遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

日々の食道楽

時にはテイクアウトも善し

夕飯―― 色々あっておかず作りをサボりたい気分だったんで、帰りに寄り道した 「ほっともっと」さんのカツカレーのお世話に。 このカツのふっくらした揚がり具合とカレールーとの相性のよさは、 なかなかどうして馬鹿にしたもんじゃありません。むほほほ! ホ…

レッツ・だまっこ!

夕飯―― 本日は、きりたんぽ鍋と並ぶ秋田の定番こと“だまっこ鍋にしてみました。 半ごろしのご飯を串に巻きつけて焼くキリタンポよりも 丸めるだけで済む手軽さが有難いので、我が家でも今後コレでいこうかな、と。 比内地鶏の芳醇な旨味とダシ、とまではいか…

お家でお手軽! 海鮮丼

夕飯―― 大根とわかめの味噌汁、マカロニサラダ、 そしてお店ではなく、気軽に家で味わう「おうち海鮮丼」。 スーパーの鮮魚コーナーで値引きが成されていた 手巻き寿司用の刺身セットを応用すれば、この通り ごくお手軽に 「おうち海鮮丼」の出来上がり。 ご…

テールの旨味が溢れテール!

牛タン専門店において、牛タンと並ぶもう一方の主役と言えば 豊かな旨味をたっぷりと湛えたテールスープ。 そのテールスープにゴマ油でコクを加え、中華麺を投じた 美味しい“テールラーメン”をば、少し早めの夕食として頂いてきました。 そして最後に残った…

メンチ切るのは「旨い」から!

一頭一頭が丁寧に飼育され、厳しい基準を見事にパスした SPF(“特定の病原菌を保有しない”)豚。 そんなSPF豚のブランドを名乗ることを許された道内屈指の旨い豚肉 “ひこま豚”を専門に扱う牧場直営の精肉店が、札幌市は 清田区美しが丘に店を構え、連日こ…

羊を食べよう、美味しく食べよう

生ラム肉の良いのが手ごろな値段で手に入りましたので、このたびはナムプラーと オイスターソース、黒胡椒をきかせて、長葱と一緒の中華炒めにしてみました。 で、そう言う料理を作っちゃうと……『孤独のグルメ』のゴローちゃんならずとも、 ご飯の上にどばっ…

DONと、おうどん!

夕飯! このたびはかき揚げ入りの煮込みうどんにしてみました。 しゃきっと引き締まった腰のある麺も良いんですが、ツユと一緒に煮込んで 適度にふやけ、味を吸い込みクタッとなったうどんも、それはそれで 僕ぁもう、大好きでして…… そんな麺をすすりつつ、…

レッツ・きりたんぽ!

秋田名物料理の一つ、お米を用いた“きりたんぽ”。 諸々の書籍などで調べてみましたところ、その作り方自体は さほど難しいものではないと思い、今回チャレンジしてみることに。 炊きあがったご飯をすり鉢の中で七分づきぐらいにして 木の串に巻きつけて、細…

魂こがして、カレーも焦がして

夕飯―― 昨夜のルーの残りを用いて、今夜は焼きカレー。 オーブンで焼くことでより旨味が強くなったカレーを、とろりとろけたピザ用チーズ 卵黄などと絡めながらより香ばしく、よりマイルドに頂きます。 門司港レトロン カレー 門司港焼きカレー 牛肉入り 中…

「シオシオのパー」は元気のあかし

出先の苫小牧「麺の房 長久命 とん助」さんにて、 同店イチ押し”とん塩ラーメン”を頂いてきたランチタイム。 豚骨からのダシで白濁し、ポタージュのような食感のスープに たっぷりの旨味を湛えながら、塩ラーメンならではのさっぱり、すっきりした 後口の潔…

羊を食べよう!

夕飯―― この日の夜は、生ラムのジンギスカンにしてみました。 つい先日お外で焼肉食べたばっかりで、またか――って気もしないではないですけど、 その辺は拘らない方向で、なんせ根っからアバウトな野蛮人なもんで(笑)。 厚めのカットが生む確かな歯ごたえ…

寒い夜にはやっぱり……

夕飯―― この日の夜は鳥手羽元をメインにした各種具材を、豊かなコクの白濁スープと共に 鍋に仕立てて頂きました。 それと、付け合せには伊達で購入してきたキムチ。 辛さ・酸味・旨味のバランスがいつ食べても絶妙で、これ「だけ」のために 千歳から足を運ぶ…

たこやきころころ、そろそろ食べ頃

関西出身の知人宅にお呼ばれしてご馳走になり、その旨さにやられて以来 今やすっかり我が家の定番メニューのひとつとなったタコ焼き。 ダシ汁で溶くタコ焼き粉、「こんなにゆるくていいのか!」と思うくらい ゆる~く溶くのがコツだそうで…… 最初に教わった…

我が肉食に悔いなし!

一頭一頭が丁寧に飼育され、厳しい基準を見事にパスした SPF(“特定の病原菌を保有しない”)豚。 そんなSPF審査に合格したブランド豚「ひこま豚」を購入し、味わうことの出来る 札幌・美しが丘の「Boo Deli」さんにつきましては、以前にも一度 拙ブロ…

嬉しいとね、カメラのレンズが曇るんですよ(笑)。

我が千歳市内の人気店の一つ、「ちゃっちゃ屋」さんにて “こくとん塩ラーメン”を頂いてきたこの日の午後。 柔和でまろやか、それでいてすっきり…… そんな包容力のある味わいが基調であればこそ、 紅ショウガや 辛子高菜の適宜投入で、味にメリハリがついて行…

焼いて啜ってまた焼いて

年明け最初の外食でもある1月6日の夕飯は、焼肉「徳寿」の千歳店さんにて。 本日味わうのは牛カルビ、牛サガリ、豚ホルモン。 切り落とされた部位ごとの食感やタレ・薬味の組み合わせによって変わる 味わいの奥深さを、ロースターで香ばしく焼き上げてくれ…

そして定番!

