遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

その名は「特空機」の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306205502j:plain

遥かなる宇宙の彼方、暗黒星雲の奥深くから……

虎視眈々と、地球を狙い続けている恐怖の怪獣軍団。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426122355j:plain

今日もまた、新たなる悪の使者が地球を目指して飛び立った。

赤い光球と化して地上に激突し、濛々たる煙の中から姿を現したのは!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206210443j:plain

「ギシャウゥゥ~ッ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426125318j:plain

そう、今日の敵はこいつ――

第1話で宙マンと戦ったあの暴れ者、巨大星獣ゴルゴザウルスだ!

 

落合さん「あらまぁ、懲りずにまたいらっしゃいましたのね!?」

ビーコン「リベンジ・マッチってワケっスね……こりゃ厄介っス!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306210441j:plain

ゴルゴザウルス「ギシャウゥゥ~ッ! あの時は不覚をとったが……

 今回はそうはいかんぞ、徹底的に叩きのめしてやるぜ!」

ビーコン「ひょえぇ~、案の定ムダにやる気出してるっスしぃぃ~(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504000227j:plain

ピグモン「はわわ……宙マン、なんとかしてなの~」

宙マン「ようし、いっちょやろうかね! 宙マン・ファイト・ゴー!!」 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426232617j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

さぁ、今日もまた正義の味方のお出ましだ!

 

宙マン「巨大星獣ゴルゴザウルス、お前のような悪党はこの私が……」

ゴルゴザウルス「バカめ、その暇なんざくれてやるかよッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306211237j:plain

ズガガガガーンっ!

 

おお、何ということであろうか!?

仁義知らずの巨大星獣、何と宙マンの口上の最中に火炎攻撃!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151907j:plain

ズガーン! グワーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155037j:plain

「う、うわぁぁぁぁ……っ!!」

 

みくるん「ああっ、宙マンさんが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

ピグモン「ずるいの~、宙マンが喋ってる最中に攻撃なんて~!」

ながもん「おう……何と言う……掟、破り」

ビーコン「どひ~っ、なんかもう、今回はのっけから大ピンチじゃないっスかぁ!」

落合さん「お殿様……しっかりなさって下さいませ、お殿様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306211740j:plain

「ようし、やるぞ――全機、攻撃開始っ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306211727j:plain

宙マンを援護すべく、防衛隊の戦闘機編隊が一斉攻撃!

空中から、ロケット弾が雨あられとばかりにゴルゴザウルスへと叩きこまれるが

火山地帯の過酷な環境にも耐えうる宇宙怪獣は、そんな攻撃ではびくともしない。

 

ゴルゴザウルス「ギシャウゥゥ~っ、雑魚はすっこんでやがれ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306211951j:plain

「う、うわぁぁぁ……っ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306212015j:plain

ゴルゴザウルスが口から吐き出す灼熱火焔!

その直撃を受け、戦闘機隊は次から次に撃墜されていく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306212537j:plain

爆発! 炎上!

破壊と混乱の巷と化した街を、人々が悲鳴をあげて逃げまどう。

そして炎の海の中を、我が物顔で進撃するゴルゴザウルス!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306212758j:plain

ゴルゴザウルス「ギシャアァァ~ッ、どんなもんだァ!

 宇宙で鍛えたこのパワーで、千歳も地球も一気に征服してやるぜ!」

イフ「うむ、その意気だ。よくぞ申した、ゴルゴザウルス!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508151432j:plain

イフ「もはや北海道千歳市は、ワシらの軍門に下ったも同然だ……

 千歳の街を破壊し尽くし、にっくき宙マンの息の根を止めて、今日と言う日を

 ワシら怪獣軍団の輝かしい記念日にするのだ!」

ゴルゴザウルス「ギシャウゥゥ~ッ、任しといて下さいやし、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218103825j:plain

みくるん「ふぇぇん、どうしよう、このままじゃ……」

ながもん「地球が……地球が……大ピンチ?」

ピグモン「(涙目)えう~、誰でもいいから早く、なんとかしてなの~!」

 

おお、今まさに……

北海道千歳市と正義の味方・宙マン、絶体絶命の大ピンチ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306213326j:plain

だが、防衛隊・千歳基地に籍を置き、さる特別チームの指揮者をも兼任する

天才科学者、香取(かとり)管理官は、このピンチを座して見過ごすような真似は

決してしなかった――

 

そう、今こそ、彼女の長年に渡る研究の成果が活かされる時なのだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306213718j:plain

谷口くん「香取管理官! いよいよ我々「ティターンズ」の出番ですね!」

香取「(頷き)千歳と宙マンのピンチよ。見殺しにはできないわ。

 しっかりお願いね、谷口くん――

 命令! 怪獣撃滅のため、「特空機」緊急発進!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306213650j:plain

「了解(ラジャー)!
 「特空機」、ただちに出動します!」

 

