遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

ボコボコ! 千歳大陥没の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220114j:plain

地球から遠く離れた大宇宙、遥かなる暗黒星雲

その奥深くで、地球征服を企む巨大な悪の一味が蠢いている。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115252j:plain

彼ら怪獣軍団の辞書に「懲りる」と言う文字は無い。

はたしてそれが単なる落丁版か、故意に消したものかは定かではないが……

そんなわけで今日もまた、暗黒星雲から恐怖の魔手が地球に迫るのだ。

イフ「さぁ、いよいよお前の出番だ、我が怪獣軍団の誇る精鋭よ!

 持てる力を存分に奮い、地球をワシらの物とするのだ。

 行け! 行け! 行けーぃっ!!」

 

おお、何と言うことであろう!?

怪獣軍団の新たなる使者は、既に北海道への侵入を果たし

魔王イフの命令のもと、行動を起こそうとしていたのだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428212400j:plain

だが、そんな事とは露知らず……

北海道千歳市は、もっか6月下旬の平和な一日を満喫中であった。

 

落合さん「あぁ、こうでなくてはいけませんわねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604220917j:plain

落合さん「お空は快晴、それでいて気温も暑すぎず快適……」

ビーコン「でもって、何より平和そのものっス!」

ピグモン「はうはう~、平和がいちばんなの~♪」

宙マン「あぁ、全くもって異議なしだねぇ。

 ……で、そう言う時には気持ちよくお腹がすいてきちゃうよ」

みくるん「(くすくす)……ふふ、宙マンさんったら♪」

みくるん「そういうことなら、皆さん……

 今日のお昼は「やきとん」なんてどうですかぁ?」

ながもん「この間、見つけた……とっても、美味しい……お店」

宙マン「ほう、やきとんねぇ……」

ビーコン「「とん」ってコトは、豚肉っスか?」

みくるん「(頷き)お店のメニュー、豚肉料理一本に絞り込んでるんですよね。

 だからこそ、いろんな珍しい部位のお肉や、それを使ったお料理なんかも

 余すところなく、じっくり味わえて……」

ながもん「しかも、とびきり……リーズナブル」

ビーコン「おおっ、いいっスねぇ、今日はそれにするっス!」

落合さん「ちなみに、お勧めのメニューとかございます?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428083947j:plain

ながもん「私的には……“ブタタン定食”を……推したい。

 ブタタンとは、豚の舌の事で……噛みしめた際の……」

ビーコン「ふむふむ!」

ながもん「………………(無言)」

ビーコン「……あ、あれれっ、そこから先は?」

落合さん「どうかなさいましたか、ながもん様?」

ながもん「(無表情に、一方を指差し)………あれ」

ビーコン「へっ?」

 

と、一同もながもんの指差した方へ向き直り……びっくり仰天!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210718193640j:plain

ゴゴゴゴ……ズゴゴゴゴゴ……ッ!

 

おお! 見よ! 驚愕せよ!

何の前触れもなく、激しい震動とともに大地へ荒々しい亀裂が走り

高層ビルが次から次へと、まるで蟻地獄に呑まれていくかのように

地中へと沈み、崩壊していく、この恐るべき光景!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210524004119j:plain

みくるん「そ……そんなぁっ!」

落合さん「この展開、もしかして……」

宙マン「もしかすると……」

ビーコン「もしかしちゃうんスかね、やっぱりぃ!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426124850j:plain

大量の土砂を天高く撒き上げ、舗装道路をも軽々と引き裂いて

地の底から今また、姿を現わさんとしている邪悪な影。

……果たして、それは!?

「ギチギチギチ……ギッギギィィ~ッ!!

 

みくるん「ああっ、大きなアリジゴクさんですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427233353j:plain

ピグモン「って言うか、もうどう見ても怪獣なの~!(汗)」

ながもん「(頷き)あれは……磁力怪獣・アントラー

かつて第61話で宙マンと戦った、怪獣アントラーの亜種……

便宜上、ここでは“アントラー”と表記しよう。

 

宙マン「……ああ、思い出したぞ、そんなのもいたっけなぁ!」

ビーコン「道理で、アリジゴクの怪獣なら……

 こんな凝った現れ方ってのも、ある意味納得っスよ!」

宙マン「ああ、ひとまずの筋道は通るねぇ。

 ……だが、それを受け入れられるかどうかは、また別問題さ」

アントラーⅡ「ギチギチギチ……残念だったなぁ、人間どもよ。

 これから何が起ころうと、お前たちに拒否権はないんだ」

アントラーⅡ「磁力怪獣アントラー、またの名を“アリジゴク怪獣”。

 そして今から、俺の力で作り上げるのは……

 蟻んこなんかじゃない、お前たちにとっての地獄だぜ!」

ビーコン「どひ~っ、なんなんスか、あのドヤ顔と言い回し!」

落合さん「上手いおつもりなのが、余計癪に障りますわねっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426121112j:plain

イフ「わははは……さぁ行け、暴れるのだアントラーよ!