千歳市でも屈指の名店にして人気店…… 2012年度ミシュランガイドにも掲載された「麺や 麗(れい)」さん。 今回の注文はこちら、一番人気の醤油ラーメン。 とろみを帯びつつ爽やかな、豚骨と魚介のWスープに とろとろのチャーシュー、 おろし玉葱のアクセント…

冬蕎麦、やっぱり旨し!

冷たいつゆで、するするっと食するざるそばの清冽さも快感ですが 蕎麦の旨味や香りが充実し、風味がいや増す暖かい蕎麦というのも まごうかたなき冬場の快味でありましょう―― そんな、今の季節ならではの「冬蕎麦」の味わいを楽しむために またもお邪魔しま…

新たな年へのカツ入れ

市内の名店「とんかつ玉藤」さんで使える、20%引きのサービス券。 その有効期限が2022年の12月末まで、と言うことで…… みすみすそのチャンスを逃すのは勿体ない! という感じで、同店にお邪魔して その日の夕飯を堪能してきた昨年・12月29日。 …

海で食うなら海のもの

過日、2019年8月25日の遠距離ドライブ行。 当初の目的地だった共和町から、更に足を延ばし…… 昼食は積丹町の「海鮮味処 新生」さんにて、本日限定だと言う “本マグロ中落ち丼”を注文。 中落ちなれども本マグロならではの豊かなコクが 滑らかな舌触り…

海が呼んでいる!(その3)

出先が登別方面でしたので、昼食は「マルカン本間水産・たっちゃん食堂」さんにて 人気の“たっちゃんラーメン”セットメニューを注文。 ミニ海鮮丼、ミニホッキカレーと順調に制覇(笑)してきましたので…… 今回はこちら、ミニネギとろ丼とのセットで頂いてき…

骨まで愛してほしいのよ

夕飯! このたびは水餃子鍋にしてみました。 焼き餃子の香ばしさとは異なる、あっさりした品の良さと ちゅるんと口内に滑りこんでくる皮のなめらかな感触が 食べ進むたびに美味しく、愛おしくなってしまいます。 で、今回の水餃子鍋のスープですが…… 先日、…

鶏を見た、そして食った!

市内在住の妹が、我が家への差し入れにとくれたのは 「コストコ」の人気デリカの一つ“ロティサリーチキン”。 そう、「コストコ」ですよ。 あのアメリカ生まれの、会員制生活品量販店! それだけに、この「ロティサリーチキン」もまた、迫力満点の サイズとビ…

君に薔薇薔薇、僕は豚バラ……と言う感じ

出先での用事を済ませた足で、恵庭・島松の「空海」さんにお邪魔しての昼食。 浦臼産・牡丹蕎麦を用いた手打ち盛り蕎麦の、 一部の隙もない味わいと喉越しに陶然としつつ…… 「空海」さんと言えば、やっぱり外せないのが豚丼。 いつもはロースを注文するんで…

ふっくら煮込みハンバーグ・わが家編

さてと、夕飯―― 冷える今夜は白老牛ハンバーグのビーフシチュー煮込みと、汁物代わりの ミネストローネ(パスタ抜き)の二本柱で。 市販のレトルト・ビーフシチューをソースとして用いることで、 デミグラスの深いコクを家庭で手軽に堪能しちゃおうと言う狙…

熱さは旨さ、そして優しさ

寒さが厳しさを増してくるのと伴い、さながらそれと反比例するかのように…… ツユの熱さともども、種もの蕎麦の旨さがひときわ輝きを増してくるそんな季節。 そんなわけで今日もお邪魔してきました「手打ちそば さくら」千歳店さん。 このたびはこちら、定番…

海辺の町なら海のもの

この日の出先が小樽でしたので、ランチタイムは 南樽市場内の「おたる佐藤食堂」さんにて、こちらの海鮮丼を頂いてくるの巻。 メニューも豊富で、 例えばカレーの旨さなどにも定評があるお店なんですが…… やはり小樽に来たからには 何らかの形でやっぱりサカ…

定番メニューの「堪らん」ソコヂカラ

昼食は恵庭の「北のちゃんぽん屋」さんで―― 注文したのはこちら、定番メニューの“特製ちゃんぽん”。 野菜、肉、魚介に麺…… それらすべての旨味を受け止め、渾然一体となった スープの旨味と それを吸い込んでグラマラスにふやけた麺のぷるぷる食感が堪らない…

「生」を啜ることは「生」きること

とりたてて気張って店を探し回るだけでもなく、ただ普段何気なく通ってる ご近所・近隣の店を取り上げるだけで、自然と「名店紹介」になってしまう…… こと「食」に関する限りは、つくづく嬉しい環境だなあと思いますです。 と、言うもはや恒例の(笑)前置き…

赤身の、うま味

とりたてて気張って店を探し回るでもなく、普段何気なく通ってる 行動圏内の店を取り上げるだけで、自然と「名店紹介」になる…… こと「食」に関する限り、つくづく嬉しい環境だなあと思います。 そんなわけで、このたびは……苫小牧の「喰い処 弐七(にいなな…