遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

腹に一物、トゲトゲ禁物の巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104193853j:plain

秋から冬へ、そして年の瀬へ……

街を吹き抜けて行く風も、日に日に冷たさが増しつつある北海道。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104194159j:plain

だが、そんな空っ風に晒されながらも、北国に生きる人々はと言えば

明るく、呑気に、それぞれの変わらぬ日常を満喫中であった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104194206j:plain

と言うわけで、今回もいつも通りに幕を開ける『飛び出せ! 宙マン』。

「いつも通り」を謳うからには、物語の始まりも当然、例によって例のごとく

北海道千歳市から、ということになる。

 

 

ゴゴゴゴ……グラグラグラグラっ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210719144928j:plain

11月の、ある日。

平穏そのものの時間を破るかのように、突如として……

局地地震が、千歳の大地を揺さぶった。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427212641j:plain

ビーコン「お、おろろろろろっ!?(汗)」

落合さん「あらまぁ、何だかいきなり来ましたわね、今回は!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426124850j:plain

激しい震動によって、大地がメキメキ音を立てて割れ裂ける。

そして地中から、大量の土砂を巻き上げて立ち上がった者とは!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104200303j:plain

「グルルル……グモモモモ~ッ!!」

 

みくるん「やだっ、やっぱりまた何か出てきたよ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427233353j:plain

ながもん「(眼鏡をくいっと上げて)あれは……原始怪獣・スフェノドン

 ジュラ紀に、栄えた……大トカゲの……一種」

宙マン「……いやはや、怪獣軍団の「層の厚さ」には恐れ入るね!」

ピグモン「えう~、なんでもいいけど、とにかく怖いの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104200356j:plain

ビーコン「で、そのスフェノドンさんとやらが……

 今日は一体、どんな用件でいらしたんスかね!?」

スフェノドン「(咆哮)グモモモ……ガルルゥゥ~っ!」

落合さん「あら嫌だ、話し合い自体が成立しないタイプですの!?」

 

と、千歳の人々が怖がったり困惑したりしている一方で……

そんなスフェノドンの姿に満足げなのは、怪獣軍団の魔王イフ。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508132918j:plain

イフ「ううむっ、素晴らしいぞスフェノドン、お前は偉いっ!

 ワシの命令なくとも、こうして自主的に地球侵略のために動いてくれるとは。

 まさにそなたこそ、我が怪獣軍団の「期待される怪獣像」……」

 

ゾネンゲ博士「(慌てて)ま、魔王様! 魔王様っ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427202852j:plain

イフ「おお、ゾネンゲ博士よ、いいところへ参ったな!

 ちょうど今、スフェノドンの自主性を大いに褒め称えて……」

ゾネンゲ博士「それ、そのスフェノドンの事なのでございます。

 何度も奴に呼びかけておるのですが、全く応答がありませぬ!」

イフ「(驚き)何っ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427203044j:plain

イフ「これっ! スフェノドンよ、一体どうしたと言うのじゃ――

 ワシだ、ワシ! 怪獣魔王の呼びかけに、何故お前は応えぬ!

 ……返事をせい、応答しろと言うに!」

スフェノドン「(咆哮)グモモモ~っ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104200539j:plain

怪獣魔王の呼びかけなど、まるで聞こえていないかのように……

凄まじい咆哮をあげ、猛然と進撃を開始するスフェノドン!

 

ビーコン「どひ~、えらいこっちゃ、えらいこっちゃっス!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104200549j:plain

みくるん「いつもの流れって言えば、いつも通りなんですけどぉ……」

ながもん「こういうのは……いつまで、経っても……慣れない」

落合さん「あぁ、こんな時はとにかく逃げの一手ですわ!(汗)」

 

怪獣スフェノドンの進撃で、早くも大パニックの千歳市

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104202239j:plain

これ以上の大暴れは許すまじと、直ちに航空防衛隊がスクランブル。

ロケット弾の連続射撃が、矢継ぎ早やに怪獣へ叩きこまれる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104202303j:plain

だが、そんな必死の応戦でさえも……

タガが外れたような原始怪獣の勢いを、全く止められない。

 

スフェノドン「グモモモ……ガルルルゥゥ~ッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155243j:plain

みくるん「ああっ、やっぱり……効いてない!?」

ながもん「しーっ。……それは、言わない……お約束」

ピグモン「……とか言ってたら、どんどんこっちに来てるの~!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104202519j:plain

怒濤の進撃、原始怪獣スフェノドン!

