遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

異常あり 真夏の昆虫戦線の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210801000508j:plain
今日より8月に突入し、名実ともに夏の盛り――

と言うわけで連日、厳しい暑さに見舞われている日本列島。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731202114j:plain

それはここ、北海道においても例外ではなく、お馴染みの舞台である千歳市

ほんわか町5丁目の「宙マンハウス」もまた、ギラつく真夏の太陽に照らされて

すっかり夏めいた風情の中にあった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731202214j:plain

落合さん「皆様こんにちは! ご近所でも大評判、美人メイドの落合ですわ。

 連日連夜、本当に暑さの厳しい日が続いておりますけれど……

 水分と塩分はこまめに摂って、熱中症にはくれぐれもご用心下さいね!」

 

 ながもん「季節を、意識した……注意勧告。……さすが」

みくるん「極端に暑い日が続くと思ったら、長雨続きで急に冷えたり……

 何かと、身体には優しくないお天気ですもんね~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731202614j:plain

ビーコン「カーッ、な~にを眠たいこと言ってるっスか、オナゴ衆!

 優しさが欲しい、ってんなら……

 それは案外、みんなの一番間近にあるんじゃないっスかぁ?」

落合さん「(ジト目)……何が仰りたいんです、ビーコンさん?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428083947j:plain

ビーコン「っがー、じれったいっスねぇ、判ってるくせに!

 みんな、服なんて脱いでスッポンポンでいいじゃないっスか!

 で、オイラの胸に飛びこんでくればいいじゃん!?

 そうすりゃ心にも体にも、オイラの優しさが染みわたって……」

みくるん「え、え~っとぉ……どうしましょう……?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731203000j:plain

宙マン「はっはっはっはっ、あれはもうビーコンの日課みたいなものだからね~。

 真に受けていたらキリがないよ、適当に受け流しておけばいいさ」

ピグモン「はうはう~、そんなことより、ピグちゃんアイス食べたいの~」

 ながもん「(ボソッと)夕張メロン味……希望」

 

ビーコン「だーっ!! みんなしてヒドイヒドイっ、特にアニキが酷いっ!

 仮にも同居人のオイラに対して、あまりに無慈悲じゃないっスか!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604221224j:plain

ビーコン「愛をプリーズ! 優しさプリーズっス!(涙目)

落合さん「別に今更、そんなの必要ないでしょうにっ。

 やらしさでしたら、既に有り余ってるんじゃございません!?」

ビーコン「びえ~ん、落合さん、ヒドいっスぅぅ~」

落合さん「ねーいっ、擦り寄って来ないで下さいましっ!(汗)」

 

などと、一同が例の調子でいると……何の前触れもなく、突然!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604221430j:plain

ズゴゴゴグワーンっ!

 

ビーコン「(呆然)……へっ?」

落合さん「な、何ですの……今のは一体なんなんですの~!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426131117j:plain

暑さのせいか、はたまた天変地異か?

千歳市内のあちこちで、火の気もないのに連続して巻き起こる爆発、また爆発。

 

みくるん「ちょっ、これ……ど、どうなってるんですかぁ!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731203600j:plain

ピグモン「はわわ、これって、ひょっとして……」

ながもん「(頷き)……ひょっとする、かも」

宙マン「まさか、またまた怪獣軍団かね!?」

 

左様――

そんな碌でもない予想に限って、ズバリ的中するのは世のさだめ。

 f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731203801j:plain

バリバリバリ……ガラガラガラッ……!

 

何の前触れもなく、千歳の街を激しく揺さぶる局地地震

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426124850j:plain

大地を裂き、そびえるビルを崩して……

激しく土煙を巻き上げながら、地上に姿を現した者とは!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731204011j:plain

「ピギュルゥゥゥ~ッ!!」

 

みくるん「(涙目)ああんっ、またまた怪獣さんですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427233353j:plain

ピグモン「かぶと虫……それとも、バッタさん……なの~?(汗)」

ながもん「(クールに首を振り)……その、どちらでも……ない。

 「全怪獣怪人大百科」に、いわく……あれは……昆虫怪獣・メガロ

メガロ「ピギュルゥゥ~、よくご存じだ、お嬢ちゃん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731204402j:plain

落合さん「かつてはシートピア海底王国の守護神として崇められ……」

ビーコン「それが今じゃ、怪獣魔王の手先ってワケっスか。

  何の因果か、落ちぶれたもんスねぇ!?」

メガロ「ピギュルゥゥ~、笑いたければ笑うがいいさ!」

みくるん「……って、どこかで聞いたような台詞ですぅ(汗)

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731204650j:plain

メガロ「すきま風吹く、怪獣渡世の厳しさの中……

 そんな俺を拾って下さった魔王イフ様のご恩に、今こそ報いる時がきた。

 軍団の悲願、地球征服、このメガロ様が成し遂げてみせるぜィ!」

落合さん「ふむっ、ここだけ聞けばちょっといいお話のようですが……」

ビーコン「(ボソッ)オイラ達には、心底どーでもいい話っス!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426130014j:plain

イフ「わはは! さぁ行け、思い切り暴れるのだメガロ!

