遊びをせんとや生まれけり

全ての「面白がりやさん」へ――千歳より、愛をこめて。

変わりないのは良きことですの巻

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210502103843j:plain

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318200828j:plain

徐々に、徐々にではあるものの……

積もった雪もじんわり溶けてきて、新たな季節のかすかな足音が

確実に近づいてきている北海道。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318201003j:plain

北国の春は、もうすぐそこである――

と言う前提のもと、今日もまた『宙マン』の物語を始めよう。

 

みくるん「ごめん下さい、いらっしゃいますかぁ~?」

ながもん「(ボソッと)……こんにちは」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428010627j:plain

宙マン「やぁやぁ、いらっしゃい、こんにちは!」

ビーコン「いえっふ~、いらっしゃい、ようこそっス!」

落合さん「ここ数日は、本当に良い日和が続いておりまして……」

 f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011102j:plain

ながもん「雪解けも……一気に、進んで……」

みくるん「本当に、春はもうすぐそこって感じですよねぇ」

ビーコン「なんだかんだで、気持ちがウキウキしてくるっスねぇ。

 家の中に閉じこもってねーで、パーッと気分転換を!」

ピグモン「はうはう~、お出かけ嬉しいの~、大賛成なの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318201451j:plain

宙マン「そうなると、出先の美味しいものにも期待大だねぇ。

 いやね、揚げ物に定評のある例の定食屋さん……

 あそこが最近、新メニューを始めたって言うんだよ」

ながもん「おお……早くも、評判……アナゴフライ、定食」

宙マン「(頷き)流石だねぇ、やっぱり知ってたか!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318201535j:plain

みくるん「夏場のかばやき、ってイメージが強いんですけど……

 洋風のフライやソースがよく合うんですよね、アナゴって!」

宙マン「いやぁ、話を聞いてるだけで腹が減ってくるねぇ!

 よし、今日のお昼はそれで決まりだな!」

ビーコン「……ん~。

 “決まりだな”はいいんスけどね、アニキ?」

落合さん「あら、お殿様の決定に何か不服でも?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428083947j:plain

ビーコン「や、別に不服ってわけじゃないんスけどね。

 あちこち飯食いに行くってなァ、せっかく春になったってのに

 あまりにも変わり映えしないかなー、って……」

宙マン「(頭かきかき)たっはっはっはっ、確かにねぇ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604235122j:plain

宙マン「でもね、私はこうも思いたいんだよね。

 何にも代わり映えのない日常と、そんな中での営みこそが

 真の意味での得難い宝物なんじゃないかな、って」

みくるん「えぇ、その通りですよね、宙マンさん!」

落合さん「あぁ、何て説得力、流石はお殿様です♪」

ピグモン「はうはう~、ピグちゃんも大賛成なの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318202013j:plain

「ギシャシャシャシャ……

 素晴らしいよねェ、変わりなき日常!」

 

みくるん「(表情がこわばり)……へっ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318202203j:plain

ながもん「おお……声はすれども……姿は、見えず」

ピグモン「えう~、何か生臭いニオイもしてきたの~」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427212336j:plain

ビーコン「ちょ、落合さん、この流れ……」

落合さん「変わりなき日常ってことで、こうですと……」

ビーコン「またまた、いつも通りに……っスか~!?(汗)」

 

「ギシャシャシャシャ、その通りっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427212641j:plain

ゴゴゴゴ……グラグラグラグラっ!

 

落合さん「あ、あらあらあらっ!?」

ビーコン「うわ、うわ、うわ~っス!(汗)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210719144928j:plain

突如として千歳市を襲った、激しい局地的地震

大地が揺れ、めきめきと音を立てて道路が割れ裂ける。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318202505j:plain

そして、巨大な水の柱を立ち上げて……

濛々たる蒸気の中から、姿を現わした異形の巨体とは!?

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318202530j:plain

「ギシャシャぁぁ~っ!!」

 

みくるん「ああっ! やっぱりです、やっぱりぃ!(涙目)」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210427233353j:plain

ピグモン「はわわ、おっきなお魚みたいなの~!」

ながもん「あれは、ボーズ星人……宇宙の、半魚人」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318202658j:plain

怪獣軍団の一員、見るからに不気味な半魚人・ボーズ星人。

今、千歳のど真ん中に、大胆不敵の殴りこみだ!

 

宙マン「……全く、迷惑な話だよ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318203014j:plain

ボーズ星人「ギシャシャシャ、まァそう言うなって!

 変わりない日常こそ宝、お前ら自身がそう言ったばかりだろ?

 だから俺らも変わりなく、普段通りにやってやるぜィ!」

ビーコン「どひ~っ、居直りやがったっス!」

落合さん「(呆れて)……最低最悪ですわねっ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318203103p:plain

イフ「わはは! それでよい、それでよいのだボーズ星人!

