遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

「宙マンハウス」のご近所さんはの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210503212841j:plain

遥かな宇宙の彼方、渦巻く暗黒星雲の奥深く……

そこには虎視眈々と地球を狙う、恐るべき「怪獣軍団」の本拠地がある。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115252j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115259j:plain

千歳在住のプラネット星人・宙マンの活躍によって、一度ならず二度までも

自らの面子を潰される格好となり……怪獣魔王・イフの怒りと憤りもまた

前回以上のヒートアップぶりを見せていたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「えぇい、二度ではない……これで三度だ、三度っ!!

 

 「あらあら、あ~た、どうしたドロス? そんなにカッカすると、また血圧が……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427200856j:plain

怪獣魔王の激しい剣幕に、慌てて駆け寄ってきたのは……

他でもない怪獣魔王の妻であり、「破滅超魔獣」などと言う

これまた恐ろしい異名をとるサンドロス。

 

イフ「えぇい、サンドロス……どうもこうもあるかっ、我が妻よ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427201025j:plain

イフ「怪獣魔王たるこのワシが、まさかあれほどの侮辱を受けるとは……!」

サンドロス「をほほほ、はいはい……カッカしないドロスわよ~、あ~た。

  まずは大きく息を吸って……吐いて……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427201446j:plain

イフ「……すぅ、はぁ……すー、はーっ……

 えぇい、思い返すだに腹立たしい話だわい。

 怪獣魔王たるワシ自らが、真面目に宣戦布告に来たと言うに……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427201703j:plain

イフ「……シカトだぞっ?

 怪獣魔王の言葉を、存在を……

 あの連中ときたら、全力でスルーして立ち去りおった!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427201908j:plain

イフ「怪獣魔王たるこのワシが、何故にここまでの辱めを……

 く、く、ククゥ~~っ!!(思わず男泣き)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427202344j:plain

サンドロス「あらあら、可哀想なあ~た……。

 を~、よしよし、良い子良い子ドロス~♪(なでなで)」

イフ「ぐすっ、ぐすっ、いくら悪党として名を馳せてきたからと言って……

 あんな仕打ちはないであろう、あんな仕打ちは!(涙目)」

サンドロス「確かに……相手に舐められては、怪獣稼業もそれまでドロス。

 ……ゾネンゲちゃん! いるドロスか!?」

 

「ははっ、奥方様、私めはこれに!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427202852j:plain

サンドロスの呼びかけに、そそくさと進み出てきたのは……

軍団内の幹部格、科学技術主任のゾネンゲ博士

 

イフ「おお、ゾネンゲ博士、ワシの言いたいことは分かるな?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427203044j:plain

ゾネンゲ博士「次なる使者の選抜……で、ございますな」

イフ「このままでは、ワシの腹の虫がおさまらん。

 とびきり活きの良いヤツを、今すぐ地球へ送りこめ! 今すぐだぞ!」

ゾネンゲ博士「ははァーッ、直ちに手配をば!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426122355j:plain

おお、今また我々の故郷、水と緑の惑星に……

怪獣軍団の、恐るべき魔手が迫り来ようとしている。

 

危うし地球、危うし宙マン!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427203700j:plain

が、ひとまずそれはそれとして。

うららかな日差しの中で、北海道千歳市は平和の中にあった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426221322j:plain

そして、こちらは千歳市内・ほんわか町5丁目……

宙マンファミリーが暮らす「宙マンハウス」。

 

 「どうも~、こんにちはですぅ、宙マンさん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427205642j:plain

ピグモンに連れられ、「宙マンハウス」の庭先に顔を出したのは……

同じほんわか町内に暮らしているコロポックルの双子の姉妹、

みくるん(姉)とながもん(妹)。

「宙マンハウス」の面々とは、親しい近所づきあいの間柄であり……

 

ピグモン「はうはう~、みくるんちゃんとながもんちゃんはねぇ……

 ピグちゃんの、一番のおともだちなの~♪」

ながもん「(ボソッと)……ども」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427210257j:plain

宙マン「やぁ、いらっしゃい、みくるんちゃんたち。

 いつも、うちのピグモンと仲良くしてくれてありがとうね!」

落合さん「今日もまた、遊びに来て下さいましたの?」

みくるん「あ、はい、それもあるんですけどぉ……」

 f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427210958j:plain

みくるん「今日はですね、皆さんへのお裾分けにと思って……

 うふふ、こんなの持ってきたんです~。 はいっ!