防衛隊・千歳基地内のワン・セクション。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306214016j:plain

彼らは天才科学者・香取管理官をトップに据え、少数精鋭のメンバーで構成された

対怪獣・宇宙人・怪奇現象に対抗しうる新兵器や戦術の開発・立案・運用テストを

重要な使命とする特殊部隊なのである。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306214122j:plain

巨人たちの部隊、すなわち「ティターンズ」と通称される彼らが

相次ぐ怪獣事件に対抗すべく開発を進めていた新兵器……

対怪獣特殊空挺機甲、略して「特空機」。

 

言うなれば、対怪獣用の巨大ロボット兵器である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306215423j:plain

エマージェンシーを告げるサイレンが、けたたましく鳴り響く中……

今、「ティターンズ」専属のメインパイロット・谷口くんが、格納庫内に佇む

「特空機」へと駆け寄り、その体内のコクピットへ乗り込んだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306215634j:plain

谷口くん「(ニヤリ)よぉし、見てろよぉ。

 この日のために鍛え抜いてきた、訓練の成果を見せてやるぜ!」

 

おお、何という頼もしい若者の決意!

だが、その間にも……。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426130154j:plain

傍若無人のゴルゴザウルスの進撃に、ますます混乱が深まる千歳の街。

だが、そんな中にあっても、我らが宙マンは……

先ほど食らった先制攻撃のダメージから、未だ立ち直れていない状態なのだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306215914j:plain

宙マン「(苦悶)うう……うっ……!」

ゴルゴザウルス「ギッシャシャシャ……とどめだ、宙マン!」

 

宙マン、絶体絶命の大ピンチ――と、その時である!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306220147j:plain

「わははは……待て待て待てーいっ!!」

 

ゴルゴザウルス「(訝り)……ムムッ、誰だ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306220317j:plain

ながもん「(空を見上げ)おおっ。……なんか……来た……!」

みくるん「えっ?……えっえっ!?」

ビーコン「(目を見開いて)うおおお……な、なんなんスか、アレは!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306220523j:plain

見よ! 感嘆せよ!

谷口くんの高らかな笑い声とともに、千歳市上空に姿を現したのは……

防衛隊・千歳基地から飛び立った、ティターンズ所属の「特空機」だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306220647j:plain

谷口くん「怪獣め、もうお前の好き勝手にはさせないぞ……

 最先端の科学力と、俺の操縦技術で必ずお前を打ち倒してやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306220742j:plain

ズ、ズーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306221233j:plain

落合さん「あらまぁ、ずいぶんハッタリの効いたご登場ですこと!」

ビーコン「どうやら、新しい敵……では、なさそうっスねぇ」

ながもん「(頷き)でないと……困る」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306221352j:plain

ゴルゴザウルス「シャウゥ~ッ、貴様、一体ナニモノだぁ!?」

谷口くん「信じられるか、このパワー!

 正義と、夢と、情熱と、日本の頭脳が生みだした……

 人呼んで「特空機」1号、グロスボンガー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306221558j:plain

宙マン「(顔を上げ)グロス、ボンガー。……「特空機」……?」

谷口くん「えぇ、そうですとも、宙マンさん。

 後は全て、我々ティターンズの「特空機」に任せといて下さい!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306221852j:plain

そう! 

今ここに、秘密のヴェールを脱いだ「特空機」1号・グロスボンガー!

近年の北海道、千歳市近辺にて頻々と増加する一方の怪獣事件に対抗しうる

決定打として、才媛・香取管理官の手で生み出された鋼の巨人(ティターン)である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306222041j:plain

香取「構う事はないわ、思い切りやっちゃいなさい谷口くん――

 「特空機」のデビュー戦、うんと派手にいきましょう、ねっ!」

谷口くん「ラジャー、香取管理官!

 ……さぁて、もうこれからは、お前たち怪獣の好き勝手にはさせないぜ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306222330j:plain

「ボンガー・アクションっ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306222642j:plain

操縦者である谷口くんの雄叫びとともに、猛然と動き出すグロスボンガー!

ゴルゴザウルスめがけて、怒涛のようなパンチの連打を叩きこんでいく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504104655j:plain

ビーコン「おおっ、すごいすごい! 気合入ってるっスねぇ、防衛隊ロボ!」

ながもん「でも……何て、言うか……」

ピグモン「……効いてない、っぽいみたい? なの~」

落合さん「しーっ、ピグモンちゃん! それは言わないお約束ですわよ!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306223021j:plain

谷口くん「くらえ! ボンガー・ツインミサイル!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306223104j:plain

谷口くん「やるな! お次はボンガー・サンダーだ!」

 

香取「あ……あら、あらららっ? 

