遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

マジだ魔神だ怪獣だァ! の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904232216j:plain

4月を目前に控え、積もった雪も溶け去って……

外の空気も、優しいぬくもりに満ち溢れつつある今日この頃。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904232305j:plain

北のさいはて・北海道。

ここにようやく、名実ともに春を迎えたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904232322j:plain

ここ・千歳市ほんわか町5丁目の「宙マンハウス」もまた

何時にも増して、のんびり、ゆったりな空気に包まれていた。

 

……のだが。

 

その一方で……

航空防衛隊・千歳基地の動きは、俄かに不穏な慌ただしさを見せていた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426130348j:plain

爆音を響かせ、編隊を組んで、次々に飛び立っていくジェット戦闘機。

その勇壮な飛行っぷりは、「宙マンハウス」の庭先でも容易に見てとれた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429160220j:plain

ピグモン「あっ、防衛隊のヒコーキなの!」

ビーコン「訓練飛行っスかねぇ、いつも精が出るっスね~」

落合さん「でも……それにしては、しょうしょう仰々し過ぎませんかしら?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429165645j:plain

宙マン「うん、それは私もそう感じたよ。

 何て言うのかな……実戦さながらの緊迫感、って言ったらいいかな?」

ビーコン「……うー、経験豊富なアニキが言うと説得力が違うっスねぇ」

落合さん「と言うことは……また、どこかに悪い怪獣が!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904232712j:plain

宙マン「かもしれないね。

 ……気になるんでちょっと様子を見て来る、夕飯までには戻るよ!」

落合さん「あらあら、行ってらっしゃいませ、お殿様!」

ビーコン「(呑気に手を振り)いえっふ~、アニキ、気ぃつけてっス~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904233004j:plain

全速力の宙マン・ダッシュ

自動車をも上回るスピードで駆け抜け、戦闘機隊の向かっていった方角へと

疾風のように突っ走っていく我らがヒーロー。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904232938j:plain

そして、そんな宙マンの向かった先……

郊外の山奥では、今まさに怪獣軍団の悪企みが始まろうとしていたのだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426122119j:plain

イフ「さぁ、今こそ立ち上がれ、怪獣軍団の勇猛なる戦士よ!

 地球を征服し、ワシら怪獣が支配者として君臨する時は今なるぞ!

 行け! 行け、行けーいッ、魔神怪獣コダイゴン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426124850j:plain

ゴゴゴゴ……グラグラグラグラっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904233205j:plain

「ヌオォォォォ……ンッ!!」

 

低い唸り声と共に、地上にその姿を現した巨体……

古代戦士の戦装束を思わせる、武骨なスタイルの大怪獣!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904233241j:plain

怪獣軍団の一員、魔神怪獣コダイゴン。

コダイゴン「蓮根の湖から、ご当地・千歳にはるばる到着ぅ~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904233411j:plain

イフ「うむっ、大儀であるコダイゴン!

 だが到着したてのところ、悪いが……

 お前にはこれから、重要な任務をこなしてもらわねばならん」

コダイゴン「ウォォォン……何を仰いますやら、魔王様。

 蓮根神社で戦さの神として祀られていた拙者、三度の飯より喧嘩好き……

 早く暴れたくて、今からうずうずしておりまする!」

イフ「よしよし、実に頼もしいことよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904233738j:plain

イフ「……では、改めて確認しておくぞ、コダイゴンよ。

 この地球にてお前の為すべき使命、それは……」

コダイゴン「(その言葉を遮って)……むむっ!」

イフ「今度はどうした?」

コダイゴン「あいや。魔王様、少々お待ちを――」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904233858j:plain

「……すぐに、“掃除”を終わらせますゆえ……!」

 

コダイゴンが、ギロッと睨みをきかせた大空……

そこには、今まさに駆けつけてきた戦闘機隊の姿があった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904233929j:plain

「やっぱりいたな、怪獣め……

 ようし、全機で一斉攻撃をかけるぞっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234006j:plain

怪獣めがけ、雨あられと叩きこまれるロケット弾!

だが、武骨で堅牢な甲冑に全身を覆っているコダイゴンの前には

それらの猛攻撃でさえも全く効果をなさない。

 

コダイゴン「ウォォォンっ……この、たわけが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234035j:plain

「ど、どわぁぁぁ~っ!?」

 

げに恐ろしきは、コダイゴンの手先から迸る火炎!

その威力によって、勇戦空しく全滅となった戦闘機隊である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234103j:plain

イフ「ううむっ、見事じゃコダイゴン!

 それでよい――もはや、お前に言うべき事は何もない!」

コダイゴン「ウォォ~ンっ、万事このコダイゴンめにお任せを!

 我が力によって、瞬く間に千歳を全滅させ……」

 

「おおっと待った、そうはさせないぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234223j:plain

コダイゴン「(訝しんで)ムムウッ、何奴!?」

 

不意に響いてきた凛たる声に、慌てて振り返る魔神怪獣。

山道を踏みしめて毅然と歩いてきたのは、もちろん彼だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234246j:plain

コダイゴン「ウォォォンっ、誰かと思えば……」

宙マン「そうとも、ご存知……千歳市民の宙マンだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234328j:plain

宙マン「また何か、物騒なことをしようとしてるみたいじゃないか。

 悪い事は言わないから、やめておくがいい――

 ……どうせ、失敗するに決まってるんだから!

