遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

誤解と厄介、その上に苦界の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210905121705j:plain

北海道千歳市、ほんわか町5丁目……

今回もまた、毎度おなじみの「宙マンハウス」から物語は始まる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426221322j:plain

9月に入り、暦の上では既に秋。

……にも関わらず、今年は例年にないほど残暑が厳しいのである。

今日も今日とて、頭上の太陽が無駄にやる気を出していたわけで――

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821150816j:plain

ビーコン「だーっ、もう! クソ暑くてやってらんないっスよ!

 落合さん、ちょっと、落合さんはいるっスか~!?」

 

 

 落合さん「なんですのビーコンさん、そんな大声出してっ!

 私はちゃんと、こうしてここにおりますわ――

 貴方みたいな極楽トンボと違って、今日もお仕事で忙しいんですから」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821150948j:plain

ビーコン「な~にがお仕事っスか、忙しいのが聞いて呆れるっスよ!

 今日は一発オイラが、そんな落合さんにガツンと苦言を呈するっス」

落合さん「……ちょっ、聞き捨てなりませんわね、働き者の私をつかまえてっ!

 その暴言がどこ由来なのか、とくと伺おうじゃありませんのッ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821151649j:plain

ビーコン「おう、だったら遠慮なく言わせてもらうっスよ!

……落合さん、なにノンキに服なんか着てんスか!?

落合さん「……はァ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821151732j:plain

ビーコン「カーッ、もう、皆まで言わせないで欲しいっスよ!

  これだけ残暑が厳しいんスから、涼しげな水着とか、いっそ全裸とか……

  肌色面積多めなビジュアルの需要は、世の中に満ち満ちてるってことっス!」

落合さん「……もしかしなくても、あなたバカですわね!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821151827j:plain

ビーコン「あー、もう、まだるっこしいっスねぇ!

 無駄にオッパイ大きいんスから、こういう時こそ世の中に還元っスよ!

 それ脱げ、やれ脱げ、パーッと脱げっス落合さん!」

落合さん「ふ、ふふ、ふふふふふ……ええ、ええ、よーっく判りましたわ――」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「貴方はやっぱり、私の敵ですっ!!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、判りあえないのは悲しいコトっスねぇぇ~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821152216j:plain

ピグモン「わ~、今日もすっごい飛んでったの~」

宙マン「はっはっはっ、落合さんにビーコン、今日も元気にやってるね!」

落合さん「あらまぁ、お帰りなさいませ、お殿様にピグモンちゃん!

 待ってて下さいね、何か冷たいお飲み物でも……」

 

と、落合さんがいそいそ台所へ向かおうとした時――

「宙マンハウス」の門がまえをくぐって、庭先に顔を出した者がいた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821152527j:plain

ピグモン「あ、みくるんちゃんなの!」

宙マン「やぁ、これはどうも、いらっしゃい」

ビーコン「わざわざ抱かれに来てくれるなんて、オイラ超感激っスよ!」

落合さん「ビーコンさんの世迷言はともかくとして……

 みくるん様、今日はどういったご用向きでしょうか?」

 

みくるん「あの……うちのながもんが、こちらに来てませんでしたかぁ?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821152834j:plain

ビーコン「……ながもんちゃん、っスか?」

宙マン「いや、今日は来てないけど」

みくるん「……あ、そうですか……」

落合さん「ながもん様が、どうかなさいましたの?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821152955j:plain

みくるん「はい……

 実は今朝、ちょっと図書館へ行ってくるって家を出て……

 で、お昼過ぎなのに、まだ帰ってきてないんですぅ」

宙マン「ふーむ、なるほどねぇ」

ピグモン「ながもんちゃん、どっかで寄り道してるんじゃないかしらー、なのー」

ビーコン「もしくは本に夢中ンなって、時間の経つのも忘れてるとかっスね~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821153427j:plain

みくるん「はい、私もそう思いたいんですけど。

 でも、ここ最近は……

 怪獣さんたちが、頻繁に街に出るようになってから……」

ビーコン「……あー!」

落合さん「そう言われてみれば……確かに(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821153543j:plain

そう。

怪獣軍団の地球侵略における第一の攻撃目標として、この北海道千歳市

はた迷惑にも目を付けられ、人智を超えた怪事件が頻繁に起こっている以上

ながもんの身に何かあったとしても、実は何の不思議もないのであった。

 

みくるん「私の取り越し苦労なら、それでいいんですけど。……

  でも、もしまたあの子に何か悪いことでもあったとしたら……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821153812j:plain

ビーコン「うんうん、わかる……分かるっスよ、みくるんちゃん!」

落合さん「肉親のお立場……心中、お察しいたしますわ」

ピグモン「はわわわ、ピグちゃんもなんか心配になってきたの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427212336j:plain

その場に集った一同が、不安げに顔を見合わせた時。

……そう、まさにその時である!

