遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

外は五月の雪だったの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220114j:plain

季節は既に初夏、吹き抜ける風も爽やかに……

気持ちのよい五月晴れの青空の下にある、北海道千歳市

そんな季節であろうと、なかろうと、お馴染み「宙マンハウス」の住人たちは

例によって例のごとくの変わらぬ調子なのであった。

ほらほら、覗いてみれば今回もまた……。

落合さん「ビーコンさん! いらっしゃいますでしょ、ビーコンさん!

 ちょっと貴方にお使いをお願いしたいんですけどねぇ?」

 

ビーコン「お使いっスかぁ?」

落合さん「ええ、いつも使っているお醤油をうっかり切らしてしまいましたの。

 ちょっとひとっ走り、ご近所のお店で買ってきて下さいな」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211129024802j:plain

ビーコン「え~、イヤっスよ、めんどくさい! それにオイラは忙しいんス」

落合さん「(ジト目)な~にが「忙しい」ですか!

 放っておけば一日ずっと、お部屋でゴロゴロなさってる癖に」

ビーコン「いやいや~、忙しいっよオイラ、やること一杯っス!

 ネトゲにエロゲにエロ画像回収……というわけで、今日も手が離せねーんで

 お買いモンならご自分でどうぞっス~☆」

落合さん「ンまぁっ、よくもぬけぬけと……

 ……判りました、ではこうしましょう。

 (ボソッと)余ったお釣り、ビーコンさんの懐に入れて構いませんから

ビーコン「(コロッと一変)了解っス、喜んで行かせてもらうっス!!」

ピグモン「はうはう~、ビーコンちゃん、行ってらっしゃいなの~♪」

落合さん「(呆れて)全く……この電波怪獣ときたら!」

 

と言うわけで、落合さんからお使い用の予算を受け取ったビーコン。

ウキウキ気分で、家のドアを開けて外に出ようとした時!

「……ど、ど、どひ~っ!!(汗)」

落合さん「どうしましたの、ビーコンさん!?」

ビーコン「いや、どうしたもこうしたも……コレ見てっスよ、コレ!」

宙マン「……うわ、何てことだ、凄い大雪じゃないか!」

ピグモン「えう~、もう五月なのに、こんなのおかしいの~」

落合さん「確かに妙ですわね、そんな予報はなかったはずですのに……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218003548j:plain

宙マン「急すぎるな……それに、この荒れ方はどう見ても異常すぎる」

ビーコン「(ハッとして)まさか、今日もまたまた……」

落合さん「……怪獣の仕業、でしょうか!?」

 

ピグモン「(上空を指し)ああっ!……みんな、アレ見てアレ、なの!」

おお、またしても不気味な異変!

ピグモンが指差した方向の空……宙マンたちの頭上を、猛烈な勢いで飛んでいく

不気味な黒い黒雲!

ビーコン「飛行機雲……っスかねぇ?」

落合さん「いいえ、あんな黒い飛行機雲など前代未聞ですわっ」

宙マン「(頷き)それに、何か……こう、得体のしれない気配も感じるぞ」

ピグモン「はうう、ピグちゃん怖いの~」

クリックすると元のサイズで表示します

「ガウガウ、ガオオオ~ンっ!!」

 

ピグモン「(目を見張り)は、はわわっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426230146j:plain

そう、宙マンの直感は正しかった――

黒煙に身を包んで千歳市の上空に飛来してきたのは、巨大な二枚の翼を備えた

見るも怖ろしい大怪獣であったのだ!

ピグモン「あっ! あの怪獣、ながもんちゃんの御本で見たことあるの!」

落合さん「(頷き)南極生まれの、冷凍怪獣ペギラさん……でしたわね、確か」

ビーコン「どひ~っ、道理で……

 五月ももう下旬だってのに、とんでもねー冷え込み方なワケっスよ!」

「怪獣軍団」の古参メンバーにして、「冷凍怪獣派閥」のご意見番

かつては東京都の全域を氷漬けにしてしまった実力の持ち主こと

冷凍怪獣ペギラが、またまた懲りずにその姿を現した!

ペギラ「ガオオーンッ! 寒気はやっぱりいいなぁ、心がウキウキ弾んでくるぜ!

 そして、この俺が来たからにゃ、この地に再び春はやってこないんだぜ」

落合さん「なんですって!? それはどう言う――」

ペギラ「決まってらァな、これから地球は永遠の氷河期に入るのさ!

