遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

突撃! お宅のおひるどきの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220114j:plain

季節の上では秋、9月も早や半ば……

とは言え、不意打ちのような残暑が未だしぶとい北海道。

というわけで今回の『宙マン』も、9月の暑気にうだり気味の

千歳市ほんわか町、「宙マンハウス」から幕を開けよう。

落合さん「ふぅ~、今日も今日とて暑いですわね~。

 ……ところで皆様、今日のお昼は何に致しましょう?」

 

 

 

ビーコン「はーい、ハイハイハーイっ!」

ビーコン「そりゃもうズバリ、女体盛りっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

ビーコン「ハンニャラ、ヒ~っ……」

落合さん「ビーコンさんの世迷言はさておき……

 お殿様からは、何かリクエストございませんか?」

宙マン「う~ん、そうだねぇ。……

 こんな日だから、さっぱり爽やかに冷や麦がいいかもねぇ。

 確か、倉本さんからお中元にもらったやつがまだあっただろう?」

落合さん「あぁ、ようございますわねぇ、冷や麦!」

宙マン「まぁ、何にせよ、だ。

 このしぶとい暑さだけれど、食欲がしっかりあるのは

 いい傾向なのかもしれないねぇ」

ピグモン「はうはう~、ピグちゃんも冷や麦大好きなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426232808j:plain

ビーコン「ヒヒヒ、そしてオイラは食欲ばかりか性欲も……♪」

落合さん「だーっ、そんな風に纏めないで下さいなッ!(汗)

 ……それはともかく、大急ぎで準備いたしますので!」

宙マン「うん、頼んだよ、落合さん」

 

……と、そんな昼餉間近の賑やかなひととき。

だが、そんな「宙マンハウス」の庭先の様子を

こっそり覗き見ている不審な影があった。

触角宇宙人・バット星人、もちろん怪獣軍団の一員だ!

バット星人「ケケケケッ、宙マンと地球人どもめ……

 やれ冷や麦がどうの、昼飯がどうの。

 ……呑気にしてられるのも、今のうちだけだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202133933j:plain

スライ「んーふふふ、そしてそして……

 バット星人君に、この時間帯を選んで出撃してもらったのは

 決して単なる偶然ではありませんですよ、魔王様」

イフ「おお! 何か考えあってのことと?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206005326j:plain

スライ「食事の邪魔をされること、すなわち全宇宙共通の不快事項。

 食道楽の宙マンのランチタイムを邪魔し、一本取る……

 これに勝る嫌がらせが、果たして他にありましょうや!?」

イフ「ううむっ、流石の悪知恵だな、“魔導の”スライ!

 ……聞いての通りだ、バット星人。

 全ては、お前の働き如何にかかっておるぞ!」

「お任せ下さい、ケケケケケ~っ!!

おお、見よ! 戦慄せよ!
両目を爛々と輝かせ、みるみるうちに巨大化するバット星人!

 

ピグモン「あっ、怪獣が出てきたの!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426230146j:plain

落合さん「いえ、あれは宇宙人ですわ、ピグモンちゃん……」

ビーコン「や、どっちでもいいっスよ、この際――」

宙マン「(頷き)どちらにせよ、傍迷惑に違いはなし!」

バット星人「ケケケケ、期待通りの反応、有難う有難う。

 それでこそ、わざわざこのランチタイムの時間帯を選んだうえで

 出てきた甲斐があったってものさ、私も!」

宙マン「何っ!?」

バット星人「ランチがフイになって残念だったなぁ、千歳市民諸君。

 ああ、そのがっかりする顔が見たかったのさぁ――

 そしてもう、お前たちには何も食わせはしない!」

ビーコン「ずげっ! そのために、昼飯どき狙いで……!」

落合さん「っがー、何て根性悪な方なんでしょう!」

イフ「わはは……いいぞバット星人、まずはワシらの一点先取じゃ!

 さぁ、その勢いで大いに暴れ、破壊せよ!

 千歳市民にも宙マンにも、昼の憩いなど与えるな!」

バット星人「ケケケケーっ! やりますとも、魔王様!」

バット星人、進撃開始!

迫り来る巨体を前に、悲鳴をあげて逃げ惑う人々。

ビーコン「どひ~っ、せっかくのランチタイムが台無しっス!」

落合さん「これから美味しく、冷や麦を頂くところでしたのに……!」

ピグモン「はわわ、ピグちゃん怖いの~!(涙目)」

 

おお、何ということであろう――

平和だった千歳市が、一瞬で洒落にならない大ピンチ!

宇宙人の暴虐、もはや断じて許すまじ。

千歳の平和を守るべく、航空防衛隊が直ちに出撃した。

ビーコン「おおっ、航空防衛隊のお歴々っスよ!」

落合さん「タイミング「は」、いつも良いんですけど……(汗)」

ピグモン「はうはう~、おじさんたち、しっかりなの~!」

「ようし……全機、一斉攻撃開始っ!

戦闘機隊、バット星人めがけて猛烈アタック!

無数のロケット弾が、凄まじい勢いで叩きこまれるが……

星人は傷つくどころか、それに対して怯む様子さえも見せない。

 

バット星人「ケケケケッ……下等動物めが、無駄なあがきを!」

「……ど、どわぁぁぁ~っ!?」

バット星人の爪から放たれる閃光弾!

その洗礼を受け、一機、また一機と撃ち落されていく戦闘機。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227023742j:plain

ピグモン「ああっ、やられちゃったぁ!」

落合さん「毎度のこととは言いながら……」

ビーコン「しーっ、それは言わないお約束っスよ!(汗)」

 

バット星人「ケケケケ、調子出てきたぞ~っ!」

林立する建物が、次々に爆散・炎上し……

平和だった千歳市は、たちまち混乱の巷と化していた!