 華々しい銀幕デビューを飾ったお前は、決して只の一発屋ではないのだと

 地球に、人類に、そして全宇宙に見せつけてやるがよい!」

メガロ「ピギュルゥゥ~! どうぞ暗黒星雲よりご照覧あれ、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731205241j:plain

怪獣魔王の命を受け、猛然と進撃開始する大怪獣メガロ!

迫り来る巨体を前に、人々は逃げ惑うより他に術がない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731205308j:plain

ビーコン「どひ~っ、今日もエラいことになっちまったっスねぇ!」

落合さん「昆虫採集ならいざ知らず……

 まさか、私たちが昆虫怪獣さんから追われる羽目になるなんて!」

 メガロ「ピギュルル、夏休み大サービス、出し惜しみなしで行くぜ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731205450j:plain

出た、メガロの得意技……

ぐわっと左右に開いた口から、勢いよく吐き出される地熱ナパーム弾!

直撃を受けた街の建物が、大爆発と共に吹っ飛ぶ威力。

 

おお――北海道千歳市、早くも大ピンチ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426130348j:plain

だが、こんな緊急事態を、航空防衛隊は放置などしない。

直ちに空の精鋭が、怪獣攻撃用の戦闘機でスクランブル!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731210238j:plain

 ながもん「おおっ。……ナイス……タイミング」

ビーコン「頼んだっスよ~、航空防衛隊のお歴々!」

落合さん「頑張って下さいませ、本気で応援しておりますわ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731210435j:plain

「ようし。……怪獣への一斉攻撃、開始っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731210502j:plain

激しいアタックをかける戦闘機隊!

持てる火力の全てが、怒濤のごとく昆虫怪獣へ叩きこまれる。

……が、全くびくともしないメガロ!

 

メガロ「ピギュルゥゥ~、映画デビューの東宝怪獣、ナメんな~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731210612j:plain

「う、うわぁぁぁっ……!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426131022j:plain

激しいスパークと共に、メガロの角から勢いよく迸るレーザー殺獣光線!

その凄絶な威力の前に、戦闘機は一機、また一機と撃墜されていく。

 

みくるん「ああっ、やっぱりやられちゃったですぅ!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155243j:plain

ながもん「みくるん。……この場合……”やっぱり”は……余分」

みくるん「ううっ、そうだけど……そうなんだけどぉ……!」

 

メガロ「ピギュルル、な~にをゴチャゴチャ言ってやがる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731211211j:plain

メガロ「ピギュルルル~、見たか、俺のこの実力!

 元シートピアの守護神・メガロ様の力で、千歳を焼け野原に変えてやる!」

ビーコン「どひ~、あの虫、なんかむやみやたらに張りきり過ぎっス!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731211439j:plain

落合さん「ああっ、どうしましょう……

 これはもう、本気と書いてマジで大ピンチですわ!」

ピグモン「はわわわ……宙マン、宙マン、何とかしてなの~」

宙マン「おのれ、もう許さんぞ! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、荒れ狂うメガロの前に舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上! 

 そこまでだ昆虫怪獣、もう好き勝手な真似はさせないぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731211655j:plain

ビーコン「いよっ! 待ってましたっス、アニキの十八番!」

落合さん「やはり、最後に頼りになるのはお殿様ですわねぇ!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、がんばってなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731211753j:plain

メガロ「ピギュルル~、どうやら今日の俺はツイてるみたいだな。

 地球を征服完了したばかりか、宙マン……

 邪魔なお前まで倒して、ボーナスの上にボーナス上乗せ待ったなしってんだから!」

宙マン「ふふん……獲らぬ狸の皮算用も、その辺にしておくがいい!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズを取り、敢然と身構える宙マン。

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトルの幕開けだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731212020j:plain

メガロ「ピギャルゥゥ~っ、だったらこのメガロ様と勝負してみるかぁ!?」

宙マン「そのつもりさ、とことん相手になってやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731212110j:plain

真っ向激突、宙マン対メガロ!

落合さんたちが見守る中、巨大戦は一気にヒートアップ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731212140j:plain

両手のドリル爪を、もっとも効果的に活用できる戦法……

フェンシングのような突きのラッシュで、宙マンを攻め立てるメガロ。

その猛攻をかいくぐりながら、宙マンも果敢に相手の懐へ飛びこんでいく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731212349j:plain

宙マン「くうぅっ……何て言う馬鹿力だ!」

 

メガロ「ピギュルル、そりゃそうよ――

 この夏こそは、昆虫にとって最高の晴れ舞台、殺しの舞台だからな。

 そぉれっ、潰れろ宙マン!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731212602j:plain

単純な力比べだけでは、流石の宙マンも苦戦は免れない――

が、だからと言って、そこで怯むようなヒーローではない。

 

宙マン「そぉりゃッ、これでもくらえ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731212942j:plain

流石だ、宙マン!

