遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

ボーンブレスターは死に神の武器の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106144510j:plain

北海道千歳市・ほんわか町5丁目……

毎度おなじみ「宙マンハウス」から、今日も物語は始まる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106144824j:plain

「お~い、落合さん、落合さ~ん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106144857j:plain

やって来たのはお馴染みの顔、電波怪獣ビーコン。

さぁて、今回は……どんな話になるのかな?

 

落合さん「あら、どうしました? ビーコンさん」

ビーコン「いや~、落合さん、今日も一段と冷えるっスねぇ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106145018j:plain

落合さん「まぁ、それは……この季節ですものねぇ」

ビーコン「だからこそね、オイラ……

 風邪ひかないように、あったくするのがいいと思うんスよ」

落合さん「えぇ、賢明な御判断ですわ」

ビーコン「いえっふ~、お互いの意見がめでたく一致っスね!

 そんじゃ、身も心も温まるようにレッツ・同衾っスよ~☆」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106145137j:plain

ビーコン「ハンニャラ、ヒ~っ……」

落合さん「ねーい、のっけから何という世迷言ですかっ!(赤面)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427212336j:plain

ビーコン「いやいや~、ここ数年の不景気と財政緊縮の折……

 暖房費だってタダじゃねーし、切り詰めてかかんないとっスよ~。

 その点、オイラと落合さんが抱き合えばタダっスよ、タ・ダ!」

落合さん「よして下さいな、お金を積まれてもお断りですわ!」

ビーコン「ヒヒヒ、オイラと落合さんの仲じゃないっスか♪」

落合さん「よして下さい、人聞きの悪いっ!」

 

と、まぁ、「いつも通り」の極楽コンビなわけである。

だが――その時!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427212641j:plain

ゴゴゴゴ……グラグラグラグラっ!

 

ビーコン「(狼狽)お、おろろろろろっ!?」

落合さん「あらまぁ、何でしょう、この揺れ方!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426124810j:plain

大地を割り、次々と出現する大怪獣……

良くも悪くも、それがここ・北海道千歳市「日常」となって既に久しい。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426124850j:plain

「何だかイヤな予感」は、不幸にも的中し……

今日もまた大怪獣が、地鳴りとともに巨大な姿を現した!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106145610j:plain

「グォボボボぉぉ~ンっ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106120152j:plain

落合さん「あらまぁ、やっぱり大怪獣!」

ビーコン「う~ん……

 慣れつつあるオイラたちも、どうかと思うっスけどねぇ!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106150134j:plain

グルジオボーン「グォボボボ~、つーかよぉ……

 放っといたら、ただ延々と実のない二人のヨタ話だけで

 一話ぶん終わっちまいそうだったんで、な!」

落合さん「う~ん、何て的確な状況分析でしょう!」

ビーコン「感心するとこ、ソコじゃないっしょ!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106150235j:plain

グルジオボーン「と言うわけで、ここからは俺のターン……

 思いっきりド派手に暴れての、ブッ壊しシーンに突入だぜェ。

 でねぇと、読者さんも納得しねぇだろうからな~!?(ニヤニヤ)」

ビーコン「どひ~っ、何て嫌なユーザーフレンドリーっスか!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426130014j:plain

イフ「御託はもうよい、思い切り暴れろグルジオボーン!

 お前の力がいかほどか、このワシにしかと見せてみよ!」

グルジオボーン「グォボボボ~、お任せ下さい、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106150556j:plain

怪獣魔王の命を受け、猛然と進撃開始するグルジオボーン!

迫り来る巨体を前に、人々は逃げ惑うより他に術がない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106150627j:plain

落合さん「あぁもう、この寒い中を全力疾走だなんて!」

ビーコン「全くもう、色々たまんないっスよねぇ!(汗)」

 

怪獣グルジオボーンの出現により、千歳はまたまた大騒ぎ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106150724j:plain

だが、こんな緊急事態を、航空防衛隊は放置などしない。

直ちに空の精鋭が、怪獣攻撃用の戦闘機でスクランブル!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106150901j:plain

落合さん「ああっ、毎度ながらいいところで来て下さいました!」

ビーコン「頼んだっスよ~、防衛隊!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106150942j:plain

「ようし……全機、怪獣への一斉攻撃開始っ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106151008j:plain

激しいアタックをかける戦闘機隊!

持てる火力の全てが、怒濤のごとく火炎骨獣へ叩きこまれる。

……が、全くびくともしないグルジオボーン!

 

グルジオボーン「グォボボボ~、懲りねぇ奴らだぜ、無駄だっての!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106151050j:plain

「……ど、どわぁぁぁ~っ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106151111p:plain

グルジオボーンの口から吐き出される、百万度もの高熱火炎……

恐るべき威力の“ボーンブレスター”!

その洗礼を受け、一機、また一機と撃ち落されていく戦闘機。

 

ビーコン「どひ~、やられちまったっス!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106151224j:plain

落合さん「う~ん、これは怪獣様がお強すぎるからなのか……」

ビーコン「もしくは、防衛隊が弱(すぎ)……」

 

グルジオボーン「(ニヤリ)グォボボボ、呑気に感想述べてる場合かよォ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106151330j:plain

勢いに乗り、ボーンブレスターを吐き散らす火炎骨獣。

その威力で、平和な街がみるみる炎の渦巻く地獄絵図に!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106151421j:plain

グルジオボーン「グォボボボ~、どんなもんだ~いっ!」

ビーコン「どひ~っ、アイツ、すっかり得意になってやがるっス!」

 

ああ、千歳市、絶体絶命の大ピンチ――

だが、その時、宙マンとピグモン日課の散歩から帰ってきた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106151607j:plain

ピグモン「はうはう~、ただいまなの~」

宙マン「何だか騒がしいねぇ、一体どうしたって言うんだい?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106151624j:plain

落合さん「ああっ、お殿様、よいところへお帰りに!