 何て言ったらよいのかしら、こんな筈じゃなかった……ような……(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306223400j:plain

谷口くん「いいや、まだまだ! だったらこいつはどうだ――

 ボンガー・バースト!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306223439j:plain

ゴルゴザウルスめがけ、内蔵武器を次々に叩きこんでいくグロスボンガー。

だが、それらの攻撃は、巨大星獣にいささかの痛痒も与えられない。

……そう、悲しいほどに「効かなかった」のだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155243j:plain

ながもん「(目をそらして)……オウ……」

みくるん「な、なんだか、いたたまれなくって見てられないですぅ~」

谷口くん「うがーっ、そんな同情の目で見ないでくれ、俺が悲しくなるからっ!

 えーと、えーと、次の技は……ハーハー、ゼェッ、ゼェッ……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306224055j:plain

ゴルゴザウルス「(さすがに見かねて)……ねぇ、チミチミ、大丈夫?

 無理しない方がいいよ、誰にでも向き・不向きはあるんだし……」

谷口くん「て、てめぇぇーっ! てめぇまで俺に同情するってのかよー!?

 チッキショウ、ナメやがって、ナメやがって――トウッ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306224200j:plain

谷口くんの気合とともに、大空高くへとジャンプするグロスボンガー。

超高高度からの急降下とともに繰り出す、その技の名は!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306224417j:plain

「これでとどめだ!

 グロスボンガー・必殺トマホーク斬り!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306224710j:plain

怒りの戦斧が、ゴルゴザウルスの眉間めがけて炸裂!!

……そして、すぐに弾き飛ばされてしまった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306225259j:plain

谷口くん「……う、うわ、うわ……どわぁぁ~っ!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306225420j:plain

火花を散らして吹っ飛び、地面に叩きつけられるグロスボンガー。

その衝撃によって、正義の「特空機」1号は脆くも爆発四散!

 

( ゚д゚)ポカーン……。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306225533j:plain

ゴルゴザウルス「(呆然)……なんだったんざんしょ、今の?」

 

嗚呼、勇戦空しく敗れ去ったグロスボンガー。

だが、その戦いは……ダメージを受けた宙マンが回復し、再び立ち上がるには

充分すぎるほどの「時間稼ぎ」であった!

 

宙マン「せいやぁぁーっ! 

 宙マン・バーニング・パンチ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306225728j:plain

エネルギーを集中させ、真っ赤に燃え上がった右の拳で繰り出す必殺パンチ!

そのあまりの破壊力ゆえに、炸裂した熱い鉄拳にこめられた膨大なエネルギーが

ゴルゴザウルスのボディを一気に貫通、火花となって背中に抜けるほどである。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306225839j:plain

ゴルゴザウルス「ぎ、ギシャウゥゥ~っ……

 自分が、やられてみると、改めてよくわかる……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306225951j:plain

ゴルゴザウルス「ふ、不意打ちなんて……ずっこいずっこい~っ!」

 

火花を散らして崩れ落ち、吹っ飛ぶゴルゴザウルスの巨体。

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211203221012j:plain

みくるん「わあっ、やりました、宙マンさんの勝ちですぅ!」

ながもん「やっぱり、宙マン……まかせて、安心」

ピグモン「はうはう~、宙マン、ありがとうなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うぐ、ぐぬぬぬっ……おのれおのれ、地球人どもめが!

 あのロボットの小賢しい横槍さえ入らなければ、今回こそ……

 今回こそは、恨み重なる宙マンの奴めに引導を渡せていたものを……!」

 

かくして逆襲に息巻くゴルゴザウルスは倒され、千歳の街に平和が蘇った。

宙マンと同様、「特空機」1号・グロスボンガーの活躍も見逃せないところであろう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306230557j:plain

ビーコン「いえっふ~、アニキ、お疲れ様っした!」

落合さん「お見事でしたわ、お殿様!」

宙マン「いやぁ~、でも今回ばかりは、私も危ないところだったよ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604220917j:plain

みくるん「でも、宙マンさんが勝ってくれてホントによかったですぅ」

ながもん「宙マン。……いつもながら……グッジョヴ」

ピグモン「はうはう~、宙マン、かっこよかったの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306230839j:plain

落合さん「さぁ! それでは今夜は……

 お殿様の勝利を祝って、手巻き寿司パーティと参りましょうか!」

ビーコン「いえっふ~、いいっスねぇ!」

宙マン「はっはっはっはっ、いやぁ、楽しみだ! さぁ、帰ろうかみんな!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306231008j:plain

香取「ありがとう、谷口くん……。

 あなたの眩しい雄姿と活躍、私は決して忘れはしないわ」

 

 

「あ、あっのぉ~……管理官?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306231129p:plain

谷口くん「……ハンニャラ、ヒ~っ……

 おかげさまをもってですね、俺、まだまだしっかり無事に……ガクリッ(気絶)

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211128133537j:plain

胸に燃えてる、それぞれの正義……

輝くその日が、きっと来る。

頑張れ宙マン、頑張れ「特空機」!