 ギャオオーン、この俺の冷凍光線にかかりゃ容易いモンだぜぇ!」

ビーコン「どひ~っ、ずっと寒いままなんてマジ勘弁っスよぉ!?」

宙マン「ううむっ……また、ろくでもない事を企んでくれたものだな!」

ペギラ「ガオオーンっ、何とでもほざけやぁ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211204173355j:plain

グロッケン「ケッケッケッ……

 いかがですかィ魔王様、ペギラの旦那のあの張り切りよう!」

イフ「うむっ、素晴らしいぞ、流石に冷凍怪獣界の古豪だけはある!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211204173658j:plain

イフ「さぁ行けペギラ、今や天は完全にお前の味方だ!

 昂ぶりのままに暴れ、千歳の街を徹底的に破壊せよ!」

ペギラ「ガオオーンっ、お任せ下さいやし、魔王様!」

怪獣魔王の命に、俄然奮い立つペギラ

重々しい足音を周囲に響かせ、その巨体が進撃を開始する。

ビーコン「だーっ、もう、冗談じゃないっスよ!」

落合さん「初夏から冬に逆戻りだなんて、ご勘弁願いたいですわねェ!」

 

怪獣ペギラの出現により、またまた千歳は大パニック!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720194958j:plain

だが、こんな緊急事態を、航空防衛隊は放置などしない。

直ちに空の精鋭が、怪獣攻撃用の戦闘機でスクランブル!

 

ピグモン「あ、防衛隊が来てくれたの!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210720195023j:plain

ビーコン「う~ん、だけど……大丈夫っスかねぇ!?」

落合さん「あの怪獣……ペギラさん、でしたかしら?

 その強豪ぶりときたら、怪獣界でも折り紙つきだそうですから……」

「はっはっはっ、なぁに、任せといて下さいよ――

 そぉれっ! 全機、怪獣に一斉攻撃だっ!

ペギラめがけて、雨あられと叩きこまれるロケット弾!

だが、その相次ぐ直撃にも、まったく怯むことのない冷凍怪獣。

 

ペギラ「ガオオーンっ、小うるさいハエどもがぁっ!」

上空の戦闘機めがけて、霧状の物体を吐き出すペギラ――

彼の「冷凍怪獣」たる所以、恐怖の冷凍光線である。

 

「いかん、うかつに接近しすぎるな!

 アレの直撃を受けたら、この機体ではひとたまりもないぞ!」

勝ち誇るように、冷凍光線を吐き散らすペギラ

街がたちまち凍りつき、五月の千歳が分厚い雪と氷に閉ざされていく!?

ペギラ「ガオオーンっ、これがペギラ様の威力じゃあ!」

ビーコン「……ど、ど、どひ~っ!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218011652j:plain

一気に凍結し、氷の地獄と化した街。

それによって、避難中の自動車も只では済まず……

次から次へと、玉突き上に追突、横転、そして爆発!

氷漬けの街と、炎に包まれた路上。

退くも、とどまるも、まさに両極端の地獄である。

 

ペギラ「ガオオーンっ、どんなもんだぁ~!」

ビーコン「どひ~、すっかり調子乗ってるっス~!」

ピグモン「このままじゃ街が、街がたいへんなの~!」

落合さん「お殿様、今日も一仕事……お願いできますかしら!?」

宙マン「(頷き)ようし、やろうか! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426232617j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

さぁ、今日もまた正義の味方のお出ましだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426232808j:plain

ビーコン「あーもう、今はアニキだけが頼みの綱っスよ!」

落合さん「頼りにさせて頂きますわ、お殿様!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、しっかりなの~!」

ペギラ「ガオオーンっ、例え宙マン相手でも怖れるに足りねぇぜ。

 俺の強さは、これまでの若造どもたァ一味もふた味も違うんだからな!」

宙マン「いやいや、所詮……悪は正義の前に屈するさだめさ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ!

ペギラ「ガオオーンっ、捻り潰してやるぜ、宙マン!」

宙マン「さぁ来い、ペギラ!」

激突、宙マン対ペギラ

落合さんたちが見守る中、二つの巨体が戦いの火花を散らす。

翼を激しくうち振り、チョップ攻撃を仕掛けてくるペギラ

それを冷静に見切って回避し、時に受け流して、宙マンもまた

果敢にペギラの内懐へと飛び込んでいく。

ペギラ「ガオオーンっ! いだだ、あ痛ててててっ!」

宙マン「それっ、まだ参らないか――これでもかっ!」

羽の付け根を痛めつけ、更に空手チョップの連打。

宙マンの連続攻撃の前には、さしものペギラもたじろいだ。

宙マン「さぁどうだッ、正義の力を思い知ったか!?」

ペギラ「ガオオーンっ……

 そこで油断するのが、お前の悪い癖ってヤツだぜ!」

バサバサバサバサっ!

