遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

天国と地獄! 北海の果てにの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226132340j:plain

「空の玄関口」である新千歳空港に対しての「海の玄関口」、

北海道を代表する、港湾・工業都市のひとつ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205011j:plain

それが、『宙マン』シリーズの舞台・千歳市の“おとなりさん”にあたる

胆振総合振興局でも最大の都市規模を誇る苫小牧市である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205039j:plain

今、その苫小牧市の近海において……

誰の目にも触れることもない、凄絶な死闘が繰り広げられていた!

 

と言うわけで、場面は変わり……

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205115p:plain

ここは苫小牧港からほど近い海の中。

陽の光も届かぬ深淵において、死闘を演じるふたつの巨体!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205157j:plain

宙マン「怪獣ナイフヘッド、苫小牧襲撃などはさせんぞ!」

ナイフヘッド「ギョボアァァ~っ、邪魔はさせんのデスよ、宙マン!」

 

片や正義の味方・宙マン、片や怪獣軍団の衝角怪獣ナイフヘッド。

海底で繰り広げられる正邪の凄まじい激突の決着を、苫小牧漁港で

ハラハラ伺っているのは、お馴染みの宙マンファミリーだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205309j:plain

ビーコン「ひぇぇ……ウチのアニキは、大丈夫っスかねぇ!?」

落合さん「今は信じるしかありませんわ、お殿様のお力を。

 ……戦いの行方が見えない分、余計にもどかしいですけれど!」

ピグモン「はわわ……宙マン、宙マン、がんばってなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205346j:plain

そんなファミリーの願いは、冷たい海の底で一人戦う宙マンにも

きっと……いや、間違いなく届いていたに違いない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205512j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205525j:plain

持ち前の凶暴性を全開に、猛然と襲い来るナイフヘッド。

だが、宙マンもまた、鍛え抜かれた超人技でこれと渡り合う。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205549p:plain

死闘! 激闘!

力と技の応酬の果て、勝敗を決したのは正義の必殺技である。

 

宙マン「とどめだ!

 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205745j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、ナイフヘッドを直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205815j:plain

ナイフヘッド「ぎょぎょっ、ギョボァァァッ……

 残念、無念、今度もまた……怪獣軍団、雪辱ならずぅぅ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226205842j:plain

ズガガガァァーンッ!

 

水中における死闘の終わりを告げたのは、不意の爆発音とともに

苫小牧の海上に立ちあがった、巨大な水柱であった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226210015j:plain

ピグモン「ああっ!?(目をパチクリ)」

ビーコン「ど、どっちが……勝ったのは、一体どっちっスか!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226210031j:plain

落合さん「(微笑)ふふっ、そんなの決まってますわ。

 ……ほらっ、お二人とも、あれを見て下さいませ!」

ビーコン「(目を見張り)おおっ、うほほほっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226210104j:plain

おお、見よ!

波しぶきをあげて、勢いよく海から飛び出してきたこの雄姿を。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226210128j:plain

ビーコン「おおっ、やったやった、アニキの勝ちっス!」

落合さん「当然ですわ、私たちのお殿様ですもの!」

ピグモン「はうはう~、やっぱり宙マン、かっこいいの~♪」

 

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226210159j:plain

かくて、海底下の戦いにおいて怪獣ナイフヘッドを退け……

北海道の平和を守った宙マンは、空中回転とともに等身大に戻って

ひらりと苫小牧の漁港へと舞い降りた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429165645j:plain

ビーコン「いえっふ~、アニキ、どうもお疲れ様っした!」

落合さん「お殿様の事ですから、勝つと信じてはおりましたが……

 それでもやはり、今回はハラハラさせられましたわぁ」

宙マン「や~、戦う場所が海底だと、やはり思いのほか手間取ってしまってねぇ。

 ……それもあって、すっかりお腹がすいちゃったよ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226133837j:plain

ピグモン「はわわわ、宙マン、大丈夫?」

宙マン「(苦笑)う~ん、あんまり大丈夫じゃないかもなぁ。

 怪獣は強敵だったし、冬の海は冷えるしで!」

落合さん「あらあら、それではすぐにどこかでお食事に致しましょう」

ビーコン「いえっふ~、急いで店を探すっス~☆」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226211013j:plain

戦い終わって、平和の中で……

ホッと一息、なごやかムード一杯の宙マンファミリー。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115252j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115259j:plain

だが、その一方で、またも自らの野望を阻止された怪獣魔王にとって

この状況が面白かろうはずもなく……。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「う、ぐぬぬぬっ……またしても、またしても宙マンめが!

 このままで、このままで済むと思うなよ~!?」

 

「んふふふ……

まだまだ勝負はこれからですよ、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202133933j:plain

イフ「おおっ、“魔導の”スライ、お前か!