メガロの猛攻の中に生じた、ほんの一瞬の隙を逃すことなく……

鋭い正面跳び蹴りが、昆虫怪獣の腹部へと炸裂した!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731213047j:plain

メガロ「ぐ、ぐっフゥぅぅ……っ!」

痛烈な宙マンのキックを受けて、さしものメガロもずずっと後退。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731213142j:plain

宙マン「どうだ! これが正義の宙マン・パワーだ!」

メガロ「ピギュルルルッ……調子に、乗るな~っ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731213356j:plain

グワッツゥゥーンっ!

 

宙マン「う、うおおおおっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731213441j:plain

炸裂、自慢の一本角を活かしたメガロのメガトン頭突き!

その直撃に大きく吹っ飛ばされ、地面に叩きつけられる宙マン。

 

メガロ「まぁだ、まだまだ。お次は地熱ナパーム弾だっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731213556j:plain

「う、うわぁぁぁぁ……っ!!」

 

みくるん「ああっ……ちゅ、宙マンさんが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

ながもん「想像以上の……パワーの、怪獣」

ビーコン「う~ん、色々溜まってたんスかねぇ、フラストレーションとか!?」

落合さん「判る気がしますが……断じて、判るわけには参りませんわ!(汗)」

ピグモン「はわわわ、宙マン、まけないでなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731213834j:plain

宙マン「(苦悶)……うう……うっ……!」

メガロ「ピギュグルル……宙マン、いよいよ最期の時が来ちゃったなぁ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731214042j:plain

「なんの……負けて、なる、もの、かぁぁッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731214158j:plain

宙マン、パワー全開!

メガロの放ったレーザー殺獣光線を、ひらりとかわして大空へ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731214239j:plain

メガロ「(驚き)ぴ、ピギュルルルっ!?」

宙マン「くらえ――宙マン・閃光波!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731214317j:plain

ピッキュイィィーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731214346j:plain

高らかな音とともに、宙マンの手にストロボ状の発光が生じ……

次の瞬間、メガロのボディで激しい爆発が起こる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731214424j:plain

宙マン「――どうだッ!?」

メガロ「……き、キクキク効いたぁ、激辛じゃ~んっ1?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731214523p:plain

閃光波の連続発射が、メガロに次々と命中!

そのダメージに、とうとう大怪獣がドドーッと倒れたところへ――

 

 宙マン「とどめだ! 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426152748j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、メガロを直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731214724j:plain

メガロ「ぐひぃぃっ……な、夏休みの宿題は、朝の涼しいうちにねぇぇ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利

 

みくるん「わぁっ、やりました、宙マンさんの勝ちですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428005645j:plain

ながもん「宙マン……グッジョヴ」

ビーコン「いやぁ、今日も今日とて流石っスねぇ、アニキは!」

落合さん「えぇ、そしてどなたよりも素敵です……お殿様♪(うっとり)」

ピグモン「はうはう~、宙マン、ありがとうなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「ぐぐぐっ……おのれ宙マンめ、よくもメガロを!

 だが見ておれよ、この次こそがお前の最期の時なのだ!

 よいか、忘れるな、真の恐怖はこれから始まるのだぞ……!

 

……などと言う、怪獣魔王のいつもの負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010428j:plain

 我らが宙マンの活躍により、突如出現した昆虫怪獣メガロは撃退され

怪獣軍団の謀略は、今度も未然に防がれたのであった。

 

落合さん「改めまして……御無事で何よりですわ、お殿様!」

ビーコン「アニキ、お疲れさまっした!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508161058j:plain

宙マン「いやぁ、さすがに今度ばかりはどうなるかと思ったけど……

 それでもどうにかこうにか、ギリギリまで頑張っちゃったよ~。

 なんせ私はみんなと、これからうんと旨い物食べるつもりなんだからね!」

ビーコン「出たッ、アニキのヒーローらしからぬ食い意地パワー!」

ピグモン「はうはう~、宙マンはくいしんぼさんなの~」

ながもん「でも、そこが……宙マンの……いい、ところ」

みくるん「(笑顔で頷き)うん……うんっ、そうだよねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731215936j:plain

ビーコン「まー、何はともあれ……

 今はただ心静かに、この平和の尊さを噛み締めようじゃないっスか!

 ヒヒヒ、こうやって落合さんにセクハラしつつ……♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731220043j:plain

むにゅん、ふにふにっ

 

ビーコン「むひょ~、いつ味わってもたまんない感触っスね~☆」

落合さん「……きゃ、きゃああああっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーいっ! 全く、ビーコンさんはほんとに全く!

 もう少し、綺麗にオチをつける気はないんですのっ!?(怒)」」

ビーコン「どひ~っ、これもひとつの定番オチっスねぇぇ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731220307j:plain

懲りもせず、千歳の平和を乱す者……

許すな宙マン、僕らの仲間。

さぁ、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?