遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

威信欠ける海戦の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

季節は8月、ここ・北海道も夏まっさかり!

照りつける太陽と青空、豊かな大自然が、ここへ来て思い切り遊ぶがいいと

道内外の人々を優しく、かつ情熱的に誘いつづけている季節。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210503231736j:plain

そんな無言の「お誘い」を受けては、どうにもこうにも家でじっとしていられない

お馴染み・宙マンファミリーとほんわか町の人々である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202164754j:plain

そんなわけで、今回の『宙マン』は……

かくのごとき盛夏にふさわしい舞台、新ひだか町の海岸沿いから物語を始めよう。

 

 

落合さん「うふふ、夏ですわ! 海ですわ!」

ビーコン「いえっふ~! 太陽ギラギラ、ウィンクゴックンっス~☆」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202164900j:plain

宙マン「千歳は山ばかりだから、たまに海に来ると新鮮な気分でいいねぇ!」

ピグモン「はうはう~、潮風が気持ちいいの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010627j:plain

ながもん「海沿いの、場所だからこそ……海産物も……おいしい」

みくるん「うふふっ、やっぱり新鮮さが段違いだもんね~。

 ……でも、まだだよながもん?

 まずはお昼ご飯の前に、いっぱい遊んでお腹をすかせなきゃ」

 f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011102j:plain

落合さん「海水浴に、ビーチバレーに、貝殻集めにスイカ割り……」

ピグモン「いろんなたのしいこと、い~っぱいなの~」

宙マン「せっかくここまで来たんだ、みんなで思いっきり楽しもうじゃないか。

 ええと、まずはね――」

 

「おお~ぃっ! 

 宙マンさん、宙マンさん、大変だよ~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428214024j:plain

落合さん「あら、お帰りなさいませ、熊澤様!」

ビーコン「道の駅で、何かいい掘り出しもんでもあったっスか?」

熊澤さん「いやいや、それどころじゃないんだってば。事件だよ、事件!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428213603j:plain

宙マン「(表情が引き締まり)何があったんです!?」

熊澤さん「このあたりの海で、怪物の目撃情報が相次いでるんだってさぁ。

 おかげで、ここら辺の人らはその話題で大騒ぎだよ――

 このままじゃ、海辺への進入禁止や遊泳禁止もあり得る、ってさぁ!」

落合さん「ええっ、何ですのソレ!?」

みくるん「せっかくここまで来たのに、遊泳禁止なんてないですぅ~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202165736j:plain

ながもん「これは、なかなか……テンション、下がる」

ピグモン「えう~、ピグちゃんもがっかりなの~。

 せっかくみんなと、海で遊ぶの楽しみにしてたのにぃ……(しょんぼり)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210503232033j:plain

落合さん「お殿様……」

宙マン「(頷き)……どうにもこれは、穏やかならざる気配だね!」

 

おお、何と言うことであろう――

レジャー気分で浮かれていた人々に、冷水をぶっかけるかのごときニュース!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202170004j:plain

そして、その噂は残念ながら事実であった。

新ひだかの海が激しく泡立ち、波しぶきとともに姿を現した者、それは……!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202170027j:plain

「グェグググゥ~、ゲスラちゃんでゲ~スっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202170049j:plain

海中からのっそりと上陸してくる怪獣軍団の一員、ゲスラ

海獣」と言う異名のごとく、容貌怪異な文字通りの“海のけだもの”である。

 

ゲスラ「グェググゥ~、俺ちゃんは今、サイコーに乗りまくっているでゲス!

 全身にみなぎる、このワイルドな海賊魂を見ろでゲス!」

イフ「おお、実に気合が入っておるな、素晴らしいぞゲスラよ!」

ゲスラ「グェグググ、ま~かせてでゲスよ、魔王様!」

イフ「うんうん、ますますもって頼もしい限りだわい!

 して、その海賊魂をもって……お前は、どんな作戦を遂行するのだ?」

ゲスラ「作戦?」

イフ「ああ、そうだとも。遠慮なくワシに聞かせてみるがいい!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202170327j:plain

ゲスラ「(しばし考えて)……えーっとぉ……(汗)

 

イフ「……な、なんだ、その気の抜けたような答えはっ!

 張り切って地球に向かったのは、何か考えあってのことではなかったのか!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202170410j:plain

ゲスラ「え~っと、何ていうんでゲしょう……

 なんつーか、読んだ漫画に影響受けて、そのまま勢いで……ってカンジ?

 ごめんちゃいでゲス、てへぺろっ☆

イフ「(イラッ)……てへぺろで済ますな、この大バカ者めが~!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「海賊魂だの何だのと息巻いて、ワシにさんざん期待させおって……

 挙句がそのザマとは何だっ、恥を知れ、恥をっ!」

ゲスラ「(恐縮)ひぇぇぇ、ご、ごめんなさいでゲス~」

 

「はっはっはっ……とんだ茶番だったな!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202170552j:plain

凛として響いてきたその声に、慌てて振り返るゲスラ

華麗なる空中回転とともに現れたのは、もちろんこの男・我らの宙マンだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上!