 「これから」……と言うからには、まだ何か打つ手が!?」

スライ「(頷き)既に地球には、ピット星人を派遣しております」

イフ「うむっ……アレをか!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226211417j:plain

暗黒星雲に本拠を置く、怪獣軍団の一員……

「変身怪人」の別名を持つピット星人。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226211448p:plain

彼女らピット星人たちは、潜入した星々の可憐な少女に化けて

敵を油断させる得意の戦法から「怪獣界のマタ・ハリ」として

その技量を讃えられる凄腕の女スパイにして暗殺者なのだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226211513j:plain

スライ「既にピット星人は地球人の少女へと変身し……

 誰にも気づかれることなく、苫小牧市への潜入を果たしております。

 ナイフヘッドを倒し、油断している宙マンの寝首を搔くために!」

イフ「ううむっ、素晴らしい! これは期待できそうだな!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226211549j:plain

スライ「んふふふ、見ていたまえよ宙マン。

 このままグルメレポートだけで、終わらせはしませんともさ!」

 

おお、何ということであろう!?

未だ、苫小牧と宙マンへの危機は去ってはいなかった!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211120024342j:plain

だが、そんな事とは露知らぬ宙マンファミリー。

最近オープンしたばかりながら、評判の良いラーメン屋があると聞きつけ

一路、苫小牧市内の住宅街へと歩を進めていたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226211729j:plain

落合さん「ほら、ごらん下さいませ、あのお店!」

ビーコン「おお~、間違いないっス!

 前に熊澤さんから聞いたのと、同じ屋号っスもんねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226211758j:plain

宙マン「よーし、何はなくともお邪魔しようじゃないか!」

ピグモン「はうはう~、ピグちゃんもお腹ぺっこぺこなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226211823j:plain

3月の寒風の厳しい中、いつまでも外で迷っている暇はない。

ぬくぬくとした店内に入り、注文を済ませて待つこと十数分……。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226211916j:plain

宙マン「おおっ、来た来た、来ましたよ!」

落合さん「ああ、もう、この香りからして堪りませんわよねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226211942j:plain

海底での怪獣戦で冷え切った宙マンを、身も心も温めてくれる――

待ちに待ってた一杯は、こちらの“辛味噌ネギラーメン”。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226212007j:plain

もっちり、しこしこの麺に絡みつく赤味噌のコクと唐辛子のパンチ力、

それらを飽きさせず爽やかに食わせる長葱の清冽なアクセント。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226212035j:plain

宙マン「ん~、美味いねぇ、しみじみ旨いよ!」

ビーコン「たはは、アニキの場合はなおさらっスよね~」

落合さん「ピグモンちゃん、辛めのお味ですけど大丈夫?」

ピグモン「はうはう~、ピグちゃん全然平気なの~♪」

 

と言う感じで、つるつる、もぐもぐ食べ進め……

お腹いっぱい、幸せいっぱいで店を出た宙マンファミリーであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226211729j:plain

宙マン「いや~、旨かった、これは評判になるわけだよ!」

ピグモン「うんうん、ピグちゃんまた食べに来たいの~」

宙マン「勿論だとも、我が家の贔屓の店にしよう!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211120040242j:plain

落合さん「ふう~、やはり冬場の味噌味は暖まりますわねぇ!」

ビーコン「ヒヒヒ、極楽ゴクラクっスねぇ~☆」

 

美味しいラーメンで幸せ気分、和気藹々な宙マンファミリー。

が、その一方で納得がいかないのは……。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226212310j:plain

イフ「おいっ! これは一体……何としたことだ、スライよ。

 宙マンの油断を突いて、ピット星人が仕掛けるのではないのか!?」

スライ「は、ははっ……これはまた、何ともはや……(汗)」

 

結論から先に言おう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226212349j:plain

地球人の少女に化け、苫小牧市内への潜入を果たしていたピット星人は

“魔導の”スライからの指令のもと、宙マンたちが目指すラーメン屋へと

先回りしたうえで、宙マンをちゃんと待ち受けていたのである――

 

……ただ、若干そのタイミングが悪かったと言うだけの話で。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226212426j:plain

「う~ん、むにゃむにゃ……もう、おなかいっぱい……」

「(苦笑)もしもし、お客さん……風邪、ひきますよ?」

「(こっくり居眠り、夢の中)……Zzz……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226212513j:plain

イフ「(思わずズッコケ)……っがー、ピット星人め、あの大たわけがっ!

 と言うかスライよ、これはそもそもお前の任命責任問題……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211203112854j:plain

スライ「(こっそり逃げ出し)……私、知~らない、っと!

イフ「だーっ、コラ待てスライっ! 待たんかっ!!(プンスカ)」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226212843j:plain

北の寒風にも、悪の魔手にも……

宙マンファミリーの、元気の火は消せず。

だから勿論、次回も大活躍だよ~!