遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

張り合え! 怪獣負けじ魂の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220305193923j:plain

山を砕き、大地を裂いて、次々に現れる大怪獣。

その猛威に立ち向かい、平和を守り抜くことが出来るのは……

プラネット星からやって来た、彼をおいて他にはいない!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上!

 怪獣軍団の手先め、もうお前の好きにはさせんぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220305194055j:plain

正義のヒーロー、今日も今日とて颯爽の巨大化。

対する敵は……多彩な攻撃技が自慢の宇宙斬鉄怪獣・ディノゾールだ!

 

宙マン「さぁ、どこからでもかかって来い!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220305194229j:plain

ディノゾール「キャキャウゥゥ~ッ、行くぜェ、宙マン!」

宙マン「よし来い、勝負だ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220305194309j:plain

猛々しく咆哮し、宙マンへと牙を剥いて襲い来るディノゾール。

この好カード、もはや一瞬一秒たりとも見逃せないね!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226132939p:plain

……と言いつつ、ここでおもむろに早送り装置を作動

戦いの大詰め、ラストの美味しいところだけどうぞ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426152748j:plain

「それっ、とどめだ!

 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220305194358j:plain

ディノゾール「キャキャウゥああ~っ、そ、そんなのアリかよ~っ!?」

やったぞ宙マン、大勝利!

 

宙マン「はぁ、はぁ、はぁ……怪獣ディノゾール、怖ろしい強敵だった!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226133246j:plain

落合さん「どうもお疲れ様です、お殿様!」

ビーコン「でもアニキ、もたもたしてる場合じゃないっスよ!」
ピグモン「はうはう~、宙マン、早く早くなの~」

宙マン「おっと、いけない……そうだったね!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226133309j:plain

戦い終えて、巨大化を解き……

みるみるうちに、その場で通常サイズへと戻る我らが宙マン。

 

宙マン「やぁやぁ、お待たせ、お待たせ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429165645j:plain

宙マン「野暮用も済んだことだし、それじゃ改めて……」

ビーコン「例の定食屋の、ランチタイムを狙って突撃っス!」

宙マン「(こっくりと頷き)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226133537j:plain

宙マン「材料よし、ボリュームよし、そしてお値頃価格もよし……

 あそこの日替わり定食は、本当に評判がいいからねぇ」

ビーコン「こないだのカットステーキ定食も、マジ絶品だったっス!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226133618j:plain

落合さん「あのバラエティ豊かなメニューと、的確な調理。

 当家のメイドとしましても、実に興味深いところですわ」

ピグモン「今日のランチは何なのか、今から楽しみなの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226133701j:plain

宙マン「あぁ、私もさ、ピグモン

 だからこそ、怪獣退治なんてものはさっさと「巻き」で片付けて

 じっくりお昼ご飯を愉しみたいよねぇ」

落合さん「お殿様のその想い、無駄にしないためにも……

 一刻の猶予もなりませんわ、急いでお店へ!」

ビーコン「ここまできて、ランチ終了なんてコトになったら……

 オイラ、もう泣くに泣けねぇっスよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226133837j:plain

ピグモン「はわわわ、宙マン、はやくはやくなの~」

宙マン「(微笑)ようし、それじゃ行こうか!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226133904j:plain

かくして、ランチタイムの定食屋へと向かった宙マンファミリー。

笑顔の絶えない、平和そのものの光景であった。

 

だが、その一方で……。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115252j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115259j:plain

自信をもって送り出したディノゾールを、まんまと返り討ちにされた

暗黒星雲の怪獣軍団としては、これでおさまるはずもなく。

 

イフ「ぐ……ぐぬっ、うぬぬぬぬ……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211129212807j:plain

イフ「おのれおのれ、またしても宙マンめが!

 よくもディノゾールを……よくもやってくれたな!」

ジャタール「ま……まぁまぁ魔王様、少し落ち着かれては!」

ヴィラニアス「そうだぜ叔父貴、カッカするとまた血圧が……」

イフ「えぇい、黙れ黙れッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202065305j:plain

イフ「だいたい、お前たちもお前たちだぞ――

 そんな風に、呑気に構えている場合か!?

