遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

許すか悪の独り占めの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211205636j:plain

季節は四月、あれだけ分厚かった積雪もみるみるうちに溶け去って……

今や、名実ともに春本番を迎えたここ・北海道千歳市

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211205857j:plain

一面の銀世界の下から、再び顔を覗かせた大地の色が眩しい春の山道を

のんびり歩いていくのは、毎度お馴染み・この三人。

「宙マンハウス」のピグモンと、みくるん・ながもんのコロポックル姉妹であった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427205642j:plain

ピグモン「はうはう~、もうすっかりお山の雪も溶けちゃってるの~」

ながもん「この様子なら……期待、できる?」

 

はてさて、こんちこの三人……

こんな郊外の山林に分け入って、一体何を「期待」するというのだろうか?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211221509j:plain

……と問われたならば、答えはひとつ。

フキノトウにアズキナ、アイヌネギ(ギョウジャニンニク)などなど、北国の山が

長い冬を耐え忍んだ「ご褒美」として、北国に暮らす人々へと分け与えてくれる

ほろ苦くも風味豊かな春の山菜たちである。

 

ピグモン「と言うわけで、ピグちゃんたち……

 お山の様子がどうなのか、ちょっと偵察に来てみたの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010627j:plain

みくるん「本格的な山菜採りには、まだちょっと早いですけど……

 山の状況をこまめに把握しておけば、それに越したことないですもんね!」

ながもん「以上……説明……終わり」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211210656j:plain

雪溶け間もない千歳近郊の山林へ、どんどん足を踏み入れていく子どもたち。

山道を行く足取りもすこぶる快調、散歩としてもちょっと洒落たもの――

 

……だが、その途上で、不意にみくるんの足がぴたりと止まった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211210735j:plain

ピグモン「(首を傾げて)はう?」

ながもん「どうしたの……みくるん」

みくるん「(怯えて)み、見て、みんな……あ、あれ……っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211210956j:plain

おお、何と言うことだろう!?

山肌から沸き立つように、シュワシュワと立ち昇りはじめた異様な煙。


そして、それが何なのかを悟る暇さえ与えず……すぐさま第二の「衝撃波」が

山林を激しく揺さぶる局地地震という形で発現した!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211211132j:plain

ゴゴゴゴ……グラグラグラグラッ!

 

みくるん「きゃ、きゃあああっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426124850j:plain

局地地震が千歳の山林に亀裂を走らせ、勢いよく引き裂く。

地面に生じた断層から、待ってましたとばかりに吹き上がってくる噴煙……

そのヴェールの中から、ゆっくり立ち上がった巨大な影は!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211211253j:plain

「ぶンにょ、ぶにょにょにょにょ~っ!!」

 

ピグモン「きゃああんっ、やっぱり何か出てきちゃったの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427233353j:plain

みくるん「(怯えて)山の中なのに、タコ……そ、それともクラゲぇ!?」

ながもん「(首を振り)どっちでもない。……

 あれは、円盤生物。……ブラックスター生まれの、星人ブニョ……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211212622j:plain

ブニョ「このオイラをご存じたぁ感心だぁぜ、褒めてやるぜぇ眼鏡の嬢ちゃん。

 いかにも、そうです、オイラこそ星人・ブニョ様だ――

 そして今は、怪獣魔王・イフ様の世話になってるモンだぁ!」

みくるん「(涙目)ふぇぇん、やっぱりぃ~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211212715j:plain

ながもん「私たちは……ただ……

 山菜の……生え具合を……ちょっと、伺いに……来ただけ。

 あなたに、用は……ないから……そこを、通して」

ブニョ「ぶにょにょ、そう言うワケにはいかないんだァなぁ、嬢ちゃん達。

 何故ならオイラのお目当ても、その山菜だからなんだぁ――」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211212952j:plain

ブニョ「ぶにょにょ、そうとも、この一帯の山は今日から怪獣軍団が支配したぁ!

 風味絶佳の春の山菜は、残らずみぃんな怪獣軍団が頂戴する……

 その邪魔をしようってぇ奴は、力づくででも追い出すのがオイラの使命よ!」

ピグモン「う~、独りじめだなんてずるいの、欲張りなの~!」

ながもん「美味しい山菜は……北海道に、暮らす……みんなの、もの」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211213135j:plain

ブニョ「ぶにょにょ、シャラップ! うるせぇやいっ――

 つべこべ抜かす奴らには、こうだッ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211213202j:plain

おお――見よ! 驚愕せよ!

