遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

迫る悪意、牙剥く黒雲の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720170135j:plain

カンカン照りの陽気が続いていた、夏 の北海道……
この日の千歳市は珍しく、ご覧の通り曇り空であった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720192517j:plain

そんな生憎の空模様、ちょっとばかり憂鬱な午後。

今回の『宙マン』もまた、そんな日の千歳市ほんわか町5丁目

「宙マンハウス」のリビングから物語を始めよう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720192459j:plain

宙マン「う~ん、どうにもすっきりしない天気だねぇ……。

 予報では、今日はずっと快晴のはずだったんだが」

 

落合さん「えぇ、本当に……。

 外に洗濯物を干すつもりでいたのですが、いつ降り出すか

 どうにも危なっかしくて、それも叶いませんでしたわ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720192705j:plain

ピグモン「えう~、おかげでお外にも遊びに行けないし……

 ピグちゃん、つまんないの~」

宙マン「はっはっはっ……まぁまぁ、ピグモン

 家にいたって、楽しめることは幾らでもあるじゃないか――

 ここ数日は猛暑続きでもあったしね、クールダウンの良い機会さ」

落合さん「お殿様の仰る通りですわよ、ピグモンちゃん。

 せっかく涼しくなったのですし、家にいるからこその有意義な時間を過ごしましょう」

ピグモン「……はぁ~い、なの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720192926j:plain

ビーコン「いえっふ~!  そうだー、オイラもその意見に賛成っス~!

 家にいるからこその有意義な時間、いいじゃないっスか。

 てなわけで落合さん、早速うつろな表情のM字開脚で……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720193039j:plain

落合さん「ねーいっ、相も変わらず世迷言をっ!(怒)」

ビーコン「ハンニャラ、ヒ~っ……

 家に閉じこもってるしかないと、つい刺激を求めてしまう

 そんなお年頃のヤンチャボーイっスぅぅ~」

宙マン「たはは、まぁまぁ、二人とも……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210825155257j:plain
「ギャボボボボ~ンっ……

 だったら、俺がくれてやろうかァ?

 ……とびっきりの、刺激ってやつをよぉ……!」

 

ビーコン「……へっ?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720193420j:plain

落合さん「ちょ、ビーコンさん、変な声色作らないで下さいまし!」

ビーコン「お、オイラじゃねぇっスよぉ!?」

宙マン「うん、だが確かに……私にも聞こえたよ、声が」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720193527j:plain

宙マン「と、言うことはだ――」

ピグモン「はわわ、今の声、いったい誰の声なの~!?」

 

突如、虚空から聞こえてきた謎の声……

それはまるで、天空から「降って」来たかのような。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720193643p:plain

いや、実際に天空から聞こえてきたのだ、その声は。

そして、声の主は……

千歳市上空に妖しく渦を巻く、不気味な黒雲の中にいた!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720193711j:plain

「ギャボボぉぉ~ンっ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720193728j:plain

ズ、ズーンっ!

 

宙マン「(よろめき)う、うおっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720194233j:plain

落合さん「……あっ、あらあら、まぁまぁ!」

ビーコン「どひ~っ、一体何がどうなってるんスか~!?」

ピグモン「きゃああんっ、おっかないの~!(涙目)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720194400j:plain

いきなりの不気味な声に、突然すぎる落下震動。

……次々と起こる様々な事態に、すわ何事と街に飛び出した

宙マンファミリーの眼前に「在った」もの、それは!?

 

落合さん「(茫然と見上げ)か……怪獣っ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720194445j:plain

「ギャボボボ~、呑み込みが早くて助かるぜ。

 この俺は、成層圏生まれの変形怪獣・ガゾート……

 今は暗黒星雲の怪獣魔王様に仕える、怪獣軍団の一員だ!」

ピグモン「(怯えて)えうえう~、やっぱりぃ~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720194550j:plain

宙マン「怪獣軍団、と言う事は……」

ビーコン「今回もまた、友好的な流れにゃならなそうっスね!」

ガゾート「ギャボボボ、これまた説明が要らなくって助かるねぇ。

 俺は時間を無駄にする気はないんで、テキパキ進めるよ!」

落合さん「……あらやだ、開き直られちゃいましたわ!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426121145j:plain

イフ「わははは! そうだ、そうとも、問答は無用だ――

 思い切り暴れて千歳を破壊せよ、怪獣ガゾートよ!」

ガゾート「ギャボ~っ、任しといて下さいな、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720194754j:plain

怪獣魔王の命を受け、猛然と進撃開始するガゾート!