 お前の成さねばならぬ事は、ただひとつ――

 地球侵略の大使命、今こそ見事に果たすのだ!」

ボーズ星人「ギシャシャ~、お任せ下さい、魔王様!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318203134j:plain

怪獣魔王の命を受け、猛然と進撃開始するボーズ星人!

迫り来る巨体を前に、悲鳴をあげて逃げ惑う千歳の人々である。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318203152j:plain

ビーコン「どひ~っ、結局今度もこうなっちまうっスか!?」

落合さん「何度体験しても、慣れたくない流れですわねぇ!」

みくるん「ふぇぇん、ボヤいてる場合じゃないですよ~!」

 

おお、僕らの街……北海道千歳市が、またまた大変だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318203311p:plain

だが、そんなボーズ星人の暴虐を阻まんものと……

直ちに千歳基地から、戦闘機隊がスクランブルをかけた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318203351j:plain

ビーコン「おおっ、今日も今日とて防衛隊のお歴々っス!」

落合さん「毎度のお仕事ぶり、本当に頭が下がりますっ。

 (ボソッと)……後はもう少し、成果を上げていただければ……

ピグモン「はうはう~、おじさんたち、ファイトなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318203423j:plain

「ようし……怪獣めがけて、攻撃開始っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318203445j:plain

戦闘機隊、ボーズ星人めがけて一斉攻撃を開始!

無数のロケット弾が、凄まじい勢いで叩きこまれるが……

星人は傷つくどころか、怯む様子さえも見せない。

 

ボーズ星人「ギシャ~、怪獣じゃなくて「星人」だ! 忘れんなッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318203518j:plain

「ど、どわぁぁぁ~っ!?」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318203554j:plain

ボーズ星人の鞭が唸りを上げる!

その打撃にかかっては、戦闘機などひとたまりもない。

 

みくるん「ああっ、やられちゃったですぅ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210508155243j:plain

ながもん「これも、また……日常?」

みくるん「あぁんっ、それはもういいからっ!(汗)」

 

……などと、言ってる間にも。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318203912j:plain

右手の鞭を縦横に奮い、大暴れするボーズ星人!

今や千歳の運命は、風前の灯と言ってよかった。

 

ボーズ星人「ギシャシャ、ど~んなもんだィッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318204108j:plain

落合さん「いけませんわ……この状況は、かなり!」

ビーコン「どひ~っ、このままじゃマジで千歳がおしまいっス!」

ピグモン「はわわ……宙マン、宙マン、なんとかしてなの~」

宙マン「(頷き)おのれ、もう許さんぞ! 宙マン・ファイト・ゴー!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210430202106j:plain

閃光の中で、みるみるうちに巨大化する宙マン。

華麗な空中回転とともに、ボーズ星人めがけて躍りかかる!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426145936j:plain

宙マン「トゥアーッ! 宙マン、参上! 

 ボーズ星人、これ以上の乱暴狼藉は見過ごせないぞ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318204301j:plain

ボーズ星人「ぐ、ぐはぁぁっ!?」

 

先制攻撃、空中からのミラクル・キック!

星人がぶっ倒れたところへ、宙マンが着地を決めた。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426150029j:plain

ズ、ズーンっ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210504104655j:plain

ビーコン「いえっふ~、頼んだっスよアニキぃ~!!」

落合さん「今日も今日とて、お殿様だけが頼りです!」

ピグモン「はうはう~、宙マン、がんばってなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318204457j:plain

ボーズ星人「……や、野郎っ、よくもやってくれたな!」

宙マン「怖気づいたなら、いつでも帰ってくれていいんだよ?

 ……そのつもりもなさそうだから、毎度私も面倒なんだけどね!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426151041j:plain

ファイティングポーズとともに、敢然と身構える宙マン――

さぁ、今日もまた、世紀のスーパーバトル開幕だ!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318204602j:plain

ボーズ星人「ギシャシャ~っ、誰が怖気づくか!

 宙マン、その軽口を一生後悔させてやるぜ!」

宙マン「さぁ来い、とことん相手になってやる!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318204627j:plain

真っ向激突、宙マン対ボーズ星人!

落合さんたちが見守る中、両者の攻防戦が火花を散らす。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318204703j:plain

太く、強靭な右腕のムチ。

生まれながらの凶器で、猛然と殴りかかってくるボーズ星人!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318204725j:plain

だが、そこは宙マンもさるもの……

その軌道を冷静にかいくぐりながら、果敢に接近戦を挑む。

 

宙マン「そぉれっ、隙ありだ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318204757j:plain

宙マンの繰り出すストレート・キック!

