遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

行くぞ待ってろ生しらすの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827222611j:plain

ポカポカと温暖な気候、そして好天にも恵まれ……

日本全国津々浦々、まさに絶好のレジャー日和といったところ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827222712j:plain

ここ、北海道においても、それは例外ではない――

と言うわけで今回の『宙マン』は、後志総合振興局管内にある

海辺の町、寿都(すっつ)郡寿都町から物語を始めよう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827222835j:plain

みくるん「は~い、スマイル、スマイル!

 いいですか皆さん、撮りますよぉ~っ!」

ながもん「にっこり、笑って……セイ・チーズ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827222919j:plain

パ シ ャ リ っ !

 

 ピグモン「はうはう~。 みくるんちゃん、記念撮影ありがとうなの~」

落合さん「おかげさまで、よい遠出の記念になりましたわ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701232037j:plain

みくるん「うふふ。どういたしまして♪」

ながもん「でも……私たちの、目的達成は……まだ、これから」

ビーコン「いえっふ~、そうそう! 

 写真だけ撮りに、わざわざ寿都まで来たわけじゃないっスよ――」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827223227j:plain

日本海に面し、古くから漁業が盛んな寿都町

そんな寿都町の名産と言えば、何といっても牡蠣であるが……

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827223253j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827223310j:plain

牡蠣と同様に人気の高い食材が、4月下旬から5月下旬までと言う

ごく限られた期間にしか味わう事の出来ない、産地ならではの

鮮度抜群な「生しらす」なのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827223339j:plain

とにかく「足が早」く、鮮度が落ちやすい食材であるため……

道内においては、この寿都町でしか食べられないのである。

 

落合さん「期間限定、そして産地限定……」

ビーコン「ダブル希少価値となりゃ、俄然食いたくなるっスよねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508161058j:plain

ながもん「この時期、ならではの……旨味……じゅるりっ」

みくるん「シーズンが終わる前に、一度は食べておきたいですよねぇ~」

宙マン「ああ、私も実に楽しみだよ。

 ただでさえ、寿都しらすは美味しさに定評があると――」

 

と、ここで……

ウキウキ嬉しそうな宙マンの言葉が、不意にぴたりと止まった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827223552j:plain

宙マン「(怪訝な表情)……むむっ」

 

落合さん「あら、お殿様、どうかなさいまして?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429165645j:plain

宙マン「済まない、みんな、ちょっと待っててくれるかな。

 何だか気になることが出来たんで、確かめてくるよ」

落合さん「は? 気になること、と申しますと……」

ビーコン「……って言うか、今からっスか、アニキ!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827223741j:plain

宙マン「すぐ戻るから、ちょっとだけ……済まないっ!」

落合さん「あらあらまぁまぁ……お殿様っ!?」

みくるん「きゅ、急にどうしたんですかぁ? 宙マンさ~んっ!」

ビーコン「アニキ~! ちょっ、アニキ~っ!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827223907j:plain

かくして皆と別れ……

一人、別の方向へとダッシュしていく宙マン。

 

彼が急に「気になった」ことと言うのは、一体何であろう?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827223933j:plain

そう、彼の「気になること」は他でもない。

「歴戦のヒーローとしての勘」で、不穏な気配を察知した宙マンは

いてもたってもいられず、それを調べに向かったのである。

 

そして、そんな宙マンの懸念を裏付けるかのように……!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827223953j:plain

「ぎょほほほほ~んっ!」

不気味な海面の泡立ちとともに、波しぶきをあげて出現!

寿都湾から姿を現し、のっそりと海岸の岩場へと上陸してきたのは

怪獣軍団の一員、電撃怪獣エレキングである。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827224034j:plain

エレキング「ぎょほほぉぉ~んっ、魔王様、偉大なる怪獣魔王様!

 不肖エレキング、ただいま目的地の寿都に到着致しました!」

イフ「うむっ、ご苦労、エレキング!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426130014j:plain

イフ「では、到着早々ではあるが……

 お前には直ちに、作戦行動にかかってもらわねばならん。

 分かっていような、それは即ち――」

エレキング「ぎょほほぉぉ~んっ! しち面倒臭い話はナシですぜ、魔王様」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827224556j:plain

エレキング「要はアレでしょ?

 この俺の力で、手当たり次第にブッ壊せばいいんでしょ!?」

イフ「(頷き)大した鼻息だな、エレキング。……大いに結構、それでよい!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827224652j:plain

イフ「地球侵略の前線基地を、寿都に築くための下準備。

 そのためにこそ、お前の力による徹底破壊が必要なのだ」

エレキング「お任せ下さい魔王様、ブッ壊しならお手の物です!

 こんな辺鄙な田舎町、ものの10分とかからずに――」

 

「おおっと、そうは問屋が卸さんぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827224835j:plain

エレキング「(ハッとなり)むむっ! 誰だ、誰でぇ!?」

 

凛として響いてきた声に、驚いて振り返るエレキング

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

華麗なる空中回転と共に舞い降りてきたのは……

もちろんスーパーヒーロー、我らの宙マンだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827224951j:plain

エレキング「(驚愕)げげぇっ、お、お前は!?」

宙マン「ああ、そうだとも、宙マンだ!

