遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

見た! アイロスの怖い顔の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119103840j:plain

大地を覆っていた雪も急速に溶け去って行き……

ここ・北海道にも、いよいよ本格的な春が訪れていた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119103924j:plain

北海道千歳市の一角・ほんわか町5丁目も、うららかな春の陽気に

ほんのりと暖められ、のどかな平和の中にある。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904232322j:plain

そんな和やかムードの中で幕を開ける、今回の『宙マン』。

毎度お馴染み、「宙マンハウス」の庭先から物語を始めよう。

 

宙マン「いやー、ここ数日はすっかり暖かくなってきたねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119104236j:plain

ピグモン「はうはう~、おんもで遊ぶの気持ちいいの~」

落合さん「北国の春、ですわね。こうでなくてはいけません」

ビーコン「ヒヒヒ、そしてそして……

 雪が溶けたら、そこから出てくる山菜もお楽しみっスよね!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119104325j:plain

宙マン「ほのかなほろ苦さが、舌に心地よくて……

 春の山菜と言うのも、何とも言えずいいもんだよねぇ。

 今の時期なら、まずはフキノトウ……ってところかな?」

ピグモン「はうはう~、ピグちゃんもフキノトウ大好きなの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119104421j:plain

落合さん「そうそう、フキノトウと言えば……

 早速みくるん様たちが今朝、近場の山へ採りに行かれたようですよ」

宙マン「おお、流石に早いなァ!」

ビーコン「北国の山菜採りにかけちゃ、あの二人は達人っスもんねぇ。

 ヒヒヒ、オイラたちもご相伴に与れるっスかねぇ?」

 

……などと、噂をすれば何とやら。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220302j:plain

「ふぇぇん……宙マンさん、宙マンさ~んっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220646j:plain

宙マン「やぁ、こんにちは、みくるんちゃんにながもんちゃん!」

ビーコン「ヒヒヒ、フキノトウ狩りの首尾はいかがっスかぁ?」

みくるん「(切羽詰って)……そ、それどころじゃないんですぅ!」

ビーコン「……へっ?」

落合さん「(察して)……山で、何か事故でもありましたの!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701221436j:plain

ながもん「オゥ……事故と言うか……何というか」

みくるん「山を歩いてたらずっと、変な音が……

 唸り声みたいなものが、ず~っと聞こえてくるんですぅ」

ながもん「気のせいか、風も……何となく……生臭い」

ビーコン「……な~る。で、怖くなって帰ってきちまった、と!」

みくるん「……(コクコクっと頷き)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701221623j:plain

落合さん「……どう思われます? お殿様」

宙マン「引っかかると言うか、どうにもクサいね――

 もしかすると、またお定まりの話ってやつかもしれないよ」

ビーコン「……まさか、またまた怪獣軍団の仕業っスか!?」

宙マン「(頷きつつ)まだ、確証があるわけじゃないが……」

 

と、この時点においてはあくまで慎重な宙マン。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119105108j:plain

だが読者諸氏よ、結論から先に言ってしまおう――

またも千歳の山中で暗躍していたのは、他ならぬ怪獣軍団である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119105141j:plain

怪獣魔王の命を受け、地上に送りこまれてきた恐怖の使者とは?

その問いに対しての答えは、不意に山中で起こった大爆発……

濛々たる土煙の中から発せられることとなった。

 

ズゴゴゴグワーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119105212j:plain

……おお、見よ! 驚愕せよ!

これこそがその答え、人知を越えたこの恐るべき異形!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119105258j:plain

「クエァァァァーンっ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119105316j:plain

土砂を巻き上げ、すっくと立ち上がる不気味な巨体。

持ち前の知性、それ以上の攻撃性が前面に顕れた悪魔的表情。

怪獣軍団屈指の喧嘩好きで知られる宇宙の無法者、その名は!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119105346j:plain

「クェクェクエァァァーッ、宇宙鳥人・アイロス星人参上!

 今の季節の北海道は、春の風が心地いいねぇ……

 この風が血生臭い臭いに染まると思うと、更にぞくぞくするぜィ!」

イフ「うむうむ! やる気充分だな、結構けっこう!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426122119j:plain

イフ「その上でアイロス星人よ、今一度確認しておくぞ。

 ワシがお前に与えた使命、それは……」

アイロス星人「ははっ、千歳に前線基地を築くことでございます!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119105639j:plain

千歳の山中に人知れず前線基地を築き、地球侵略の拠点とする。

これまで幾多の怪獣・宇宙人が臨み、そして果たせなかった計画は

今また、このアイロス星人へ引き継がれていたのであった。

 

イフ「よろしい、よく判っているな!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119105753j:plain

イフ「基地の完成までは、何人たりとも山に近づけてはならん。

 そのためにこそ、お前を用心棒として派遣したのだ」

アイロス星人「クェェェ、全てこの私にお任せ下さい、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119105840j:plain

アイロス星人「うかうか山に足を踏み入れる輩は、その都度おどかして

 ほうほうのテイで追い返してやりましたとも。

 これで最早、この山に近づこうと言う物好きなどは……」

 

「……おおっと、そいつはどうかな!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119105937j:plain

アイロス星人「(訝しんで)むむっ、どこの誰だ!?」

 

不意に響いてきた凛たる声に、慌てて振り返る宇宙鳥人

山道を踏みしめて毅然と歩いてきたのは、もちろんこの男だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119110008j:plain

アイロス星人「クエェェッ、お、お前は宙マン!?」

宙マン「あぁ、そうとも、宙マンだ。

 見ての通り、どこにでもいるごく普通の、何の変哲もない千歳市民さ!」

アイロス星人「ぬううっ……いちいちツッコまんぞ!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119110118j:plain

宙マン「いやいや、ツッコミ入れたいのは私の方さ。

 黙って聞いていれば……前線基地がどうしたって?

