遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

超能力星人の急襲の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227022537j:plain

爽やかな陽気に暖められている北海道の大地。

ここ・千歳市も、清々しい青空の下で平和を満喫中である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427203700j:plain

慌しくもどこか呑気な、千歳の街をそぞろ歩くのは……

毎度お馴染み「宙マンハウス」の住人、落合さん&ビーコンの極楽コンビ。

と言うわけで今回は、まずこの二人にスポットを当ててみるとしよう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227022855j:plain

落合さん「さて、と……これで挨拶回りも一段落ですわね!

 山菜料理も先方の皆様方に喜んで頂けて、本当にようございました」

 

落合さん「それと、はなはだ不本意ではありますが……

 ビーコンさんにも一応、お礼を言っておきませんとね」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010428j:plain

落合さん「あなたが荷物持ちを引き受けて下さったおかげで、

 正直私もずいぶん助かりましたから……本当に不本意ですけれど!」

ビーコン「ヒヒヒ、相変わらず毒舌っスね~、落合さん

 ま、その分オイラも、しっかり「報酬」は貰うっスけどね!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227025245j:plain

落合さん「(ジト目)ほーら、案の定きましたわね……。

 で、何がお望みですの? ビーコンさんは」

ビーコン「んー、そっスねぇ、とりあえず……

 これからラーメンどうスか? 勿論、落合さんのおごりで!」

落合さん「はぁ、ラーメン……ですか?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227023140j:plain

ビーコン「っス、そこの店はなんたって葱味噌ラーメンが絶品で!

 濃厚なコクとたっぷりの旨味を湛えた、秘伝ダレがベースの

 アッツアツの激旨スープ……」

落合さん「……(ごくりと唾を呑みこんで)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227023222j:plain

ビーコン「で、それと真っ向から渡り合うのは自家製のタマゴ麺!

 ぷりぷり、シコシコ、噛みしめるごとに旨味が溢れる麺は

 コクあるスープの旨味の洪水にも押し流されず……」

落合さん「(慌てて)ステイ! ビーコンさん、ステイっ!

 ……なるほど、魅力的なお話ではありますけど。

 ですが、家でお殿様とピグモンちゃんがお留守番している手前

 私たちだけで外食を楽しむのはメイドの職業倫理に……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227023319j:plain

ビーコン「ヒヒヒ、だ~からこそっスよ、落合さんっ!!

 誰かに内緒でコッソリ食べるからこそ、旨いものは余計に旨い。

 これ、宇宙開闢以来の絶対の真理っスからね!」

落合さん「うう、分かります……

 ものすごく分かってしまう自分が、何だかすごく嫌ですわ(汗)」

ビーコン「ヒヒヒ、それじゃ決まりっスね!

 これも平和な日常ならでは、日々是口実っス~☆」

落合さん「……もう(苦笑)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210806210319j:plain

だが、賢明なる読者諸氏は既にお気づきのことであろう。

こういう日常が営まれているときに限って、『宙マン』ワールドでは

往々にしてロクでもない事件が起きるものである、ということを――

 

そして残念ながら、今回もまたその例外ではなかったのである!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426224545j:plain

ゴ ウ ン ッ !

 

落合さん「!!(ハッと空を見上げる)」

ビーコン「(冷や汗)な……なんスか、今の!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426224708j:plain

ズゴゴゴグワーンっ!

 

耳をつんざく大音響とともに、上空から猛スピードで飛来し……

一直線に落下、大地に激突して大爆発を起こす赤い光玉。

濛々と吹き上がる、赤い噴煙の中から立ち上がったのは!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227023718j:plain

「ウリリィィ~っ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227023742j:plain

落合さん「か……怪獣!?」

ビーコン「や……あのルックス、ありゃ宇宙人っスよ!」

落合さん「厄介の度合いで言えば、どちらも変わりありませんわ!」

ビーコン「……んー、ごもっともっス」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227023811p:plain

のっし、のっしと大地を踏み鳴らし……

千歳市のド真ん中に現れた巨体は、超能力星人・ウリンガ。

有り余るパワーの暴れん坊、もちろん怪獣軍団の一員だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227023854j:plain

ウリンガ「ウリリィ~、じっとしてるなんてのは俺の性に合わないぜ!

 これから思い切り、大暴れしてストレス解消ってワケさ。

 てなわけで、そこんとこヨロシクぅ!」

ビーコン「どひ~っ、そんなの全然よろしくしたくないっス!(汗)」

落合さん「毎度のことながら、何て身勝手な……(呆)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508151432j:plain

イフ「わははは……身勝手結構、大いに結構!

 無理を通して道理を叩き壊す、それこそ怪獣軍団にとっての

 “期待される怪獣・宇宙人像”と言うものよ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227024032j:plain

イフ「遠慮はいらんぞ、思い切り暴れろウリンガ!

