遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

猿人殺法の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220114j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829155237j:plain

永遠に続くかのようだった、あの銀世界も今やいずこ……

4月の雪溶けとともに、北海道民もようやく春を実感できる時がきた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427203700j:plain

お馴染み、千歳市ほんわか町5丁目の「宙マンハウス」。

その住人である宙マンファミリーの面々も、待ちに待った北国の春

うららかな日々を、心ゆくまで満喫しているところなのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829155611j:plain

そんなわけで、今回の『宙マン』は……

四月の陽光に暖められた、「宙マンハウス」の庭先から物語を始めよう。

 

 宙マン「おや、ピグモンはどこへ行ったかな?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829155710j:plain

落合さん「先程、みくるん様やながもん様と一緒に遊びに出かけましたよ。

 何でも季節の花を見に、ママチ川のほとりまで行くのだそうで……」

宙マン「ほほう、そりゃまた風流だねェ」

落合さん「うふふ、春ですもの。じっとしてなどいられませんわよねぇ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829155811j:plain

ビーコン「フヒヒ、そうそう、じっとしてなんていられないっスよね!

 てなわけで落合さん、さっそくオイラたちも元気いっぱいにズンパコ……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829155847j:plain

落合さん「ねーいっ、のっけから何です、このお下劣怪獣っ!(怒)」

ビーコン「ハンニャラ、ヒ~っ……そりゃないっスよ、落合さぁ~ん。

 オイラはただ、新年度の幕開けに相応しい遊びを、って思って……」

落合さん「んーまっ、いけしゃあしゃあとッ。

 どうせ遊ぶのなら、ピグモンちゃんたちの健全さを見習ってですね……」

 

「ふぇぇん……宙マンさん、宙マンさ~んっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220302j:plain

……と、噂をすれば何とやら。

慌てて駆けこんできたのは、まさにそのピグモン、みくるん、ながもんではないか。

 

宙マン「やぁ、みんな、こんにちは!」

落合さん「随分お早いお帰りでしたわね、何かありましえt?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220646j:plain

ピグモン「はわわわ……あ、あったなんてモンじゃないの~!(汗)」

ビーコン「……うげ、マジっスか!?」

宙マン「……熊の足跡でも見つけたかね?」

ながもん「(首を振り)それより、もっと……凄いもの」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701221436j:plain

みくるん「(頷き)……へ、変なオジサンが出たんですぅ~!!」

落合さん「変なオジサン、ですって!?」

ビーコン「……ちょ、落合さぁん! 

 なんで今、ちらっとオイラの方見たっスか!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829160656j:plain

ピグモンたちの語る「変なオジサン」――

近所では見慣れぬ毛むくじゃらの怪人物が、突如ママチ川のほとりに現われ

遊んでいた彼女らを、強引にその場から追い返してしまったのだ、と言う。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701221623j:plain

落合さん「あらあら、不審者ですか……怖いですわねぇ。

 ウチのビーコンさんだけでも、ほとほと手を焼いておりますのに……」

ビーコン「……だからぁ、なんでソコでオイラに振るんスかぁ!?(汗)」

宙マン「とにかく、放ってはおけない案件だね!」

 

ピグモンたちからの報告を受け、俄かに緊張が高まる「宙マンハウス」。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829160909j:plain

そしてこちらは、問題のママチ川流域。

よくよく目を凝らしてみれば……

おおっと、確かにいたぞ、毛むくじゃらの怪人が。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829160934j:plain

「ウギッ、ウギギギギーッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161004j:plain

黄金色の毛に全身が覆われた宇宙猿人・ゴーロン。

言うまでもなく彼もまた、暗黒星雲から送りこまれた怪獣軍団の使者なのだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161110j:plain

イフ「しっかり頼むぞ、ゴーロン!

 お前が確保しているその場所は、これから怪獣軍団の前線基地が建設されて

 地球侵略の拠点となる最重要ポイントだ……

 ゆえに誰一人として、その場所に足を踏み入れさせてはならんぞ!」

ゴーロン「ウギギギっ、お任せを、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161212j:plain

ゴーロン「この土地は既に、怪獣軍団の手中に落ちたも同じ……

 前線基地が築かれるまで、誰も寄せ付けやしませんとも!」

 

「……いいや、そうはさせないぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161313j:plain

ゴーロン「(驚き)!?」

 

突如として、凛とした声がママチ川の流域に響き渡る。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161352j:plain

不意の気配に、ぎょっとしてゴーロンが振り返ると、そこにいたのは……

勿論、正義と真実の人・宙マンだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上!

