遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

怪獣専科 愛と死のたわむれの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118204202j:plain

カレンダーも早や、五月の大型連休に入って……

もっかのところ、平和そのものと言ってよい北海道千歳市

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426221106j:plain

ここ、「宙マンハウス」のある千歳市ほんわか町5丁目もまた

その例外ではない……と、言いたいところだが。

穏やかな陽気と平穏の中、降ってわいたかのようなひと騒動。

それを知らせに来たのは、これまたお馴染み・この人であった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428212920j:plain

 「おお~いっ、大変だよ!
 宙マンさん、宙マンさ~んっ!!」

 

宙マン「やぁ、どうも、こんにちは!」

落合さん「あら、これはこれは……

 私どもの良き知人にして、千歳市内で農業を営んでおられる

 熊澤農場の経営者たる熊澤さまではございませんか!」

ビーコン「……えーと、その説明台詞、いま必要っスか?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428213603j:plain

落合さん「何を仰います、今日がお初となる読者様のためにも

 こういうささやかなサービスが、案外重要なんですのよ?」

ビーコン「う~ん、なるほどっス!」

宙マン「と、まぁ、それは一旦置いといて。……

 ……どうしました熊澤さん、そんなに慌てて?」

熊澤さん「ああ、そうそう、そうだった!

 や、どうもこうもないよ。ケンカだよ、喧嘩!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428214024j:plain

宙マン「喧嘩?」

熊澤さん「4丁目の児童公園で、ボコスカやりあってるよ。

 あれじゃね、とてもじゃないけど危なっかしくて……

 うっかり子どもらを遊ばせることも出来やしないよ!」

落合さん「……あらまぁ、それは由々しき事態ですわねぇ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429165645j:plain

ピグモン「えう~、公園で遊べないのは困るの~」

ビーコン「どこの誰か知らないスけど、困ったもんスねぇ!」

宙マン「まずはひとつ、様子を見てくる必要がありそうだね。

 ……4丁目だったね。じゃ、ちょっと行ってみるよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211027084723j:plain

落合さん「あら、お殿様、どうぞお気をつけて!」

ビーコン「いえっふ~、頼んだっスよ、アニキ!」

 

家人に見送られ、宙マンの向かった先は児童公園。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118205309j:plain

そして、その公園があるほんわか町4丁目においては……

今まさに、想像以上の大変な事態が巻き起こっていたのであった!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118205343j:plain

「んごあぁぁ~っ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118205401j:plain

「シェシェシェシェ……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118205522j:plain

人っ子ひとりいない公園を、我が物顔で闊歩する二大怪獣……

片や地底怪獣テレスドン、片や宇宙の忍者ゴドラ。

三度の飯より喧嘩好きというこの二匹が顔を合わせたからには

これはもう、どう転んでも只で済む道理はない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118205556j:plain

テレスドン「んごぁぁ~っ、やいやいゴドラ、この野郎っ!

 俺ァな、前々からお前のことが気にくわなかったんだ!」

ゴドラ「面白い、ならば腕ずくで決着をつけるとするかな!?」

テレスドン「んごぁぁ~っ、上等だァ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118205635j:plain

かくしてここに、二大怪獣の大バトルが勃発!

凶暴な本能を全開に、真っ向からぶつかり合うテレスドンとゴドラ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118205759j:plain

テレスドン「んごぁぁ~っ、オラオラオラぁっ!」

ゴドラ「シェシェシェ、なんのそれしき!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118205812j:plain

お互い、血を見ない事にはおさまらず……

もちろん地球人が、生半可に近づけるはずもない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118205908j:plain

だが――

そんな二大怪獣の激闘の中に、割って入ろうとする者が一人。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118205946j:plain

言うまでもなく正義の味方、ご存じ宙マン・その人である。

 

宙マン「あ~あ……全くもう、しょうがないなぁ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118210022j:plain

宙マン「はーい、はいはい……両方、そこまで、そこまでっ!」

テレスドン「(ジト目)……んごぁぁ~?」」

ゴドラ「なんだ、お前は!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118210100j:plain

宙マン「なんだもかんだも、ここの近所の住人さ。

 ……まぁ、何があったかは知らないけれどもね?

 まずは落ち着こう、お互いにいったん頭を冷やして……」

ゴドラ「シェシェシェ……うるさい、この野郎っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118210150j:plain

 が す っ !

宙マン「あ痛てて……な、何を乱暴するんだね!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118210450j:plain

グロッケン「カカカカ……まんまとかかったな、宙マン!