 

ビーコン「どひ~っ、こいつァまずいっス、マジヤバっス!(汗)」

落合さん「このままでは、千歳の街が瓦礫の山に……!」

ビーコン「そうなったら、昼に冷や麦どころじゃないっスよ!」

ピグモン「はわわわ……宙マン、宙マン、何とかしてなの~」

宙マン「(頷き)おのれ、もう許さんぞ!

 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、バット星人の前へ舞い降りる!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上!

 触覚宇宙人バット星人、これ以上は暴れさせんぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002015j:plain

ビーコン「いよっ! 待ってましたっス、アニキの十八番!」

落合さん「ああ、お殿様、素敵です……♪(うっとり)」

ピグモン「はうはう~、宙マン、がんばってなの~!」

バット星人「ケケケッ! 宙マン、殺されに来たか!」

宙マン「いいや、泣いて逃げ帰るのは君の方さ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

さぁ、今日も世紀のビッグファイト開幕だ!

バット星人「ケケケッ、私の実力、思い知らせてやろう!」

宙マン「大きく出たな、ならば何処からでも来るがいい!」

激突、宙マン対バット星人!

落合さんたちが見守る中、巨大バトルは一気にヒートアップ!

勢いよく右手の大爪を振りおろすバット星人!

が、宙マンもさるもの、その一撃をクロスガードで受け止める。

邪悪な武術で迫る星人に、華麗な体術で渡り合う宙マン。

力と技が火花を散らす、巨大サイズの無制限一本勝負!

バット星人「ケケケケ、お前の実力も大したことはないな!?」

宙マン「ならば、これを受けてみろ!」

出た、宙マン得意のストレートキック!

鋭い足先が、バット星人の腹部へめりこむように炸裂する。

 

バット星人「(悶絶)……ぐぶっ、こりゃ効いたァ!」

宙マン「どうだ、恐れ入ったと頭を下げる気になったかね!?」

バット星人「うぐぐぐっ……なめるなよ、宙マン!」

バット星人の怒りとともに、爪から放たれる閃光弾!

その射撃を、得意の回転戦法でかわしていく宙マンだったが……。

 

バット星人「ケケケケ、お次のこいつはどうだ!?」

「ぐ、ぐぁぁぁぁぁ……っ!?」

バット星人の次の一手、腹部から放つ“バット超音波”!

相手の頭脳に激しい苦痛を与える攻撃による、耐えがたい頭痛が

さしもの宙マンをも大きくよろめかせる。

 

落合さん「ああっ、お殿様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429162343j:plain

ビーコン「こ、これは……ちょっとヤバげな流れっスかぁ!?」

ピグモン「はわわわ、宙マン、まけないでなの~!」

 

バット星人「ケケケ、そうとも、宙マンのお話も今日で終わりさ!」

バット星人「そして次回からは、全怪獣の絶大なる期待とともに

飛び出せ! バット星人』が連載開始だ―

 そのためにも宙マン、お前には死んでもらうッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

「いいや……勝ち誇るのは、まだ早いぞ!?

宙マン、パワー全開!

バット星人の触角光線を、ひらりとかわして大空へ。

バット星人「(驚愕)の、のわわわっ!?」

宙マン「バット星人、今度はこっちがお返しだ!」

宙マン「セイヤぁぁーっ!

 マン・レインボー乱れ蹴り!

出た、絢爛豪華の超絶技!

虹色の連続蹴りを食らい、バット星人が倒れたところへ――

 

宙マン「とどめだ! 

 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426152748j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、バット星人を直撃!!

バット星人「がぁぁっ、露と消えにし新連載の夢ぇぇ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210514153736j:plain

ピグモン「はうはう~、やったのやったの、宙マンの勝ちなの~!」

ビーコン「アニキ~、今日もまたお疲れ様っした!」

落合さん「ああ、輝いてますわね、お殿様の雄姿……♪(うっとり)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うぐぐぐっ……宙マンめ、またしても邪魔だてを!

 だが忘れるな、ワシらはあくまで地球を諦めない決意だ……

 この次こそは、必ずお前の息の根を止めてやるからな!」

 

……などと言う、いつもの負け惜しみはさて置いて。

だが、その一方で……

やはり今度もまた、宙マンは気が付いていなかったのだ。

彼とバット星人との激闘を、人知れず密かに見守り続ける

ひとつの不穏で、邪悪な視線があることを!

「クォコココココ……」

 

だが、それもまた……今は、ひとまずさておいて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010428j:plain

宙マンの活躍により、千歳市民の昼餉時を台無しにせんと図った

怪獣軍団からの使者、バット星人は撃退されたのであった。

 

落合さん「お殿様、どうもお疲れさまでした!」

宙マン「いやはや、何とも……

 この炎天下で一戦交えたら、お腹はペコペコ、喉もカラカラだよ。

 落合さん、申し訳ないけど改めて……」

落合さん「(頷き)冷や麦ですわね、大至急支度を!」

落合さん「……ああ、でも。

 冷や麦だけだと、栄養価的にはちょっと不安ですかしら?」

ビーコン「ヒヒヒ、心配ないっスよ、落合さん!

 そんな落合さんのために、オイラの本格派ブルストを……」

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「燻製でも何でも、勝手になっておしまいっ!!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、スモークみたいに風に舞うオイラっスぅぅ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210806210319j:plain

星人去って、平和が戻り……

今日もまた、みんなの笑顔の花が咲く。

頑張れ宙マン、次回も千歳を頼んだぞ!