 地球侵略の前線基地を、この地に築きあげる為にも……

 まずは目につく全てのものを、徹底的にブチ壊すのだ!」

ウリンガ「ウリリィ~、やらせてもらいますぜ、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227024107j:plain

怪獣魔王の命を受け、進撃開始するウリンガ!

迫り来る白銀の巨体を前に、悲鳴をあげて逃げまどう人々。

 

ああ、またまた千歳市の大ピンチ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227024136j:plain

だが、そんなウリンガの傍若無人に歯止めをかけるべく……

航空防衛隊の戦闘機が、千歳基地からスクランブル発進した。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227024205j:plain

ビーコン「おおっ、いつもながら出前迅速っスねぇ!」

落合さん「頼みましたわよ、航空防衛隊の皆様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227024243j:plain

「ようし……全機、攻撃開始っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227024429j:plain

ウリンガめがけて、雨あられと叩きこまれるロケット弾!

だが、鎧のような白銀のボディには全く通用しない。

 

ウリンガ「ウリウリィ~、無駄よ、無駄無駄!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227024517j:plain

「う、うわぁぁぁぁ……っ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227024540j:plain

ウリンガの目から放たれる破壊光線!

その威力の前に、戦闘機隊は次々に撃墜されていく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227030348j:plain

ビーコン「……ど、どひ~っ!

 華奢なナリして、アイツ、とんでもないパワーっスよ!(汗)」

落合さん「(頷いて)そして……とてつもない暴れん坊さんですわ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427235422j:plain

 サンドロス「をほほほ、まぁだ、まだまだ!

 ウリンガちゃんの強さは、こんなものじゃないドロスわよ!」

イフ「さぁウリンガ、お前の自慢の超能力を見せてやれ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227030654j:plain

ウリンガ「(頷き)ウリリリ……ウリンガぁぁ~っ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130103844j:plain

おお、見よ! 驚愕せよ!

ウリンガの雄叫びとともに念動力が発動し、ビルディングを粉砕し

瓦礫や車を嵐のごとく翻弄する様を!

 

と、そこへようやく姿を現してくれたのは、毎度お馴染み――

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227031032j:plain

ビーコン「おおうっ、宙マンのアニキ!」

落合さん「お殿様、いいところへおいで下さいました!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429165645j:plain

宙マン「あんまり帰りが遅いから、心配になって来てみたんだが……

 コレはいったい、何の騒ぎだね?」

落合さん「えぇと、何と申しましょうか……」

ビーコン「アレ見てもらうのが、一番手っ取り早いっス!」

 

そう言って、ビーコンが指差した先には……

持ち前の超能力で、我が物顔に暴れ回るウリンガの姿が!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227031157j:plain

宙マン「ううむっ、これは色々納得せざるを得ないな!」

ビーコン「よかった、話が早くて助かるっス!」

落合さん「ご出座頂きましたところ、早速ではありますが……

 お殿様、今日もひと仕事、お願いできません!?」

宙マン「(頷き)……やむを得ん、それしかないね! 

 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、ウリンガの前へと舞い降りていく!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上! 

 おいたが過ぎる無法星人め、きついお灸を据えてやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227023742j:plain

ビーコン「ああっ……毎度ながらの、この安心感っスよねぇ!」

落合さん「当然ですわ、私たちのお殿様ですもの!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227031453j:plain

ウリンガ「ウリリィ~、そうか、お前が宙マン……

 軍団の仲間たちが手を焼く、噂のプラネット星人か!」

宙マン「ああ、そうとも、宙マンだ。

 現役は引退したけれど、技はまだまだ鈍っていないぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

全身にみなぎる怒りを力に変え……

ファイティングポーズをとって、敢然と身構える宙マン。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227031653j:plain

ウリンガ「ウリリィ~っ! 行くぞ、宙マン!」

宙マン「来い、ウリンガ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227031734j:plain

激突、宙マン対ウリンガ!

落合さんたちが見守る中、今日もスーパーバトルの幕が開く。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227031800j:plain

左右の拳を固く握り、軽快なフットワークとも相まって……

旺盛な闘志の赴くまま、ボクシング・スタイルで襲い来るウリンガ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227031841j:plain

右に左に、激しく繰り出されるウリンガのパンチ!

その打撃をかわし、受け止めながら……

宙マンもまた、敵に負けず劣らずの闘志で果敢に肉薄していく。

 

宙マン「そうれっ、こいつを受けてみろ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227031912j:plain

一瞬の隙を突き、宙マンの繰り出したストレート・キック!

鋭い一撃を腹に受け、じりじりと後退させられたウリンガである。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227031947j:plain

宙マン「どうだ、参ったか!」

ウリンガ「(激怒)……ウウウ……ウリィィィ~っ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032004j:plain

怒りの雄叫びとともに、目から破壊光線を放つウリンガ!