 この喧嘩騒ぎは、最初からお前を誘い出す罠なんだよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118210511j:plain

グロッケン「テレスドンとゴドラ、二大怪獣の挟み撃ちだぜ。

 もはや万が一にもお前の勝ち目はねぇよ、宙マン!」

イフ「今日がお前の命日と知れ、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118210555j:plain

テレスドン「んごぁぁ~っ、そう言うこった!」

ゴドラ「シェシェシェ、我ら二人に勝てるわけはないのだ!」

宙マン「卑怯なやつらめ……もう許さんぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118210706j:plain

テレスドン「んごぁぁ~っ、怪獣タッグの強さ、見せてやるぜ!」

ゴドラ「シェシェシェ、謝っても許してやんないぞォ!?」

宙マン「負けてたまるか、どこからでもかかって来い!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118210809j:plain

激突、宙マン対二大怪獣!

ゴドラとテレスドンの極悪タッグが、左右からヒーローを挟撃。

 

ゴドラ「シェシェシェ! 死ねぃっ、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118210850j:plain

両手の鋏を鈍器として用い、宙マンに殴り掛かってくるゴドラ。

だが、その打撃を冷静に見切り、かわして……

逆に豪快なパワー技で、ゴドラを投げ飛ばしてしまう宙マン!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118210914j:plain

ゴドラ「(地面に叩きつけられ)がハァぁぁ……っ!」

宙マン「見たか! これが宙マン・リフターだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118211003j:plain

テレスドン「んごぁぁ~っ、よっくもゴドラちゃんを!」

宙マン「お次はお前か、テレスドン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118211048j:plain

今度は、宙マンとテレスドンが真っ向からの対決!

がっちり組み合い、体の向きを入れ替えながらの大格闘。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118211122j:plain

ヒーローと地底怪獣、両者のパワー戦が展開される中……

態勢を立て直したゴドラが、宙マンの背後に迫りつつあった。

 

ゴドラ「シェシェシェ……これでも、くらえィッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118211156j:plain

 バ キ ィ ッ !

 

テレスドン「んごぁぁ~っ、ナイスだぜぇ、ゴドラちゃん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118211223j:plain

挟撃、二大怪獣!

左右から宙マンに襲いかかってのタコ殴り、滅多打ちである。

 

宙マン「(怯んで)……う、うおっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118211312j:plain

ゴドラ「シェシェシェ……そぉら、そぉら!」」

テレスドン「いつもスカしやがって、思い知ったか宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118211417j:plain

ドッシャァァーっ!

 

さしもの宙マンも、二対一では分が悪い。

相手のなすがままに殴られ続けて、とうとう地面に倒されてしまう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118211450j:plain

テレスドン「んごぁぁ~っ、いよいよ最後だな、宙マンよぉ!」

ゴドラ「シェシェシェ……これでとどめだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

「なんの……負ける、もの、かぁぁっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118211734j:plain

右手の鋏から連射される恐怖の破壊砲、ゴドラガン!

その光弾をひらりとかわして、大空に舞いあがる宙マンの体。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118211821j:plain

ゴドラ「な、何っ!?」

宙マン「行くぞゴドラ、これを受けてみろ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118211912j:plain

宙マン「エイヤァァーっ!

 宙マン・ミラクル・キック!!

 

ゴドラ「うぎゃあぁぁっ、効く効くぅぅ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118212037j:plain

出た、電光石火の必殺ミラクルキック!

正義の一撃を食らって、大爆発とともにダウンするゴドラ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118212059j:plain

テレスドン「(狼狽)ご、ゴドラちゃんっ!?」

 

宙マン「お前には、これだ! 

 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210825140038j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、テレスドンを直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118212355j:plain

テレスドン「く、悔しいぐらいに強すぎるぜぇぇ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うううっ……おのれ、またしても宙マンめが!

 よくも、このワシと怪獣軍団の顔に泥を塗ってくれたな。

 だが忘れるな……ワシらは決して、地球征服を諦めはせん!

 よいか宙マン! 覚えておれ、覚えておれよ……!」

 

……などと言う、いつもの負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118212543j:plain

かくして宙マンの活躍により、二大怪獣は撃退され……

ほんわか町4丁目公園は、地域の児童らや市民の憩いの場として

「あるべき姿」を取り戻したのであった。

 

落合さん「これでどうやら、一件落着ですわね!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118212754j:plain

ビーコン「やっぱこういう時、アニキは頼りになるっスね~!」

ピグモン「これでピグちゃんたちも、安心して遊べるの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118212819j:plain

みくるん「どうもありがとうございますぅ、宙マンさん!」

宙マン「はっはっはっはっ。……

 さぁ、今日もいい天気だよ、うんと遊んでおいで!」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211118212930j:plain

みんなの憩いと、笑顔のために……

今日も行く行く、地域の味方。

ありがとう宙マン、また次回も頼んだぞ!