遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

戦う気持ちもドーナツの中の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227122747p:plain

渦巻く暗黒星雲の奥深く、怪獣軍団の本拠地では……

今日も今日とて、地球征服のための悪企みが進行中。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115252j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115259j:plain

イフ「うぐぐぐっ、それにつけても憎むべきは宙マンよ。

 ……奴さえおらなんだら、ワシら怪獣軍団はとっくに地球征服を完了して

 あの美しく、青い星の支配者として君臨できていたものを!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227202153j:plain

イフ「今度こそ、地球を我が怪獣軍団のものにする……

 その輝かしい第一歩を示す、悪の勇者はいないのか!?」

 

 

 

 

「俺に任せてもらうぜ、叔父貴!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202065229j:plain

どこか嘲るような怒号とともに、ずいっと前に進み出てきたのは……

怪獣軍団の幹部候補生「ダークネスファイブ」でも屈指の武闘派、

テンペラー星人“極悪の”ヴィラニアス。

 

イフ「おおっ、ヴィラニアス、その口ぶりは既に……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202065724j:plain

ヴィラニアス「ああ、もうとっくに動き出してるぜ、次の怪獣は。

 俺の見こんだアイツこそ、まさに怪獣の決定打……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227202536j:plain

ヴィラニアス「今度と言う今度こそは、宙マンも敵じゃねぇ!」

イフ「おおっ、いつにも増して自信満々じゃの!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211203171831j:plain

ヴィラニアス「(頷き)ガハハハッ、まァ見ててくれや、イフの叔父貴!」

イフ「よかろう、ワシも何だかワクワクしてきたぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227202721j:plain

ヴィラニアス「ガハハハハハッ……さぁ、頼んだぞ怪獣マイティ。

 宇宙航路の宇宙船乗りを震え上がらせたその暴れっぷりを

 今こそ地球の奴らに見せつけてやれィ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426122355j:plain

おお、何ということであろう?

新たなる地球の危機は、もうすぐそこまで迫りつつあるのか!

 

が、ひとまずそれはそれとして。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701220241j:plain

こちらは毎度お馴染み、北海道千歳市ほんわか町5丁目。

「宙マンハウス」の住人たちと、そのご近所さんたちはと言えば

そんなこととは露知らず、初夏の午後を満喫中であった。

 

落合さん「さぁ、皆様、揚がりましたわよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227202943j:plain

落合さん「今日のおやつは、落合特製のドーナツでございます。

 どうぞどちら様も、心ゆくまで召し上がれ♪」

みくるん「わぁっ、流石ですねぇ、落合さん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211129024939j:plain

ながもん「さっきから……この、匂いが……たまらなかった。

 ……じゅるりっ」

ピグモン「はうはう~、ピグちゃんドーナツ大好きなの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211129024849j:plain

宙マン「うんうん、私だって大好きさ、うちのドーナツは。

 落合さんの腕がいいのは勿論だけど……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227203227j:plain

宙マン「この揚げたてを、アツアツのうちにだね!

 間髪入れずに頂くのが、何とも言えずに旨いんだよ!」

ビーコン「ヒヒヒ、そこらの店じゃ味わえないサービスっスよね」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211129024802j:plain

落合さん「チチチ、な~にを仰いますやら!

 このドーナツに詰まってるのは、「サービス」なんて代物ではなく

 言うなればお殿様への「愛」そのもの――」

ビーコン「(しれっと聞き流して)え~と、午後のオモロイ番組は、っと」

落合さん「だーっ、シカトぶっこくんじゃありませんっ!」

 

軽口の応酬も、楽しい午後のひとときには欠かせない。

だが、そんな平穏な時間を破るかのように、突如!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210806210319j:plain

「ギャゴォォ~ンっ、地球人ども……

 呑気にお茶してる場合じゃないぜぇ~!?」

 

空の上から、千歳市に響き渡る野太く荒々しい声。

すわ何事と、家から飛び出してきた宙マンたちが見たものは……

今まさに天空から舞い降りてくる、巨大怪獣の姿であった!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227203630j:plain

「ギャゴォォ~ンっ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227203656j:plain

ドッスゥゥ~ンっ!

 

凄まじい地響きを立て、土砂を巻き上げながら地上に降り立つ巨体。

 

みくるん「ああっ、今日もやっぱり怪獣さんですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427233353j:plain

ながもん「今日も、やっぱり……怪獣、軍団?」

ピグモン「えう~、それしか考えられないの~」

 

そう、その通り!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227203844p:plain

二本腕に四本足、二股に分かれた胴体……

暗黒星雲から飛んできた新たな刺客、宇宙怪獣マイティだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227204106j:plain

落合さん「で、そのマイティ様が千歳へお見えになったのも……」

ビーコン「今日も今日とて、やっぱり……な理由なんスよね!?」

マイティ「ギャゴォォーンっ、話が早くて助かるぜぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227204203j:plain

ビーコン「どひ~っ、ズバリ賞には違いないっスけど……」

落合さん「……正直、嬉しくなさすぎですわねぇ!?(汗)」

宙マン「……うぬっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211202065724j:plain

ヴィラニアス「ガハハハ! 見てくれや叔父貴、あの猛々しい姿を!

