遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

寒風(かぜ)のうなりか雄叫びかの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211217235326j:plain

地球から遥か彼方の暗黒星雲……

そこは、凶悪無比な怪獣たちの集う、全宇宙の悪の総本山である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115252j:plain

絶対の支配者として君臨する怪獣魔王・イフのもと、怪獣軍団は

飽くことなく、地球征服の野望に燃え……

恐るべき配下の怪獣を、次々に送りこみ続けているのだ……が。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115259j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218000246j:plain

時に西暦2022年・1月3日。

怪獣たちは未だ、ゴキゲンなお屠蘇気分の只中にあった。

 

「ヒャッハ~、正月は楽しいねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115923j:plain

「おこたでぬくぬくしながら、アニメやら映画やら一気見して……

 チビチビおせちつまんで、好きな時に好きなだけ寝て」

「なんてったって、昼間っから飲み放題だよ!

 これが罷り通るんだから、全く正月休みサマサマだぜィ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218000555j:plain

「あ~ん、もう、正月休みサイコー!」

「この幸福に、いつまでも溺れてしまいた~い!」

イフ「わはは……そうであろう、そうであろう!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218000825p:plain

イフ「で……ところでだな、お前たち。

 正月気分もよいが、そろそろ程々にしておかんと……

 仕事始めの際に、色々と……響くぞ?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211217193023j:plain

イフ「何と言っても今年こそはだな、にっくき宙マンを打倒して

 ワシらの悲願、地球征服を成就させると言う目標が……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211214184730p:plain

「あ~、魔王様、魔王様!」

イフ「……うン?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426121145j:plain

「ほんと、申し訳ないんですけど……

 そういうの、また後にしてもらえませんかねぇ?

「そーそー、せっかく正月満喫中だってのに!」

イフ「(目がテン)……な、なぬッ?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218001120p:plain

「あれですよ、アレ。

 もういっそ、今年は一年中ずっと正月休みってことで!」

「そいつぁいいや、大賛成!」

「そーしましょ、そーしましょうよ、ねぇ魔王様!?」

 

……ぶ ち っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「えぇい、この大バカ者どもが~っ!!

 黙って聞いておれば何だ、どいつもこいつも!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218001300j:plain

「ひょぇぇぇ、ですよねぇぇ~っ!?(汗)」

「ごめんなさいでした、魔王様ぁぁ~っ!」

イフ「(プリプリ怒って)全く……これだから、うちの連中は!」

 

お屠蘇気分の度が過ぎて、うっかり怪獣魔王の逆鱗に触れてしまった怪獣たち。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211214175340j:plain

このままでは不味い、なんとか魔王様のご機嫌をとらなくては……

……と言う訳で、急ぎ怪獣軍団の有志のひとりが地球を目指し、

暗黒星雲を慌てて飛び立ったのであった。

 

危うし地球、危うし宙マン!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218001758j:plain

日本全国津々浦々、お正月気分のまっただ中……

そして、そんな人間たちの都合などお構いなしで、降り積もる雪とは

否応なしに付き合わざるを得ないのが北海道民の冬なのだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211217204827j:plain

と、言うわけで……

ここ・北海道千歳市ほんわか町5丁目にある「宙マンハウス」の住人たちもまた

朝も早くから玄関先の雪かきに追われていたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218002211j:plain

ビーコン「ひ~こら、へ~こら……

 毎度ながら、いくら撥ねても撥ねてもキリがないっスねぇ!