宙マン「おおっ、これは……

  「北の錦」さんの蔵元・小林酒造さんの酒粕じゃないか!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427211321j:plain

ながもん「オウ、流石……グルメの……宙マン」

みくるん「これがあると、とびっきり美味しい甘酒が出来るんですよね~。

  宙マンさんたちも、甘酒お好きでしたよね?」

宙マン「お好きも何も、私の大好物だよ!」

 ピグモン「はうはう~、ピグちゃんも甘酒だ~いすきなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428083947j:plain

落合さん「あらまぁ、いつもいつも……お心遣い、有難うございます。

  みくるん様もながもん様も、どうぞゆっくり寛いで下さいましね?

  今からお茶の支度を致しますので……」

ビーコン「ヒヒヒ、それからついでに布団の支度も……☆」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

 

ビーコン「ちょほほ……今のはかなり痛かったっスよ、落合さぁん」

落合さん「(しれっと)当然でしょう。痛くしてるんですもの!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427212336j:plain

落合さん「大体ですわねぇ、ビーコンさんの生き方ときたら何なんですッ。

 口さえ開けば場も弁えず、あんなタチの悪いご冗談ばかり……」

ビーコン「や、オイラ的には100パー本気だったっスよ!?」

落合さん「(呆れて)なおひどいですっ!!

 

かくてまたまた始まった、「極楽コンビ」の実のない言葉の応酬。

……だが、その時である!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427212641j:plain

ゴゴゴゴ……グラグラグラグラっ!

 

落合さん「……あらあら、まぁまぁ、何事でしょう!?

ビーコン「どひ~っ、こいつァまたヤバげな揺れ方っスよぉ!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426124850j:plain

勘の良い読者諸賢は、既にお気づきのことであろう――

この時ならぬ局地地震こそ、大怪獣出現の前兆なのである。

 

みくるん「あッ! い、稲妻が!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427232756j:plain

そんな異変の極めつけとばかりに……

激しく土砂を噴き上げながら、「地上から天空へと向かって」

荒々しく迸る放電エネルギー。

 

……そして!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427232856j:plain

「ガンガオぉぉ~っ!!」

 

落合さん「あらあら……今、何か……出て来ましたかしら?」

ビーコン「声はすれども、姿は見えず……っスねぇ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426230146j:plain

ピグモン「ううん、でもいるの――間違いなく、何かいるの。

 ほら、みんな、見て……!」

ビーコン「……うン?」

 

……と、一同がピグモンの指差した方に目を向けてみれば!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427234329p:plain

 「ガンガオ~、千歳の皆さん、おこんつわ!」

 

みくるん「ああっ、何かおっきいのが居たですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427233353j:plain

ピグモン「おっきな怪獣なの、おっかないの~!(涙目)」

ながもん「あれは……透明、怪獣……ネロンガ

ビーコン「知ってるんスか、ながもんちゃん!?」

 ながもん「(コクリと頷き)怪獣、図鑑じゃ……わりと……常連」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427234701j:plain

宙マン「ああ、私も知っているよ、君のことは。

 普段は透明だが、たらふく電気を食べると姿を現わすと言う……」

ネロンガ「(ニヤニヤ)ガンガオ~、おかげさんで北海道の電気は旨かったぜぇ!?」

 落合さん「んーまっ、よっくも抜け抜けと仰いましたこと!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427235422j:plain

 サンドロス「をほほほ、いかがドロスか、あ~た。

  好物の電気をたらふく食べた、今のネロンガちゃんの頼もしさと言ったら!」

イフ「うむっ、素晴らしいぞネロンガ

 思い切り暴れ、破壊して、ワシの気分をスカッとさせてくれィ!」

ネロンガ「ガンガオ~、俺はやりますぜェ、奥方様に魔王様~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427235821j:plain