……だが、次の瞬間、街のど真ん中でその動きがぴたりと止まった。

 

ビーコン「……あっれぇ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104202531j:plain

落合さん「油断は禁物ですわ、次なる攻撃の予備動作かもしれません」

ビーコン「な~る、有りえない話じゃないっスね。……

 ……っと、ありゃりゃっ?」

落合さん「どうしましたの、ビーコンさん?」

ビーコン「や、アイツ、何か小声で言ってるような――」

 

スフェノドン「(口の中で)……ら、が……は……ら……がぁぁっ……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104202541j:plain

「……は、は、腹がイタ~イッ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104202619j:plain

苦しそうに、その場で身悶えし……

次の瞬間、ドドーッと倒れ伏してしまうスフェノドンの巨体。

 

ビーコン「……しょ、しょ、しょ~もなッ!(呆)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104202735j:plain

ビーコン「何が理由で、あんな暴れ方してんのかと思ったら……」

落合さん「まさか、腹痛が理由でいらしたなんて!」

宙マン「いやいや、急な腹痛はなかなかに深刻な問題だよ?」

 

……などと、人々が口々に言い合っている間に。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104202820j:plain

ピグモン「ああっ、みんな、アレ見てなの! アレ!」

ながもん「これまた……尋常じゃない……事態の……予感」

 

白目を剥いて失神したスフェノドンの口より、もくもく噴きだす煙。

その中でみるみる巨大化し、今また新たに姿を見せたのは!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104202833j:plain

「びゅぶっ、びゅびびぃぃ~んっ!!」

 

ピグモン「ああっ、また何か出てきたの!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604222253j:plain

みくるん「怪獣の、お腹の中から……また、怪獣?」

ながもん「(首を振り)あれは……さぼてん超獣・サボテンダー

ビーコン「……ってコトは、また異次元人ヤプールの差し金っスか!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104203014j:plain

宙マン「それにしても、このタイミングでわざわざ出て来るなんて……」

落合さん「サボテンと言うより、野暮天そのものですわねっ!」

サボテンダー「バーロー、全然上手くねェからなっ!(嘲笑)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104203027j:plain

サボテンダー「びゅびびぃぃ~ん、まぁ、そんな話はどうでもいい!

 こうして俺が出てきたからにゃあ、芸術的レベルの大暴れによって

 千歳を、北海道を、地球の全てを破壊しつくしてやる――

 この通り、エネルギーも満タンになったことだし、な!」

宙マン「エネルギー、だって?」

落合さん「(ハッと思い当たり)あっ、もしかして……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104203056j:plain

サボテンダー「びゅびび~、察しがいいな、その通りだ。

 荒野のサボテンに姿を変えて、この間抜けな原始怪獣にわざと俺を食わせ……

 野郎の体内から、エネルギーをたっぷり補給させてもらったのよ!」

ビーコン「どひ~っ、サラッと言ってるけどエグいっスねぇ!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104203107j:plain

サボテンダー「原始怪獣スフェノドン、お前の役目は終わった。

 ……ここから先は、このサボテンダー様の花道だ!

 千歳の街を地獄に変える、ヤプール超獣の鮮やかな手際を見せてやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426231846j:plain

宙マン「ぬううっ……この外道め!」

落合さん「そういうところは、いかにもヤプール印ですわね!」

サボテンダー「びゅびびび、何とでも喚け!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210901212539j:plain

「ははははは……行け、超獣サボテンダー

全身にエネルギーを蓄えた、今のお前は無敵だ――

大いに暴れ、破壊して、人間どもの絶望と恐怖を捧げよ!」

サボテンダー「びゅびびび~、創造主様、ただちに!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104203304j:plain

ヤプールの命を受け、進撃開始するサボテンダー

突き進んでくる異形の巨体を前に、悲鳴をあげて逃げ惑う人々。

 

サボテンダー「びゅぶぶ……驚けセニョール、おののけセニョリータ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211111175326j:plain

サボテンとハリネズミを合成して作り出された超獣サボテンダー

その口から連射されるのは、一撃でビルをも粉砕する棘針ミサイルである。

直撃を受けた建物が次々に破壊され、みるみる炎に包まれていく千歳の街!

