遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

頭上の脅威!! の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220114j:plain

ポカポカの陽気、気持ちよく晴れ渡った青空。

日本全国津々浦々、まさに黄金週間の真っ只中!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010428j:plain

お馴染み、千歳市ほんわか町5丁目の「宙マンハウス」。

その住人である宙マンファミリーの面々も、このゴールデンウィーク

うららかな日々を、心ゆくまで満喫しているところであった。

そんなわけで、今回の『宙マン』は……

五月の陽光に暖められた、「宙マンハウス」の庭先から物語を始めよう。

 

ピグモン「はうはう~、今日はとってもいいお天気なの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011159j:plain

落合さん「気温も頃合い、空模様もご機嫌……

 嬉しいですわね、何でも思い通りのことができますもの!」

ビーコン「外に飛び出して駆けまわるもよし、家に籠ってオタク趣味もよし。

 ヒヒヒ、もちろんオイラはインドア趣味一択っスけどね~!」

落合さん「ちょっと、ビーコンさんったら……

 ピグモンちゃんの悪いお手本になるような事は、ご勘弁頂けません?(汗)」

ビーコン「んー、それじゃ……ぐっと建設的に“淫ドア派”ってことで!」

落合さん「(赤面)妙な当て字もやめて下さいっ!!」

宙マン「はっはっはっはっ、まぁまぁ、二人とも♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604235122j:plain

みくるん「うふふっ、ほ~んと、今日は過ごしやすくて良い日ですね~」

ながもん「なべて、世は……こともなし」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604220917j:plain

宙マン「このままず~っと、こんな平和が続いてくれるといいよねぇ」

ピグモン「はうはう~、ピグちゃんも宙マンに賛成なの~♪」

だが、そんな彼らの感慨とは裏腹に……

防衛隊基地の様子が、「基地のまち・千歳」と言う特殊な事情を鑑みてもなお

尋常ならざる、と思えるほどに慌ただしかった。

みくるん「なんか……さっきからやたら、戦闘機が飛んでいきますね~」

ビーコン「イベントに備えた、アクロバット飛行の訓練っスかねぇ?」

落合さん「それにしては、心なしか様子が仰々しすぎる気が……」

宙マン「って言うか、さっきから聞こえてるこの音。……

 ……これ、もしかして非常警報じゃないのかな!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210806210319j:plain

ながもん「おおっ。……みんな、見て……アレ

ピグモン「はう?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604222253j:plain

例によって無表情かつ淡々と、ながもんの指さした空の一角……

そこには要塞のごとき重厚さで、戦闘機隊の爆音と非常警報音をBGMに

轟然と飛来してくる巨大怪獣の姿があった!

「びゃるるるるぅぅ~っ!!」

みくるん「ああっ、あれは!?」

ながもん「(ボソッと)アストロモンス。……別名、宇宙大怪獣」

ビーコン「いやいや、そういうコト聞いてるんじゃないと思うっスよ!?(汗)」

怪獣軍団が送り込んだ今度の刺客――

神秘の毒花・チグリスフラワーの化身たる宇宙大怪獣、アストロモンス。

戦闘機隊のスクランブルは、この空からの猛威を迎撃するためだったのだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426130014j:plain

イフ「行け! 行け! 徹底的に暴れろ、宇宙大怪獣アストロモンス!

 地球人の抵抗など歯牙にもかけぬ、お前の強さを見せてやれ!」

アストロモンス「びゃるるぅぅ~、お任せでもんす、魔王様!」

ロケット砲による、戦闘機隊の一斉攻撃!

が、相次ぐ直撃弾をものともせず、アストロモンスは轟然と空中を突き進んでくる。

 

アストロモンス「びゃるる~、うるさいでもんす、蚊トンボども!」

「う、うわぁぁぁ~っ!?」

大空を舞いながら、アストロモンスが縦横に奮う右手の鞭!

その痛打を受けて、勇戦空しく次々に撃墜されていく戦闘機隊である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155243j:plain

みくるん「ああっ、戦闘機隊の皆さんが!」

ながもん「こうも、あっさり……やられちゃう……なんて」

アストロモンス「ウォーイっ、それこそオイの実力でもんす!」

ズシィィーンっ!!

 

重々しい足音を響かせ、勢いよく土砂を巻き上げて……

アストロモンスの巨体が、千歳の大地に勢いよく舞い降りた。

アストロモンス「びゃるる~、恐れ入ったか、思い知ったでもんすかァ!?

 だが、オイの真の恐ろしさは、まだこんなもんじゃないでもんす……

 この千歳を徹底的に破壊して、お前らにそれを教えてやるでもんす~!」

ビーコン「どひ~っ、そんなの、全力で遠慮したいんスけど~!?(汗)」

落合さん「そうですわ、暴れたければ余所の山奥でやって下さいませ!」

アストロモンス「ウォーイっ、それじゃオイの点数にならないんでもんす~っ!」

ながもん「……おお、なるほど」

みくるん「ふぇぇん、ながもん、納得してる場合じゃないよ~!(涙目)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504000227j:plain

ピグモン「はわわわ、宙マン、宙マン、何とかしてなの~」

宙マン「荒事は好みじゃないが……この際、やむを得ん!

 さぁ行くぞ! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、荒れ狂うアストロモンスの前に舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上! 

