遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

今日の玩具カスタム

イゴール星人を倒せ!!

今は亡き…… と、過去形で語らざるを得ないのが悲しいところですが(ほろり)。 完成品フィギュア・ブームの華やかりし90年代後期にデビューし 特撮・テレビまんがファンの琴線に触れまくる可動ドールを続々とリリースして、 多くの玩具ファンに鮮烈な印象…

怪獣工場・恐怖の在庫

小サイズにみっちり詰まったリアル造形の高密度と、バラエティ豊かな顔ぶれが ずらり揃ったラインナップが評判の新「ウルトラ怪獣シリーズ」…… その華々しいデビューは、30年以上の長きに渡り、時代毎のウルトラキッズらの よき友であり続けてくれたバンダイ…

未知なる敵へテイク・オフ

リサイクル店というやつには、何とも言えぬ独特の魔力があるようで…… たとえ道内のどんな場所に、どんな用事で出かけていても、その看板を見るだけで フラフラ~ッと引き寄せられて店内に吸い込まれてしまいます(笑)。 そんな中古屋行脚の中、またひとつ入…

宇宙猿人の哀しき下僕

『スペクトルマン』第61話「恐怖の怪獣ショー」に登場…… 奴隷身分とされる宇宙的ヒエラルキーからの解放を条件に、宇宙猿人ゴリに協力して 遊園地内で怪獣Gメンを襲撃した“奴隷宇宙人・ミゲル星人”たち。 オオツカ企画「ハイパーヒーロー」版・ショッカー…

恐怖の怪獣ショー

今は亡き…… と、過去形で語らざるを得ないのが悲しいところですが(ほろり)。 完成品フィギュア・ブームの華やかりし90年代後期にデビューし 特撮・テレビまんがファンの琴線に触れまくる可動ドールを続々とリリースして、 多くの玩具ファンに鮮烈な印象…

大空に舞う科学のつばさ

先日、リサイクルショップで入手した品…… 拙ブログのお客様方には、もはや説明不要のジェットビートル。 ご覧の通り、一部のパーツが紛失している状態で店頭に並んでおり その分、50円と言う超破格値での入手が叶った本品。 で、このままではあまりに気の…

またまた怪ロボット現る

1999年放映、『燃えろ!! ロボコン』の主力商品…… 胸部に装備されたスロットマシンによって、劇中同様の「採点遊び」が楽しめる ロボット・フィギュア玩具“スロットロイド”シリーズ。 だいぶ以前に捨て値で購入して、以後ちょっと遊んでしばらくは放置状態…

怪? 怪・怪ロボット

1999年放映、『燃えろ!! ロボコン』の主力商品…… 胸部に装備されたスロットマシンによって、劇中同様の「採点遊び」が楽しめる ロボット・フィギュア玩具“スロットロイド”シリーズ。 だいぶ以前に捨て値で購入して、以後ちょっと遊んでしばらくは放置状態…

赤い仮面は闘志の男

集めやすい低価格に見合わぬほど、極限まで煮詰められた可動・造形で 多くの特撮玩具ファンに衝撃を与えたバンダイ・キャンディ―事業部の 「掌動(SHODO)」シリーズ。 そのコンセプトを受け継ぎ、更に商品精度をブラッシュアップして 鮮烈なデビューを…

でんきやくざネロンガ

毎年半ばより放映開始される、ウルトラマンシリーズ最新作の 放映スケジュールと完全に歩調を合わせて連動し、テレビで見た あの怪獣、この怪獣が、玩具売り場に行けば待っていてくれる ある意味、とても恵まれた環境下でのリリースがウリとなっている 現行…

異次元の罠

そんな旧「ウルトラ怪獣シリーズ」より、今回はこちら…… 『ウルトラマンコスモス』の本放映中・2002年にリリースされた不気味な侵略者、 “三面異次元人・ギギ”のソフビを切り刻んでみようかと思います。

来たぞ!! 暗殺宇宙人

廉価とプレイバリューの高さ、造形クオリティの高さで大評判…… バンダイの食玩「掌動(SHODO)」、現「超動」のウルトラマン・シリーズ。 そのラインナップから、初代ウルトラマンを複数買い致しまして…… 食玩ソフビ「ウルトラマン対決セット」とのニコイチに…

射点に着きました!(その2)

figma黒森峰ボディ換装用の赤星小梅ちゃんヘッド。 手持ちパーツが上手くハマり、しっくりくるまとまり具合になってくれた事で ちょっと興が乗ってしまい、二個目のヘッド製作に着手。 同じくジャンクパーツ諸々で、でっち上げてみたのがこちら―― 小梅ちゃん…

射点に着きました!

アプリゲーム「戦車道大作戦」や、各種コミカライズでの重用…… 端役としてのデビューながらも、『ガルパン』世界においての存在感と魅力が 急上昇を見せているマイハニー、赤星小梅ちゃん。 そんな小梅ちゃんの換装用ヘッド、黒森峰女学園figmaボディと…

怪獣シュガロンの復讐

1983年・秋からのリリース開始より、約30年ものロングランを成し遂げ そこで蓄積されたノウハウは、現行怪獣ソフビの大いなる礎ともなって 今もなお燦然と輝き続けている旧「ウルトラ怪獣シリーズ」。 そんな旧ソフビより、今回遡上にあげますのはこちら…… …

2020年を忘れない(ここではウルトラ的な意味で)

先日入手の「ウルトラアクションフィギュア」版シン・ウルトラマン。 最初から「とある目的」に使えると見込んで、改造目的での購入だったのですが では、どのようにしたかったかと申しますと…… ズバリ、これがやりたかったんですよね(笑)。