 千歳の街をメチャクチャに破壊し、その瓦礫の廃墟の上に

 ワシら怪獣軍団の前線基地を築くのだ!」

アントラーⅡ「ギリギリィ~ッ、魔王様、お任せ下さい!」

奮い立ち、進撃開始するアントラーⅡ!

迫り来るその巨体を前に、悲鳴をあげて逃げ惑う千歳の人々。

ビーコン「どひ~、せっかく平和な一日だったってのに!」

落合さん「毎度毎度、どうしてこうなってしまうんでしょうねぇ!?」

みくるん「何でもいいですから、早く逃げなきゃですよぉ~!」


おお、北海道千歳市に早くも絶対の危機迫る!

だが、そんなアントラーⅡの暴虐を阻まんものと……

直ちに千歳基地から、戦闘機隊がスクランブルをかけた。

ながもん「おお……今日もまた……来てくれた」

ビーコン「う~ん、来てくれるのは嬉しいんスけど……」

落合さん「あとはもう少し、成果が伴って下さいますと……ねぇ?」

「う~ん、またまたヒドい言われようだけど……

 気にせずドーンと行くぞ、一斉攻撃開始っ!

激しいアタックをかける戦闘機隊!

持てる火力の全てが、怒濤のごとく大怪獣へ叩きこまれる。

 

アントラーⅡ「ギチギチギチ……小うるさいな、引っ込んでろィ!」

「ど、どわぁぁぁ~っ!?」

アントラーの「磁力怪獣」たる所以、七色の磁力光線!

その威力に景気を狂わされ、なすすべなく墜落していく戦闘機。

 

みくるん「ああっ、そんな!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155243j:plain

ビーコン「カラフルでポップなのに、えげつない攻撃っスねぇ!」

ながもん「綺麗な……花には……とげが、ある」

 

アントラーⅡ「ギギィ~、どうだ俺の強さは!」」

勢いに乗り、大暴れするアントラーⅡ。

凄まじい破壊のパワーが、街を炎に包んでいく!

 

ビーコン「こ、こりゃ色々とシャレんなってないっスよ!」

落合さん「このままでは、冗談抜きで千歳の大ピンチですわ!」

ピグモン「はわわわ……宙マン、宙マン、何とかしてなの~」

宙マン「(頷き)おのれ、もう許さんぞ!

 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、アントラーⅡの前に舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上!

 平和を乱す無法者には、うんとキツめにお灸を据えてやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002015j:plain

ビーコン「いよっしゃ! アニキの十八番が出たっスよ!」

落合さん「ああ、やはり素敵ですわ、お殿様っ!(うっとり)」

ピグモン「宙マン、よろしくおねがいなの~!」

アントラーⅡ「ギギィ~っ、そっちから出てくるとは好都合だぜ。

 ウチの一族のモンが、お前から受けてきた屈辱……

 今日この場で、俺のこの手で叩き返せるんだからなァ!」

宙マン「残念ながら……大外れだよ、その思惑は!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズを取り、敢然と身構える宙マン。

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトルの幕開けだ!

アントラーⅡ「ギギィ~っ! 行くぞ、宙マン!」

宙マン「さぁ来い、アントラー!」


激突、宙マン対アントラーⅡ!

落合さんたちが見守る中、ダイナミックに展開される巨大戦。

宙マンを押さえこみ、そのまま息の根を止めんと……

開閉を繰り返しながら、唸りをあげるアントラーⅡの大顎!

ぐわっと左右から、大顎が宙マンを挟みこみにかかる。

危ないところで宙マンも、その一撃を受け止めるが……

怪獣はそのまま、勢いに乗ってぐいぐい押しまくってくる。

アントラーⅡ「宙マン、お前の胴体をちょん切ってやる!」

宙マン「なんの、そうはいくか!」

アントラーⅡの攻勢時に生じた、一瞬の隙を逃すことなく……

宙マンの鋭い蹴りが、怪獣めがけて正確にヒット!