 宇宙の暴れ者め、ここから先は私が黙ってはいないぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

アストロモンス「びゃるる~、出たでもんすか、宙マン。

 わざわざ自分からやられに来るたァ、いい度胸でもんすね!」

宙マン「いいや、正義の力で叩きのめされるのは貴様の方だ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズを取り、敢然と身構える宙マン。

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ

アストロモンス「びゃる~っ! 勝負でもんすよ、宙マン!」

宙マン「徹底的にやるぞ、アストロモンス!」

激突、宙マン対アストロモンス!
千歳の人々がハラハラと見守る中、巨大な正邪の死闘が展開される。

アストロモンス「ウォーイっ、オイの強さを思い知れでもんす!」

宙マン「なんの、それしき!」

右手の鞭と、左手の鎌……

物騒な両手の獲物を激しく奮い、猛攻をかけるアストロモンス。

だが、宙マンも決して怯まず、敵の間合いへと果敢に飛び込んで反撃。

連打! 連打! マシンガンのような連打!

勢いに乗った宙マンの猛攻に、ずずっと後退する宇宙大怪獣。

アストロモンス「ぐぐっ、やるでもんすね!?」

宙マン「これで終わりだ、エクシードフラッシュを受けてみろ!」

素早く腕をL字に組み、得意の光線技を放つ宙マン。

だが――その一閃は、上空へと舞い上がったアストロモンスによって

まんまと躱されてしまったではないか!?

宙マン「(驚愕)ムッ!?」

アストロモンス「びゃるる~、見たか! これがオイの空中殺法でもんす!」

轟然と大空を舞い、宙マンめがけて襲いかかってくるアストロモンス!

質量とスピードが一体となり、爆発的にその威力を増した死の体当たりが

宙マンの巨体をも軽々と吹っ飛ばす。

宙マン「う、く……っ!」

アストロモンス「お次はモンス破壊花粉のお見舞いでもんす!」

腹部の「チグリスフラワー」、その花弁から……

破壊エネルギーを込めた毒花粉を、地上めがけて放つアストロモンス。

その威力が、宙マンの周囲を舐め回すように炸裂する。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151907j:plain

ズガーン! グワーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155037j:plain

「う、うわぁぁぁぁ……っ!!」

 

みくるん「ああっ、宙マンさんが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

落合さん「そう言えば、割と忘れられがちな設定ですけれども……」

ビーコン「(頷き)……空、飛べるんスよねぇ、アストロモンスって!」

ながもん「しかも、上手に……その力を……使ってる」

ピグモン「はわわわ、宙マン、まけないでなの~!」

イフ「わははは……いいぞ、その調子で一気に押し切れ、アストロモンスよ!

 このシリーズのタイトルも、次回からは……

 『飛び出せ!! 宙マン』改め、『飛び出せ! 怪獣軍団』になるのだ!」

アストロモンス「びゃるるぅぅ~、万事オイにお任せでもんす!」

宙マン「(苦悶)う……うう、うっ!」

アストロモンス「びゃるるぅぅ~、宙マン! いよいよお前の最後でもんす!」

「なんのッ、負けてなるものか――

 怒れ稲妻!宙マン・ボルトサンダー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

ピカッ、ゴロゴロドドーンっ!

宙マンの気合とともに、念動力で発生させる正義の稲妻!

直撃した超電気エネルギーが、怪獣の全身を荒々しく駆け巡る。

 

アストロモンス「(悶絶)あ、あびゃらららららっ!?」」

超高圧電流の洗礼に、たまらず墜落するアストロモンス。

勢いよく地面に叩きつけられ、宇宙大怪獣が脳震盪を起こしたところへ――

 

宙マン「とどめだ! 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426152748j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、アストロモンスを直撃!!

アストロモンス「あびゃぁぁ~っ、なんだかとってもヤな感じぃぃ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428005645j:plain

みくるん「よかったぁ、今回も宙マンさんの勝ちですぅ!」

ながもん「(頷き)……グッジョヴ」

ピグモン「はうはう~、宙マン、どうもありがとうなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うぐぐぐっ、おのれ、またしても宙マンめが……

 怪獣軍団の怒りと呪い、この次こそは思い知らせてくれる!

 よいか、覚えておれ、覚えておれよ~っ!!」

 

……などと言う、怪獣魔王の負け惜しみはさて置いて。

 f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428012117j:plain

今回も宙マンの活躍によって、悪の尖兵・宇宙大怪獣アストロモンスは

見事に撃退され、千歳の平和はまたまた守り抜かれたのであった。

 

落合さん「お殿様、どうもお疲れ様でした!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604220917j:plain

みくるん「宙マンさんにかかれば、どんな悪者怪獣さんもイチコロですぅ!」

ながもん「さすが、元・銀河連邦の……英雄」

ピグモン「はうはう~、宙マン最高なの~☆」

宙マン「はっはっはっ、そんなにおだてたって何も出ないよ?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604235909j:plain

ビーコン「ヒヒヒ、アニキはそのまま、フツーにしててくれりゃいいっスよ!

 その分オイラが、アニキの分まで思いっきり出しまくるっスから☆」

落合さん「(ジト目)……つかぬ事を伺いますが、一体何を出すおつもりなんです」

ビーコン「え? 聞きたい? 知りたいんスか、落合さん!?

 (ニヤリ)……言ってもいいけど、R-18指定待ったなしっスよ?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーい、そんな事だろうと思いましたわ、このエロ怪獣っ!」

ビーコン「どひ~っ、結局出たのは落合さんの鉄の拳だったっスぅぅ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

今日も本当にありがとう、宙マン!

だが、未だ怪獣軍団の野望は尽きない……

さて、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?