 

ゴゴゴゴ……グラグラグラグラっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427212641j:plain

ビーコン「お、おろっ、おろろろろろっ!?」

みくるん「きゃああああんっ!」

落合さん「あらイヤですわ……この揺れは、もしかして……!?」

ビーコン「ひぇぇぇ、も、もしかするっスよ、こいつは~!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426124850j:plain

ながもんの身を案じ、みくるんと宙マンたちの心配がつのり出したところへ……

あまりにも、絶妙なタイミングで起こった大地震

北の大地を揺さぶり、引き裂いて、地中からその巨大な姿を現わした者とは!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210719144928j:plain

「ギュギャギャギャ~っ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821154336j:plain

耳をつんざく咆哮とともに、姿を現わすヘビー級の巨体。

怪獣軍団から送り込まれた新たなる使者、結晶怪獣ギラルスだ!

 

ピグモン「はわわわ、なんか出てきたの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427233353j:plain

みくるん「か、怪獣さんですぅ!」

ギラルス「ギュギャギャ~ッ、その通り、俺は結晶怪獣のギラルス様だ!

 そして偉大な怪獣魔王様から、この俺に与えられた使命は……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821154517j:plain

「そうか、わかったぞ!!」

 

ギラルス「……へっ?(目がテン)」

 

いきなり叫んだ宙マンの声に、思わずギラルスの進撃もピタリと止まる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821154710j:plain

ビーコン「このタイミングでの顔出し……これは、ひょっとするっスよ!?」

落合さん「……ええ、間違いありませんわね!」

宙マン「ああ、私も今こそ確信を得たよ――

  結晶怪獣ギラルス、ながもんちゃんを攫ったのは貴様だな!?」

ギラルス「……はァ!?(目がテン)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821154814j:plain

落合さん「ながもん様を人質にして、一切の反撃を封じ込める……

  ああ、なんていう卑劣なやり口なんでしょう!?」

宙マン「……ううむ、考えただけで身の毛もよだつ話だね!」

ピグモン「えう~、そんなのズルいの、ながもんちゃんが可哀想なの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821155042j:plain

ギラルス「いや、あの、そのっ、何を仰ってるのかサッパリ……?(困惑)」

ビーコン「トボけても無駄っス、もうネタは挙がってるっスよ!」

みくるん「ふぇぇん、ながもんを返して下さいですぅぅ~(涙)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426231846j:plain

宙マン「結晶怪獣ギラルスよ、よーく聞くがいい!

 お前がどんなに奸智を巡らし、巧みな戦略で私たちの隙を突いてこようとも……

 私たちは決して挫けることなく、知恵と勇気で戦い抜くぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821155359j:plain

ギラルス「な、ナンタルチヤっ……!

 お、俺の知らないトコで、なんかどんどん話が進んでるぅぅ~!?」

 

一致団結して盛り上がる宙マンファミリーと、そんな彼らに困惑顔のギラルス。

この両者の温度差が、なんだかえらいことになっていたところへ――

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821155541j:plain

「……ただいま」

 

いつものポーカーフェイスで、ひょっこりと顔を出したのは……

他でもない話題の主、ながもんであった。

 

ピグモン「あ、ながもんちゃんなの!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428083947j:plain

落合さん「ようございましたわ、よくぞご無事でっ!」

宙マン「それにしても、ながもんちゃんがどうしてここに……」

ビーコン「結晶怪獣に攫われて、人質になってたんじゃなかったんスか!?」

ながもん「(キョトンとして)怪獣……人質……なんのこと?

 私は、ちょっと……図書館まで……行ってた、だけ」

みくるん「でも、だったらどうしてこんなに帰りが遅く……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210826203658j:plain
ながもん「ハンバーガー、食べながら、ちょっと休憩の……つもりが……

 時間の、経つの……忘れてた。

 ……借りてきた、本が……おもしろいの、なんのって」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821160413j:plain

みくるん「もう、ながもんったらぁ……。

 駄目だよぉ? 遅くなるなら、ちゃんと連絡してくれなきゃ」

ながもん「以後、気をつける……ご勘弁。……てへぺろ

ビーコン「いや~、よかったっスねぇ、無事でなによりだったっスよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011159j:plain

落合さん「これで私たちも、ほっと一安心ってところですわね」

ピグモン「はうはう~、めでたしめでたしなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821160934j:plain

宙マン「いやぁ、何と言いますか……

 本当に申し訳ありません、こちらの勘違いでとんだご迷惑をおかけして!