コダイゴン「何っ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234433j:plain

宙マン「ああ、怪獣軍団の好き勝手になどさせないさ。

 私がこうして、この場にいる以上はね!」

コダイゴン「こ……小癪なァァッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234516j:plain

巨体を唸らせ、宙マンめがけて迫るコダイゴン!

 

宙マン「あくまでやる気か!

 ならば、やむを得ん……宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、コダイゴンの前へと舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上! 

 千歳の平和を乱そうとする奴は、私が許さんぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234732p:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234755j:plain

宙マン「いま一度言う、大人しく暗黒星雲に帰れ!」

コダイゴン「ウォォォ~ンっ、聞く耳持つか!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズをとり、決然と身構える宙マン。

さぁ、今日もまたスーパーバトルの幕開けだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234903j:plain

コダイゴン「ウォォォ~ンっ、どの道いつかは仕合わねばならぬ相手。

 さぁ来い宙マン、拙者が捻り潰してくれようぞ!」

宙マン「いいだろう、ならば勝負だ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235019j:plain

真っ向激突、宙マン対コダイゴン!

北海道の原野を舞台に、巨大戦が凄絶なる火花を散らせる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235102j:plain

乱心した戦さ神の猛々しさで宙マンに迫ってくるコダイゴン。

その打撃をかいくぐりながら、宙マンは務めて冷静さを保ちつつ

相手の隙を伺い、果敢に敵の懐へと飛びこんでいく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235142j:plain

コダイゴン「ウォォォ~ンっ、お前の技はそんなものか!?」

宙マン「なんの、だったら……これならどうだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235230j:plain

炸裂、宙マン得意の浴びせ蹴り!

びしっと小気味よい打撃音を立てて、敵に鋭いキックが決まれば

さしもの頑健なコダイゴンも怯み、後退せざるを得ない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235306j:plain

宙マン「どうだ、参ったか!?」

コダイゴン「ウォォォ~ンっ……侮るでないぞ、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235336j:plain

バキィィィッ!

 

無造作に繰り出した、コダイゴンの一撃が宙マンにヒット!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235405j:plain

何しろ超怪力の持ち主だけに……

そんな一発でも、当たればダメージの量が尋常ではない。

更に、コダイゴンの火炎が宙マンに追い打ちをかける!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235430j:plain

「う、うわぁぁぁぁ……っ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162214j:plain

コダイゴンの連続攻撃にダメージを受け、地面に倒れてしまった

我らがヒーロー、宙マン……危うし!

 

コダイゴン「ウォォォ~ンっ……思い知ったか、我が力!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235640j:plain

宙マン「(苦悶)……うう、うっ……!」

コダイゴン「さぁ、約条通りに……捻り潰してくれようぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235729j:plain

「いいや、まだまだ……やられて、たまるかッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235834j:plain

おもむろに、宙マンめがけて火炎を放つコダイゴン!

が、宙マンもまた、とっさにパワー全開――

得意の回転戦法で、ひらり、ひらりとこれをかわしていく。

 

コダイゴン「おのれ……ちょこまかと!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235856j:plain

怒り、更なる火炎噴射で攻めたてるコダイゴン。

だがそれは、宙マン・プロテクションの前に無力化された。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904235921j:plain

コダイゴン「(驚き)な、何とっ!?」

宙マン「さぁ、今度は私がお返しさせてもらう番だな!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210905000007j:plain

コダイゴンの眼前で、大空高くジャンプする宙マン!

空中回転によって勢いをつけ、急降下で繰り出すその技は――

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504110538j:plain

宙マン「テリャァァーっ!

 宙マン・南十字チョップ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210905000102j:plain

両腕を真っ赤に燃え上がらせて放つ、渾身のクロスライン!

正義の南十字チョップが、コダイゴンの急所へ見事に決まった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210905000121j:plain

コダイゴン「ウォォォっ……ざ、残念、無念……!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「ぐぬぬぬっ……またしても宙マンにしてやられたか!

 覚えておれ~ッ、次こそは必ず……!

 怪獣軍団の恐ろしさ、思い知らせてやるぞ~ッ!!」

 

……と、怪獣魔王がいつもの負け惜しみを叫ぶまでが毎度の恒例。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210905000349j:plain

かくして宙マンの活躍により、大怪獣コダイゴンは撃退され……

千歳の山林には再び、平穏なやすらぎが戻ってきたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210905000420j:plain

宙マン「ふぅ、どうやらこれで一件落着、っと。

 ……あぁ、ひと仕事済んだら、お腹がすいちゃったなぁ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210905000457j:plain

そして、そんな宙マンを待ってくれているお昼ごはんは……

落合さん謹製・根菜たっぷりの旨煮が主菜。

ほっこり、しみじみ、心と体が安心する一皿であった。

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210905000529j:plain

平和の春呼ぶ、宙マンパワー

さぁて、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?