遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

撃つなよ! 絶対撃つなよ! の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404140618j:plain

青く、美しい宇宙の宝石……

太陽系第三惑星にして我らの故郷、母なる地球。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426122355j:plain

その地球を狙って、暗黒星雲の奥深く・怪獣軍団の本拠地から

またまた新たなる悪の使者が放たれた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404141955j:plain

「ギャッゴォォーンっ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404142027j:plain

濛々と立ち昇る土煙の中から、ぬっとその身を起こした巨体は――

宇宙の彼方・メラニー遊星出身の暴れ者、破壊獣モンスアーガー!

 

みくるん「ほにゃっ、た、大変~!(汗)」

ながもん「(淡々と)オウ……またまた、千歳の……大ピンチ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155243j:plain

咆哮とともに、ズシン、ズシンと重い足音を周囲に轟かせて進撃してくる

モンスアーガーの巨体を目にして、千歳の人々も大慌て。

……となれば、当然お馴染み・宙マンファミリーが駆けつけてこないわけもなく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404142313j:plain

ビーコン「どひ~っ、今日はまた、一段と荒っぽい感じのヤツっスよ!」

落合さん「ああもうっ、本当に懲りない方たちですこと……

 どうせ今日もまた、お殿様にやっつけられるのが目に見えてますのに!」

ピグモン「そうなのそうなの、千歳の街には宙マンがいるの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426231846j:plain

モンスアーガー「ギャゴォォ~、今から自信たっぷり、勝つ気満々ってわけかい。

 だが、俺の話を聞いてもまだ、そんなナメた態度でいられるかな!?」

宙マン「どういうことだ!?」

モンスアーガー「おおっ、食いついてくれたかい、嬉しいねぇ!

 いやー正直、サラッと流されたらどうしよう、とか少し心配でさぁ……」

宙マン「いいから、話があるならさっさと話せ!」

モンスアーガー「っと、そうだったな、悪い悪い!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404142559j:plain

モンスアーガー「じゃ、本題に入るぞ、実はだな……

 俺の体内には、千歳はもちろん石狩平野全域を一瞬で吹き飛ばす威力の

 超原子プラトニウム爆弾が内臓されているんだ」

落合さん「……はぁ!?(目がテン)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404142657j:plain

モンスアーガー「ギャゴゴゴ、これがどういうことか判るか?

 つまりな宙マン、お前がいつもみたいにドヤ顔の光線技で俺を倒せば……

 すぐさま俺の体内に埋まった、プラトニウム爆弾も大爆発するってわけさ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404143202j:plain

モンスアーガー「そうすればお前らも石狩平野ごと、まとめて消えてなくなる。

 ……どうよ、すごいだろ?」

ビーコン「……の、呑気な口調でなんつー衝撃的告白をッ!(汗)」

ピグモン「ふぇぇん、怖いの~!(涙目)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

みくるん「そ、そんな事したら、あなたも吹っ飛んじゃうじゃないですか~」

ながもん「(頷き)どう、あがいても……助からない」

モンスアーガー「ギャゴゴゴ、それはもとより覚悟の上よ。

 俺はこの命と引き換えに、怪獣軍団の栄光に殉じる特攻隊員なのさ」

落合さん「(息を呑み)特攻……最初から、死ぬ気で……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404143414j:plain

モンスアーガー「ああ、そうそう、それからもうひとつ!

 俺の頭のクリスタルが、そのプラトニウム爆弾の起爆装置でな……

 ちょっとでも刺激を加えりゃ、たちまちドッカ~ンってことで。ヨロシコ☆

ながもん「あの、頭の……青白い、ところ?」

みくるん「ふぇぇん、しかも剥き出しになってるじゃないですかぁ~!(涙目)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504000227j:plain

モンスアーガー「以上! これが、俺からお前らに贈る事前の説明事項ってやつさ。

 この俺と戦おうって言うならいつでも来い、相手ンなってやるぜ――

 俺を倒してプラトニウム爆弾を爆発させる、その覚悟があるってんならな!」

宙マン「……うぬっ!(汗)」

 

嗚呼、モンスアーガー、命がけの特攻宣言!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115252j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115259j:plain

あまりにも衝撃的なその言葉にショックを受けたのは千歳の宙マンたちだけでなく、

他ならぬここ・暗黒星雲においても……。

 

イフ「……何ィッ、特攻隊員だと!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115412j:plain

イフ「いけ好かない上に底意地の悪い、あのヤプールどもではあるまいし……

 可愛い配下に「死んで来い」などと、ワシが命じるわけがなかろうがっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426121145j:plain

イフ「……えぇいっ、誰でもいい、誰かおらぬか!?

 大事に至らぬうちに、今すぐにモンスアーガーを地球から呼び戻し……」

 

「はははは……まぁまぁ、落ち着いて下さい、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427202852j:plain

イフ「……ぞ、ゾネンゲ博士、なにを薄情なことを申しておる!?