爆発の衝撃と熱に、宙マンが大きくよろめいた隙を逃さず……

ウリンガの奥の手、破壊的規模の念動力が発動した。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032029j:plain

宙マン「(苦悶)ぐ……うぉぉぉ……っ!?」

ウリンガ「ウ~リ、ウリウリ……ウリンガぁぁ~っ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032110j:plain

宇宙屈指とも噂される、ウリンガの念動力!

不可視の「力」に、全身の自由を奪われて翻弄される宙マン。

そして、遂に……!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032130j:plain

ズ、ズーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032201j:plain

落合さん「……お、お殿様っ!?」

ビーコン「どひ~っ、や、ヤベェっスよ!

 これじゃ……このまんまじゃ、マジでアニキが……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032239j:plain

宙マン「う、ううっ……」

ウリンガ「ウリウリィ~、俺の勝ちだぜ! とどめだ宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032259j:plain

宙マン「なんの……なんの、これしきっ!

 それっ! 宙マン・サンブライト・スパーク!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032400j:plain

宙マンの胸から周囲に迸る、太陽光のごときまばゆい閃光!

その正義の光に、思わず目がくらむウリンガ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032424j:plain

ウリンガ「ウ、うおおおっ!?」

 

ビーコン「よっしゃ、上手いっス、さすがアニキ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227030348j:plain

落合さん「こうなればしめたもの、後はお殿様のペースですわ!」

 

ウリンガ「ニャロォォっ……こけ脅しをっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032504j:plain

苛立って、目からの破壊光線を放つウリンガ。

だが宙マンは冷静にそれを見切り、ひらりとかわして大ジャンプ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032527j:plain

宙マン「エイヤァァーっ! 宙マン・ミラクル・キック!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032550j:plain

出た! 伝家の宝刀、ミラクルキック!

強烈無比の足先を受け、たまらずドドーッと倒れるウリンガ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

ウリンガ「(悶絶)ぐ、ぐふぅおおっ……」

宙マン「ようし、とどめだ――これで決めてやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210627204506j:plain

ウリンガめがけ、真っ向から突っ込んでいく宙マン。

その全身が、体内から溢れ出すエネルギーによってみるみる赤く染まる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032819j:plain

「ドゥリャアぁぁぁーっ!

 宙マン・エネルギッシュ・ボンバー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227032841j:plain

出た! 宙マンの肉弾戦法、エネルギッシュ・ボンバー!

真紅のエネルギーで全身を包んで、自らを巨大な光の弾丸と化し……

そのまま一気にウリンガの懐へ飛びこみ、ボディを貫通してしまう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210627205401j:plain

宙マン「―どうだっ!」

ウリンガ「ウリ、リリリっ……ま、参ったぁぁ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227033012j:plain

エネルギッシュ・ボンバーの威力に崩れ落ち、大爆発するウリンガ。

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227033119p:plain

必殺の肉弾戦法で、ウリンガを見事に打ち倒し……

華麗な空中回転とともに、かっこよく着地を決める我らが宙マン。

青空に映えるその雄姿は、どこまでも逞しく、頼もしかった。

 

サンドロス「あらあら、何てことドロしょ……

 まさか、まさか、ウリンガちゃんのあの超能力までが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うぬぬぬっ、またしてもか……またしても宙マンめが!

 だが、覚えておれよ……

 次なる怪獣が、この恨みを必ず晴らしてやるからな!」

 

……などと言う、怪獣魔王の負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153136j:plain

我らが宙マンの活躍によって、暴れ者の星人ウリンガは撃退され

千歳の街には再び平和が蘇ったのであった。

 

落合さん「どうもお疲れ様でした、お殿様!」

ビーコン「アニキのおかげで、今日も一件落着っス~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227033425j:plain

宙マン「や、私もね、二人が無事で安心したよ。

 さ、そろそろ帰ろうか。家でピグモンが待ってるよ!」

落合さん「はい、お殿様♪」

 

ビーコン「(ひそひそ)……って、ちょっとちょっと、落合さん」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227025245j:plain

ビーコン「内緒で飯食いに行く話、アレはどうなるんスか?」

落合さん「(苦笑)そう言うムードじゃなくなっちゃいましたものねぇ。

 ま、この件はなかったことに、って事で……」

ビーコン「ヒヒヒ、今回ばかりはしゃーないっスね!

 でも落合さん、別の「内緒」があるからご心配なくっスよ。

 そう、オイラと落合さんの、目くるめくような情熱の一夜……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーい、そんなものは永久に大却下ですっ!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、念力いらずの空中浮揚っスぅぅ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211227033653j:plain

今日もありがとう、宙マン!

さて、次はどんな活躍と……

そして、どんな冒険が待っているのかな?