迫り来る巨体を前に、人々は逃げ惑うより他に術がない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720194826j:plain

ビーコン「どひ~っ、えらいこっちゃっス~!

 く、曇り空がスッキリしてくれたのはよかったっスけど……」

落合さん「その黒雲の中に、あんな物騒な方が潜んでらしたなんて!」

ピグモン「きゃああんっ、おっかないの~!(涙目)」

 

怪獣ガゾートの出現により、またまた千歳は大混乱!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720194958j:plain

だが、こんな緊急事態を、航空防衛隊は放置などしない。

直ちに空の精鋭が、怪獣攻撃用の戦闘機でスクランブル!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720195023j:plain

落合さん「ああ、よくぞ来て下さいました!」

ビーコン「なんだかんだで、やっぱ姿を見ると嬉しいもんスねぇ。
 (ボソッ)……例え、どんなに成果が伴ってなくっても!

ピグモン「はうはう~、おじさんたち、ファイトなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720195213j:plain

「ようし……全機、一斉攻撃開始っ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720195321j:plain

攻撃、攻撃、また攻撃!

戦闘機隊の火力が、一気にガゾートへ叩きこまれていく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720195342j:plain

……しかし、ガゾートは動じない。

ふてぶてしいまでに動じず、平然と進撃を続ける巨体!

 

ガゾート「ギャボ~っ、何ソレ、迎撃のつもりぃ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720195407j:plain

「……ど、どひゃぁぁぁ~っ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720195430p:plain

ガゾートの口から吐きだされる、恐怖のプラズマ光弾!

その威力の前に、戦闘機隊は次々と勇戦空しく撃墜されていく。

 

ピグモン「……ああっ、みんなやられちゃったの!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720195532j:plain

ビーコン「っが~、相手が悪かったっスねぇ……

 あの怪獣、ちょっと強すぎなんじゃないっスか!?」

落合さん「(頷き)……ええ、そういうことにしておきましょう!(汗)

 

……などと、人々が嘆いたりボヤいたりしている間にも。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720195758j:plain

爆発! 炎上!

ガゾートの大暴れで、今や千歳の街は地獄と化しつつあった!

 

ガゾート「ギャボ~っ、ど~んなもんだいっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720195830j:plain

落合さん「いけませんわ、このままでは本当に街の命運が!」

ピグモン「はわわ……宙マン、宙マン、なんとかしてなの~」

宙マン「ああ、やるとも! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、ガゾートの前に舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上! 

 成層圏の大悪党め、これ以上は好きにさせんぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200152j:plain

ビーコン「うおお! この頼もしさ、やっぱアニキっスよねぇ!」

落合さん「はぁ……お殿様、素敵です……♪(うっとり)」

ピグモン「はうはう~、宙マン、がんばってなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200246j:plain

ガゾート「ギャボ~っ、自分から出てきてくれたな、宙マン。

 まぁいい、かえって好都合だ――

 地球征服のためには、どのみちお前は邪魔だからな!」

宙マン「(ニヤリ)私を倒せるつもりらしいが、そうはいかんよ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズを取り、敢然と身構える宙マンーー

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200404j:plain

ガゾート「ギャボギャボ~、だったら勝負だ、宙マン!」

宙マン「さぁ来い、ガゾート!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200440j:plain

激突、宙マン対ガゾート!

落合さんたちが見守る中、ハイテンションの攻防戦が展開。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200504j:plain

地響きをたて、鎬を削りあう正邪の巨体!

宙マンとガゾートの力と技が、火花散る勢いで渡り合う。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200543j:plain

持ち前の獰猛さを全開に、宙マンめがけて襲い来るガゾート。

だが、宙マンもまた、鍛え抜かれた技で一歩も引かない。

 

宙マン「そぉれっ、こいつを食らえ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200625j:plain

ガゾートに生じた、一瞬の隙を見逃さず……

怪獣の腹部めがけて、宙マンの鋭いストレートキックが炸裂!