 ワシらがこんな屈辱を味わっている一方で、宙マンときたら……

 今にも能天気に食レポなど始めようか、と言う勢いではないか!」

 

「んー、ふふふ……

 でしたら魔王様、この私にお任せを!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202133933j:plain

余裕綽々の笑いとともに、怪獣魔王の前に進み出てきたのは

怪獣軍団の幹部候補生たる「ダークネスファイブ」のリーダー格、

メフィラス星人“魔導の”スライである。

 

イフ「おおっ、スライか!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211206005326j:plain

イフ「そなたに任せれば、全て問題ないのだな?」

スライ「んー、ふふふ、勿論でございますとも魔王様。

 むしろこの私、“魔導の”スライ以外の誰にそれが叶いましょうや――

 万事お任せを、宙マンと見事に渡り合ってみせましょう!」

イフ「頼もしい言葉じゃ、大いに期待させてもらうぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226134526j:plain

スライ「んーふふふ、では……こちらをご覧下さい。

 ……ポチっとな♪

 

リモコン操作で、怪獣軍団の映像装置に映し出されたのは……。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226134552j:plain

イフ「はて……ここは、地球か?」

スライ「(頷き)北海道の上川地方北部、美深町にございます」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226134631j:plain

スライ「かねてより、この美深町では……

 町を挙げてチョウザメの養殖に力を入れており、食用として

 その肉を味わうことの出来る、道内でも稀有な場所なのです」

イフ「……ほうほう?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226134706j:plain

スライ「と、言うわけで。

 この私、怪獣軍団きってのグルメこと“魔導の”スライがですな、

 さっそく現地で味わい尽くしてきちゃいました~!!

イフ「……はぁ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226134740j:plain

スライ「コホン、改めまして……

 ご当地・びふか温泉さんの「ちょうざめ堪能」コース」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226134802j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226134813j:plain

スライ「まずはチョウザメの前菜三種。

 葱味噌和え、天盛キャビア醤油漬け、チョウザメのハムで

 来たる主菜への期待に胸を躍らせつつ……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226134841j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226134853j:plain

スライ「続いてお造り。

 マグロ、南蛮海老、そして勿論チョウザメ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226134919j:plain

スライ「更に、握り寿司。

 サーモン、いくら、マグロ、チョウザメ

 ……っと、ここでお気づき頂けましたでしょうか、魔王様?」

イフ「(身を乗り出し)お、おうっ、何じゃ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135009j:plain

スライ「これこれ、コレですよ魔王様。

 チョウザメの上に載せられた、キャビアと言う名のアクセント!

 彩りも美しく、味わいも深いことこの上なしですよ!」

イフ「お……おう(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135049j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135102j:plain

スライ「ここで、平鉢。

 山菜蕎麦の爽やかな喉越しが、コース中盤の涼風となって

 舌の上を適度にリフレッシュしてくれたところで……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135133j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135145j:plain

スライ「お次はコチラ、美深牛のカットステーキ。

 純そのものの旨味が、品よく舌の上でとろける快感!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135209j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135219j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135233j:plain

スライ「と、ここまで食べ進んだところで……

 チョウザメの蒸籠蒸しが、ちょうど熱が通って食べ頃に。

 梅肉とポン酢、もみじおろし、好みのタレで頂きましょうぞ♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135315j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135324j:plain

スライ「火が通り、熱で味わいの活性化したチョウザメの身は

 生とは一味以上も違う味の膨らみが出てきます――

 で、その旨味を受け止めた野菜のまた旨いこと!」

イフ「……あぁ、そう……(もはや言葉もなく)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135357j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135409j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135418j:plain

スライ「吸い物は、チョウザメすり身のの澄まし汁仕立てで。

 すり身がさっとほぐれ、汁全体に行き渡る典雅な旨味!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135444j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135455j:plain

スライ「で、そんな中で出しゃばり過ぎず……

 メインを引き立てる名脇役、茶碗蒸しが心憎い限りでして」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135518j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135527j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135538j:plain

スライ「そして食後のデザートは、「びふか温泉」特製……

 羊乳プリンのフルーツ添えでありますよ!

 濃厚なのに軽く、もたれない、いやはや全くこれがまた♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135610j:plain

スライ「ひとつひとつの料理は少なめながらも、順に味わっていくと

 いつの間にか程よく心地よい満腹感が得られている……

 んーふふふ、コースメニューの摩訶不思議ですなぁ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226135634j:plain

スライ「以上、しっかり堪能してきちゃいました~♪

 皆様もご来道の折には、是非ともご賞味下さいませませ!」

 

……と、ここでようやく映像終了。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220226134526j:plain

スライ「んーふふふ、いかがでしょうか、私のレポートは!

 質的にも、量的にも、宙マンと互角以上に張り合えるはず……

 ……っと、魔王様? 聞いてますか? もしも~し?」

イフ「……( ぷ ち っ !! )」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

「えぇい、この大たわけが~っ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211203112854j:plain

イフ「黙って聞いていれば、なんだそれは!

 誰が宙マンと「食レポで」張り合えなどと言った!?(激怒)」

スライ「ひょえぇ~、魔王様も最後まで聞いてたくせにぃぃ~!(汗)」

 

と言ったところで、今日のお話はこの辺で。

……お粗末!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426121441j:plain

今日も宇宙は平和そのもの。

だが、油断は禁物だぞ……

次回は一体、どんな事件が巻き起こるのやら!?