遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

『葵の暴れん坊』オープニング・テーマ

国民的人気と知名度を誇った長寿娯楽時代劇、あの『暴れん坊将軍

第一シリーズの後番組と言うことで、どうしても前番組の圧倒的な

ネームバリューに押され気味ではありますものの、「お控えさま」こと

主人公・松平源九郎に扮した故・西郷輝彦氏の精悍な美剣士ぶりと

娯楽作品としての手慣れた安定感のある作品つくりはなかなかだった

1982年放映、『源九郎旅日記 葵の暴れん坊』。

そんな『葵の暴れん坊』の開幕を告げるメイン・テーマが本曲。

痛快時代劇に相応しい「華」のある編曲は、説明不要の名匠、故・菊池俊輔氏――

それだけに聞いていると、いつの間にか『長七郎天下ご免!』のテーマ曲と

ごちゃ混ぜになってくるのですが、まぁそれも楽しさのうちってことで(笑)。

“江戸は麻布の材木町……

 御控屋敷の、松平源九郎!”