その威力に、さしものガゾートも大きくよろめいた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200653j:plain

宙マン「どうだ、まいったか!」

ガゾート「ギャボギャボ、宙マン、いい気になるな~ッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200726j:plain

自慢の飛行能力で浮きあがり……

ふわふわと予測不能な軌道を描きながら、空中を自在に舞って

宙マンを翻弄しつつ攻撃を仕掛けてくるガゾート。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200816j:plain

宙マン「くッ、味な真似を!」

ガゾート「ギャボボァァ~っ、そぉれ、それそれ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200847j:plain

ガゾートの空中殺法へ、果敢に挑む宙マンであったが……

それをもあざ笑うかのように放たれたガゾートのプラズマ光弾が

宙マンの足元へと容赦なく炸裂!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720200910j:plain

宙マン「(よろめき)う、うおっ!?」

ガゾート「ギャボ~、それそれィ、どんどん行くぞ~っ!」

 

完全に調子に乗って、プラズマ光弾を乱射するガゾート!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151907j:plain

グワーン! ズガガガガーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155037j:plain

「う、うわぁぁぁぁ……っ!!」

 

ピグモン「はわわわ……ちゅ、宙マンっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429162343j:plain

ビーコン「ど、どひ~っ!

  座布団みたいなナリに似合わず、すばしっこい奴っスね!」

落合さん「あのプラズマ光弾の威力も厄介ですわ……!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508133333j:plain

ゾネンゲ博士「ぬふふふ、流石はガゾート、素晴らしい力でしょう!

 蝶のように舞い、蜂のように刺す、あれがあやつの真骨頂にございます!」

イフ「いふ「おお、その通りじゃ、実に惚れ惚れするのぉ!

 だからこそ、最後の画竜点睛を欠いてはならぬのだ――

 さぁガゾートよ、にっくき宙マンにとどめを刺せ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720201758j:plain

宙マン「(苦悶)うう……うっ……!」

ガゾート「ギャボボ、いよいよ最後の時が来ちゃったみたいだねぇ。

 どぉれ、死んでもらおうか、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720201839j:plain

宙マン「いいや……まだまだ、本当の勝負はここからさ!

 くらえ――宙マン・閃光波!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720201936j:plain

ピッキュイィィーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720201959j:plain

高らかな音とともに、宙マンの手にストロボ状の発光が生じ……

次の瞬間、ガゾートのボディで激しい爆発が起こる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720202031j:plain

宙マン「――どうだっ!?」

ガゾート「き、効くじゃなぇかよぉぉ~っ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720202105j:plain

大きくバランスを崩し、地面に激突するガゾート!

墜落のダメージで、怪獣がふらふらになったところへ――

 

宙マン「とどめだ! 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426152748j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、ガゾートを直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720202212j:plain

ガゾート「ぎゃ、ギャボボボっ、やっぱりこりゃタマラン~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

 

ピグモン「はうはう~、やったのやったの、宙マンの勝ちなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429164706j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429164715j:plain

落合さん「今日もまたまたお見事でしたわ、お殿様!」

ビーコン「いえっふ~、アニキ、サイコーっスよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720202430j:plain

イフ「ぐぬぬぬっ……おのれ、またしてもか!

 だが宙マンよ、お前は未だ怪獣軍団の真の恐怖を知らぬ……

 次こそは、次こそは必ず!」

 

……などと言う、いつもの負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720202633j:plain

我らが宙マンの活躍で、千歳に出現した怪獣ガゾートは撃退され

街には再び、静かな日常と気持ちの良い青空が戻ったのであった。

 

落合さん「改めまして……どうもお疲れ様でした、お殿様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720202907j:plain

落合さん「お殿様のおかげで、街にも平和が戻りましたし……」

ピグモン「お空もすっきり、きれーな青空なの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720203048j:plain

宙マン「はははっ、いやいや、なんのなんの。

 でもまぁ、こうして本来の晴れ間が見えたことだし……

 家へ帰る前に、のんびり散歩ってのも悪くないかもねぇ」

ピグモン「はうはう~、ピグちゃんお散歩嬉しいの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720203203j:plain

ビーコン「チチチ、いやいや~、アニキアニキっ。

 どうせならトコトン極めるっスよ、インドアでこそ出来るコト!

 それには先ず落合さんが、虚ろな表情でM字開脚……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーいっ、アナタの存在が一番の暗雲ですっ!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、空の青さが目に沁みるっスぅぅ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720203437j:plain

みんなの住む街、千歳の平和……

みごと守った、我らが宙マン。

さて、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?