 現役引退の身だが、まだまだ正義に味方する気はあるぞ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225036j:plain

宙マン「全く、どこでも懲りずに悪企みばかりして……

 おちおちゆっくり、生しらす丼の味も楽しめやしない!」

エレキング「んぁ? 生しらす……が、どうしたって?」

宙マン「ああ、いや……何でもない。こっちの話だ(赤面)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225212j:plain

真っ向激突、宙マン対エレキング

美しい寿都湾を背景に、両者の死闘がダイナミックに展開される。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225247j:plain

かの「怪獣星」における決闘三昧の日々で、勇名を轟かせていた

名うての喧嘩好きだけのことはあって、宙マンに襲いかかってくる

エレキングの攻撃スタイルは、パワーに物を言わせた突進戦法。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225314j:plain

だが、そんな力任せの猛攻に怯むヒーローではない。

宙マンは長年の経験を通じて磨き抜かれた判断力とテクニックで

冷静に相手の攻撃をかわし、果敢に反撃へと転じていく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225343j:plain

パンチ、パンチ、嵐のような連打!

軽快なフットワークと相まって繰り出させる、宙マン・鋼の鉄拳が

エレキングのボディへと次々にぶち当たっていく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225426j:plain

宙マン「それそれ、どうだッ――まだ参らないか、これでもか!」

エレキング「ぎょほほほ……エレキング様を、なめんなよ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225511j:plain

エレキング、怒りの猛突進――

メガトン級の殺人頭突きが、宙マンを大きく弾き飛ばした!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225533j:plain

「う、うわぁぁぁぁ……っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504101415j:plain

イフ「ぬふふふ……いいぞ、エレキングよ、その調子だ!

 邪魔な宙マンなど、そのまま一気に捻り潰してしまえ――

 そして覚悟するがいい宙マン、この寿都が貴様の墓場だ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225715j:plain

宙マン「(苦悶)うう……うっ!」

エレキング「ぎょほほぉぉ~んっ、悪く思うなよ、宙マン!

 魔王様のご命令だ、お前の命(タマ)、ここで頂くぜィ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225754j:plain

とどめを刺さんと、勢いよくのしかかってくるエレキング

そうはさせじと、宙マンも応戦。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225820j:plain

両者、激しく地面を転がり、もつれ……

マウントポジションを取り合う、泥臭い攻防が展開される。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827225842j:plain

エレキング「ぎょほほほ、首の骨ェ、へし折ってやる!」

宙マン「なんの! そうはいくか――」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

宙マン「ああ、そうとも……負けて、たまる、かぁぁっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827230039j:plain

パワー全開、起死回生の宙マン・リフター!

豪快な投げ技で、大怪獣の体を岩場に叩きつけたところへ――

 

宙マン「とどめだ! 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720181604j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、エレキングを直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210828110254j:plain

エレキング「ぎょホぁっ……な、何たるスパイシーな一撃ぃぃ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「ぬうううっ……おのれ、またしても宙マンめが!

 よくも、このワシと怪獣軍団の顔に泥を塗ってくれたな。

 だが忘れるな……ワシらはあくまで、地球征服を諦めぬ決意だ!

 よいか宙マン! 覚えておれ、覚えておれよ……!」

 

……などと言う、いつもの負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827230645j:plain

我らが宙マンの活躍により、寿都を急襲した電撃怪獣エレキング

見事に撃退され、のどかな港町の平和は保たれたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827230730j:plain

そして、戦いを終えた宙マンは……

勝利の余韻を味わうのもそこそこに、慌てて仲間たちの待っている

「かき小屋」の店舗前へと戻ったのであった。

 

ピグモン「あっ、宙マンが帰ってきたの!」

ビーコン「ンモー、アニキ、一体どこで油売ってたんスかぁ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210503231922j:plain

宙マン「や、申し訳ない、みんな。

 話せば長くなるんで、その辺のことは後回しにして……

 それより生しらす、私たちの注文は間に合ったかな!?」

落合さん「ご安心ください、お殿様。

 私たちの分、ちゃーんとあるとのことですわよ!」

 

そう!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827230945j:plain

宙マンがこの日味わうべきは、怪獣バトルの余韻などではなくて

透き通った身も美しい、新鮮そのものの生しらす丼。

 

宙マン「ああ、これこれ……これなんだよ!」

ながもん「おお、宙マン……すごい……感激、っぷり」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827231059j:plain

生臭みもなく、その体色以上に透き通って鮮烈な味わいの

生しらすの瑞々しい生命力が、薬味醤油や卵黄と渾然一体になって

躍るように口中へ滑りこんでくる快感――

 

それはさながら、戦いで沸き立った宙マンの血潮を優しく鎮めつつ

全身に爽やかな初夏の海風を吹き渡らせるかのようであった。

 

宙マン「ふぅ~、ご馳走様でした、満足満足!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210826221024j:plain

ピグモン「でも、これでまた一年、生しらすはおあずけなの~」

落合さん「足の早い食材ですから……仕方ありませんわね」

みくるん「来年また……きっと、みんなで食べにきましょうね!」

宙マン「(頷き)ああ、勿論だとも!」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827231309j:plain

北海道にも初夏の風……

そしてますます、元気いっぱいの宙マン。

次回もまた、地域の平和は任せたぞ!