これにはたまらず、アントラーⅡもズズッと後退したぞ。

宙マン「どうだ、参ったか!」

アントラーⅡ「ギギ~ッ、参ってたまるか……これでもくらえっ!」

宙マンの足元に炸裂する、虹色の磁力光線!

ただ単に機械の計器を狂わせ、金属を引き寄せるだけでなく……

威力の調節によって、それは恐るべき破壊光線ともなるのだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151907j:plain

グワーン! ズガガガガーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155037j:plain

「う、うわぁぁぁぁ……っ!!」

 

みくるん「ああっ、宙マンさんが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

ながもん「あの、アントラーは……ひとあじ、違う」

ビーコン「って、その一言で納得できるもんでもないっスよ!」

落合さん「そうですとも、ここでお殿様が倒れてしまわれては……

 それこそ本当に、千歳の最期ですわ!」

ピグモン「はわわわ……宙マン、まけないでなの~!」

宙マン「(苦悶)うう……うっ……!」

アントラーⅡ「ギギ~ッ、宙マン、次で息の根を止めてやるぜェ!」

「いいや、まだまだ……やられは、しないッ!

 

アントラーⅡ「死ねィ、宙マン!」

アントラーⅡが放つ磁力光線。

その虹色の一閃を、宙マンは大ジャンプでかわして大空へ!

アントラーⅡ「(驚き)ぎ、ギギギッ!?」

宙マン「くらえ――宙マン・閃光波!

ピッキュイィィーン!

高らかな音とともに、宙マンの手にストロボ状の発光が生じ……

次の瞬間、アントラーⅡのボディで激しい爆発が起こる。

宙マン「――どうだッ!」

アントラーⅡ「ギひィィィッ、こ、こりゃたまらん~っ!」

閃光波の連続攻撃に、アントラーⅡがたまらず倒れたところへ――

 

宙マン「とどめだ! 

 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426152748j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、アントラーⅡを直撃!!

アントラーⅡ「ぎ、ギギギっ……や、やられたぁぁ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604234541j:plain

ピグモン「はうはう~、やったのやったの、宙マンの勝ちなの~!

落合さん「流石はお殿様、何て素晴らしいんでしょう!」

ながもん「さすが、宙マン……任せて、安心」

みくるん「よかった、ホントによかったですぅ!」

ビーコン「いえっふ~、アニキ、ありがとやんス~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うぐぐっ! おのれ、またしても宙マンめが!

 だが覚えていろよ、このワシの目の黒い……もとい、赤いうちは……

 怪獣軍団は不滅だ、次は必ずやってやるからな!」

 

……などと言う、怪獣魔王のいつもの負け惜しみはさて置いて。

我らが宙マンの活躍で、大陥没を引き起こした怪獣アントラーⅡは

見事に撃退され、今日も平和は守られたのであった。

 

落合さん「改めまして……どうもお疲れ様でした、お殿様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604220917j:plain

みくるん「平和が戻ったのも、宙マンさんのおかげですぅ!」

ながもん「我がまち、千歳の……守り神」

ピグモン「宙マン、ほんとにありがとなの~♪」

宙マン「いやぁ、なんの、なんの!」」

落合さん「お殿様のおかげで、一件落着はしましたけれど……

 本当にもう、蟻地獄なんて懲り懲りですわねぇ(苦笑)」

 

ビーコン「や、そんな悪いもんでもないスよ、蟻地獄!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604235909j:plain

落合さん「へ?……何を仰いますの、やぶから棒に」

ビーコン「己の心と書いて、忌まわしいと読むとか読まないとか。

 男と女、求め合うお互いが生み出す「愛」の蟻地獄……

 オイラと一緒に堕ちてくなら、落合さんも本望っしょ!?」

 む ぎ ゅ っ

(ビーコンが、落合さんの腰を抱いた音)

 

落合さん「(驚き)!?」

ビーコン「んー、アレ?

 こないだと感触が違うっスねぇ、さてはまた太ったんじゃ……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーいっ、全く、このエロ怪獣!

 二重にも三重にも、仰ることと行為が失礼すぎですっ!!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、つい口が滑っちまったっスぅぅ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153136j:plain

命の限り、体の限り……

守り抜きます、みんなの笑顔。

宙マン、次回もばっちり頼んだぞ!