遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

今日の怪獣リペイント

南の涯てまで

『ウルトラマンティガ』に登場した怪獣・宇宙人・ロボットなどのキャラクター群を 一体残らず、フル塗装済みのPVCフィギュアとしてリリースする快挙を成し遂げ ウルトラファンの度肝を抜いた、バンダイの「ティガモンスター超全集」シリーズ。 そんな「テ…

恐怖のベリアル融合獣

現在好評展開中の「ウルトラ怪獣シリーズ」よりも、大きなサイズとボリュームで 強豪怪獣たちを迫力いっぱいに立体化していこうという「ウルトラ怪獣DX」。 そんな「DX」枠から、このたびリペイントの遡上にあげますは…… 2017年放映『ウルトラマンジード』…

シャドーの影、戦いの子

現在好評展開中の「ウルトラ怪獣シリーズ」よりも、大きなサイズとボリュームで 強豪怪獣たちを迫力いっぱいに立体化していこうという「ウルトラ怪獣DX」。 そんな「DX」枠でのデビューを前提に、スター怪獣たることを義務付けられた彼…… 2017年放映『ウル…

スポーツなんか大嫌い

1993年放映の連続TV番組『電光超人グリッドマン』の放送開始に歩調を合わせ バンダイ「ウルトラ怪獣シリーズ」の牙城に切りこむべく、番組メインスポンサーの タカラ(現・タカラトミー)から続々リリースされた怪獣ソフビの一大ラインナップ、 その名…

星を越えた誓い

買い求めやすい価格設定と集めやすいサイズ、そしてラインナップに加えられた 怪獣たちのメジャー・マイナー取り揃えた絶妙にバラエティ豊かな顔ぶれによって 多くのファンから好評とともに迎えられている現「ウルトラ怪獣シリーズ」。 その豊富なラインナッ…

レオの星! さすらいの怪獣

1983年・秋からのリリース開始より、約30年ものロングランを成し遂げ そこで蓄積されたノウハウは、現行怪獣ソフビの大いなる礎ともなって 今もなお燦然と輝き続けている旧「ウルトラ怪獣シリーズ」。 そんな旧ソフビより、今回はこの一体…… 1974年放映『ウ…

「永遠の命」、それは儚く……

『ウルトラマンティガ』に登場した怪獣・宇宙人・ロボットなどのキャラクター群を 一体残らず、フル塗装済みのPVCフィギュアとしてリリースする快挙を成し遂げ ウルトラファンの度肝を抜いた、バンダイの「ティガモンスター超全集」シリーズ。 そんな「テ…

襲われたGUTS基地

『ウルトラマンティガ』に登場した怪獣・宇宙人・ロボットなどのキャラクター群を 一体残らず、フル塗装済みのPVCフィギュアとしてリリースする快挙を成し遂げ ウルトラファンの度肝を抜いた、バンダイの「ティガモンスター超全集」シリーズ。 そんな「テ…

眠りの乙女

『ウルトラマンティガ』に登場した怪獣・宇宙人・ロボットなどのキャラクター群を 一体残らず、フル塗装済みのPVCフィギュアとしてリリースする快挙を成し遂げ ウルトラファンの度肝を抜いた、バンダイの「ティガモンスター超全集」シリーズ。 そんな「テ…

出番だ異次元種!

『ウルトラマンティガ』に登場した怪獣・宇宙人・ロボットなどのキャラクター群を 一体残らず、フル塗装済みのPVCフィギュアとしてリリースする快挙を成し遂げ ウルトラファンの度肝を抜いた、バンダイの「ティガモンスター超全集」シリーズ。 そんな「テ…

さすが! 甲殻類は強かった!

小サイズにみっちり詰まったリアル造形の高密度と、バラエティ豊かな顔ぶれが ずらり揃ったラインナップが評判の新「ウルトラ怪獣シリーズ」…… その華々しいデビューは、30年以上の長きに渡り、時代毎のウルトラキッズらの よき友であり続けてくれたバンダイ…

光、消えろ……!

集めやすい小サイズと手軽に買える低価格、それに反比例する造形クオリティ。 玩具店売りのスタンダードサイズ・ソフビの影に隠れ、ともすれば低く見られがちな お菓子売場のスター、バンダイのラムネ菓子玩具「ウルトラマン対決セット」の 食玩ミニソフビも…

モッチのロンでヤンス!

買い求めやすい価格設定と集めやすいサイズ、そしてラインナップに加えられた 怪獣たちのメジャー・マイナー取り揃えた絶妙にバラエティ豊かな顔ぶれによって 多くのファンから好評とともに迎えられている現「ウルトラ怪獣シリーズ」。 その豊富なラインナッ…

宇宙から来た毒蛾王

1977~80年にかけて展開され、マニア向けファンダムの台頭や再放送などによる “第三次怪獣(リバイバル)ブーム”の盛り上がりにも一役買ってくれた傑作玩具、 ポピーの「キングザウルスシリーズ」。 そのラインナップの中から、このたびリペイントの遡上にあ…

怪しい隣人! 人類の敵イカルス星人

1977~80年にかけて展開され、マニア向けファンダムの台頭や再放送などによる “第三次怪獣(リバイバル)ブーム”の盛り上がりにも一役買ってくれた傑作玩具、 ポピーの「キングザウルスシリーズ」。 そのラインナップの中から、このたびリペイントの遡上にあ…