 お前も聞いたであろう、モンスアーガーの奴が早まった真似を……」

ゾネンゲ博士「いえいえ、ですから魔王様、どうかご心配なく!

 プラトニウム爆弾の話……実のところ、あれは全てブラフにございます」

イフ「ブラフ……はったり……つまりは嘘、ということか!」

ゾネンゲ博士「……(頷く)」

イフ「しかしまた、どうしてそのような真似を……?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404143414j:plain

ゾネンゲ博士「モンスアーガーは頑健無比の強力な怪獣ではありますが……

 ただひとつ、頭部のクリスタルだけは全く脆い唯一の泣き所。

 ……その弱点をカバーするのが、今回のこのブラフ戦術なのです」

イフ「ほう、と言うと?」

ゾネンゲ博士「プラトニウム爆弾の起爆装置が、頭部のクリスタルである……

 そう言って脅しをかければ、まともな神経の者ならまずそこは攻めますまい。

 奴の弱点をカバーし、敵の攻撃を鈍らせる、まさに一石二鳥かと」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427203044j:plain

イフ「わははは、なるほど……そなたもなかなかの悪知恵だな、ゾネンゲ博士!」

ゾネンゲ博士「ふふふふ、魔王様のお仕込みで♪」

イフ「……って、よさぬか、人聞きの悪いっ!(汗)

ゾネンゲ博士「……ああ、いやいや、これはとんだ失礼をば……(汗)

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404144609j:plain

おお、読者諸氏よ、まさに今あなた方がお読みになった通り……

「モンスアーガー体内のプラトニウム爆弾云々」の一件は、あらかじめ宙マンたちに

脅しをかけて攻撃の手を封じるための、怪獣軍団の壮大なハッタリなのだ。

 

だが、そうとは知らない宙マンたちにとっては、超原子プラトニウム爆弾の恐怖は

今なお現在進行形の「そこにある危機」に他ならなかった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426125721j:plain

みくるん「ああっ、どんどん街のほうへ向かって行ってますぅ!」

落合さん「あらまぁ大変、どうしましょう!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404144757j:plain

大パニックの人々を追い散らすように、ズンズン進撃してくるモンスアーガー!

その暴虐を阻まんと、直ちに千歳基地から戦闘機隊がスクランブルをかけた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404144834j:plain

「目標を確認。攻撃開始!」

モンスアーガー「ギャッゴォォーンっ、どこからでも来な、上等だぁ!」

 

みくるん「大変です、戦闘機が怪獣を攻撃するみたいですぅ!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404144941j:plain

落合さん「まずいですわ、もしもその衝撃でプラトニウム爆弾が……!」

ビーコン「ひぇぇ!……おーい、ストップストップ! 攻撃やめるっスよ~!(汗)」

 

……などという、ビーコンからの呼びかけなど聞こえているはずもなく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404145012j:plain

雨あられと叩きこまれる、戦闘機隊のロケット砲攻撃!

それらの直撃を受けても、全くびくともしないモンスアーガーの脅威。

 

モンスアーガー「ギャッゴォォーンっ、これでもくらえっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404145039j:plain

う、うわぁぁぁっ……!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404145059j:plain

モンスアーガーの口から、断続的に吐き出される火球!

その直撃を受けた戦闘機は、次から次へ面白いように撃墜されていく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404145154j:plain

落合さん「ホッ……。(安堵の溜息)

 どうやら戦闘機の武器は、あの怪獣には通じなかったみたいですわねぇ」

ビーコン「……素直に喜んでいいもんだか、フクザツな気分っスね~」

 

シュボッ! シュボッ! シュボボボッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404145223j:plain

ビーコン「……とか言ってたら、こっちにもとばっちりが来たっスよ!?(汗)」

落合さん「三十六計、逃ぐるにしかず……ですわね~!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404145300j:plain

火球を断続的に吐き出し、建造物を次々に破壊していくモンスアーガー!

炎に包まれた街の中を、破壊獣の巨体が我が物顔で突き進んでいく。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404145402j:plain

みくるん「ふぇぇん、どうしましょう!?」

ビーコン「このままじゃ、プラトニウム爆弾じゃなくても千歳全滅っスよ!」

ながもん「きっと、それが……あの怪獣の……狙い」

ピグモン「はわわわ、ピグちゃん、そんなの嫌~んなの~(涙目)」

宙マン「なんの、そうはさせるものか! 宙マン・ファイト・ゴー!!」 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426232617j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

さぁ、今日もまた正義の味方のお出ましだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426232808j:plain

ビーコン「いよっ! 今日も出たっス、アニキの十八番!」

落合さん「お殿様、ますますもって素敵です……♪(うっとり)」

ピグモン「はうはう~、宙マン、がんばってなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404145635j:plain

モンスアーガー「ギャッゴォォーンっ、ようやくお出ましか。待ってたぜ宙マン!」

宙マン「怪獣め、これ以上お前の思い通りにはさせんぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404145741j:plain

モンスアーガー「ギャッハッハッハ、大口を叩くな!