 宇宙猿人ゴーロン……いや、暗黒星雲の怪獣軍団よ。

 お前たちの悪企みは、この耳で確かに聞かせてもらったぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161523j:plain

宙マン「この川沿いは、市民みんなのいこいの場所だ。

 お前たち悪党の好き勝手にはさせん、即刻立ち去るがいい!」

ゴーロン「しゃらくさいぜ、返り討ちだぁ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161623j:plain

宙マン「あくまでやる気か……ならば、やむを得ん!」

ゴーロン「ウギギギ~、行くぞ宙マン! 勝負だァ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161715j:plain

激突、宙マン対ゴーロン!

さらさらと流れるママチ川のほとりで、今日もスーパーバトルの幕が開いた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161739j:plain

数多い侵略宇宙人の中でも屈指と言われる、気性の荒さと腕力の強さ……

持ち前の野獣性を全開にして襲いかかるゴーロンの怪力殺法を前にして、

宙マンもまた磨き抜かれた格闘技によって真っ向から渡り合う。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161830j:plain

ゴーロン「ウギギギ! その首の骨、ボキっとへし折ってやるぜ!」

宙マン「そうはいかんぞ、私は負けない!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161906j:plain

どんな強敵を前にしても、決して衰えない宙マンのファイト。

が、腕力にものを言わせ、しゃにむに突き進んでくるゴーロンの強引さには

さしものヒーローも、じりじり後退を余儀なくされてしまう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829161950j:plain

ゴーロン「ウギギギ~っ、どうだ、これでもか!」

宙マン「う、うわっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162024j:plain

遂に、ゴーロンの腕力に押し切られ――

足がもつれて、その場の地面に倒れこんでしまう宙マン!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162106j:plain

宙マン「(呻いて)……くっ!」

ゴーロン「ウギギ~、俺の勝ちだな宙マン! 死ね死ねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162151j:plain

倒れた宙マンにとどめを刺さんと、勢いよくのしかかってくるゴーロン!

そうはさせじと、宙マンも応戦。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162214j:plain

両者、激しく地面を転がり、もつれ合い……

マウントポジションを取り合う中、一足先に立ちあがったのは宙マンの方であった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162237j:plain

ゴーロン「(慌てて)ウ、ウギギっ!?」

宙マン「もらった!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162311j:plain

立ち上がろうとした猿人の顔面めがけて、宙マンのパンチが炸裂。

鼻の頭に強烈な一打を食らい、ふっとび倒れるゴーロン――

そこに生じた隙を突いて、すかさずジャンプで大空に舞い上がる宙マン!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162358j:plain

「セイヤァァーッ! 宙マン・チョップ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162445j:plain

落下速度を利用した宙マンの必殺チョップ……

文字通りの「手刀」が、ゴーロンの脳天を叩き割るように炸裂!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162513j:plain

ゴーロン「(目を回して)……こ、コリャ効いたぁぁ~っ!……」

これにはたまらず、ゴロンと倒れて悶絶してしまった宇宙猿人である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162538j:plain

宙マン「ようし……これにて一件落着、っと!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「おのれ宙マン、どこまで……

 どこまで邪魔をして、どこまでワシに恥をかかせれば気が済むのか!?

 見ておれ、この次こそは見ておれよ……!!」

 

かくして、宙マンの活躍により……

怪獣軍団の秘密基地建設計画は、ゴーロンの敗退とともに潰え去った。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829162729j:plain

そしてママチ川の流域は、再び千歳市民の憩いの場に戻ったのであった。

おお、そんな宙マンの勝利を讃えるかのように……

聞こえてくるのは川のせせらぎと小鳥の声、そして子どもたちの笑い声である。

 

みくるん「うふふ、宙マンさん、お疲れ様でしたぁ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210826221024j:plain

ながもん「これで、また……安心して……川沿いを、歩ける」

ピグモン「はうはう~、みんな宙マンのおかげなの~」

宙マン「はっはっはっ、そう言ってもらえると私も嬉しいよ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829163009j:plain

宙マン「これからはまた安心して、みんなで元気に遊んでおくれ!」

みくるん「はいっ♪」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210829163057j:plain

みんなの笑顔のため、ただ一輪の花のため……

宙マンは、今日も正義の命を燃やす。

さて、次回はどんな冒険が待っているのかな?