その一撃が炸裂すれば、ボーズ星人も怯まざるを得ない。

 

ながもん「(頷いて)……お見事っ」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210604234541j:plain

みくるん「もうこうなったら、宙マンさんのペースですよね!」

落合さん「頑張って下さいませ、お殿様!」

ビーコン「いえっふ~、アニキ! 勝利は目の前っスよ!」

 

ボーズ星人「ギシャシャシャ……甘く見るなよ、宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318205005j:plain

びゅうんっ!

 

風を切って繰り出されるボーズ鞭の一閃!

宙マンめがけて、容赦なく叩きつけられる。

 

ボーズ星人「それっ、もういっちょう!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318205033j:plain

よろめいた宙マンめがけて、更に容赦のない一撃。

これぞボーズ星人の得意技、縦横無尽に繰り出される怒濤の鞭さばき――

かつてウルトラマンレオをも大いに手こずらせた、変幻自在の攻撃だ!

 

宙マン「う、うわぁぁぁぁ……ッ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318205107j:plain

ズ、ズーンっ!

 

みくるん「ああっ、宙マンさんが!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428003116j:plain

ビーコン「ああ、そうだったっス……

 あの宇宙人は、あの鞭さばきが曲者なんスよねぇ!」

ながもん「あれを、何度も受けたら……さすがに、まずい」

ピグモン「はわわ、宙マン、負けちゃいや~んなの~!」

落合さん「大丈夫。……お殿様は、負けはしません!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318205248j:plain

宙マン「(苦悶)うう……うっ……!」

ボーズ星人「ギシャシャシャ、くたばれ宙マン!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318205319j:plain

「なんの、負けて……たまるかっ!

 エイヤァァーッ! 宙マン・ショット!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318205349j:plain

起死回生の一撃、気合と共に放つ不可視の衝撃波!

宙マン・ショットを喰らい、半魚人の動きが鈍ったところへ――

 

宙マン「せいやぁぁーっ! 

 宙マン・バーニング・パンチ!!

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220306225728j:plain

エネルギーを集中させ、真っ赤に燃え上がった右の拳で繰り出す必殺パンチ!

そのあまりの破壊力ゆえに、炸裂した熱い鉄拳にこめられた膨大なエネルギーが

星人のボディを一気に貫通、火花となって背に抜けるほど。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318205534j:plain

ボーズ星人「ギシャシャシャぁぁ~、アラやだ全く……

 またまた今度も、こうなっちゃうのねぇぇ~っ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318205607j:plain

火花を散らして崩れ落ち、吹っ飛ぶボーズ星人の巨体。

やったぞ宙マン、大勝利!

 

ピグモン「はうはう~、やったのやったの、宙マンの勝ちなの~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220106115451j:plain

みくるん「よかったです、これでまた平和な千歳の街ですぅ!」

ながもん「さすが、宙マン……まかせて、安心」

ビーコン「やんややんや! アニキ~、サイコーっスよ~!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426153009j:plain

イフ「うぬぬ、ぐぐぐぐっ……宙マンめ、よくもやってくれたな!

 だが今に見ておれよ、必ず吠え面かかせてやるわ!

 怪獣軍団には、まだまだ強豪が控えておるからの……!」

 

……などと言う、毎度毎度の負け惜しみはさておいて。

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318210220j:plain

かくして宙マンの活躍によって、恐怖の半魚人・ボーズ星人は倒され

怪獣軍団の野望は、またも見事に出鼻を挫かれたのであった。

 

みくるん「宙マンさん、お疲れ様でしたぁ!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211217203838j:plain

ながもん「(ボソッと)今日も、また一段と…………グッジョヴ」

ピグモン「はうはう~、やっぱり宙マンに任せておけば安心なの~♪」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211217203906j:plain

宙マン「や~、お待たせ、お待たせ!

 怪獣退治も済んだことだし、それじゃ改めて……」

落合さん「(頷き)アナゴフライ定食、食べに参りましょう!」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20220318210519j:plain

ビーコン「ヒヒヒ、そして食後のデザートよりも甘いキス……

 オイラとの蜜月が待ってるっスよ~、落合さん!

 そう、それもまたオイラたちの変わりなき日常……」

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210426223315j:plain

 げ し っ !

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20210428011630j:plain

落合さん「ねーい、全く、このエロ怪獣っ!!(怒)」

ビーコン「どひ~っ、いつもの定番オチ、ごっつぁんっスぅぅ~」

宙マン「はっはっはっはっ」

 

f:id:KOUMEMYLOVE4794:20211218100042j:plain

浮世の春より、ひと足早く……

すこぶるホットな、宙マンファミリー。

さて、次回はどんな活躍を見せてくれるかな?