遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

それぞれの今

現在好評展開中の「ウルトラ怪獣シリーズ」よりも、大きなサイズとボリュームで

強豪怪獣たちを迫力いっぱいに立体化していこうという「ウルトラ怪獣DX」。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211018003511j:plain

そんな「DX」シリーズのひとつ、『ウルトラマンオーブ』第3話に登場の

水ノ魔王獣・マガジャッパ”君。

 

このたび、「彼」のソフビの二体めを入手することがかないましたので、一体めとは

また違った遊び方をしてみよう、と思い立ち……。

 

 

 

続きを読む

中山峠に「風」が吹く

一枚目の写真を除き、全て中山峠にて。

手軽に持ち歩けるフィギュアがあると、遠出の楽しみが何倍にも膨れ上がります。

 

 

 

キノコの山SOSの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220114j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210825175101j:plain

日に日に、過ぎ行く風も冷たさを増し……

それに伴って、山々の木の葉も美しく色づきはじめるこの季節。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210825175225j:plain

そんな深まりゆく秋でなければ味わえない「旨いもの」があり……

例えば北海道のあちこちに顔を出してきたキノコ類もそのひとつ。

豊富な種類のそれらは、まさしく山からの恵みに他ならない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210825175305j:plain

だが、そんな秋色の山の、平和な佇まいの中で。

今、まさに悪の野望が不気味な胎動を続けていたのであった!

 

 

 

続きを読む

噂のふたり

5年に渡る壮絶ながんとの闘病の中でも、絶えず前向きなメッセージを送り続けながら

2019年に惜しまれつつ世を去った俳優、石田信之氏。

僕のような特撮ファンのテレビっ子的には、どうしても『ミラーマン』の、と言う

そんな形容詞が先に立ってしまう石田氏が、1973年にシングルリリースした

唯一のレコードにおけるカップリング・ナンバー。

 

氏ならではの爽やかさを噛みしめつつ、しばし歌声に浸りたいと思います。

 

 

 

 

焼いて際立つその個性

外出先で楽しくひと仕事(笑)と言う名の古書あさりを終え……

その足で頂く昼食は、我が街・千歳市における焼肉の名店こと

信濃の「冠木門(かぶきもん)」さんにて。

しっかりと丁寧に処理がなされ、官能的な柔らかさと心地よい旨さだけが際立つ

とろけるような牛肉の味わい……

我が千歳市内に焼肉店は数あれども、

「冠木門」さんでなければ味わえない悦楽と言うのはあります。

 

それはもう、間違いなくあります。

で、そんな焼肉をランチではなく、敢えて単品で注文したのは

ひとえにこちらの石焼ビビンパをも同時に注文して楽しみたいがため(笑)。

タレをかけ回し、熱々の器の上で

ご飯と具材・コチュジャンをかき混ぜる……

 

ビビンパの食事は、この「わっさわっさ」の瞬間から既に始まっている(笑)!

見た目の印象以上に辛さは控えめで、むしろ食後の爽やかさが際立つ冷麺まで

しっかり頂いて幸せいっぱい、もちろんお腹もいっぱい(笑)。

ご馳走様でした、今日も美味しかったです!

 

 

 

 

今日のお昼も、おむおむさせて

イタリアン・メニューの充実ぶりに定評のある千歳市内の人気店、

ダイニングカフェ OPA!オーパ)」さん。

拙ブログでは何度もご紹介させて頂き、すっかりお馴染みの(笑)このお店。

このたびはランチタイムにお邪魔して、オムライスを頂いてきました。

焦げ目ひとつなく、ふわふわの美しい焼き色に仕上がった表面に

スッとスプーンを走らせれば……

たちまちのうちに、中からとろりとあふれ出す半熟卵!

何度味わっても堪らず、もうこの段階で既に「視覚が美味しい」んですよね。

この半熟状態ゆえバターライスにもよく絡み、デミグラスソースと相まって

混然一体の境地へと至る官能的な味わいに。

家庭ではなかなかできない匠の技であるからこそ、足しげく通って

何度でも味わいたくなるんですよね。

 

 

 

どこからともなく、気まぐれ風(ポロロン)