 ホ~ントこれさえなければ、景色もいいし、空気も水も食い物も旨いしで

 北海道は住みやすいトコなんスけどね~」

落合さん「ほらほらビーコンさん、ボヤかない、ボヤかない。

 力を合わせて、雪かきなんてチャッチャと終わらせてしまいましょう!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218002401j:plain

ビーコン「そうは言うっスけどね、落合さぁん……

 なんか労働に見合う対価がなけりゃ、モチベーションは低下する一方っスよ」

落合さん「はぁ、対価? 今月分のお小遣いに、お年玉の分まで上乗せして

 雪かきの後には、あったかい落合特製のお雑煮まで待っておりますのに……」

ビーコン「……お雑煮ィ?」

落合さん「んーま、何ですのっ、その露骨なうんざり具合は!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218002805j:plain

ビーコン「チチチ、そー言うのとはまた別腹っスよ、別腹。

 オイラの言う対価ってのは、主にしっぽりねっとりセクハラ的な意味の……」

  ハァハァハァ、さぁ落合さん、オイラと愛のウデタテフセを……♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

 

落合さん「っがー、寝言は寝てから仰いませ!(怒)」

ビーコン「ハンニャラ、ヒ~っ……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223956j:plain

ピグモン「えう~……あの二人、またやってるの~」

宙マン「(苦笑)たっはっはっ……これじゃ、雪かき終了はいつになることやら」

 

明るくドタバタ賑々しい、そんな宙マンファミリーの日常の一齣。

と、そこへやって来たのは――

 

「ふぇぇん……宙マンさん、宙マンさ~んっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218003207j:plain

落合さん「あら、みくるん様にながもん様!」

ビーコン「そっちはもう雪かき終了っスか? 早いっスね~」

宙マン「私たちの方も、もう少しで雪かきを終わらせる予定だから……」

ピグモン「そしたらまた、みんなで一緒に遊ぼうなの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428083947j:plain

みくるん「そ、それどころじゃないんですってば、皆さん!」

ながもん「街が……大変なことに……なってる」

ビーコン「ええっ、なんスかソレ!?」

落合さん「大変なことって、一体どういう――」

みくるん「とにかく来て下さい、冗談抜きの一大事なんですぅ!」

宙マン「……よし、とにかく行ってみよう!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218003548j:plain

と言うわけで、宙マンたちが千歳市の中心部に出向いてみると……

街に一歩入ったとたん、先ほどまでの好天が嘘のような風雪の大荒れが!

 

宙マン「……うわっ、何だこりゃ!?(困惑)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218003826j:plain

ながもん「つまり……要するに……こういう、こと」

みくるん「うぷっ……み、皆さん、分かってもらえましたかぁ!?」

ビーコン「どひ~っ、よく分かったっスよ、分かりすぎるくらいっスぅぅ!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218004016j:plain

宙マン「それにしても、街の限られた一角だけがこの荒れ模様……

 コレはどう考えても、普通の自然現象とは思えないぞ!」

落合さん「(ハッとして)お殿様! と言うことは、まさか――」

ピグモン「……また、怪獣軍団のしわざなの~!?」


「……ヒュフフフ、その通り……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218004203j:plain

みくるん「(怯えて)……ひっ!?」

宙マン「(ハッとして)その声は……何者だ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218004244j:plain

「お見せしよう、我が偉大なる姿!!」

 

吹き荒れる寒波の中から、ギラリと不気味に輝く双眸。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218004341j:plain

みるみる実体を現して巨大化し、高層ビルをも上回るサイズの巨人と化したのは

怪獣軍団から、新たにやって来た悪の使者。

 

みくるん「ああっ、宇宙人ですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218004555j:plain

ピグモン「はわわ……な、ながもんちゃんは、知ってる!?」

ながもん「(頷き)あれは……バルダック星人

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218004705j:plain

「Si! いかにもボクちゃんはバルダック星人!