怪獣魔王の命を受け、猛然と進撃を開始するネロンガ

迫り来る巨体を前に、悲鳴をあげて逃げ惑う千歳の人々。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427235855j:plain

ビーコン「どひ~っ、ここ数日はこんなのばっかっスねぇ!?(汗)」

落合さん「全く、怪獣軍団の方々ときましたら……!」

みくるん「はわわ、いいから今は逃げなきゃですよ~!(涙目)」

 

ネロンガの猛襲を受け、たちまち大ピンチの千歳市

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426130348j:plain

大怪獣の暴虐、もはや断じて許すまじ。

千歳の平和を守るため、航空防衛隊が直ちに出撃した。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429160220j:plain
落合さん「あらまぁ、航空防衛隊の戦闘機ですわ!」

ビーコン「っしゃ、これで一安心っス!」

ピグモン「はうはう~、おじさんたち、しっかりなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210511162844j:plain
「見てろよ、怪獣め……全機、一斉攻撃開始っ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210511162902j:plain

攻撃、攻撃、また攻撃!

怪獣めがけ、嵐の激しさで叩きこまれる一斉砲火。

……だが、ネロンガには全く通用しない!

 

ネロンガ「ガンガオ~、小うるせぇってんだよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210511162922j:plain
……にょ、にょわぁぁぁ~っ!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426131022j:plain

左右の触角と角をスパークさせ、天空へと放たれる放電光線!

怪獣ネロンガの得意技により、次々に撃墜されていく戦闘機。

 

ネロンガ「そ~ら、ソラソラ、どんどん行くぜぇ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428001045j:plain

勢いと調子に乗り、手当たり次第のブッ壊し!

ネロンガの大暴れによって、千歳は絶対の危機に瀕していた!

 

ピグモン「はわわ、街が大変なことになっちゃったの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428001138j:plain

ながもん「ここは、一発……ヒーローの……出番?」

みくるん「宙マンさんが、もう現役を引退してるのは知ってますけど……

 でも、、この前みたいに……お願いできませんかぁ!?」

宙マン「(にっこり)大丈夫、あとは私に任せて。

 さぁて、やろうかね! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、荒れ狂うネロンガの前に舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上! 

 透明怪獣ネロンガよ、ヤンチャもそこまでだ!」

ネロンガ「ゲゲェーッ! ちゅ、宙マンだってぇ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428001921j:plain
ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002015j:plain

ビーコン「っしゃあ! これでもう、いろいろと一安心っス!」

落合さん「地域の平和は、今やお殿様の双肩にかかっておりますわ!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、しっかりなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002134j:plain

ネロンガ「ガンガオ~ッ、いい度胸してんじゃねぇか。

 引退したロートル風情が、俺様相手にどんだけやれるってんだ!?」

宙マン「いい機会だ、その身で直接確かめてもらおうじゃないか!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

全身にみなぎる怒りを力に変え……

ファイティング・ポーズをとって、敢然と身構える宙マン。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002352j:plain

ネロンガ「ガンガオ~、潰れろ宙マン!」

宙マン「来い、ネロンガ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002450j:plain

激突、宙マン対ネロンガ

人々が見守る中、今日もまたまたスーパーバトルの幕が開く。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002539j:plain

 持てるパワーを全開にして、がっぷり四つに組むふたつの巨体。

重量級のボディを震わせ、真っ向から突進してくるネロンガ

これまた真っ向勝負で挑んでいく宙マン。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002623j:plain

こうなると、物を言うのは純粋なパワーそのもの。

押し合い、へし合い、小細工抜きの力比べが展開される。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002653j:plain

張り手、押し出しなどの相撲技を駆使し……

千歳の街狭しと、宙マン対ネロンガの攻防が続く。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002738j:plain

宙マン「ううむっ……なかなかやるじゃないか!」

ネロンガ「たりめーだろが、俺様は強いんだ――そぉりゃっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428002842j:plain

ズ、ズーンっ!

 

強烈無比、ネロンガのメガトン体当たりが炸裂!

