遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

まぜて石焼、はじけて明太子!

財布に優しいお値頃プライスで、しっかり贅沢気分に浸らせてくれる庶民の味方……

そんな焼肉「徳寿」さんの、バラエティ豊かで味わい豊かなランチメニューの数々から

今回はこちらの”石焼明太子ビビンパ”を頂いてきました。

自らも調理に参加する最後の仕上げであり、食事のテンションをいやがうえにも

上昇させてくれる「まぜまぜ」の儀式……

ビビンパの食事はこの瞬間に始まっている、と言うのは何度もお伝えした通り。

今メニューは、馴染みの食材アレコレに辛子明太子が加わることによって

それらの粒々も石焼器の中でぱちぱちヤンチャに弾けて旨味を躍動させてくれます。

コチュジャンの辛味と明太子の辛味、同じ唐辛子由来でも明らかに性質が違いますので

そのコントラストの効き具合を口中で確かめ、楽しむのもまた一興。

はぁ、今回も美味しゅうございました!

 

 

 

 

迷ったら両方!

蕎麦とうどんのどちらを注文するか。

その時々における自らの財布の中身、あるいは胃袋のキャパシティとも相談した上で

麵屋においてしばしば起きる切実な(笑)悩みですが……

だったら両方食べればいいじゃん! と力強く背中を押してくれるのは、

いつだって登別「いずみ亭」さんの”もりそば・うどん相盛りセット”です。

店舗の全面リニューアルに伴ってサービス内容やメニューこそ

往年のそれに比べて随分洒脱になりましたが、基調を成す麺の味わいは

変わる事のない老舗ならではの凛とした確かさ。

だからこそ、こう言う遊び心のある料理の供し方も決して見苦しくならず、

素直に楽しいんですよね。

蕎麦の薫りと喉越し、うどんの滑らかさと甘さ、両方の良さをリアルタイムで

比較しつつ食べ進められるのがこのメニューならではの大きな魅力。

 

だからこそやってみたくなる、禁断の「蕎麦・うどん同時食い」(爆笑)!

そして、そんな心地よい喉越しの中に絶妙のアクセントをもたらしてくれるのは

別途注文したこちらの自家製から揚げ。

サクサクの歯ごたえと香ばしさ、出来立てをすかさず食べるが故のアツアツっぷり、

揚げ物に求めてやまぬ要素は全てここにあります(笑)。

旨かった!

 

 

今年もまた「コレ」の時期!

さてさて、夕飯――

焼き鯖、きゅうりとカニカマの酢の物、大根と油揚げの味噌汁……と順当に来まして

今夜のメインを張ってもらうのは、こちらの天ぷら四種。

ちくわ、レンコン、サツマイモ……

そして今、この季節ならではの味覚、近場の山で撮ってきたばかりのフキノトウ

その仄かな味わいを殺さぬよう、敢えて今回は定番の天つゆではなく

「わさび塩」をパラリと振って。

香ばしい衣をさくりと噛みしめれば、口中に広がる仄かな苦みと心地よい野の香気……

ん~、これこれ、これですよ。

「春」ですねぇ!

 

 

お得なチケット、あるなら使え!

新聞折込チラシの中に印刷されていました、「丸亀製麺」さんのうどん50円引き券。

どうやら利用期日の機嫌が迫っているようだと言うことで、ここぞとばかりに

節操なく利用させてもらっちゃいました(笑)。

この度の注文は、季節限定メニューの”牛すきごぼ天ぶっかけうどん”。

 

牛すきがメイン具材になり、卵黄のまろやかさが加わってダシツユが一挙に

力強さを増し、その土台を支えるうえで、ごぼ天がまた実にイイ仕事ぶり――

勿論、全ての基調を成す麺の旨さこそが大前提であるのは言うまでもなし!

 

 

ビーツ! ビーツ! ビーツ!

冬場の定番、ボルシチ作りの際には決して欠かせぬあの野菜……

ボルシチならではの、あの鮮やかな赤と旨味の土台を形成するビーツ

別名をテーブルビートとも呼ばれるヒコ科の根菜類の一種であるとか、調べていけば

調べるほどに奥深いルーツを有しているこの野菜。

当たり前ですけど、決してボルシツ「だけ」がその使い道じゃないんですよね。

そんなわけで、僕ももっとビーツに関して「勉強」しなきゃと(珍しく)思い立って

本屋さんにて購入してきたのがこの一冊。

「食材」としてのビーツの用途の豊かさ、料理としての転生具合の鮮やかさなどなど

実に読みどころの多い一冊で、早くも我が家の永久保存版に大決定(笑)。

この後、もし拙ブログ上において変わり種のビーツ料理の記事があUPされました際には

「さいとうの奴、あの本からパクりやがったな!」とお笑い頂ければ、と(笑)。

 

いや、実際どれもこれもパク……

……じゃない、試してみたくなるほど内容の充実した一冊ですよ!

 

 

 

 

 

からあげて候

さてと、夕飯!

過去放送分の『#相葉マナブ』にて、岩手”室根からあげ”のレシピが紹介されており

それに触発されてさっそく真似し……

この日の夜はその室根からあげをメインに、もずくスープとカットトマト、

ほうれん草のおひたしを加えての夕飯一式。

下味付けの際に、おろし生姜とおろしタマネギを用いるのが室根流。

 

ニンニクと塩コショウでがっつり下味をつける北海道流ザンギに慣れた舌からすると

最初は正直パンチ不足にも思えましたが……

食べ進むごとタマネギの甘さが優しく際立ってきて、いくらでも食べられる

「軽さ」の魅力にもうメロメロです。旨かった!

 

 

 

プラス100円の幸福

イタリアン・メニューの充実ぶりに定評のある千歳市内の人気店、

ダイニングカフェ OPA!オーパ)」さん。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210824172110j:plain

そんな「OPA!」さんにて、このたびもまたまた大人気ランチメニューの

ハンバーグオムライス”を頂いてきた昼餉時です。

スプーンを入れるのが躊躇われるほどにムラなく、美しく焼きあがった

オムライスの卵に、旨味たっぷりでふっくらと仕上がったハンバーグ、

豊かな包容力で双方をしっかり結び付けてくれるドミグラスソース……

そこへ更に100円プラスでチーズを追加することが出来るとなれば、

そりゃもう迷わずお願いしちゃうでしょう(笑)!

ドミグラスソースの深い褐色と、目にも眩しいチーズの純白……

この美しきマーブル模様が、ただでさえ旨いこちらのハンバーグオムライスの

旨さのランクを、何段階にも一気に跳ね上げてくれるのです。

 

 

koumemylove4794.hatenablog.com

あ、なお、「OPA!」さんのランチメニューたるハンバーグオムライスについては

こちらの過去記事も、宜しければご参照下さい。