなんてイヤ~んなの~(涙)」

ビーコン「そりゃオイラだって同じ気持ちっスよ、ピグモン……

 でも、こんなの一体どうしろって言うんスかぁ!?(汗)」

ながもん「(ボソッと)……問題ない。……まだ……手は、ある

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718205558j:plain

いつものように、ぶっきらぼうな口調でそう言って……

地底人の怪音波に痛めつけられ、激しい頭痛に七転八倒する宙マンの許へ

つかつかと歩み寄っていくながもん。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718205646j:plain

宙マン「(苦悶)ぐ……うううっ……」

ながもん「私の声……宙マン、聞こえる?

 あの地底人の、音波攻撃……破る方法……あるとしたら、ただひとつ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210603114701j:plain

ながもん「音波には……音波。

 別の音波をぶつけて……地底人のを、うまく……妨害できれば……!」

宙マン「(ハッと)……それだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718210159j:plain

宙マン「原始地底人は目が退化し、蝙蝠の様に音波を頼りに行動すると言う。

 それならば……まだ、私にもチャンスはあるッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

残された気力と体力を振り絞り、ジャンプ一閃!

みるみるうちに、キングボックルを見下ろす青空へと舞い上がる宙マン。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718210457j:plain

キング・ボックル「(驚愕)ぬ、ぬおっ!?」

宙マン「行くぞ! 宙マン・超音波ストリーム!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718210625j:plain

空中で全身を超速回転させ、発生させた超音波を敵にぶつける大技!

宙マンの超音波ストリームが、キング・ボックルを直撃し……

地底人の発生させた怪音波を打ち消したのみならず、音波を頼りに行動する

キングボックルの平衡感覚までもを一時的に麻痺させた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718210734j:plain

キング・ボックル「あ、頭がガンガンする……まるで二日酔いだぁぁ~!?」

 

宙マン「受けてみろ、とどめだ!

 宙マン・フラッシュボンバー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604233544j:plain

 シ ュ ッ パ ァ ァ ー ン ッ !!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718210851j:plain

右手に集中させた闘気を、裏拳とともに勢いよく解き放ち……

赤いエネルギー弾として、敵めがけて叩きこむ荒技。

フラッシュボンバーの一撃が、キングボックルを直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718211024j:plain

キングボックル「ぐ、ぐはぁぁぁっ……残念無念、ハッキネン~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429164706j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429164715j:plain

ビーコン「いえっふ~! やったっスねぇアニキ、さすがっス!」

落合さん「お見事でしたわ、お殿様!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、ありがとうなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「ぐぬぬぬ、またしても宙マンめが!

 だが、このままでは決して済まさんからな……

 覚えておれ、覚えておれよ~っ!

 

かくして、恐怖の原始地底人・キングボックルは倒され……

我らが宙マンの手によって、地域の平和は無事に守られたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428214252j:plain

落合さん「と言ったところで、改めまして……」

ビーコン「アニキ、なにはともあれお疲れさまっした!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508161058j:plain

宙マン「いやぁ、今回はどうなることかと思ったけどね~。

 みんなの応援とながもんちゃんの助言がなければ、危ないところだったよ」

ピグモン「はうはう~、今日はながもんちゃんの活躍も見逃せないの~」

ながもん「……(ポッと赤面)」

みくるん「(優しい微笑)……ふふふっ♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718212000j:plain

ビーコン「いよーっし、一件落着したところで街歩き再開っスよ!

 まずはラーメン食い損ねた分、なんか腹に入れときたいトコっスね~」

落合さん「(ジト目)まさか、またそこから……

 いつものように、無理やりHな流れに結びつけるんじゃないでしょうね!?」

ビーコン「おろっ、落合さんはそう言う流れをお望みっスか!?

 だったらオイラも容赦しないっスよ、先ずは2021年・夏の新作TVアニメに関連した

 旬のフレッシュさ満点のエロ妄想から……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーいっ、そんなのは断じて求めてませんっ!!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、出来ればこっちの流れは永久封印願いたいっスぅぅ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

 f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428012117j:plain

おなじみ・宙マンファミリーの行くところ……

どこにも優しく、楽しい風が吹く。

さぁて、次はどんな活躍を見せてくれるかな?