遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

残寒(ふゆ)を蹴散らせの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902223059j:plain

一夜が明けて今日もまた、地球の上に朝が来た――

この星の誕生以来、何十億回となく繰り返され続けてきたそんな光景。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902223129j:plain

「新しい朝が来た、希望の朝だ」なんて、なじみの深いラジオ体操の歌さえも

聞こえてくるのにはちょっとまだ早い時間帯。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902223151j:plain

昇り始めた朝日を浴び、澄みきった朝の空気をも存分に味わいつつ

住宅街を往くのは、もはやお馴染みの顔。

千歳市ほんわか町5丁目在住のヒーロー、我らが宙マンその人であった。

 

そう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902223302j:plain

こんち宙マン、毎朝の日課であるウォーキングの最中だったのである……が、

不意に、その足がぴたりと止まった。

 

宙マン「(怪訝)むむっ……なんだ、この寒気は?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902223338j:plain

不意に吹いてきたのは、真冬のそれもかくやと言うほどの寒風。

いかに北海道とは言え、この風の冷たさは明らかに異常である――

そして、異様な冷気が周囲を包み出しているではないか。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902223410j:plain

そう、この肌寒さこそ、これから千歳に勃発する恐怖の予兆。

濛々たる冷気の中から異様な姿を現した者、それは!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902223432j:plain

「ぐももももも……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902223450j:plain

千歳市ほんわか町、その外れの原生林……

不気味な唸り声と共に歩いてきたのは、もちろん怪獣軍団の一員。

絶対零度の冷たい星で生まれ育った、恐怖のソロモン星人だ!

 

ソロモン星人「ぐもももも、既に準備は整いましてございます……

 作戦開始のご命令をお与え下さい、怪獣魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426122119j:plain

イフ「うむっ、ご苦労である、ソロモン星人よ!

 わかっていようが、そなたの使命は――」

ソロモン星人「(頷き)この千歳を再び、真冬の雪と氷に閉ざすこと!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224216j:plain

イフ「そうだ、その通り!

 春を迎え、気持ちが緩みかけている北海道民の隙を突いて

 絶対零度の洗礼を浴びせかけ、街を氷の地獄に変え……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224340j:plain

イフ「そして、しかる後に……ワシらが名乗りをあげ、

 寒さに凍える地球人どもへ、使い捨てカイロを無償提供する。

 さすれば連中は、ワシらを救いの神のごとく崇め、尊敬し……

 地球は労せずして、怪獣軍団の手に落ちたも同然よ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224430j:plain

イフ「そして、その第一段階の絶対零度を創り出すのは――」

ソロモン星人「絶対零度、氷の惑星で生まれ育ったこの私……

 我々ソロモン星人にかかれば、いとも容易いことでございます」

イフ「うむっ、期待しておるぞ、ソロモン星人!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224535j:plain

ソロモン星人「ぐももも、お任せ下さい、魔王様!

 それでは直ちに、この千歳を氷の地獄に変え……」

 

「おおっと、そう上手くいくかな!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224612j:plain

ソロモン星人「(驚き)ぐももっ、誰だ!?」

 

不意に響いてきた凛たる声に、驚いて振り返る冷血星人。

次の瞬間、華麗な空中回転とともに舞い降りてきたのは……

もちろん、この男をおいて他にはあるまい!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224647j:plain

宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上!

 怪獣軍団のソロモン星人、平和を乱すような真似は許さん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224715j:plain

ソロモン星人「お、おのれは……宙マン!?」

宙マン「日課の最中に、嫌な予感と気配がしたから……

 確かめに来てみれば、やはり怪獣軍団の悪企みか!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224800j:plain

ソロモン星人「こうも早く私の計画に勘づくとは……

 流石だと誉めてやろう、銀河連邦の元・英雄よ。

 だが、それまでだ――ここをお前の墓場にしてやるぞ!」

宙マン「なんの、正義の力で打ち砕いてやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224841j:plain

ファイティングポーズをとり、敢然と身構える宙マン。

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトルの幕開けだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224902j:plain

激突、宙マン対ソロモン星人!