 怪獣軍団の悪企みは決して許さん、と言いたいところだが……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202170654j:plain

宙マン「話を聞かせてもらった限りじゃ、どうやら君と戦う理由はなさそうだ。

 悪いことは言わん、おとなしく暗黒星雲に帰りたまえ」

ゲスラ「……って、言ってくれてるでゲスけど。

 この場合、俺ちゃんはどうすればいいでゲスかねぇ、魔王様?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202170805j:plain

イフ「えぇい、バカ者、何を言っておるか!

 このまま帰って来たのでは、ワシら怪獣軍団がひたすら赤っ恥ではないか――

 よいか、この上は宙マンを倒し、この不始末の埋め合わせとするがよい!」

ゲスラ「(平伏)は、ははぁーっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202170850j:plain

ゲスラ「(顔を上げ)グェグググ、そういうことなんで……

 お前にはこの場で死んでもらうでゲスよ、宙マン!」

宙マン「結局はこうなるのか……ならば、やむを得ん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズを取り、敢然と身構える宙マン。

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトルの幕開けだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202170950j:plain

全身のウロコをぬめらせながら、猛然と襲いかかってくるゲスラ

卓越した技の冴えで、宙マンも怯むことなく立ち上がっていく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202171021j:plain

激突、宙マン対ゲスラ

新ひだかの海岸に、波の音さえかき消す勢いで響き渡る打撃音。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202171051j:plain

ドスドスと無遠慮な足音を響かせて、突進してくるゲスラ

迎え撃つ宙マン、力と力のぶつかり合いである。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202171115j:plain

宙マン「くうっ……や、やるな!?」

ゲスラ「当たり前でゲス、相撲の強さにはちょっと自信あるでゲスよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202171150j:plain

炸裂、ゲスラのメガトン頭突き!

充分以上に勢いの乗った「重い」一撃が、宙マンを大きくよろめかす。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202171216j:plain

そこへすかさず、ゲスラの前足による叩き込み!

「自信がある」と豪語するだけはあるゲスラの相撲技に、宙マンもたじたじだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202171528j:plain

岸壁に激しく波が叩きつける中、更にヒートアップしていく戦い!

倒れた宙マンの上にのしかかり、パンチの連打を食らわせていくゲスラ

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202171558j:plain

ゲスラ「グェグググ、天下の宙マンも今日が命日でゲスよ!」

宙マン「ぐうっ! お、おのれ――」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202171632j:plain

「これしきの事で……負けて、たまるかッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211029213741j:plain

宙マン、パワー全開!

覆いかぶさるゲスラの体を、渾身の蹴りで押し返す。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202171813j:plain

たまらず吹っ飛んだゲスラが、砂浜に倒れこんだところへ――

 

宙マン「どりゃあーっ! 宙マン・ショット!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202171842j:plain

気合とともに、不可視の破壊衝撃波を放つ宙マン!

腹部めがけて炸裂したその一閃が、海獣ゲスラへの決定打となった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202171910j:plain

ゲスラ「グェグググ、この一撃は痛烈でゲした~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202172119j:plain

イフ「う、うがぁぁぁっ……またしても、またしても宙マンめが!!

 だが、怪獣軍団にはまだまだ怖ろしい怪獣がいくらでもいるのだ。

 次々に新手を送りこみ、今度こそは必ず貴様の息の根を止めてやる!

 よいか、覚えておれよ宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130193818j:plain

かくして宙マンの活躍により、海獣ゲスラは撃退され……

新ひだか一帯の海岸には、再び平和と笑顔が戻ってきたのであった。

 

熊澤さん「やぁやぁ……どうもお疲れ様、流石は宙マンさん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428215906j:plain

落合さん「お疲れ様でした、お殿様!」

ピグモン「これでまた、安心して海で遊べるの~」

宙マン「いやいや、それもいいけど……まずは昼ご飯にしたいね、私は」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202172523j:plain

みくるん「うふふっ、あれだけの激しい戦いの後ですもんね~」

ながもん「お腹が、減るのも……いたしかた、なし」

宙マン「うん、わかってもらえて嬉しいよ~。

 やっぱりここは、当地の名物をお腹いっぱい食べたいもんだね」

熊澤さん「となると……やっぱり、海産物かねぇ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202172723j:plain

ビーコン「いえっふ~! そうっス、海産物っスよ、お刺身一択っス!

 と言うわけで落合さん、今すぐ服脱いでスッポンポンになるっスよ!」

落合さん「……はぁ、なんでそうなりますの!?」

ビーコン「ヒヒヒ、皆まで言わなくても分かってるクセにぃ!

 海と来て、刺身とくれば、導き出される答えは当然「女体盛り」……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーいっ! お黙りんこっ、このエロ怪獣っ!(怒)」

ビーコン「ひぇぇ~っ、8月の潮風が身に沁みるっスぅぅ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202173003j:plain

今日も本当にありがとう、宙マン。

だが未だ、怪獣軍団の野望は尽きない……

さぁ、次回はどんな冒険が待っているのかな?