 雪男宇宙星人・バルダック様だ、よーく覚えておくがいい!」

宙マン「そうか……この異常な寒波は、全てお前の仕業だったのか!」

落合さん「今度はいったい何が狙いなんですの!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218004826j:plain

バルダック「ヒュフフフ、ボクちゃんの目的はただひとつ――

 この地球上を全て凍りつかせ、美しい静寂に満ちた世界に変えること。

 そしてその隙に乗じ、怪獣軍団が一気に地球を征服してしまうのだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504000227j:plain

宙マン「大きく出たな……だが、そんな事が出来ると思っているのか!」

バルダック「出来るね、我がバルダック星は雪と氷に閉ざされた冷気の惑星。

 その冷たい息吹を全身に受けて育ったボクちゃんなら、実に容易い事さァ!」

宙マン「(歯噛みして)むぅ……っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427235422j:plain

 サンドロス「をほほほ! 貴方なら出来るドロスわよ、バルダックちゃん!」

イフ「今こそお前の素晴らしい力を、ワシに見せてくれ!」

バルダック「Si! かしこまりました、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218005325j:plain

怪獣魔王夫妻から檄を飛ばされ、がぜん奮い立つバルダック!

のっし、のっしと重々しい足音を周囲に響かせ、巨体が進撃を開始する。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218005517j:plain

たちまち大パニックとなり、右往左往して逃げ惑う千歳の人々。

その混乱をアザ笑うように、星人の口から吐き出されたのは!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218005600j:plain

ピキピキピキ……バキィィーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218005624j:plain

見よ! 星人の冷凍ガス、マイナス234度の威力――

ガスを浴びた高層ビルが、一瞬のうちにカチカチに凍りつき

次の瞬間、木っ端微塵に砕け散ったではないか!?

 

宙マン「ううむっ、何て怖ろしいヤツなんだ!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218005952j:plain

雪男星人の暴虐、許すまじ!

千歳の平和を守るべく、航空防衛隊が直ちに出撃した。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218010133j:plain

宙マン「おおっ、あれは千歳基地の!」

落合さん「どうか、どうか今回こそは頑張って下さいませ!」

ビーコン「くれぐれも、意気込みだけで終わらねーように……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218010212j:plain

「ようし……全機、攻撃開始っ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218010235j:plain

バルダック星人めがけて、上空から叩きこまれるロケット弾!

だが、そんな弾着の嵐にも、雪男星人は全くひるまない。

 

バルダック「ヒュフフ、チミらの出る幕ではないわいな!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218010310j:plain

上空めがけて、冷凍ガスを吐き散らす星人。

その恐るべき威力の前に、戦闘機隊もうかつに接近できない。

 

バルダック「そうら、そらそら、地球氷河期の到来だ~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218010421j:plain

急速な街の凍結で自動車も只では済まず、次々に横転。

爆発! 炎上!

冷気が巻き起こす惨事を前に、いかにも満足げなバルダック。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218010447j:plain

バルダック「ヒュフフフ、どうだボクちゃんの力は!

 軍団の誰も成しえなかった地球制圧、このボクちゃんが見事成し遂げてみせるぞ!」

 

ビーコン「ハンニャラ、ヒ~っ……こ、これは色々シャレんなんないっスぅぅ~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218010653j:plain

みくるん「……だ、大丈夫ですかぁ、ビーコンさんっ!?(汗)」

 

ながもん「ここは、宙マン……あなただけが……頼り」

宙マン「ようし、やろう! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、バルダック星人の前に舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上! 

 バルダック星人、もうこれ以上は貴様の好き勝手にさせないぞ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211217194337j:plain

ビーコン「いよっ! 待ってましたっス、アニキの十八番!」

落合さん「えぇ、えぇ、やっぱり困った時にはお殿様ですわよねぇ!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、がんばってなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218011055p:plain

バルダック「ヒュフフフ、出たな宙マン!

 ボクちゃんの力で、お前を氷の像にしてやる――

 怪獣軍団が地球を征服した、その記念のモニュメントにな!」

宙マン「フフン、出来るかどうか……やってみるかね!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マンーー

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218011154j:plain

激突、宙マン対バルダック星人!

