遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

素通りできぬ我が性分の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220114j:plain

地球から遥か彼方の暗黒星雲……

そこは、全宇宙のあらゆる場所から来た怪獣・宇宙人らの集う、

いわば全宇宙の悪の総本山である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115252j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115259j:plain

そして、荒くれ者らの頂点に立つ存在として、「怪獣魔王」イフが

強大な超能力と恐怖のもと、絶対の支配者として君臨していた。

 

イフ「怪獣どもよ、よく聞け!

 ワシは汝らの総帥、全宇宙に冠たる怪獣魔王・イフである」

イフ「にっくき宙マンを倒せ! 地球を攻め落とせ!

 新たなる破壊の使者よ、今こそ出撃の時が来たぞ!」

 

今日も配下の怪獣たちへ向けて、怪獣魔王の檄が飛ぶ。

またも恐るべき侵略の魔手が、我らの地球へ向けて伸びるのだ!

イフ「今こそ戦いの幕を上げる時。

 そうだ、そなたらの咆哮とともに、地上を徹底的に蹂躙し

 かの星の支配者として、怪獣が人類にとって代わる時だ!」

イフ「まずは手始めに、北海道千歳市を宙マンもろとも血祭だ!

 ……さぁ出て来い、勇猛なる怪獣軍団の戦士よ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426121441j:plain

またしても迫る巨大な危機。

危うし地球、危うし宙マン!

 

……が、ひとまずそれはそれとして。

毎度おなじみ、宙マンファミリー。

今日はみんなで連れ立って、支笏湖畔へ遊びに来ていたぞ。

 

宙マン「いや~、実に清々しい青空だねぇ!」

落合さん「えぇ、晴れてくれて本当にようございましたわ」

ビーコン「ヒヒヒ、こういうのを行楽日和って言うんスね!」

ピグモン「はうはう~、ピグちゃんウキウキしてきたの~♪」

宙マン「豊かな自然、綺麗な湖水に澄んだ空気……

 そして、そんな環境の中だからこそ、当地の食べ物屋さんで頂く

 いろんな料理の数々も、ひときわ美味しく感じられるってものさ」

ビーコン「そうそう、それそれ、それっスよ!」

ビーコン「チップ漁の解禁こそ、まだもうちょっと先っスけど……

 そんな時期こそ、他の旨い料理屋を開拓するチャンスってもんス。

 近場に欧風カレーの旨い店があるらしいン「スよ、そこどうっスか!?」

落合さん「(苦笑)あらあら、まぁまぁ……。

 本当に「そういう」情報収集はマメで抜かりないんですから、ビーコンさんは!」

ピグモン「はうはう~、ピグちゃんは興味シンシンなの、食べたいの~♪」

 

……と、その時である!

ピカッ、ゴロゴロドドーンっ!

 

宙マン「(ハッとして)!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426230146j:plain

ピグモン「えう~、急にカミナリなんて、ピグちゃんびっくりなの~」

落合さん「このタイミングで、不自然な雷……まさか!」

宙マン「(頷き)……これは何だか、嫌な予感がしてきたぞ」

ビーコン「だーっ! 待った待った待った、タンマっスよアニキ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429165645j:plain

ビーコン「オイラたちゃ、あくまで「遊び」に来たんスから。

 ……だから、ね?

 ここはもう、見なかったことにしてシカト決め込んじまっても

 別に、誰からもとやかく言われる筋合いもないんじゃあ……」

宙マン「んー、まぁ、確かにねぇ。

 私ももう、とっくの昔に現役引退してる身なわけだし……」

ビーコン「ねっねっ、でしょでしょ!?」

 

宙マン「……あァ、ダメだダメだ、やっぱりダメだ。

 黙って見過ごしちゃ、それこそご飯が不味くなる!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211027084723j:plain

落合さん「あっ……ちょっ、お殿様っ!?」

ビーコン「(頭を抱えて)だーっ、アニキのお節介にも参るっス……

 結局は今回も、こうなっちまうんスもんねぇぇ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211029211835j:plain

時ならぬ不自然な……不吉な落雷。

そこに「何か」を感じて、猛ダッシュで現場に急行する宙マン!

 

そして、不幸にも……彼の予感は正しかった。

支笏湖畔における、先ほどの唐突な落雷。

……それは、暗黒星雲の怪獣魔王が、地底で暗躍する配下へと

招集をかける合図だったのである。

 

では、少しだけ時間を巻き戻して……

落雷が地上に直撃したあたりから、もう一度見てみよう。

ピカッ、ゴロゴロドドーンっ!

 

一天、にわかに掻き曇り、地上に炸裂する鋭い落雷。

その噴煙の中から、岩を砕いて恐るべき姿を現したのは!?

ガボガボガァァ~っ!!」

野太い咆哮とともに、地上に這い出てきた一頭の怪獣。

重量級のファットなボディに、イチヂクの実のような鰭……

怪獣軍団の一員、ウラン怪獣ガボラである!

 

イフ「おおっ、ガボラよ、相変わらずやっとるな!」

ガボラガボァァ~、魔王様、今すぐ暴れさせて下さいやし!