 

ビーコン「ど、ど、どひ~っ、お助けっス~!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211111175252j:plain

サボテンダー「びゅぶぶぶ……

 ビバ・超獣! ビバ・サボテンダー! オレ最高~っ!」

ビーコン「どひ~っ、なんか踊っちゃってるっスよ、あの超獣!?」

落合さん「あらやだ、早くも勝利確信しちゃってますの!?」

 

ながもん「ここは、一発……あなたの、出番……お願い、宙マン」

宙マン「(頷き)おのれ、もう許さんぞ! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、荒れ狂うサボテンダーの前に舞い降りる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上! 

 超獣サボテンダー、お前の野望はここで行き止まりだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204031j:plain

みくるん「宙マンさん……!」

ビーコン「アニキ~、今日も頼りにしてるっスよ~!」

ピグモン「だいじょーぶ、宙マンはぜったい負けないの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104203801j:plain

サボテンダー「出て来たか、宙マン……わざわざ捻り潰されにな!?」

宙マン「いいや、捻り潰されるのは貴様の方だ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

さぁ、今日もまた、世紀のビッグファイト開幕だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204048j:plain

宙マン「サボテンダー、そう簡単にやられる私じゃないぞ!」

サボテンダー「びゅぶぶぶ、どこからでもかかって来やがれ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204100j:plain

真っ向激突、宙マン対サボテンダー

落合さんたちが見守る中、超人と超獣が戦いの火花を散らす。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204145j:plain

棘だらけの両腕で、猛然たるパンチ攻撃を仕掛けるサボテンダー

異次元人の生物兵器・超獣ならではのパワーと相まって、その一発ごとに

「必殺」の言葉が相応しい凄絶な威力が秘められている。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204308j:plain

サボテンダー「びゃるるる~、どうしたどうした!

 もう少しは強いトコ見せてみろ、骨のあるトコ見せてみろ!」

宙マン「(ニヤリ)いいだろう――リクエストならば、是非もあるまい!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204329j:plain

サボテンダーの連続パンチを受け流し、再びバッと離れる宙マン。

再度、間合いをとって――

 

宙マン「そぉれっ、これでもくらえ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204346j:plain

宙マンのストレートキックが、サボテンダーの胸板に命中!

充分に体重が乗ったその威力に、ずずっと後退する超獣。

 

サボテンダー「(咳こみ)ぐフッ、ゲボッ……!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204409j:plain

宙マン「どうだサボテンダー、正義のキックに怖れをなしたか!」

サボテンダー「びゃるるる……まだだ、まだまだッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211111175710j:plain

サボテンダーの口から吐き出される棘針ミサイル!

連続的に巻き起こる爆発が、宙マンの巨体を大きくよろめかせる。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151907j:plain

ズガーン! グワーンっ!

 

サボテンダー「そおりゃッ! 隙ありだぜ、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204533j:plain

「ぐ、ぐわぁぁぁぁ……っ!!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204558j:plain

ヒーローが怯んだ隙を突き、サボテンダーのパンチが炸裂!

その威力に吹っ飛び、ドドーッと倒れ伏してしまった宙マンである。

 

みくるん「ああっ、宙マンさん!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

ながもん「これが、超獣……全身、武器の……集合体」

ビーコン「まずいっスよ、これは色々まずいっス!」

落合さん「そんな武器を何度も受けては、いくらお殿様でも……!」

ピグモン「はわわわ、宙マン、まけないでなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204654j:plain

宙マン「(苦悶)う、うう……っ!」

サボテンダー「びゃるるる、最期だ宙マン――

 サボテンの花粉みたいに、細かく砕けて風に散れィ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204708j:plain

「なんの……負けて、なるもの、かァッ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204719j:plain

宙マン、パワー全開!

