遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

お花見会場を奪還せよの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220114j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827212752j:plain

本州における開花宣言から、遅れること一か月と少し……

ここ・北海道千歳市においても、ようやく大々的に桜の花が咲き出していた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827212844j:plain

街のそこかしこで眩しく咲き乱れ、人々の目を楽しませてくれる美しい花。

そんな桜並木を見ていると、自然にみんなの心もうきうき沸き立ってくるもので

こうなるともう、どうにもじっとしてなどはいられない。

 

と、言うわけで。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426221322j:plain

毎度お馴染み「宙マンハウス」の住人たちの思考と行動もまた、

この時期ならではのお花見モード一択なのであった。

 

 宙マン「さぁ、みんな――今年もまた、五月恒例のお花見だよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827213030j:plain

ピグモン「はうはう~、お花見お花見、ピグちゃんお花見だいすきなの~♪」

ビーコン「みんなで集まって、今年もパーッとやるっスよ!」

宙マン「と言うわけで、落合さん。準備はいいかな!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827213130j:plain

落合さん「えぇ、お殿様、抜かりはございませんわ――

 今年も美味しい御馳走で、皆さまの下をとろかして差し上げます!」

ビーコン「おおう、さすがっスねぇ、落合さん!」

落合さん「ふふふっ、それはもう、メイドの腕の見せ所ですもの♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827213228j:plain

宙マン「はっはっはっ、相変わらず頼もしいね~、落合さん。

 ようし、それじゃ、そろそろ行こうか!」

落合さん「はいっ、お殿様♪」

 

……だが、ちょうどその時である!

 f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827213452j:plain

「おぉ~いっ、宙マンさん、宙マンさ~んっ!」

 

息せき切って駆け込んできたのは、宙マンたちのご近所さん……

千歳市内で農業を営んでいる熊澤さんであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428213603j:plain

ピグモン「あ、熊澤のおじさん、こんにちはなの~」

宙マン「ちょうど今から、お迎えに行こうと思ってたところなんですよ。

 そちらから来てもらえたとは好都合だ、このまま一緒に会場まで……」

熊澤さん「そう、それそれ。

 ……その会場が大変なんだ、とてもお花見どころじゃないよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428214024j:plain

ビーコン「えぇっ、マジっスかぁ!?」

落合さん「それはないですわねぇ、せっかく準備万端ととのったところでしたのに……」

宙マン「詳しい事情を聴かせてもらえますね? 熊澤さん」

熊澤さん「(頷き)そのつもりで来たんだよ、実はかくかくしかじかで……」

 

熊澤さんが、宙マンたちに語って聞かせた「大変なこと」。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827213857j:plain

宙マンファミリーをはじめ、多くの人々がお花見の会場として利用しようとしていた

千歳市内の「開基百年記念の森」の中に、突如として怖ろしい宇宙怪獣が姿を現し

花見の場所取りや下見に訪れた市民らを、その怖ろしい形相と咆哮による威嚇で

ことごとく追い散らしてしまったのだ、と言うのである。

 

そして、ドタドタと言う騒がしい足音と共に、「開基百年記念の森」の敷地内を

我が物顔でのし歩く怪獣とは……こいつだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214001j:plain

キーラー「よ~うようよう、俺の名前を知ってるか~い?

 俺はキーラーだよ、キーラーってんだぁ~☆」

イフ「(呆れ)……ああ、分かっておる、今更言われんでもお前はキーラーだわい!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214044j:plain

イフ「それよりもキーラー、浮かれている場合ではないぞ!?

 これからそちらに、ワシら怪獣軍団の花見本隊が大挙して向かうのだ……

 その場所取りの大役を担う、お前の使命は極めて重いぞ!」

キーラー「ケケケーッ、任しといて下さいよ、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214130j:plain

キーラー「花見の場所取りのひとつやふたつ……

 このキーラー様にかかれば、チョチョイのチョイでお安い御用ですってば。

 まァ見てて下さいよ、この森に入る奴は片っ端から追い散らして……」

 

「なるほど……そういう事だったのか!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214222j:plain

キーラー「ギョギョッ! だ、誰だっ!?」

 

驚き、辺りを見回すキーラーの目の前に……

華麗なる大ジャンプと共に現れたのは、もちろん正義の人・宙マンだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上!

 怪獣軍団の悪企み、この私がとくと聞かせてもらったぞ――許さん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214332j:plain

宙マン「そもそもここは、みんなの憩いの場として平等に開かれている森だ。

 花見がしたいと言うのなら、ちゃんとマナーを守るがいい!」

キーラー「ケケケーッ、それじゃ怪獣軍団の名が廃るんだよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214419j:plain

宙マン「あくまで居直るか……ならば、止むを得ん」

キーラー「ケケケッ、腕づくで来いよ!」

宙マン「そうさせてもらうッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

全身にみなぎる怒りを力に変え……

ファイティング・ポーズをとって、敢然と身構える宙マン。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214516j:plain

お互いにじりじりと間合いを詰め……遂に激突!!