 地底でたっぷりエネルギーを蓄え、英気を養い……

 全身にパワーが漲り、すぐにでも暴れたくてムズムズしておりますッ」

イフ「うむ、それでよいのだ、頼もしいヤツよ!」

魔王イフの命を受けて地上に派遣されてきた暴れ者。

怪獣ガボラの使命と目的、それは――

 

ガボラ「(頷き)ズバリ、千歳の徹底破壊!!」

イフ「そう、その通りじゃ!

 有り余るお前のパワー、地球の奴らに見せつけてやれ!」

ガボラ「くぅぅ~っ、それそれ!

 そのご命令を、今か今かと楽しみに待ってやしたぜ!」

ガボラ「千歳破壊、この俺以外に誰が出来るってんです。

 自慢のウラン光線の威力で、街を跡形もない焼け野原に……」

 

「おおっと、そうはさせないぞ!?」

ガボラ「ど、どこのどいつだッ!?」

 

不意に響いてきた凛たる声に、驚いて振り返るガボラ

次の瞬間、華麗な空中回転とともに舞い降りてきたのは……

もちろん、この男だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上!

 もしやと思って来てみれば、やっぱり怪獣軍団の悪企みか!」

ガボラ「ゲゲェーっ、宙マン!?」

宙マン「正義のパワーに恐れをなすのは、そちらの方だと知れ!」

ガボラ「抜かせや、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズをとり、敢然と身構える宙マン。

さぁ、今回もまたビッグファイトの幕開けだ!

ガボラガボガボガァァ~、まずはお前から血祭じゃい!」

宙マン「いいだろう、どこからでもかかって来い!」

ゆっくり間合いを詰めながら、先制攻撃のチャンスを狙う宙マン。

小刻みに頭を振りながら、これまた相手の隙を伺うガボラ

そして、同時に駆け寄って……両者、ついに相打つ!

がっぷり四つに組んでの攻防戦。

宙マンも、ガボラも、お互いの意地にかけて……

大相撲の取組みを彷彿させる、一歩も引かない力比べである。

宙マンの押し出し! ガボラの張り手!

どちらが強いか、小細工抜きのパワフルな激突が続く。

ガボラガボガボガァァ~!

 しぶてェ野郎だ、さっさとやられちまいやがれ!」

宙マン「ふん、そう簡単にはいくものかね!」

幾度にも及ぶ格闘戦、真正面からの力比べ。

両者、再びバッと離れて間合いをとり……

そして、ガボラの次なる一手が、この流れに変化をもたらした。

宙マン「ぬうっ!」

ガボラガボガァァ~、こいつを受けてみやがれ!」

グワッと開いたガボラの口から、勢いよく吐き出されるウラン光線!

凄まじい爆発が巻き起こり、宙マンをよろめかせる。

 

ガボラガボガボガァァ~、隙ありっ!」

ダメ押しとばかりに、ガボラの頭突き一発!

これにはたまらず、大きく吹っ飛び倒れてしまった宙マン。

宙マン「ぐうっ……ううっ!」

ガボラガボガボガァァ~、その首、ねじ切っちゃる!」

とどめを刺すべく、宙マンへのしかかってくるガボラ

今度はスリリングな寝技の攻防戦が展開されていく――

転がり、もみ合い、もつれ合いながらの死闘。

そんな攻防の中で、宙マンは冷静に相手の技を見切り……

敵の力を巧みに受け流しながら、いつしか形勢逆転!

逆に今度はガボラのマウントをとりつつ、怪獣の抑えこみから

見事に脱出を果たしたのであった。

宙マン「はっはっはっ……残念だったな、ガボラよ!」

ガボラ「よ、よくもやりゃがったな……!」

ガボラ「今度こそ、今度こそ黒焦げにしちゃるっ!」

宙マン「おおっと、同じ手を何度も食うか!」

宙マン、ジャンプ一閃!

ガボラのウラン光線を、ひらりとかわして大空に舞いあがる。

ガボラ「(驚き)が、ガボォォツ!?」

宙マン「とどめだ、ガボラ!」

宙マン「エイヤァァーっ!

 宙マン・ミラクル・キック!!

ガボラガボォアアッ……やられちゃったぜ、悔しいぜ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うぐぐぐっ……おのれ、またても宙マンめが!

 だが覚えておれよ、次は、この次こそは……必ずっ!」

 

かくして、我らが宙マンの活躍によって……

大怪獣ガボラは撃退され、千歳の平和は守られたのであった。

宙マン「(ハッとなり)……っと、いかんいかん!

 ポーズなんて決めてる場合じゃなかったよ、早く戻らなきゃ!

 ビーコンたち、今頃カンカンだろうなぁ……(汗)」

 

そうは言いつつ、地域の悪事を黙って素通りできないその性分。

間違いなくそれは宙マンの「よいところ」のひとつでは、あった。

現役を退いたその後も……

こだわり抜くのは、皆の笑顔とこの平和。

がんばれ宙マン、どんと行け!