フード状の外皮がまくれ上がり、ブニョ本来の奇怪な顔が顕わとなる。

その口吻から地上めがけて、勢いよく火花が吐き出された!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211213236j:plain

みくるん「きゃ、きゃあああっ!?」

 

火花が驟雨のごとく地上へと降り注ぎ、周囲に断続的な爆発をもたらす。

爆発の中を、ただ逃げ惑うのが精一杯の子どもたちである。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426130014j:plain

イフ「ぬははは……いいぞ、いいぞブニョよ!

 その調子で誰一人、山菜シーズン本番まで山の中に近づけるでない――

 功労者のお前には、一番上等の山菜料理を優先的に食わせてやるぞ!」

ブニョ「ぶにょにょにょ、魔王様、有難き幸せぇ~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211213505j:plain

無差別に吐き散らされる火花の勢いで、郊外の建物までもが破壊され……

巻き上がる爆炎の中を、必死にピグモン、みくるん、ながもんが逃げ回る。

得意満面のブニョによる追い出し作戦が、ほぼ成功したかと思われたその時!

 

「コラーッ! もういい加減に止さないか!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211213636j:plain

強烈な一喝でブニョを叱り飛ばしたのは、もはや説明不要のこの男。

子どもたちの帰りが遅いのを心配して、山まで駆けつけてきた宙マンだ

 

みくるん「あっ、宙マンさん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604235122j:plain

ながもん「オウ、地獄で仏……修羅場で……宙マン」

ピグモン「びぇぇん、宙マン、ピグちゃんとっても怖かったの~(泣)」

宙マン「よしよし、私が来たからもう大丈夫だよ、みんな。

 ……こらっ、いい歳をして何だ、弱いもの虐めなんて大人げのない!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211213952j:plain

ブニョ「ぶにょにょ、な~にをホザくか、カッコつけやがってェ!

 こちとらぁコレが仕事なんだ、邪魔をするならただじゃ済まんぞね!」

宙マン「聞く耳持たず、か……そんな事だろうと思ってはいたが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211214035j:plain

ブニョ「怪獣軍団の一員、星人ブニョ様に勝てるかなァ!?」

宙マン「ようしっ、それなら行くぞッ! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、荒れ狂う星人ブニョの前へと舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上! 

 そこまでだ小悪党、もう乱暴なことはさせないぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210825134232j:plain

ズ、ズーンっ!!

 

ピグモン「はうはう~、宙マン、かっこいいの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155243j:plain

みくるん「(不安げに)だ、大丈夫だよね!? 宙マンさん……」

ながもん「(頷き)問題ない。……ご町内の、ヒーローは……負けたり、しない」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211214531j:plain

宙マン「星人ブニョよ、今一度言う。

 山菜の独り占めなどと、大人げない真似はよせ!」

ブニョ「ぶにょにょにょ、しゃら臭ぇぇ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マンーー

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211214836j:plain

ブニョ「ぶにょにょにょ~、邪魔者は容赦しないぞ~っ!」

宙マン「どこからでも来い、星人ブニョ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211214938j:plain

激突、宙マン対ブニョ!

ピグモンたちが見守る中、巨大宇宙人どうしの死闘が展開される。

 

ブニョ「くらえ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211215013j:plain

宙マン「なんの!」

 

ブニョの吐き出す火花を、プロテクションによって無力化してみせる宙マン。

そこから、両者の肉弾戦はヒートアップの一途をたどっていく――

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211215102j:plain

ぐねぐねした軟体質の体を揺すぶり、宙マンめがけて襲いかかってくるブニョ。

とらえどころのないそのボディを前に、さすがの宙マンもいささか勝手が狂うものの

決して相手のペースに呑み込まれないのは、流石ベテラン戦士の年の功。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211215140j:plain

ブニョの攻撃パターンを素早く見切るや、すかさずパンチ、パンチ、パンチ!