人々がハラハラと見守る中、ふたりの巨人が鎬を削りあう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218011217j:plain

折しも季節は冬、極寒の銀世界……

バルダック星人にとっては、持ち前の怪能力をフルに発揮できる

おあつらえ向きの“殺しの舞台”とでもいったところ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218011258j:plain

猛然と攻め立ててくる星人に、宙マンも気力と根性で渡り合う。

パワー全開の前蹴りで、迫るバルダックを豪快に蹴り飛ばした!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218011322j:plain

バルダック「(悶絶)……ぐフゥッ!?」

宙マン「どうだバルダック星人、これが正義の力だ!」

バルダック「おのれ、おのれ宙マン……これを受けてみろ~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218011352j:plain

バルダックの口から、宙マンめがけて吐き出される冷凍ガス。

高層ビルさえ一瞬で凍結・粉砕してしまう、あの恐るべき冷気だ!

ピグモン「ああっ、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

落合さん「まずいですわ、もしもあの冷凍ガスをまともに浴びてしまったら……」

みくるん「(涙目)……まさか宙マンさんも、さっきのビルみたいに!?」

ながもん「(息を呑み)そうなったら……おしまい」

ビーコン「どひ~っ、アニキ! とにかく、よけてよけてよけまくるっスよォ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218011652j:plain

宙マンめがけて、猛然と冷凍ガスを吐き散らすバルダック!

その威力によって、周囲の街がみるみる凍りついていく。

 

バルダック「これで終わりだ!……死ねィ、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218011719j:plain

バルダック星人の冷凍ガス、一閃!

だが、その死の洗礼は……空間そのものを湾曲させて形成する

宙マンの防御壁・プロテクションによって完全に無力化された!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218011741j:plain

バルダック「(困惑)ぐもももっ、馬鹿な!?」

宙マン「残念だったなバルダック星人、正義は必ず勝つ!

 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426152748j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、バルダック星人を直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218011905j:plain

バルダック「う、うぎゃあああっ……これは効いたぁぁ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

 

ピグモン「はうはう~、やったのやったの、宙マンが勝ったの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218012046j:plain

ながもん「今年も、ますます……宙マン……グッジョヴ」

みくるん「宙マンさん、ありがとうございますぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「ぐぬぬぬ……あと一歩のところで、またしても宙マンめが邪魔立てをっ!

 だが覚えておれよ、この仕返しは必ずしてやるからな……!!」


……などと言う、怪獣魔王の負け惜しみはいつも通りサラリと聞き流して。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211217203231j:plain

かくして宙マンの活躍により、バルダック星人はその野望もろとも打倒され

千歳市は……いや、地球は氷河期到来の危機から救われたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211217203906j:plain

落合さん「どうもお疲れ様でした、お殿様!」

みくるん「ひと勝負終わって、かなりお腹が減ったんじゃないですかぁ?」

宙マン「お腹がすいたのも勿論なんだけど……

 なにせ今日は相手が相手だったから、とにかく体が冷えこんじゃってね~。

 こういう時は、何か体の暖まるものが食べたいな」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211217203838j:plain

みくるん「うーん、あったまるもの、って言いますとぉ……」

ながもん「今は、やっぱり……お雑煮?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218012735j:plain

落合さん「大晦日から三が日は、お雑煮ばかりが続いてしまっておりますが……

 それでよろしいでしょうか、お殿様?」

宙マン「よろしいも何も、有難く頂くよ、落合さん!」

ビーコン「いえっふ~、オイラは餅三つ、大盛りで頼むっス~☆」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218013030j:plain

落合さん「あ~ら、よろしいんですのよ、ビーコンさん……

 そんな風にお気を遣って、私たちに合わせて下さらなくっても。

 何しろお雑煮は飽き飽きだそうですもの、ねぇ?(にんまり)」

ビーコン「だーっ、意地悪言わないで下さいっスよぉ、落合さん!

 お雑煮サイコー! お雑煮大好きっスー!!(涙目)」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218013219j:plain

爽やかな年明けに相応しく……

ご存じ宙マン、今日もホットな大活躍。

次回も応援してくれよ、なッ!