 俺らダークネスファイブ同様、独自ルートで宇宙荒修行を重ねてきた

 あの怪獣マイティにかかれば、地球征服もたやすいもんよ!」

イフ「素晴らしいぞマイティ! 大いに張り切って行け!

 お前の力で宙マンを捻り潰し、そして地球を制圧するのだ!」

マイティ「オイさぁ! やらせてもらいますぜ、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227204406j:plain

マイティ怪獣、進撃開始!

迫り来る巨体を前に、悲鳴をあげて右往左往し、逃げ惑う人々。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227204437j:plain

落合さん「あらあらまぁまぁ、せっかくのおやつタイムでしたのに!」

ビーコン「ドーナツみたいに、胃に穴があいちまいそうっスよ!」

みくるん「ふぇぇん、いいから早く逃げなきゃですよぉ!(涙目)」

 

おお、何ということであろう――

またまた北海道千歳市が、洒落にならない大ピンチ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210507001418j:plain

マイティ怪獣の暴虐、許すまじ!

千歳の平和を守るべく、航空防衛隊が直ちに出撃した。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210507001508j:plain

ピグモン「あ、防衛隊のおじさんたちなの!」

落合さん「お姿を見かけるたび、それなりに期待はしてるんですから……」

ビーコン「今回こそは、しっかりそれに応えて欲しいっス!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227204816j:plain

「ようし……全機、一斉攻撃開始だッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227204847j:plain

激しいアタックをかける戦闘機隊!

持てる火力の全てが、怒濤のごとくマイティへ叩きこまれる。

 

マイティ「ギャゴォォーンっ、まずはお前らから血祭だァ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227204904j:plain

「う、うわぁぁぁぁ……っ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210507001932j:plain

マイティの吐き出す怪光線で、次々に撃墜されていく戦闘機!

 

みくるん「ああっ、やられちゃったぁ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155243j:plain

ながもん「ある意味……その筋の、人の……期待、通り?」

ピグモン「はわわ、それはいくらなんでもカワイソすぎなの~」

 

……などと、言っている間にも。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227205123j:plain

怪光線を吐き散らし、大暴れのマイティ怪獣!

恐怖の一閃が街を薙ぎ払い、建造物を次々に破壊していく。

 

マイティ「ギャゴォォーンっ、燃えろや燃えろ!

 ひと足早いキャンプファイヤー気分だぜ、たーのしー!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227205302j:plain

みくるん「ふぇぇん、あの怪獣さん、あんなこと言ってますぅ!」

ながもん「ここは、一発……ヒーローの、出番」

ピグモン「宙マン、宙マン、なんとかしてなの~」

宙マン「ああ、やるとも! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、荒れ狂うマイティの前へと舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーっ! 宙マン、参上!

 怪獣マイティ、調子に乗るのもそこまでだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227205541j:plain

ズ、ズーンっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227205604p:plain

空中回転キックでマイティの出鼻をくじき、颯爽と着地の宙マン。

 

みくるん「わぁっ、宙マンさん、かっこいいですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604234541j:plain

ながもん「まずは、ヒーローの……一点、先取」

ビーコン「このまま一気に押せ押せっスよ、アニキ!」

落合さん「そうですとも、お殿様。

 相手に反撃の隙を与えちゃいけませんわ!」

ピグモン「はうはう~、宙マンがんばってなの~!」

 

宙マン「くらえ!

 宙マン・エクシードフラッシュ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426152748j:plain

全身のエネルギーを極限まで凝縮して放つ、虹色の必殺光線……

エクシードフラッシュの一閃が、マイティを直撃――

 

……したかと、思いきや!?

 

マイティ「ソー・スウィート、甘い甘い!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210046j:plain

おお、何ということだろう!?

 

とどめの一撃として放った、十八番のエクシードフラッシュ……

だがそのエネルギー波は、粘土細工のようにグニャリと変形した

マイティのボディに、やすやすと回避されてしまったではないか。

 

宙マン「(驚き)むむっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210202j:plain

マイティ「ギャゴゴゴ、俺にはエクシードフラッシュなど通じはしないぞ!」

宙マン「なんの、それならそれで……

 まだまだ、いくらでも戦いようはあるってものさ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マンーー

さぁ、今日もまた、ビッグファイトの幕開けだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210352j:plain

マイティ「ギャゴボボ~、煽ってくれるじゃねぇのよさ、コンニャロ~っ!」

宙マン「さぁ来い、マイティ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210415j:plain

激突、宙マン対マイティ!