ペギラの羽ばたきによって、凄まじい勢いの烈風が巻き起こる!

宙マン「う、うおおおっ!?」

 

横殴りの烈風をまともに食らい、宙マンの巨体も吹っ飛ばされる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429162343j:plain

落合さん「お、お殿様っ!?」

ビーコン「っがー、ペギラのヤローはあの攻撃もあるから厄介っス!」

ピグモン「はわわわ……宙マン、負けないでなの~!」

グロッケン「っしゃ! 流石はペギラの旦那だぜ!」

イフ「さぁやれペギラよ、今度こそ宙マンにとどめを刺すのだ!」

宙マン「(苦悶)う……うう……っ!」

ペギラ「ガオオ~ンっ、心臓まで凍りつかせてやるぜ!」

「さっきの言葉、そのままお返しするぞ……

 そこで油断するのが、お前の悪い癖だ!

 

ペギラ「死ねェッ、宙マン!」

宙マン、とっさのパワー全開!

ペギラの冷凍光線を、得意の回転戦法で軽やかに回避していく。

 

ペギラ「ガオォォーンっ、こんにゃろ、こんにゃろっ!」

自棄のやんぱちで、冷凍光線を乱射するペギラ

だが宙マンは、その一閃を華麗にかわして大空へジャンプ!

ペギラ「(目をパチクリ)が、ガオォォッ!?」

宙マン「くらえ――宙マン・閃光波!

ピッキュイィィーン!

 

高らかな音とともに、宙マンの手にストロボ状の発光が生じ……

次の瞬間、ペギラのボディで激しい爆発が起こる。

クリックすると元のサイズで表示します

たまらず、冷凍怪獣がドドーッと倒れたところへ――

 

宙マン「とどめだ! 宙マン・フラッシュボンバー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604233544j:plain

 シ ュ ッ パ ァ ァ ー ン ッ !!

右手に集中させた闘気を、裏拳とともに勢いよく解き放ち……

赤いエネルギー弾として、怪獣めがけて叩きこむ荒技。

フラッシュボンバーの一撃が、ペギラを直撃!!

ペギラ「うがぁぁぁっ……こ、これは痛烈ぅぅ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429164706j:plain

ビーコン「いえっふ~、やったっスねぇ、アニキ!」

落合さん「お殿様、素敵です……♪(うっとり)」

ピグモン「はうはう~、宙マン、どうもありがとうなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429164715j:plain

人々の笑顔と歓声が、宙マンの勝利を讃える――

五月晴れの青空の下に立つ巨体は、どこまでも雄々しく、逞しかった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うがぁぁっ……どこまでも小癪な宙マンめが!

 だが、こんなことで怪獣軍団は挫けやせんぞ。

 次こそは必ず、必ずや貴様の息の根を止めてやる!」

 

……などと言う、怪獣魔王のいつもの負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210806210319j:plain

我らが宙マンの活躍によって、冷凍怪獣ペギラは撃退され……

千歳には再び、温暖な初夏の気候と生命力が戻ったのであった。

 

落合さん「お殿様、どうもお疲れ様でした!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429165645j:plain

宙マン「いやはや、それにしても……

 季節外れの冷凍怪獣相手は、二重に厄介だねェ。

 何しろお腹がぺこぺこになるわ、体が芯まで冷えちゃうわ!」

ピグモン「そういう時は、あったかいもの食べて元気出すの~」

落合さん「お任せ下さい、すぐに美味しい料理を用意いたしますから――

 と言うわけで、ビーコンさん。

 改めてお使いの方、よろしくお願いしますわね?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604235909j:plain

ビーコン「ダーッ、とことんオイラをこき使う気っスね!? 鬼っスか落合さん!」

落合さん「鬼とは何です、私のような美人をつかまえて……」

ビーコン「いーや、鬼っス、般若っス、人でなしのケダモノっス!

 お使いの釣り銭を小遣いにもらう程度じゃ、決して騙されやしねぇっス――

 胸揉ませろ、乳吸わせろ、ついでに尻もこねさせろっス~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーいっ、このエロ怪獣! どさくさ紛れに何てことをっ!(怒)」

ビーコン「ひぇぇ~っ、やっぱり鬼メイドだったじゃないっスかぁぁ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

凍てつく風にも、消せない闘志……

宙マンの笑顔が、千歳の街に薫風を呼ぶ。

さァて、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?