遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

鉄血まだら作戦の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206205312j:plain

怪獣軍団の辞書に「懲りる」と言う文字は無い。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115259j:plain

はたしてそれが単なる落丁版か、故意に消したものかは定かではないが……

そんなわけで今日もまた、暗黒星雲から恐怖の魔手が地球に迫るのだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426121145j:plain

イフ「さぁ、いよいよお前の出番だ、我が怪獣軍団の誇る精鋭よ!

 持てる力を存分に奮い、今度こそ地球をワシら怪獣軍団の物とするのだ。

 行け! 行け! 行けーぃっ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426122355j:plain

我々の故郷・青き水の惑星……

地球を目指して今日もまた、新たなる悪の使者が暗黒星雲から飛び立った。

果たして、今度の敵はいかなる恐怖を地上にもたらすのであろうか!?

 

そして、今回、一切の前置きを抜きにして。

真っ赤に燃えあがる赤い光球は、地球の大気圏を抜けて地上に達した!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426224545j:plain

落合さん「あらあら、あれはっ!」

ビーコン「おろろっ、なんか今日はいきなり来たッスねぇ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206210443j:plain

ズゴゴゴグワーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206210511j:plain

耳をつんざく大音響とともに、千歳市の上空から猛スピードで飛来し……

一直線に落下、千歳市内の地面に激突して大爆発を起こす赤い球体。

濛々と吹き上がる、赤い噴煙の中から立ち上がったのは!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206210541j:plain

「ヒュヒュヒュヒュ……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206210558j:plain

異様な閃光を放ちつつ、一気に巨大化する異形のシルエット。

怪獣軍団の一員、「影の国」こと惑星X出身の分身怪獣・マルチだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426231846j:plain

ピグモン「(怯えて)きゃああん、なんか出てきたの、怪獣なの~!」

ビーコン「まぁ……この流れなら、こうなるだろうとは思ってたっスけどね~」

宙マン「で、またまた今日もお騒がせってわけか……困ったものだな!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206210814j:plain

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ……お騒がせ結構、大いに結構!

 この私は、そのためにわざわざ暗黒星雲からやって来たんだからな!」

ビーコン「どひ~っ、やっぱやらかす気マンマンっスよ、アイツ!」

落合さん「今度は何をどうなさるおつもりなんですの!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206210921j:plain

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ、いいだろう、教えてやるとも!

 このマルチ様が地球に来たのは、“鉄血まだら作戦”遂行のためだ」

宙マン「鉄血……まだら作戦、だと……?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206211010j:plain

マルチ「ヒュヒュヒュ、そうとも、“鉄血まだら作戦”だ!

 そう、それはすなわち――」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206211047j:plain

あ、もういいっスわ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206211113j:plain

マルチ「(思わずズタこけ)……こ、ここでそう来ちゃう!?」

ビーコン「いや~、なんか無駄に長いハナシになりそうだったんで……」

落合さん「(グッと親指立てて)今回は珍しくグッジョブでしたわよ、ビーコンさんっ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508132918j:plain

イフ「えぇい、奴らのペースに惑わされるでない、マルチよ!

 お前はただ、お前の使命を速やかに、確実に果たせば良いのだ!」

マルチ「そうでした、魔王様……では、只今からそのように致します!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206211317j:plain

怪獣魔王の命を受け、進撃を開始するマルチ!

迫り来るその巨体を前にして、悲鳴をあげて逃げ惑う千歳の人々。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206211348j:plain

落合さん「ンもう、怪獣軍団の方たちときたらこれだから……

 話を聞こうが聞くまいが、なさることは結局同じですものねぇ!?」

ビーコン「ぼやいてる間にさっさと逃げるっスよ、落合さぁん!(汗)」

宙マン「みんな、さぁこっちだ……早く!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206211811j:plain

マルチの赤い両目から、地上めがけて迸るアイビーム!

命中した箇所が大爆発を起こし、あらゆるものを即座に粉砕してしまう威力。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206211927j:plain

「う、うわぁぁぁっ……!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211027084006j:plain

航空自衛隊の戦闘機でさえ、この威力の前には赤子同前。

アイビームに機体を貫通され、一機、また一機と敢えなく撃墜されていく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426131117j:plain

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ、思い知ったか地球人ども、このマルチ様の威力を!