 馬鹿な企みは捨てて、早く暗黒星雲に帰るがいいさ!」

アイロス星人「ぐぬぬっ……言ったな!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119110203j:plain

アイロス星人「我ら怪獣軍団の悲願、千歳への前線基地建設……

 言うに事欠いて“馬鹿な企み”とは聞き捨てならんッ!」

宙マン「……では、あくまで「やる」と?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211027081738j:plain

アイロス星人「ああ、「やる」とも。お前を叩き潰してでもな!」

宙マン「(頷き)ならば、やむを得ん! 宙マン・ファイト・ゴー!!」 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、アイロス星人の前へ舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上!

  宇宙の無法者、この千歳で好き勝手はさせんぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210904234732p:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119110636j:plain

アイロス星人「クエァァァァーッ、大見得なんぞ切りよって……

 このアイロス星人相手に勝てるつもりらしいな、宙マン!」

宙マン「あぁ、こんな勝負はもう何百回もやってきてるんでね――」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119110716j:plain

宙マン「今回もまた、サクッと勝たせてもらうつもりだよ!」

アイロス星人「(怒り)クエァーッ、言ったな。抜け抜けと!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズをとり、決然と身構える宙マン。

さぁ、今日もまたスーパーバトルの幕開けだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119110844j:plain

真っ向激突、宙マン対アイロス星人!

北海道の原野を舞台に、巨大な両者の死闘が凄絶なる火花を散らせる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119110915j:plain

好戦的な気質を全開に、荒々しく宙マンに迫ってくるアイロス星人。

その鋭い牙を、翼をかいくぐり、宙マンは務めて冷静さを保ちながら

相手の隙を伺い、果敢に敵の懐へと飛びこんでいく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119110949j:plain

宙マン「えい! やぁ、タァァッ!

 どうだ、参ったか――これでもか!」

アイロス星人「クエァァァー! 効かん、効かんわ、そんなもの!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119111037j:plain

侵略宇宙人の中でも群を抜く、根っからの喧嘩好きにして凶状持ち。

宙マンの連続攻撃をアザ笑うように、アイロス星人はそれらの技を

敢えて真正面から受けることで、全く動じない自分をアピール。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119111104j:plain

アイロス星人「クェクェクェ、どうした!

 お前さんの技は、そんな程度でもう在庫切れかぁ!?」

宙マン「ぬううっ、ならばーーこれならどうだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119111208j:plain

腕をL字型に組み、星人めがけて発射する必殺光線。

伝家の宝刀、宙マン・エクシードフラッシュが迸る!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119111234j:plain

だが――

アイロス星人は、そんなエクシードフラッシュの正義の一閃を

大空に舞いあがり、軽々と回避してみせたではないか。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119111304j:plain

宙マン「(驚愕)何ッ!?」

アイロス星人「クエァァァーっ!

 宙マンなんぞ、このアイロス星人の敵ではないわいな!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119111354j:plain

大空をムササビのように舞い、地上めがけて発射する破壊光弾。

アイロス星人の口から吐き出される、破壊エネルギーの塊が

宙マンの周囲に次々と炸裂!

 

アイロス星人「クエァァァーっ! そ~れ、それそれそれ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119111422j:plain

「う、うわぁぁぁぁ……っ!!」

 

空中からの容赦ない連続攻撃!

爆風に吹っ飛ばされ、宙マンの巨体が地面に叩きつけられた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504101415j:plain

イフ「わははは! よーし、よしよし……

 流石はアイロス星人、上出来だ!

 あとはこの機を逃さず、一気に宙マンへとどめを刺せ!」

アイロス星人「クェクェクェ、お任せを、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119111607j:plain

宙マン「(苦悶)うう……うっ!」

アイロス星人「クェクェ……今すぐ楽にしてやるぞな、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119111649j:plain

宙マンにとどめを刺すべく、攻撃のモーションに入るアイロス星人。

だが、みすみすここでやられるヒーローではない――

宙マンもまた精神を一気に奮い立たせ、パワー全開で動いた!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119111729j:plain

宙マン「トゥアーッ!」

 

間一髪!

アイロスの吐きだした光弾をかわし、大空へ舞う宙マン。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119111802j:plain

アイロス星人「(狼狽)な、何っ!?」

 

宙マン「くらえ! 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211024230242j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、空中からアイロス星人を直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119112431j:plain

アイロス星人「グエァァァッ……こ、これは……クヤシイぃ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「ぐぬぬぬっ……またか、またしても宙マンにしてやられたか!

 覚えておれ、覚えておれ~ッ、次こそは必ず……!」

 

……と、怪獣魔王がいつもの負け惜しみを叫ぶまでが毎度の恒例。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119112734j:plain

かくして宙マンの活躍により、アイロス星人は追い払われ……

千歳の山林には再び、平穏なやすらぎが戻ってきたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119112756j:plain

宙マン「ふぅ、どうやらこれで一件落着、っと。

 ……あぁ、ひと仕事済んだら、お腹がすいちゃったなぁ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119112832j:plain

そして、そんな宙マンを待ってくれているお昼ごはんは……

落合さん謹製・フキノトウの天丼。

ほんのり広がる苦味が心地よい、春ならではのご馳走であった。

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119112905j:plain

平和の春呼ぶ、宙マンパワーの素晴らしさ。

さぁ、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?