遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

朝も早よから超決戦の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220114j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174037j:plain

一夜が明けて今日もまた、地球の上に朝が来た――

この星の誕生以来、何十億回となく繰り返され続けてきたそんな光景。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174152j:plain

「新しい朝が来た、希望の朝だ」なんて、なじみの深いラジオ体操の歌さえも

聞こえてくるのにはちょっとまだ早い時間帯。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174214j:plain

昇り始めた朝日を浴び、澄みきった朝の空気の爽やかさを胸一杯に感じつつ

住宅街を往くのは、もはやお馴染みの顔。

千歳市ほんわか町5丁目在住のヒーロー、我らが宙マンその人であった。

 

そう。

こんち宙マン、毎朝の日課であるウォーキングの最中なのである……が、

不意に、その足がぴたりと止まった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174339j:plain

宙マン「(怪訝)むむっ……なんだ、この気配は?」

 

風に乗って流れてきたのは、名状しがたい剣呑な空気。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174423j:plain

ごく普通に暮らしている人ならば、気づくことさえもないごくごく僅かな気配を

だがしかし、銀河連邦の元・英雄として知られるベテランヒーローの鋭敏な勘は

逃がすことなくハッキリ捉えていたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174454j:plain

そんな気配が蠢く、ほんわか町内の外れ。

のっしのっしと足音を響かせ、原生林を我が者顔でのし歩いていくは……

怪獣軍団の一員、忍者怪獣サータンだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174542j:plain

サータン「けーっけっけっけっけっ!

 細工は流々、首尾は上々、あとは仕上げをごろうじろ、だぜ。

 秘密裏にことを運ぶのが、このサータン様の忍者怪獣たる所以……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174613j:plain

「やぁ、どうもどうも、おはようございます!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174645j:plain

サータン「(驚いて振り返り)げげっ、き、貴様は……宙マン!?」

宙マン「はっはっはっ、オーバーだなぁ。

 たまたま姿を見かけたから、挨拶がてら声をかけただけじゃないか」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174728j:plain

宙マン「……と言うか、その大袈裟な反応、なんだか怪しいなぁ。

 また怪獣魔王の命令で、悪いことでもしようと言うんじゃあるまいね?」

サータン「わ、悪いこと?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174811j:plain

宙マン「そうともさ。

 ホラ、例えばマグマ層に刺激を与えて火山の大噴火を呼ぼうとか……」

サータン「いやいや~、俺に限ってそんな事はしないって!

 俺はせいぜい、毒ガス発生装置でこの一帯から住人を追い出して

 その隙に怪獣軍団の前線基地を築k……ハッ!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130174914j:plain

宙マン「(ジト目)ほほう……なるほど、それは興味深いねぇ。

 毒ガス発生装置に前線基地か、そうかそうか、よく判ったよ!」

サータン「ゲゲェッ、し、しまったぁ!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130175028j:plain

サータン「ごめんなさ~い、魔王様、うっかり下手こいちゃいましたぁ!

 こ、これからどうしましょう~!?(涙目)」

イフ「えぇい、この大バカ者め! 自分から全部バラしてしまう奴があるか!

 ……えぇい、やむを得ん、こうなったら作戦変更だ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211129212807j:plain

サータン「このままズラかっちまうんですかい?」

イフ「そんなわけあるか、戦えサータン!

 この場で宙マンを叩き潰し、お前の手でミスを帳消しにするのだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130175355j:plain

サータン「うおおおっし! こうなりゃヤケだ、かかって来い宙マン!」

宙マン「ああ、私もそうさせてもらうつもりだった。

 街に仇をなそうというのなら、見逃すわけにはいかん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130175507j:plain

颯爽とファイティングポーズをとり、全身に闘志をみなぎらせる宙マン。

さぁ、今朝もまたスーパーバトルの幕開けだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130175529j:plain

サータン「ぐぎぎぎっ、格好つけやがって!」

宙マン「さぁ、やるならとことんやろうじゃないか。

 ……それとも尻尾を巻いて、大人しく暗黒星雲に帰っておくかね? 

 いっそ、その方が君の身のためかもしれんぞ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130175638j:plain

サータン「うがーっ、なめやがって、なめやがって! もう許さんぞぉ!」

宙マン「あくまでやる気か……ならば、やむを得ん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130175726j:plain

激突、宙マン対サータン!

雄大な北海道の原生林狭しと、ダイナミックに展開される死闘。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130175750j:plain

サータン「ぐおおお~っ、くたばれ宙マン!」

宙マン「なんの、それしき――これを受けてみるがいい!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130175832j:plain

大きく振りかぶって繰り出す、宙マン渾身のストレート・パンチ!

その威力に、さしものサータンも大きくよろめく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130175859j:plain

サータン「(悶絶)ぐうっ! う、おおっ……」

宙マン「このまま一気に決めてやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130175934j:plain

更なる攻撃で畳みかけんと躍りかかる宙マン、そうはさせじとサータン。

両者、もみあいながらゴロゴロと激しく地面を転がり……

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130175958j:plain

そして逆に、サータンの怪力が宙マンを押し返した!

大きく吹っ飛び、そのままドドーッと地面に叩きつけられてしまう宙マン。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130180020j:plain

宙マン「(呻き)くッ……!」

サータン「けっけっけっ……宙マン、今度こそ最期だぜ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

宙マン「なんの……ここでやられて、なるものかッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130180233j:plain

宙マン、パワー全開!

右足で、のしかかってきたサータンの体を蹴り返し……

サータンが怯んだ隙を突いて、自慢のジャンプ力で大空へと舞い上がる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130180301j:plain

宙マン「エイヤァァーっ!

 宙マン・ミラクル・キック!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130180357j:plain

出た、電光石火の必殺キック!

悪名高き忍者怪獣も、この一撃をまともに喰らってはひとたまりもない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130180518j:plain

サータン「おおうっ……つ、痛烈ぅぅ~っ!……ガクリッ(昏倒)」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130180546j:plain

宙マン「ふぅぅっ……やった。やったぞ!」

 

イフ「ぐぬぬぬっ……やったな、やってくれたな宙マンめ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「毎度毎度、ワシらの邪魔ばかりしおって……だが、これで勝ったと思うなよ。

 今度こそ、この次こそは必ず、この仕返しをしてみせるからな……!

 よいか、覚えておくがいい宙マン!」

 

……などと言う、怪獣魔王のいつもの負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130180759j:plain

我らが宙マンの活躍で、怪獣サータンによる毒ガス散布作戦は阻止され

千歳市の平和は、またしても人知れず密かに守り抜かれたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130180830j:plain

そして、日課のウォーキングから帰宅していた宙マンを待っていたのは……

落合さんの手作りによる、ほかほか出来立ての朝ご飯。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210506235839j:plain

この朝ご飯の美味しさと、待っていてくれる「家族」の笑顔。

誰も知らない戦いに勝利した宙マンにとって、それが最大の報酬であり

何にも勝る栄光そのものなのである。

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130180958j:plain

今日もまた、北海道に朝が来た。

皆様、どうかご安全に……

そして、よりよく楽しい一日をお過ごし下さい!