 そして“鉄血まだら作戦”が発動されたその暁には……

 ……ヒュヒュ、この地球はもはやお前たちの星ではなくなるのだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206212237j:plain

ビーコン「どひ~っ、なんかメッチャ怖いこと言っちゃってるんスけどぉ!?(汗)」

落合さん「ただのハッタリ……では、済みそうにないのが困りものですわねぇ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504000227j:plain

ピグモン「はわわ……宙マン、宙マン、なんとかしてなの~」

宙マン「ああ、判ってるとも! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213107j:plain

まばゆい閃光を放ち、みるみる巨大化する千歳のヒーロー。

さぁ行け宙マン、分身怪獣マルチをやっつけろ!

ピグモン「はうはう~! 宙マン、がんばってなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211130104603j:plain

落合さん「お殿様! もはや私たちの希望はお殿様だけですわ!」

ビーコン「いえっふ~! 頼んだっスよ~、アニキ~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206212908j:plain

宙マン「分身怪獣マルチよ、お前の野望はこの私が打ち砕いてやる!」

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ……ほざくな宙マン、返り討ちにしてやる!

 そしてお前を倒したその時、私の“鉄血まだら作戦”も発動されるのだ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213234j:plain

マルチ「ふふふ、“鉄血まだら作戦”! そう、それはすなわち……」

宙マン「(無視して)行くぞ、マルチ!」

マルチ「……ちょ、おまっ! 頼むから最後まで聞いてくれよ~!?(涙目)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213322j:plain

激突、宙マン対マルチ!

落合さんたちがハラハラと見守る中、巨大な両者の攻防戦が展開されていく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213343j:plain

相手に反撃の隙を与えまいと、怒涛の勢いで攻めに攻める宙マン。

だがマルチもさるもの、吸盤状の両腕によるチョップ攻撃で果敢に渡り合う。

巨大ヒーローと大怪獣、格闘技の勝負はほぼ互角!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213413j:plain

マルチ「むうっ……おのれ、宙マン!」

宙マン「はっはっはっ、マルチよ、お前の力はその程度か!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213503j:plain

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ……いい気になるのも今のうちだけだ!

 知るがいい、なぜ私が“分身怪獣”と呼ばれているのかを!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213544j:plain

マルチの全身が、ストロボ状の閃光を放った次の瞬間!

巨体から幻影が抜け出て、宙マンの眼前でマルチが二体になったではないか。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213609j:plain

宙マン「(驚き)!?」

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ……見たか宙マン、これが私の得意技だ。

 分身術の腕前と精度なら、バルタン星人にも引けはとらんぞ――

 果たしてどちらが本物か、お前の眼には見分けがつくまい!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213647j:plain

宙マン「なんの、だったら両方とも倒してしまえば済む話だ!」

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ……できるつもりか、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213726j:plain

二体に分身し、同時攻撃を仕掛けてくるマルチ!

その両面からの攻撃には、さしもの宙マンも苦戦を強いられてしまう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213752j:plain

前を捌けば、また後ろから……

かと言って背後に注意を向ければ、ここぞとばかりに前方のマルチが襲ってくる。

巧みなその連携攻撃が宙マンを幻惑し、確実に体力を消耗させていく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206213827j:plain

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ、思い知ったか宙マン!」

宙マン「このままではまずい……

 どちらか一体に攻撃を集中して、突破口を開くしかない!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206214033j:plain

ひとたび決断すれば、即座に行動に映れるのが宙マンのいいところ。

狙いを定めた二体のうちの一体めがけて、仮借なハイキックの一撃が炸裂!

その威力の前に、マルチがドドーッと倒れたところへ――

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206214232j:plain

「くらえ! 宙マン・ウェッジビーム!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206214321j:plain

くさび状の光線が命中した瞬間、ストロボ状の光の粒となって霧散するマルチ。

そう、これはマルチの作り出した影分身の方だったのだ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206214520j:plain

宙マン「うぬっ!……では本物は……本物はどこだ!?」

 

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ……ここだ~っ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206214549j:plain

分身との戦いに意識を集中していた宙マンの不意を突き……

待ってましたとばかりに、本物のマルチが別方向から攻撃。

真っ赤な両目から放つアイビームが、宙マンの周囲に炸裂!

 

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ、まだまだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206214639j:plain

更に、駄目押しとばかりの更なる一閃――

左手の吸盤から放つリングビームの威力が、凄まじい爆発を巻き起こす!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151907j:plain

爆発! 炎上!

猛然と噴き上がる火柱が、家々を、ビルを、そして宙マンをも包みこんでいく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206214754j:plain

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ……見たか、宙マンの最期だ!