今日もまた、五月の青空の下で、正邪の超絶バトルが幕を開けた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214555j:plain

スコップのように巨大な両手で、パンチ攻撃を仕掛けてくるキーラー!

その猛攻に、怯むことなく真っ向から渡り合う宙マンである。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214630j:plain

宙マン対キーラー、両者の技が拮抗!

若草の生い茂る「開基百年記念の森」が、むせ返るような戦いの熱気に包まれる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214710j:plain

キーラー「ケケケッ、どうだ、コノヤロ、これでもかっ!」

宙マン「なんの、まだまだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214752j:plain

がっぷりと四つに組み合った力比べでは、ほぼ両者ともに互角。

宙マンとキーラー、再びバッと離れて――

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214820j:plain

おおっと、ここでおもむろに、宙マンの素早いジャンプキック!

鞭のように翻った右足の一閃がキーラーを怯ませ、後退を余儀なくさせる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214849j:plain

宙マン「どうだ!」

キーラー「ケケーッ! 調子に乗るなよ、こうなりゃこっちも奥の手だァ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214916j:plain

シュボボボッ!

 

ストロボのように炸裂した、「光熱怪獣」たるキーラーの奥の手。

恐るべき目つぶし閃光が、一瞬、宙マンの視力を奪った。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827214947j:plain

宙マン「ううっ!(汗)」

キーラー「ザマァ見やがれ、これでもくらえ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827215026j:plain

宙マンが怯んだ隙を逃さず、キーラーお得意のメガトン頭突きが炸裂!

まともにこの一撃を喰らって、ごろごろと斜面を転がり落ちていく宙マンである。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827215102j:plain

キーラー「ケケケーっ、このまま捻り潰してやるぜ!」

宙マン「ううっ……な、ん、とぉぉ……ッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827215135j:plain

倒れた宙マンにのしかかり、首を絞めにかかるキーラー。

ああ、宙マン絶体絶命のピンチ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827215202j:plain

キーラー「ケケケーっ、お前の首も併せての花見酒はさぞ旨いだろうぜ!」

宙マン「なんの……負けて、たまるかッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

おお、だがしかし……

相手が強く、追いつめられるほどカッと燃え上がるのが宙マンの闘志。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827215348j:plain

キーラー「(狼狽)お、おろろっ!?」

宙マン「見たか! これが私の……いいや、正義を愛する者の底力だ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827215418j:plain

激しく地面を転がりながら、形勢逆転!

今度は宙マンがキーラーの上にまたがって、パンチの連打をお見舞いだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827215444j:plain

宙マン「それっ、宙マン・チョップを受けてみろ!」

キーラー「ちょっ! た、タンマタンマタンマ……ひぇぇぇっ!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827215616j:plain

空中からのチョップがヒット!

脳天に食らった一撃に、キーラーが目を回したところへ――

 

「受けてみろ――宙マン・超破壊光線!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827215720j:plain

両手の間にエネルギーを集中させ、激しいスパークとともに放つ大技。

「超破壊光線」の直撃を受け、火花を散らすキーラーのボディ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827215748j:plain

キーラー「うぎゃああっ……お、お星さま、キ~ラキラ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827215926j:plain

イフ「うぐぐぐっ……おのれ、またしても宙マンめが!

 だが、これしきのことで地球征服を諦めるような怪獣軍団ではないのだ……

 覚えておれよ、この屈辱は何万倍にもして叩き返してやるわ!」

かくして、我らが宙マンの活躍によって……

恐るべき大怪獣キーラーは撃退され、千歳に再び平和が蘇った。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827220023j:plain

熊澤さん「いやぁ、さすがだねぇ宙マンさん、やっぱりお見事!

 これで心置きなく、みんなでお花見ができるってもんだね」

宙マン「えぇ、私もそのつもりで頑張っちゃいましたよ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428213603j:plain

落合さん「お花見の準備が無駄にならずに済んで、私もほっと一安心ですわ」

ビーコン「さぁて、こっからは思いっきり、飲んで食って大騒ぎっスよ~!」

ピグモン「はうはう~、お花見バンザイ、宙マンばんざいなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827220426j:plain
と言うわけで、活気いっぱいに幕を開けた今年のお花見パーティー

ビールやジュースの開缶される音が響き、肉が焼ける香ばしい匂いが広がる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827220546j:plain

落合さんが趣向を凝らした料理の数々……

美しい桜を愛で、かつ気のおけないご町内の仲間たちが一緒であればこそ

その美味しさも二倍、三倍となるのは言うまでもないだろう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827220613j:plain

みくるん「……ながもんは、花より団子?」

ながもん「(ボソッと)もちろん……両方

宙マン「はっはっはっはっ、利口でいい答えだねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210827220828j:plain

桜を愛し、平和を愛するナイスガイ……

宙マンのいる限り、怪獣軍団の好きにはさせぬ。

さて、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?