 だったらお前に、何かいい打開策でもあるってのかよ!?」

宙マン「(言い淀んで)……くっ……!」

モンスアーガー「まァいいさ、遊んでやるぜ。喧嘩は嫌いじゃねェからな!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404145829j:plain

激突、宙マン対モンスアーガー!

落合さんたちがハラハラと見守る中、巨体と巨体の攻防が火花を散らす。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404145856j:plain

モンスアーガーの隙を伺い、的確にパンチの連打で攻める宙マン!

だが、頑強なモンスアーガーの皮膚には、それも大したダメージにはならない。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404150038j:plain

モンスアーガー「ギャッハッハッハ、なんだ宙マン、そのへなちょこぶりは!

 そんなんじゃ、蚊に刺されたほどにも感じやしないぜェ!?」

宙マン「……うぬっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404150134j:plain

わざわざ好き好んで、モンスアーガーを刺したがる酔狂な蚊がいるのかどうか……

その件についてはひとまずさて置くとして、とりあえず「プラトニウム爆弾云々」という

ブラフ戦術により、今の宙マンが怪獣を攻めあぐねているのは事実であった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404150209j:plain

ジリッ、ジリッ、ジリジリッ……

一定の間合いを取りつつ相手の様子を伺う両者の間に、緊迫した空気が流れる。

 

みくるん「ど、どうなっちゃうのかなぁ、ながもん!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604222253j:plain

ながもん「わからない。でも……」

みくるん「でも……?」

ながもん「間違いなく……次の動きで……勝負は、決まる……!」

 

そして宙マンとモンスアーガー、両者の緊張が極限にまで達した次の瞬間――

グワッと開いた破壊獣の口から、宙マンめがけて火球が連射された!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404150428j:plain

だが宙マンは、殺到してくる火球をひらりとかわしてジャンプ!

みるみるその跳躍力で、モンスアーガーを足元に見下ろす大空へと舞い上がる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404150459j:plain

モンスアーガー「ぎゃ、ギャゴゴゴッ!?」

宙マン「くらえ! 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211024230242j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、モンスアーガーの弱点・青白い頭部クリスタルを

寸分たがわずに直撃する!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404150627j:plain

みくるん「(蒼白)えっ……うそっ……!?」

落合さん「お、お殿様、そこはっ……!」

ビーコン「よりによって、一番撃ったらダメな場所じゃないっスか~!!(泣)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210429162343j:plain

宙マンの無謀すぎる行動を前に、思わず凍りつく落合さんたち。

……だが親愛なる読者諸氏よ、どうかご安心頂きたい。

プラトニウム爆弾云々」が、全て怪獣軍団のハッタリであったからには――

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404151036j:plain

モンスアーガー「エエエエッ! そう来る、そう来ちゃう~!?」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

ゾネンゲ博士「な……なんという奴だ、我らのブラフ戦術を見破るとはっ!」

イフ「ぐぬぬぬっ……おのれおのれェ、またしても宙マンめ~っ!」

 

かくして宙マンの活躍で、破壊獣モンスアーガーはそのハッタリもろとも粉砕され

千歳の平和は、またも無事に守られたのであった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404151212j:plain

みくるん「よかったぁ、これでホッと一安心ですぅ!」

ながもん「めでたし……めでたし」

ピグモン「はうはう~、宙マン、ありがとうなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404151317j:plain

落合さん「お殿様、どうもお疲れ様でした!」

ビーコン「いや~、それにしても、さっすがアニキっスね!

 あの怪獣のハッタリを、見事に見破って大逆転するなんて……」

宙マン「はっはっはっ、そう褒められちゃうと、却って言い辛いんだけどね~。

 ……いや、実はそうじゃないんだよ、今回のアレは」

落合さん「はい?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404151416j:plain

宙マン「あの、アレだよアレ。……

 “そこに入るな”とか“それを見るな”って言われると、無性にムズムズして

 それをやってみたくなっちゃう……だろう?」

みくるん「へっ? それじゃ宙マンさん、さっきのあの攻撃は……」

落合さん「敵方のハッタリを見破ったとか、そういうことでは一切なしに……」

ビーコン「ただ単に、撃ってみたくて撃っちゃったってことっスかぁ!?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404151550j:plain

宙マン「いや~、なんちゅうか本中華……そういう事になっちゃう……かな?

  何はともあれ、結果オーライってことでひとつ。てへぺろっ☆

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220404151624j:plain

ビーコン「……け、結果オーライじゃないっスよぉ、アニキ~!?(汗)」

落合さん「(一気に脱力)……お殿様ったら、もう~!!」

宙マン「……いや~、はっはっはっはっ(苦しまぎれに哄笑)」

 

ながもん「(ボソッと)オウ……これもまた……宙マン、らしさ」

みくるん「……それで済ませちゃっていいのかなぁ?(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211119103924j:plain

その行動、時としてナナメ上……

だけど、正義の心はいつでもまっすぐに。

そんなこんなで、次回も頼むぞ宙マン!