 実はですね、かくかくしかじかで……(超速説明)」

宙マン「(超速納得)ようし、分かった!

 さぁ行くぞ! 宙マン・ファイト・ゴー!!」 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426232617j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

さぁ、今日もまた正義の味方のお出ましだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426232808j:plain

ビーコン「いよっ! 出たっス、アニキの十八番!」

落合さん「今日もまたまた、お見事に決まりましたわねぇ!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、がんばってなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106151856j:plain

グルジオボーン「グォボボボ~、出たな、宙マン!

 この何でもない冬の日が、お前の命日になるんだぜよ!」

宙マン「おおっと、悪いがその提案には乗れないねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106151951j:plain

宙マン「さぁ来いっ、怪獣め!」

グルジオボーン「グォボボボ~ン、思い知らせてやるぜ、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152021j:plain

真っ向激突、宙マン対グルジオボーン。

落合さんたちが見守る中、巨大戦は一気にヒートアップ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152047j:plain

秘められたパワーを全開に、接近戦を挑んでくるグルジオボーン。

単純な力比べだけでは、流石の宙マンも苦戦は免れない――

が、だからと言って、そこで怯むようなヒーローではない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152116j:plain

敵の猛攻を冷静に見切り、軽快なステップでかわしながら……

宙マンもまた、怯むことなく接近戦を挑んでいく。

そして鋭い正面蹴りが、火炎骨獣の腹部へと炸裂した!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152138j:plain

グルジオボーン「(思わず咳こみ)ぐ、ぐふぅぅっ……」

宙マン「どうだ、グルジオボーン!

  正義の宙マン・パワーの威力、文字通り「骨身」に沁みたかな!?」

グルジオボーン「……グォボボボ、調子に乗るな~ッ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152257j:plain

ズ、ズーンっ!

 

宙マン「う、うおぉぉぉぉっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152343j:plain

炸裂、グルジオボーンのメガトン頭突き!

その直撃に大きく吹っ飛ばされ、地面に叩きつけられる宙マン。

 

ピグモン「ああんっ……ちゅ、宙マン!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429162343j:plain

ビーコン「シャクだけど……結構効いてるっスよ、今の攻撃!」

落合さん「あら嫌だ……

 ちょっと張り切り過ぎじゃございませんこと、あの怪獣さん!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152531p:plain

スライ「んー、ふふふ……えぇ、そうですとも、その通りっ!」

イフ「その調子で攻めまくるのだ、頑張れグルジオボーン!

 宙マンを倒し、千歳の街を制圧したその暁には……

 特別賞与は勿論、大幹部にもとりたててやろうぞ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152627j:plain

宙マン「(苦悶)うう……うっ……!」

グルジオボーン「どぉれ、宙マン、黒焦げになってもらうかぁ……!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

「いいや、まだまだ……負けて、たまるかっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152737j:plain

恐怖のボーンブレスター、一閃!

だが宙マンは、その火炎をひらりとジャンプでかわして大空へ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152757j:plain

グルジオボーン「(目をパチクリ)う、うおおっ!?」

宙マン「行くぞ、怪獣!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152821j:plain

宙マン「受けてみろ!

 宙マン・ヘッドビーム!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152905p:plain

宙マンの闘志そのもののような、真っ赤に輝く破壊光線……

ヘッドビームの一閃が、グルジオボーンを直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106152933j:plain

グルジオボーン「ぐ、がぁぁぁっ……これはタマラ~ンっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

ヘッドビームの一閃で、見事にグルジオボーンを降した宙マン。

華麗なる空中回転とともに、その巨体が着地を決めた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106153224j:plain

ズ、ズーンっ!!

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429164706j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429164715j:plain

ビーコン「っしゃあ!!」

ピグモン「さっすが宙マンなの、やっぱり頼りになるの~♪」

落合さん「お見事でしたわ、お殿様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「ぐぬぬぬ……おのれ、おのれ宙マンめが!

 またしても、ワシら怪獣軍団の行く手を阻みおって。

 にっくき奴め、次こそは思い知らせてくれるわ……!」

 

……などと言う、毎度の負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106153433j:plain

かくして今日も、我らが宙マンの活躍により……

火炎骨獣グルジオボーンは撃退され、千歳の平和は守られたのであった。

 

ピグモン「はうはう~、宙マン、おつかれさまなの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106153536j:plain

宙マン「いやぁ、みんな――お待たせ、お待たせ!」

落合さん「流石はお殿様、魂が熱くなってくるファイトっぷりでしたわ」

ビーコン「でも、その反動で……

 怪獣退治が終わってみると、余計寒さが身に沁みないっスか?」

落合さん「ええ、そう言われてみれば確かに……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106120152j:plain

ビーコン「いえっふ~、お互いの意見がめでたく一致っスね!

 そんじゃ、身も心も温まるようにレッツ・同衾っスよ~☆」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218105137j:plain

落合さん「ねーいっ! しつこいですわよ、このエロ怪獣っ!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、すげぇ自然な流れだったのにぃぃ~っ」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218100042j:plain

北海道の空の玄関、千歳市に……

今日も輝く、正義の星ひとつ。

次回も頼むぞ、我らが宙マン!