 どうだ地球人ども、お前たちのヒーローはマルチ様が始末したぞ!」

 

落合さん「(蒼然)そ……そんなっ、お殿様が……!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429162343j:plain

ピグモン「はわわ、やだやだ、宙マン死んじゃイヤなの!(涙目)」

ビーコン「どひ~っ……もうダメっス、おしまいっス~!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508133333j:plain

ゾネンゲ博士「おお……やった、マルチが遂にやりましたぞ、魔王様!」

イフ「ううむ、見事じゃマルチ! よくやったぞ、お前は英雄だ!」

マルチ「ヒュヒュヒュヒュ…有難き幸せにございます、魔王様!

 宙マンが斃れた今こそ、“鉄血まだら作戦”を発動し……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206215233j:plain

大爆炎の照り返しを受けながら、勝利と作戦の成功を確信していたマルチ。

だが、その時である!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210731202114j:plain

「はっはっはっはっ……残念だったな、マルチ!

マルチ「(ハッと振り仰ぎ)!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

「トゥアーッ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206215506j:plain

気合一閃、華麗なる空中回転とともに大空から舞い降りてくる宙マン!

リングビームの大爆発をジャンプでかわし、大空に逃れていたのだ――

そしてそのまま急降下で、マルチめがけて躍りかかっていく!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206215554j:plain

倒れた分身怪獣の頬げためがけて、パンチ、パンチ、パンチの連打!

怒りの鉄拳が二発、三発と、マルチに炸裂して火花を散らす。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206215701j:plain

ピグモン「はうはう~、宙マンが無事だったの~♪」

落合さん「今や流れはお殿様のペース……いけますわ、これなら!」

ビーコン「いよっしゃあ! アニキ、押せ押せドンドンで行くっスよ~!」

 

マルチ「ぐぬぬぬ……まだだ! まだ私は負けんぞ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206215804j:plain

のしかかる宙マンを押しのけ、再び吸盤からのリングビームで攻撃!

だが、その一閃も宙マンにはひらりとかわされてしまう。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206215832j:plain

マルチ「し、しまった!」

宙マン「とどめだ!

 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211024230242j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、空中からマルチを直撃!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206220052j:plain

マルチ「ぐはぁぁっ……き、聞け、地球人ども……

 “鉄血まだら作戦”とは……鉄血、まだら、作戦……とは……っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210627205650j:plain

空中からの必殺技でマルチを降し……

我らがヒーローは、華麗な空中回転とともに再び地上へと舞い降りる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202105342j:plain

ピグモン「はうはう~、やったのやったの、宙マンの勝ちなの~!」

ビーコン「よかったよかった、これにて一件落着っスね!」

落合さん「信じておりましたわ、お殿様っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うぬぬぬ……思い上がるではないぞ、宙マンめ!

 ワシら怪獣軍団には、まだまだ強力な怪獣どもが控えておるわ!

 今に見ておれよ……この次は、この次こそは、必ず!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206220524j:plain

かくして今日もまた、千歳は巨大なる危機から救われた。

それも全ては、我らが宙マンの活躍のおかげだ!

 

落合さん「お殿様、どうもお疲れ様でございました!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206220641j:plain

ビーコン「今日もまた、惚れ惚れするような闘いっぷりだったっスねぇ!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、かっこよかったの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206220859j:plain

宙マン「はっはっはっ、みんなが応援してくれたおかげだよ。

 ……それはそうと、実はひとつ気になることがあってね」

落合さん「例の“鉄血まだら作戦”のことでしょうか?」

宙マン「(頷き)結局……何だったんだろうね、あれは一体?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429165645j:plain

ビーコン「ヒヒヒ、別にどうでもいいじゃないっスか、そんなの!

 それよか早く帰って、あったかいメシにしましょうっス、アニキ!」

宙マン「うん。……言われてみれば、ちょうど頃合いに腹も減ってきたな」

落合さん「そういうことでしたら、う~んと腕によりをかけますわっ!」

ピグモン「はうはう~、ごはんなの、ごはんなの~♪」

宙マン「はっはっはっはっ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206221207j:plain

マルチ「……って、そんな風にまとめるな~っ!!(涙目)

 いいか、鉄血まだら作戦とは、鉄血まだら作戦ってのはなぁ……!」

 

……いろいろ長くなりそうなので、フェードアウト。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426121441j:plain

今日も本当にありがとう、宙マン!

さて、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?