よみがえった伝説

1977~80年にかけて展開され、マニア向けファンダムの台頭や再放送などによる “第三次怪獣(リバイバル)ブーム”の盛り上がりにも一役買ってくれた傑作玩具、 ポピーの「キングザウルスシリーズ」。 そのラインナップの中から、このたびリペイントの遡上にあ…

熱波襲来

小サイズにみっちり詰まったリアル造形の高密度と、バラエティ豊かな顔ぶれが ずらり揃ったラインナップが評判の新「ウルトラ怪獣シリーズ」…… その華々しいデビューは、30年以上の長きに渡り、時代毎のウルトラキッズらの よき友であり続けてくれたバンダイ…

見えない敵との戦い

1977年あたりから、全国各地での再放送や幼年向けテレビ雑誌との連携により 「仕掛け」られ、全国的にその機運が高まりつつあった怪獣リバイバルブームの 波に乗るべく企画・製作され、『ウルトラ』とは一味違う巨大ヒーローの在り方で 忘れがたい印象を残し…

まぼろしの街

1977~80年にかけて展開され、マニア向けファンダムの台頭や再放送などによる “第三次怪獣(リバイバル)ブーム”の盛り上がりにも一役買ってくれた傑作玩具、 ポピーの「キングザウルスシリーズ」。 そのラインナップの中から、このたびリペイントの遡上にあ…

ウルトラマン先生、一番手柄!

1977~80年にかけて展開され、マニア向けファンダムの台頭や再放送などによる “第三次怪獣(リバイバル)ブーム”の盛り上がりにも一役買ってくれた傑作玩具、 ポピーの「キングザウルスシリーズ」。 そのラインナップの中から、このたびリペイントの遡上にあ…

黄金色の悪意と妄執

1983年・秋からのリリース開始より、約30年ものロングランを成し遂げ そこで蓄積されたノウハウは、現行怪獣ソフビの大いなる礎ともなって 今もなお燦然と輝き続けている旧「ウルトラ怪獣シリーズ」。 そんな旧ソフビから、今回チョイスしたのは本品…… 2008…

キングゲスラ墓へ行け!

1983年・秋からのリリース開始より、約30年ものロングランを成し遂げ そこで蓄積されたノウハウは、現行怪獣ソフビの大いなる礎ともなって 今もなお燦然と輝き続けている旧「ウルトラ怪獣シリーズ」。 そんな旧ソフビから、今回チョイスしたのは本品…… 2008…

吠えよ! 黒き機龍

いくつあっても困りませんし、あればあるほど嬉しくなるのが怪獣ソフビ…… そしてそれを、自分好みに塗り直せばも~っと楽しい! と言うお題目とともに、このたびリペイントの遡上にあげますは…… 映画『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』の公開に歩調を合わ…

月面怪獣キング・ワンダーのリペイントに挑戦せよ!

児童向け玩具の枠の中、実際の怪獣のイメージを忠実に再現してみせた ブルマァク製ソフビ怪獣の造形レベルの高さは、現在も語り草となっており…… 「ミラーマン」第21話に登場する、月面怪獣・キングワンダーのソフビ人形も、 ブルマァク黄金期ならではの優…

怪獣ラゴラス上陸す

買い求めやすい価格設定と集めやすいサイズ、そしてラインナップに加えられた 怪獣たちのメジャー・マイナー取り揃えた絶妙にバラエティ豊かな顔ぶれによって 多くのファンから好評とともに迎えられている現「ウルトラ怪獣シリーズ」。 その豊富なラインナッ…

うたかたの……

小サイズにみっちり詰まったリアル造形の高密度と、バラエティ豊かな顔ぶれが ずらり揃ったラインナップが評判の新「ウルトラ怪獣シリーズ」…… その華々しいデビューは、30年以上の長きに渡り、時代毎のウルトラキッズらの よき友であり続けてくれたバンダイ…

センシティブな「暴君」の愛し方

現在好評展開中の「ウルトラ怪獣シリーズ」よりも、大きなサイズとボリュームで 強豪怪獣たちを迫力いっぱいに立体化していこうという「ウルトラ怪獣DX」。 そんな「DX」枠の中でも、屈指の出来の良さで人気が高い本品…… 1973年放映『ウルトラマンタロウ』…

もっと燃えろ! 大超獣地獄

小サイズにみっちり詰まったリアル造形の高密度と、バラエティ豊かな顔ぶれが ずらり揃ったラインナップが評判の新「ウルトラ怪獣シリーズ」…… その華々しいデビューは、30年以上の長きに渡り、時代毎のウルトラキッズらの よき友であり続けてくれたバンダイ…

ぼく、カネゴン!

玩具的な愛らしいデフォルメとフィギュアとしてのリアルさが上手く調和した造形、 手に取りやすく集めやすい絶妙のサイズ&価格設定、怪獣ソフビファンの心を擽る ラインナップ選定のバラエティ……などの諸要素が相まって、リリース開始と同時に 多くの支持を…

サボテン地獄の赤い花

いかにもおもちゃ、おもちゃしているビビッドな色彩のソフビ人形が、 塗装のさじ加減ひとつによって如何様にも生まれ変わる―― 僕がソフビ怪獣のリペイント遊びを愛してやまない、大きな理由です。 と言う前置きのもと、このたびリペイントの遡上にあげました…