雄大な北海道の原生林狭しと、ダイナミックに展開される死闘。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224923j:plain

じりじりと相手の隙を伺いながら間合いを取り……

真っ向からぶつかり、しのぎを削る両者のパワーと格闘技!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902224943j:plain

両手を激しく打ち振り、パンチ攻撃を仕掛けるソロモン星人。

それらを躱し、宙マンもまた果敢に相手の内懐へ飛びこんでいく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225004j:plain

ソロモン星人「ううむっ、なかなかやるな!?」

宙マン「なんの、こんなのはまだ序の口さ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225036j:plain

宙マンの左キックが、ソロモン星人の脇腹に炸裂!

さしもの無法星人も、これにはたまらずジリッと後退。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225101j:plain

宙マン「どうだ、参ったか! これが正義の力だ!」

ソロモン星人「ぐももも……調子に、乗るなァッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225134j:plain

ビシャアァァーッ!

 

宙マン「……う、うわぁぁぁぁっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225203j:plain

ソロモン星人の目から迸る殺人光線!

その直撃のダメージによろめき、その場に倒れてしまう宙マン。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225228j:plain

宙マン「(苦悶)う、うう……っ!」

ソロモン星人「ぐももも、その首の骨をへし折ってやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225309j:plain

倒れ伏した宙マンにのしかかってくるソロモン星人。

そのままとどめを刺さんと、全体重をかけて襲い来る異形!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225331j:plain

更なる攻撃で畳みかけんとする星人、そうはさせじと宙マン。

両者、もみあいながらゴロゴロと激しく地面を転がり……

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225401j:plain

泥臭い寝技での攻防の果て、ソロモン星人の邪悪なファイトを上回り

逆にマウントをとったのは宙マンの方であった。

 

宙マン「それっ、お返しさせてもらうぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225436j:plain

パンチ、パンチ、パンチの連打!

怒りをこめた鉄拳が、ソロモン星人の頬へと叩きこまれる。

 

ソロモン星人「ぐももっ……こ、こりゃ堪らんっ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225503j:plain

この猛反撃に、ソロモン星人がふらふらになったところへ――

 

宙マン「とどめだ! 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225538j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、ソロモン星人を直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225559j:plain

ソロモン星人「うぐ、ぐももぉぉぉっ……

 な、なんてこった……こんな筈じゃ、なかったのにぃぃ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210902225624j:plain

正義のエクシードフラッシュの前に、もはや敵はなし。

やったぞ宙マン、大勝利!

 

宙マン「ふうっ……これでどうやら、この件もやれやれだね!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720181856j:plain

正義の戦いを勝利で飾り、ほっと一息の宙マン。

だが、その一方で怒りがおさまらないのは、勿論……。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うぐぐぐっ……おのれ宙マン、にっくき奴め!

 よくもまた、ワシら怪獣軍団の邪魔をしてくれたな。

 覚えておれ……この次は、目にもの見せてくれるわ!」

 

……などと言う、怪獣魔王のいつもの負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829155611j:plain

我らが宙マンの活躍によって、ソロモン星人の冷凍作戦は阻止され

千歳市の平和は、またも人知れず守られたのであった。

 

そして、そんな平和の守り手たる宙マンは、と言えば……。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210730120542j:plain

宙マン「ふぅ~、さっぱり、さっぱり。

 ……おっ、おっ、朝ごはんのいい匂いがしてきたぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210903093314j:plain

落合さん「お待ちどう様でした、お殿様。

 今日の朝ごはんは、オーソドックスな和風でまとめてみました」

宙マン「オーソドックスいいじゃないか、実に結構!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210730120642j:plain

宙マン「うんうん、こう言うのがいいんだよ、こう言うのが――

 しみじみ思うもんねぇ、日本人だなぁ、って!」

ピグモン「はう~、あれれれ?

 宙マン、宙マン、宙マンはプラネット星人じゃなかったの~?」

ビーコン「がっはっはっ、お約束のオチっスねぇ、アニキぃ★」

宙マン「(頭をかきかき)……たっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010428j:plain

朝から颯爽、いつでも快調!

スカッとさわやか、正義の味方の大活躍。

宙マン、次回もバッチリ頼んだぞ!