落合さんたちが見守る中、ダイナミックに展開される巨大戦。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210449j:plain

二股に分かれた胴体をうならせながら迫るマイティ怪獣の動きは、

どうにもトリッキーで先手の予測が困難――

しかし、だからと言って怯むような宙マンではない。

 

宙マン「正義の力で、必ずお前を打ち倒してやるぞ!」

マイティ「ギャゴォォ~、やれるか、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210528j:plain

咆哮をあげ、宙マンめがけて襲いかかってくるマイティ!

パワー全開で、真っ向からそれを受けて立つ宙マン。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210601j:plain

殴る、蹴る、ひっ掴む!

激しく取っ組み合い、大地を揺るがすふたつの巨体である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210622j:plain

宙マン「さぁ、次はどう来る気だ!」

マイティ「ギャゴォォ~、くらえッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210651j:plain

口から怪光線を吐きだすマイティ。

すかさずプロテクションで受け止めた宙マンであったが……

その瞬間に生じた、爆発的な閃光に思わず目がくらむ。

 

マイティ「ギャゴォォーンっ、隙ありィッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210719j:plain

宙マンの怯んだ隙を逃さず、マイティのメガトン頭突きが炸裂!

これにはたまらず、ドドーッと巨木のように倒れ伏す宙マン。

 

みくるん「ああっ、宙マンさんが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

ながもん「あの、攻撃は……かなり……強力」

ビーコン「どひ~っ、あんなのを何発も食らった日にゃ……」

落合さん「……いかに、百戦錬磨のお殿様と言えども!」

ピグモン「はわわわ……宙マン、負けないでなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210914j:plain

宙マン「(苦悶)うう……うっ!」

マイティ「ギャゴォォ~、今度こそお前の最期だぞ、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227210949j:plain

とどめを刺すべく、突進してくるマイティ怪獣。

だが、そこに生じた、ほんの僅かな隙こそ……

その一瞬こそ、宙マン起死回生の技が唸りをあげる時なのだ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504002554j:plain

「怒れ稲妻!

  宙マン・ボルトサンダー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227211110j:plain

ピカッ、ゴロゴロドドーンっ!

 

宙マンの気合とともに、念動力で発生させる正義の稲妻!

まばゆい閃光とともに、マイティを直撃したボルトサンダーが

怪獣の全身を猛然と駆け巡り、容赦なく痛めつけて――

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220227211153j:plain

マイティ「ギャゴォォ~、しび、しびしびっ、しびれぶぁぁぁ~っ!」

やったぞ宙マン、大勝利!

 

みくるん「わぁっ、やりましたぁ、宙マンさんの勝ちですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604234541j:plain

ピグモン「はうはう~、宙マン、かっこよかったの~♪」

ながもん「……グッジョブ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604234640j:plain

ビーコン「いえっふ~、やっぱアニキっスよねぇ、鮮やかっス!」

落合さん「えぇ、本当にお見事でしたわ、お殿様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「おのれ! またしても、またしても宙マンめ!

 だが見ておれ、怪獣軍団の真の威力を知るのはここからだ。

 よいか、この次こそがお前の最期の時なのだぞ……!」

 

……などと言う、怪獣魔王のいつもの負け惜しみはさて置いて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604234941j:plain

かくして宙マンの活躍によって、凶暴な宇宙怪獣マイティは敗れ去り

千歳の街に、再び平和が蘇ったのであった。

 

みくるん「改めて……お疲れ様でした、宙マンさん!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604235122j:plain

宙マン「いやぁ、ひと汗かいたらお腹ペコペコだよ、もう」

ピグモン「はうはう~、それじゃ、おやつタイムのやり直しなの~♪」

ながもん「だけど……。

 せっかくの、ドーナツ……冷めちゃって……残念」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604235401j:plain

宙マン「なぁに、落合さんのドーナツは冷めても美味しいものさ。

 そうだよね? 落合さん」

落合さん「えぇ、えぇ――お殿様、それはもう!」

みくるん「そこはやっぱり、落合さんの腕前ですよねぇ」

ながもん「(頷き)超……リスペクト」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604235909j:plain

ビーコン「ヒヒヒ、冷めても美味しい落合印のお手製ドーナツ!

 でも冷めたやつを、も一度あっためなおしてもまた旨いんスよ。

 まずは試しに、ここに二つある柔らか肉まんを……♪」

 

むにゅん、ふにふにっ

 

落合さん「(赤面)……きゃ、きゃあああああっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーいっ、どうして隙あらばいやらしいんですっ!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、7月の太陽が眩しすぎるっスぅぅ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210603225548j:plain

悪者怪獣、どんと来い!

千歳には、強~い正義の人がいるのだ。

頑張れ宙マン、次回も頼んだぞ!