 以後はこのようなことがないように気をつけますので、どうかご容赦下さい」

ギラルス「ああ、いえいえ、そんなご丁寧に!

 判って頂けたんでしたら、俺としてはそれで充分ですんで」

宙マン「有難うございます、そう仰ってもらえると助かりますよ」

ギラルス「ははは、まぁまぁ、もうお互い笑って水に流しましょうよ。
    じゃ、まぁ、そういうコトで♪」

 

「……って、何を言っとるか、馬鹿者めが~っ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115412j:plain

ギラルス「ひぇぇっ! ま、魔王様!?」

イフ「えぇい! 宙マンめのペースに乗せられおって――

 地球まで行って、使命も果たさず帰ってくるバカがどこにいる!」

ギラルス「も、申し訳ありません、危うく素で忘れるトコでしたっ!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821154959j:plain

イフ「もうよい、よいから暴れろ、とにかく暴れろ!

 暴れに暴れて暴れ抜き、千歳の街をメチャクチャに破壊するのだ!」

ギラルス「ギュギャギャギャ~ッ、お任せを!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821161357j:plain

ピグモン「はわわ、こっちへ怪獣さんが来るの!」

ビーコン「どひ~っ、せっかくイイ話で終われると思ったのにィ……」

落合さん「ああ、とかく現実とはままならないものですわね~!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821161516j:plain

怪獣魔王に檄を飛ばされ、本来の使命を思い出したギラルス。

その使命とはもちろん、地球征服のための破壊活動に他ならない――

巨体を唸らせ、ギラルスの巨体が大進撃を開始する!

 

ギラルス「ギュギャギャギャ~、これでもくらえっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821161621j:plain

結晶怪獣ギラルスの武器は、堅牢なクリスタル状の外殻と怪力……

そして、口から吐き出す超高圧の破壊ガスである。

破壊ガスの洗礼を受けた建物が、一瞬にして木っ端微塵に消し飛んでいく!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821161655j:plain

ギラルス「ギュギャギャギャ~、そうだ、そうだよ、そうだった……

  俺は他でもない、コレをやりに地球くんだりまで来たんだっけ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821161752j:plain

ビーコン「だーっ、思い出さなくていいコト思い出しちまったっスよ!」

落合さん「このままでは、千歳の街が大ピンチですわっ」

ピグモン「宙マン、宙マン、なんとかしてなの~」

宙マン「ようし、行くぞ! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、荒れ狂うギラルスに躍りかかっていく!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821162014j:plain

ギラルス「ギュギャっ、いきなり来ちゃうの~!?」

宙マン「ああ、速攻で行かせてもらおうじゃないか――」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821162122j:plain

宙マン「エイヤァァーっ!

 宙マン・ミラクル・キック!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821162209j:plain

電光石火の必殺キックが、ギラルスの頭部めがけて炸裂!

その痛烈な一撃を食らって、大きく吹っ飛んで倒れるギラルス。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426232808j:plain

ビーコン「いよっしゃ、アニキ、ナイス先制っス!」

落合さん「素敵ですわ、いつもながら惚れ惚れ致します……♪(うっとり)」

ピグモン「はうはう~、宙マン、がんばってなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821162345j:plain

宙マン「さっきの私たちの勘違いについては、改めてここでお詫びする。

 ……だがギラルスよ、それはそれ、これはこれだ。

 千歳の街を混乱に陥れるお前を、黙って見過ごすわけにはいかない!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821162453j:plain

ギラルス「ギュギャギャギャ~、上等だ! 来やがれ宙マン!」

宙マン「よし来い、勝負だ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821162606j:plain

激突、宙マン対ギラルス!

人々が固唾を呑んで見守る中、ふたつの巨体がダイナミックに渡り合う。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821162638j:plain

持ち前の超怪力で、猛然と挑みかかってくるギラルス!

さっきのお返しだとばかりに、しゃにむに押しまくってくる。

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821162728j:plain

パワーだけに限って言えば、ギラルスのほうが有利と言ってよいかもしれないが

我らが宙マンにはそれに加えて、磨き抜かれた熟練のテクニックがあるのだ。

 

宙マン「そぉりゃっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821162909j:plain

宙マンのハイキックが、再びギラルスの頭部に炸裂!