サボテンダーの棘針ミサイルを、ジャンプでひらりとかわして大空に舞う。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104204731j:plain

サボテンダー「(驚き)びゃ、びゃるるるっ!?」

宙マン「行くぞ、サボテンダー!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210730125358j:plain

「デリャァァーッ!

 宙マン・火輪カッター!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211105013535j:plain

熱エネルギーを身にまといながら、空中で高速回転し……

自らを炎の刃と化して、敵めがけて突撃する宙マンの荒技。

火輪カッターが、サボテンダーに炸裂!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104205528j:plain

サボテンダー「びゅ、ぶぶぶっ……あ、あ、アディオ~スっ!!」

やったぞ宙マン、大勝利!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210627205650j:plain

ビーコン「いえっふ~、さっすがアニキっスねぇ!」

落合さん「今日もお見事でしたわ、お殿様!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、かっこよかったの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210701232037j:plain

ながもん「やっぱり、宙マン……二重丸。……ヴイっ」

みくるん「宙マンさん、ありがとうございました……!」

 

人々の歓声と勝利が、ヒーローの勝利を讃える一方で――

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426115259j:plain

超獣サボテンダーのエネルギー源として利用され、さんざんな目にあった

原始怪獣スフェノドンはと言えば、宙マンVSサボテンダーのどさくさに紛れて

ほうほうの体で、暗黒星雲まで逃げ帰っていたのであった。

 

イフ「えぇいっ、スフェノドン、何たる様だ……この粗忽者めが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104205829j:plain

イフ「超獣ごときに利用される失態もさることながら……

 ワシや皆にどれだけ心配をかけたか、分かっておるのか!?」

スフェノドン「(ひたすら平伏)グモモモ……申し訳ございませんです、魔王様。

 誠にもって、申し開きのしようも……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211104205840j:plain

イフ「……まぁよい、とにかく今後はこのような事のなきよう……

 食い意地に任せて、何でも拾い食いせぬようにするのだぞ。

 しっかり胃薬を飲んで、今はゆっくり休むがよい!」

スフェノドン「は、ははァーッ! 有難き幸せ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「ぐぬぬ、それにしても……

 宙マンもさることながら、許し難いのはあのヤプールよ。

 ワシらの神経を逆なでするような、小賢しい立ち回りばかりしおって――

 今に貴様にも、目にもの見せてやらねばなるまいて!」

 

……と、そんな怪獣軍団内でのやり取りはさておいて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504101944j:plain

かくして我らが宙マンの活躍により、恐怖の超獣サボテンダーは倒され

千歳市は、再び秋の平穏を取り戻したのであった。

 

落合さん「改めて……お疲れ様でした、お殿様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508161058j:plain

宙マン「いやぁ、一戦終えてほっとしたら、例によって……」

ながもん「おなか、すいて……きちゃった?」

みくるん「わかりますぅ、実は私たちもなんですよね」

ピグモン「宙マンを応援して、はらはら・どきどきしてたら……

 ピグちゃんたちも、つられておなかペコペコなの~」

落合さん「(頷き)でしたら、少し早目に夕飯の支度を致しませんとね。

 腕によりをかけまして、お殿様に美味しいクリームシチューをば!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504004251j:plain

ビーコン「うひょひょ、シチューいいっスよねぇ、クリームシチュー!

 濃厚で、とろっとして、ついでに白濁してて……

 ヒヒヒ、オイラのとどっちが旨いっスかねぇ?~」

落合さん「…………!(ぶ ち っ)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「仰っている意味はさっぱり判りませんけれど……

 とにもかくにもお仕置きです、断固お仕置きっ!!(怒)」」

ビーコン「どひ~っ、何と言うカマトトっスかぁぁ~!?」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211027222716j:plain

怪獣・怪人・異次元人、敵はいろいろ多いけど……

この平穏こそが、宙マンにとっての「栄光」。

さて、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?