敵の内懐に飛び込んでの連打が、ブニョを徹底的に痛めつける。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211215205j:plain

宙マン「どうだ、参ったか、これでもか!」

ブニョ「ぶにょにょにょ……な、ナメるなぁぁ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211215229j:plain

両者の体が離れた、ほんの一瞬の隙を突いて……

ブニョの口から勢いよく吐き出される、緑色のスリップオイル!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211215259j:plain

ズ、ズーンっ!

スリップオイルによって足が滑り、大地に倒れこんでしまうヒーローの巨体。

 

みくるん「ああっ、宙マンさんが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426125721j:plain

ながもん「意外に、手ごわい……何という……悪知恵……!」

ピグモン「(慌てて)はわわわ、宙マン、負けないでなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508133333j:plain

ゾネンゲ博士「おおっ! ブニョの反撃が鮮やかに決まりましたぞ!」
イフ「わははは、そうでなくてはいかん――やれィ、やってしまえブニョ!

 そのまま一気に今度こそ、宙マンめの息の根を止めてしまうのだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211215720j:plain

ブニョ「ぶにょにょにょ~、いよいよ最期の時だなぁ、宙マぁ~ン!

 宇宙ロープで縛り付けてやろうか、カチンカチンの氷漬けにしてやろうか……

 それとも宇宙ノコギリで、全身バラバラにしちゃってやろうかぁ~!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

「せっかくだが――まとめてご辞退するッ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211220317j:plain

ブニョ「(悶絶)ぶ、ぶにょォォォォッ!?」

 

ヘッドビーム一閃!

宙マンめがけて突進してきたブニョに命中し、見事にその気勢を削いでみせる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210627204506j:plain

よろめくブニョめがけて、猛然とダッシュしていく宙マン。

その全身が、体内から溢れ出すエネルギーによってみるみる赤く染まる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211220454j:plain

「トゥリャァァーッ!

 宙マン・エネルギッシュ・ボンバー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211220510j:plain

出た! 宙マンの肉弾戦法、エネルギッシュ・ボンバー!

真紅のエネルギーで全身を包んで、自らを巨大な光の弾丸と化し……

そのまま一気にブニョの懐へ飛びこみ、そのボディを貫通してしまう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210627205401j:plain

宙マン「―どうだっ!」

ブニョ「ぴぎゃああっ……ま、まいった~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211220602p:plain

エネルギッシュ・ボンバーの威力に崩れ落ち、大爆発する星人ブニョ。

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210627205650j:plain

みくるん「わぁっ、やったぁ!」

ながもん「さすが……安心と、信頼の……宙マン」

ピグモン「はうはう~、今日もバッチリ宙マンの勝ちなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428005645j:plain

子どもたちの笑顔と歓声が、宙マンの勝利を讃える――

雪溶け間もない原野に立つ巨体は、どこまでも雄々しく、逞しかった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「ぐぬぬぬっ……またか、またしても宙マンにしてやられたか!

 覚えておれ、覚えておれ~ッ、次こそは必ず……!」

 

……と、怪獣魔王がいつもの負け惜しみを叫ぶまでが毎度の恒例。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211220917j:plain

かくして我らが宙マンの活躍により、星人ブニョは追い払われ……

千歳の山林には再び、元の平穏なやすらぎの光景が戻ってきたのであった。

 

みくるん「ありがとうございました、宙マンさん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604235122j:plain

ピグモン「はうはう~、宙マンのおかげで助かったの~」

宙マン「うんうん、よかったよかった、ホントによかったよ。

 さて、それじゃそろそろ家に帰……」

ながもん「(ボソッと)……待った

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211221248j:plain

不意のその声に、へっ? と驚いて振り返る宙マンたち。

無言のままでながもんが、山の片隅を指差したその先に見えたものは……。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211221751j:plain

みくるん「わぁ~、フキノトウだぁ!」

ながもん「……ねっ、そういうこと」

ピグモン「はうはう~、今年の山菜第一号なの~♪」

宙マン「う~ん……これは期待できそうだぞ、今年の山菜取りもね!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211221939j:plain

そう、今まさに――

この北海道でも、春の息吹がそこかしこから沸き立っているのであった。

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211211222004j:plain

千歳の街に春を呼び……

みんなの笑顔を守る、宙マンパワーの素晴らしさ。

さァて、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?