遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

『ゴワッパー5ゴーダム』A-1

中学生~小学生の子どもたち5人組を主役に据え、メイン視聴層である男児への

「身近さ」を前面に押し出しながらも、往年のタツノコ・メカニックSF作品ならではの

重厚かつハードなドラマ展開と、迫力たっぷりのメカ描写が渾然一体となる事により

アニメ作品としての独自の個性を獲得し、今なお根強い多くの支持を集めている

1976年放映の佳作、『ゴワッパー5ゴーダム』。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211230010856j:plain

そんな『ゴーダム』の世界を彩る魅惑の音楽群より、今夜チョイスするのはこちら。

主題歌「行くぞ! ゴーダム」のメロディラインの一節を、本編の劇伴担当である

ボブ佐久間氏が大胆にリアレンジし、スリリングかつファンキーなナンバーとして

見事に昇華させた、本作におけるアクション曲の白眉とも言うべき一曲です。

劇中においても、ゴーダムやゴワッパー・メカの活躍シーンにて頻繁に選曲され

視聴のテンションをいやが上にも高めてくれたこのナンバー。

個人的にはやはり、全編中でも名作として名高い第8話「強敵! モスンダー」で

地底軍団ドロンジャーの襲撃で炎の海と化した病院へと、ゴワッパーの一員である

津波豪が、愛機のゲソマシーンを駆って飛び込んでいくシーンにおいての選曲が

ドラマのテンションの高まりとも相まって、やはり忘れ難いところです。