遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

とりめし、めしませ

美唄市の名店「しらかば茶屋」さんにて購入した 同店の名物、美唄風とりめし

これにインスタントの吸い物を添えて、 今夜の夕餉一式ってことにしちゃいました(笑)。

鶏の身、皮、内臓などを全て用いる美唄風のスタイルに加えて、

刻みタマネギも一緒に炊き込むことで、ほんのりと優しい甘さが加わり

品の良いとりめしに仕上げるのが「しらかば茶屋」さん流。

ひとくちに「美唄風」と申しましても、お店ごとに様々な味付けの違いや個性などが

如実に出てくる、って言うのは美味しくも楽しいですよね~。もぐもぐ。

 

 

滝川名物はスパイシーに薫る

五月某日。

この日は朝から、滝川市まで菜の花見物に――

天気こそあいにくの空模様でしたが、それを帳消しにしてあまりあるほど

良い目の保養をさせてもらえました。

で、そんな出先の「道の駅たきかわ」にてテイクアウト購入したのが

こちらの“合鴨カツカレー”。

滝川名産である合鴨をメイン具材にしたカレールーの味わい深さ、

さっくり香ばしく揚がったカツの柔らかな歯応え、

道内の米どころたる滝川ならではのライスの旨さ……

それらが渾然一体になり、なおかつ五月の風を肌に感じつつ頂くことで

ぐっと味わい深さが増すのです。むほ。

未知なる敵へテイク・オフ

リサイクル店というやつには、何とも言えぬ独特の魔力があるようで……

たとえ道内のどんな場所に、どんな用事で出かけていても、その看板を見るだけで

フラフラ~ッと引き寄せられて店内に吸い込まれてしまいます(笑)。

そんな中古屋行脚の中、またひとつ入手したアイテムは、1997年リリースの

ウルトラマンダイナ』主力商品の一つにして、バンダイ男児向けブランドの

押しも押されぬ一大レーベル「ポピニカ」の看板を背負ったメカニック玩具、

スーパーGUTSの主戦力こと“ガッツイーグルα号”です。

ただ、安く買えたのはよいのですが、そのぶん機体ダメージも著しかったので

今回はその辺のレタッチついでに、思い切って自分流に遊んじゃいました。

経年劣化で色あせたシールの貼り換えついでにカラーリングを微変更しつつ

手元に余っていたシールを適当に貼ってのお手軽仕様です。

超能力星人の急襲の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227022537j:plain

爽やかな陽気に暖められている北海道の大地。

ここ・千歳市も、清々しい青空の下で平和を満喫中である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427203700j:plain

慌しくもどこか呑気な、千歳の街をそぞろ歩くのは……

毎度お馴染み「宙マンハウス」の住人、落合さん&ビーコンの極楽コンビ。

と言うわけで今回は、まずこの二人にスポットを当ててみるとしよう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227022855j:plain

落合さん「さて、と……これで挨拶回りも一段落ですわね!

 山菜料理も先方の皆様方に喜んで頂けて、本当にようございました」

 

続きを読む

味わうは鶏、美唄の魂(ソウル)

あれこれ所用を済ませたら、既に昼過ぎ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211215012927j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211215012946j:plain

てなわけで……遅めの昼食と早めの夕食を兼ねるかたちで

出先の美唄レストラン 藤観光」さんで頂いてきたのが

こちらの“とりめし&ラーメンセット”。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211215013014j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211215013023j:plain

鶏の身肉から内臓、皮に至るまで全てを使い切り、その旨味を余さず米に吸い込ませた

美唄とりめしならではの濃密な味わいに加え……

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211215013101j:plain

それと対を成す、鶏ガラベースの上品なダシで丼の底まで見える透明度の

すっきり味のラーメンが、とりめしの濃厚さと絶妙の調和を見せる

シンプルながらも隙のない鉄壁の布陣。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211215013136j:plain

美唄に来たら、どうにもコレが恋しくて(笑)。