強烈なその一撃を受けて、クリスタル状のボディから火花があがる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821162945j:plain

宙マン「さぁ、どうだ――まだやるか、ギラルス!」

ギラルス「ギュギャギャギャ~、なめんなっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821163032j:plain

グワッツゥゥーンっ!!

 

宙マン「……う、うおおおおっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821163117j:plain

ギラルスの頭突きが、宙マンの胸板を急襲!

重量級のボディと秘められたパワー、突撃時のスピードなどが相まって……

直撃を受けた宙マンの巨体を、一撃で地面に叩き伏せてしまう威力である。

 

ピグモン「ああっ、宙マンがあぶないの!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

ビーコン「図体だけの奴かと思ったら……結構やるっスよ、アイツ!」

落合さん「往々にして、ああいうタイプの敵が案外手ごわかったりするものですわ」

みくるん「落合さん、落合さん、冷静に解説してる場合じゃないですぅ!(汗)」

ながもん「(じっと戦いを見守って)……宙マン……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821163431j:plain

宙マン「(苦悶)……く、う……っ!」

ギラルス「ギュギャギャギャ~、見たか、俺の強さを!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508133333j:plain

ゾネンゲ博士「おおっ、一時はどうなることかと思いましたが……

 ギラルスの奴、なんだかんだで頑張っておりますな!」

イフ「わはは! いいぞギラルス、そのまま一気に畳みかけろ!」

 

ギラルス「ギュギャギャギャ~! とどめだ、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821163724j:plain

口からの破壊ガスを吐きかけ、宙マンを倒さんとするギラルス。

だが、素早く態勢を立て直した宙マンは、前面にプロテクションを張りめぐらして

ギラルスの破壊ガスを受け止め、無力化した!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821163838j:plain

ながもん「よしゃっ。……宙マン、上手いっ」

ビーコン「アニキ~、今がチャンスっスよ~!」

宙マン「ああ、分かってるとも――」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821163957j:plain

宙マン「くらえ――宙マン・閃光波!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821164021j:plain

ピッキュイィィーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821164058j:plain

高らかな音とともに、宙マンの手にストロボ状の発光が生じ……

次の瞬間、ギラルスのボディで激しい爆発が起こる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821164147j:plain

ギラルスがひるんだところへ、一気に駆け寄り間合いを詰める宙マン。

そのまま宙マン・リフターで、ギラルスの巨体を持ち上げて投げ飛ばし――

 

宙マン「とどめだ! 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210507004404j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、ギラルスを直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821233310j:plain

ギラルス「ギュギャギャギャ~、こ、これはタマラン~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

 

みくるん「わぁっ、宙マンさん、すごいですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821164913j:plain

ながもん「(ボソッと)オウ。……いつもながら、グッジョヴ」

ピグモン「はうはう~、やっぱり宙マンはかっこいいの~☆」

落合さん「ええ、そこが素敵なんですのよねェ、お殿様は……♪(うっとり)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うぐぐぐ……おのれ、おのれ宙マン、またしても!

 今に見ておれよ、この次はきっとお前に一泡吹かせてやるわ!

 

……などと言う、いつもの負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010428j:plain

かくして宙マンの活躍により、千歳を襲った結晶怪獣ギラルスは倒され……

ながもん絡みの不安が杞憂だったことも判って、万事めでたしめでたしであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508161058j:plain

みくるん「宙マンさん、どうもお疲れ様でしたぁ!」

ながもん「これで、みんな……一安心。

 私も、心おきなく……読書タイムに、突入……できる」

ピグモン「はうはう~、そんなに面白い御本なの?」

ながもん「(頷き)しかも、今回……大量、だった。……ブイっ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210821150948j:plain

ビーコン「ほ~、ながもんちゃんのお墨付きなら、絶対面白い本っスよね~」

落合さん「本選びの目利きには定評ありますものねぇ、ながもん様は」

ビーコン「っスよねぇ、なんかオイラまでワクワクしてきたっスよ!

 う~ん、いったいどんなえげつないエロ本なんスかねぇ!?(ニヤニヤ)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーいっ、そんな最低なオチをつけるんじゃありませんっ!!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、こんな鉄拳制裁オチも勘弁して欲しかったっスぅぅ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210806210319j:plain

まだまだ残暑は厳しいけれど……

いつでも元気な、宙マンファミリー。

アクション込みの日常、スカッと爽やかです!