その威力に大きく吹っ飛び、地に叩きつけられる宙マンの巨体。

 

みくるん「ああっ……ちゅ、宙マンさんが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

ビーコン「どひ~っ、単純な力押しのクセしといて……」

ながもん「そういう、攻撃ほど……当たれば……痛い」

落合さん「甚だ遺憾ながら、ながもん様の仰る通りですわッ(汗)」

ピグモン「はわわわ、宙マン、まけないでなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003454j:plain

宙マン「(よろめきつつも立ち上がり)……くぅっ……!」

ネロンガ「ガンガオー! それそれ、狙い撃ちだぁ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003635j:plain

ネロンガ、角からの放電光線を発射!

激しいスパークを、側転で辛くも回避していく宙マン――

だが、そうはさせじと怪獣も、放電攻撃の手を緩めはしない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003708j:plain

凶暴な破壊衝動そのもののように、周囲に炸裂する光線!

右へ、左へ、大蛇のように荒れ狂う破壊エネルギーの奔流を

しかし宙マンは、華麗な回転戦法で回避していく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151907j:plain

ズガーン! グワーンっ!

 

ネロンガ「(苛立って)ガンガオ、野郎っ……ぜぇぜぇ、これでもかァ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003934j:plain

怒り狂い、放電光線を乱射するネロンガ

その恐怖の一閃を、宙マンはひらりと躱して大ジャンプ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428004007j:plain

ネロンガ「(驚き)う、うぉぉっ!?」

宙マン「くらえネロンガ――宙マン・閃光波!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428004135j:plain

 ピッキュイィィーンっ!

 

高らかな音とともに、宙マンの手にストロボ状の発光が生じ……

次の瞬間、ネロンガのボディで激しい爆発が起こる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428004327j:plain

宙マン「そぉれっ、お次はこれだ! 宙マン・回転フルキック!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428004424j:plain

閃光波、更にダメ押しの回転フルキック!

連続攻撃に目を回し、ネロンガがブッ倒れたところへ――

 

 宙マン「とどめだ! 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426152748j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、ネロンガを直撃!!

 f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428005125j:plain

 ネロンガ「ちょ……その強さ、反則的でな~いっ!?」

やったぞ宙マン、大勝利!

 

みくるん「わぁっ、やりました、宙マンさんの勝ちですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428005645j:plain

ながもん「宙マン……グッジョヴ」

ビーコン「今日も今日とて流石っスねぇ、アニキは!」

落合さん「それはそうですわ、何と言っても我が家のお殿様ですもの!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、ありがとうなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010012j:plain

サンドロス「……む、、ムキ~ッ! おにょれおにょれ、宙マンめぇっ…… 

 よっくも、このアテクシの顔にまで泥を塗ってくれたドロスわね!

 でも見てるドロス、次こそは必ず仕返ししてやるドロス~っ!」

イフ「……こ、これこれサンドロス……そりゃ、ワシの言うべき台詞じゃよ?(汗)

 

かくして、ここにまた、ひとつの危機は去った。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010428j:plain

 我らが宙マンの活躍により、透明怪獣ネロンガは撃退され……

怪獣軍団の謀略は、今度も未然に防がれたのであった。

 

みくるん「宙マンさん、どうもお疲れ様でした!」

ながもん「(ボソッと)……おつ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010627j:plain

宙マン「いやいや、なんのなんの…… 

 ……それより本当によかったよ、みんなが無事でいてくれて!」

 f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011102j:plain

ピグモン「はうはう~、それもみ~んな、宙マンのおかげなの~♪」

落合さん「えぇ、ピグモンちゃんの仰る通りですわ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011159j:plain

ビーコン「いやもう全く、宙マンのアニキ様々っスね!

  さーてと、平和が戻ってホッとしたところで……」

落合さん「(ジト目)……お布団の支度、とかは言いっこなしですわよ?」

ビーコン「ヒヒヒ、オイラがそんなコト言うわけないじゃないっスか!

  この展開・この流れで用意すべきもんは、まさにズバリと避妊具……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーいっ、余計ひどくなってるじゃありませんのッ!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、オチもついたところでまた次回っスぅぅ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

 f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428012117j:plain

大怪獣もなんのその……

元気はつらつ、宙マンファミリー。

さて、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?